FC2ブログ
「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~

佐賀・長崎~学生時代の旅の取りこぼしを拾い集めて、九十九島・展海峰の夕日

佐賀・長崎の旅

 旅をサポートする側に回ったことで、自分自身が自転車旅にでることができていませんが、2連休ほどの休みをフル活用して形は変わりましたが、旅を続けています。学生時代に自転車では、巡り切れなかったエリアが沢山あるので、その取りこぼしを拾い集めるような旅です。今回訪れたかったのは、長崎県・佐世保の「展海峰」という九十九島を一望できる展望台。大学4年のころ鹿児島から北海道まで自転車で旅するきっかけとなった場所でした。何気なく見た「展海峰」からの九十九島の夕景の映像に「まだまだ日本にも行ったことない所ばかりだなぁ」と、当時消えかけていた旅欲を妙にかき立てられたのです。当時の自転車旅では、直前の日程・ルート変更により、熊本市内から阿蘇、日田、鳥栖方面を走ったため、強い憧れを抱きつつも立寄ることのなかった場所でした。

Day1
福岡市内~呼子~玄海・浜野浦棚田~伊万里・大川内山~平戸・田平教会~佐世保・九十九島~嬉野温泉

Day2
嬉野温泉~大村~諫早~雲仙~島原半島一周~福岡市内


浜野浦の棚田
浜野浦の棚田

伊万里大川内山
伊万里・大川内山

カトリック田平教会
田平教会


展海峰 (2)

展海峰 (1)

展海峰 (3)

九十九島
九十九島・展海峰

嬉野温泉
嬉野温泉

南島原
南島原

諫早
諫早



スポンサーサイト

佐田岬半島、四国で最も九州に近い場所へ。そこは瀬戸内海の端。

佐田岬半島
四国で最も九州に近い場所へ。そこは瀬戸内海の端。

佐田岬 (4)

佐田岬 (2)

佐田岬 (1)

佐田岬 (3)



滑川渓谷・龍の腹~愛媛県東温市にある砂礫岩の川床がつづく絶景渓谷

滑川渓谷

愛媛県東温市にある砂礫岩の美しい川床がつづく渓谷。
川床を1㎞ほど歩いた一番奥にある「龍の腹」は余りに神秘的。

滑川渓谷 (1)

滑川渓谷 (2)

滑川渓谷 (4)

滑川渓谷 (5)

滑川渓谷 (6)

滑川渓谷 (3)

台湾・台北料理コレクション

2018.2.4~2.8
台湾・台北

台湾料理 (1)

台湾料理 (2)

台湾料理 (3)

台湾料理 (4)

台湾料理 (5)

台湾料理 (6)

台湾料理 (7)

台湾料理 (8)

台湾料理 (9)

台湾料理 (10)

台湾料理 (11)

台湾料理 (12)

台湾料理 (13)

台湾料理 (14)

台湾料理 (15)

台湾料理 (16)

台湾料理 (17)

台湾料理 (18)

台湾料理 (19)

台湾料理 (20)

台湾料理 (21)

台湾料理 (22)

台湾料理 (23)

長崎県、対馬厳原地区の石垣コレクション

対馬、厳原地区の石垣コレクション

対馬の石垣5

対馬の石垣3

対馬の石垣6

対馬の石垣1

対馬の石垣2

対馬の石垣4

対馬の石垣7

対馬の石垣8

対馬の石垣9


珈琲美美にて

2017.11.21

「珈琲美美」にて


珈琲美美

珈琲美美にてムニールモカとフルーツケーキ

珈琲美美のフジローヤル焙煎機

滋賀、石山寺の雨と赤

降り続ける雨のなかどこへ行く宛もなく閉口していたところ、ふと、石山という寺の名を思い出し、名を思い出しただけで何が有名な寺なのかも分からぬままに赴く。本堂の先は人も疎らで、今秋はいまいちと言われる紅葉も濡れて濃く暗い色合いを落とし、石山の名の由来と思われる珪灰岩は雨水に浸食される。






石手寺のマントラ洞窟&奥の院マントラ塔(愛媛県松山市)

四国八十八か所51番札所「石手寺」

DSCF2869.jpg

6年前の自転車遍路の際には、「こんなところがあるなんて知らなんぞ!!」

と知らずに訪れじまいだった洞窟が・・・。


あの時は普通に参拝して納経して道後温泉へと出発してしまったんですよね。

ということで、再訪の今回はぜひ行ってみましょい!!

DSCF2870_201505231638377da.jpg

ということで、石手寺参拝を済ませたのち・・・

DSCF2873_20150523163836afc.jpg


それではマントラ洞窟へ!!

と思ったものの、境内をぐるぐる回るもそれらしいものはなかなか見当たらず・・・
「いやあ、確か石手寺だった気がしたんだが・・・」

DSCF2877.jpg

と、奥まった暗っぽいところに、怪しげな空間が・・・

DSCF2880_2015052316401722d.jpg

これだ・・・。

「100円程度お賽銭をしてください」とあるので、100円玉をお賽銭箱に入れ、門を進むと・・・

DSCF2879.jpg

おおっと・・・・・・結構狭くて暗そうですなぁ・・・・・・・

DSCF2889.jpg

しかも、想像していたものより3~4倍長い感じです。ひたすらまっすぐに洞窟が続いていきます。真っ暗な場所があったり、仏像が無造作に鎮座していたりして、けっこう怖い雰囲気です。

やっと出口が見えて、出てみると、反対側の道路に出ました。

看板をみると、どうやらこの洞窟の正式名称は「地底マントラ」・・・。
比較的最近掘られたモノらしく、建立当時からあったものではない様子。

DSCF2882.jpg

出口はこんな感じ。

道を挟んで反対側には「奥の院これよい65m」という看板と、怪しげな門が・・・むむむ。
エンマ様らしき像と「Welcome」の英語の看板・・・。

DSCF2883.jpg

門の奥の道は、草ボーボーでしたが、進んだ先に突然!!!

DSCF2884.jpg

金色に輝く球状の構造物が出現・・・。

仏教に詳しくないですが、とにかく異世界です。

DSCF2885.jpg

手元のパンフによると、これがマントラ塔。

DSCF2887_2015052316452185a.jpg

おお・・・・。

DSCF2888.jpg

うむ・・・・。

帰りも同じ洞窟を戻っていくと、左に分かれ道が・・・・。

より真っ暗な感じだったので躊躇しますが、ここまで来たのだから行ってみましょう。

DSCF2890.jpg

すると88体の仏像がずらり。ただ、暗すぎてよくわかりません。
たぶん、ミニ88か所参りのようなものなのでしょう。そう理解しました。

DSCF2891.jpg

別の出口に出てきました・・・。お堂の真裏です。

やっと元の世界に戻ってきたようです。


ところで「マントラ」ってなんぞ。

敦賀の気比・・・なつかしいなぁ

「敦賀気比」

ひさびさにセンバツを見たと思ったら決勝戦で。いやぁ~いい試合でした。特に縁があるわけではないのですが敦賀を応援しながら見てました。というのも、「気比」が懐かしいなぁって気持ちからですかね・・・


2012年の夏のこと。

米原から琵琶湖辺りをぶらぶらして、なんとなぁく日本海側に出て、辿り着いたのが敦賀という町。福井県を走るのはこの時が初めてでした。

DSCF9032_20150401231302514.jpg

ほんとうに、あてもなく来たので、持ち合わせの情報もまるでなく。

なんとなく駅前に行って、観光パンフを手に入れてふらふらぁ~っと走ることに。

DSCF9033_201504012313007ca.jpg

名物のカツ丼を食べて、気比神宮でお参りし、旧敦賀港駅舎に立ち寄りました。

曇天のせいか、なんとなく寂しい雰囲気を感じつつ、松原があるというので松原へと向かいました。

DSCF9039.jpg

そういえば、この時は気比を「きい」と読んでいました。気比を「けひ」と読むのだというのを知ったのは、ずいぶん後のことだった気がします。

さて、野宿する場所でも探すかぁと、少し先のキャンプ場を調べると「ひと張りウン千円」とな。即却下で、よりよい場所を探してうろつくことにしました。

DSCF9041_20150401232049042.jpg

そんでもってうろついていた所に、出会ったのが当時日本一周の旅をしていた同い年の旅人。

同じく野宿場所を探してうろついていた所でした。

夕刻の自転車旅人は、まあ、たいてい野宿場所を探していますからね。お互いにめぼしいところはあるかいな?という情報を交換。すると、同じ公園を目指していたようです。考えることは一緒です。

んでもって、実際にその公園に行ってみると、かなりしっかり管理されている所で、時間になると閉まる様子。諦めて他の場所にします。

他にないや・・・ということで、気比の松原の隅の方へ。

DSCF9045_2015040123204513e.jpg

夕陽が綺麗でした。

バーベキューをしに来ていたご夫婦とも仲良くなり、4人でちょっとした宴。


波音を聞きながら静かにキャンプできるかと思いきや、夜遅くまで若者が花火をバンバンやってたせいでなかなか眠れなかった思い出もありますな。イライラしましたが、よくよく考えてみると、彼らとて人に迷惑にならないように海辺で花火をしているわけで、そんなところで寝ようとしてるわれわれの方が悪いのですが(笑)

DSCF9053_20150401232047de4.jpg

その後も彼とはルートが同じで、結局、京都の舞鶴まで一緒に走ったのでした。

思い出しますなぁ。

敦賀、気比。

タイピーエンの「中華園」、県民百貨店とともに閉店

DSCF2805_20150301135640f71.jpg

熊本へ訪れる時はいつもタイピーエンは欠かせません。

DSCF2950_20150301125936178.jpg

透明な鳥スープに野菜たっぷりの春雨麺料理。


2013年の熊本の旅でも、県民百貨店のレストラン街に入っていた「中華園」さんでタイピーエンを食べました。
熊本ウォーカー・男二人自転車野郎歩き旅:Day10

この県民百貨店が今年の2月で閉店したとのニュース。県民百貨店の閉店と共に、この「中華園」も閉店したとのこと。

なんだか悲しい気持ちになりました。


DSCF2970.jpg

県民百貨店に入っていた「いちょう小町」の饅頭も、美味かったのになぁ・・・


NCM_1361_20150301131749f4f.jpg
熊本市内でもなかなか見つからなかった「への字」が沢山いたのもこの県民百貨店でしたな・・・。
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

手にした一台の自転車が、思ってもみないほど遠くへ僕を連れていき、僕の生活に染み込み、ついには仕事までも。音楽は加川良、西岡恭蔵、Debussy、漫画は永島慎二、写真は植田正治、絵画は古賀春江。
2015年、拠点を静岡からしまなみ海道へ。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 544 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。