「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三保方面、海岸線を走り抜ける

風が強いのは嫌だなぁ、でも海の方を走りたいなぁ。

そんな感じで、とりあえず海を目指して走りました。

KIMG0180.jpg

案の定、海に出た途端、強い西風が吹いています。

とにかく向かい風は嫌なので、東へと向かいます。追い風です。


風向きで行先を変える・・・・・・・こんなのもいいかなと思います。

楽な方へ楽な方へ。

KIMG0182.jpg

そういえば、お友達が海外の長期サイクリングに旅だったと聞きました。

KIMG0190.jpg

ぼくも熱は持ち続けていよう、いつかチャンスが来る!!!そう信じています。
スポンサーサイト

ひさびさのポタリング

秋晴れの日が続いています。なかなか寒くもなってきました。

僕はと言えば、あいかわらずあんまり自転車に乗れていませんが(通勤はしっかり自転車ですぞ)・・・

KIMG0124.jpg

ひさびさにしっかり乗ってきました。

KIMG0125.jpg

いつもの安倍川沿い。

KIMG0128.jpg

途中、休憩していると、ポツポツと何かが落ちる音が。正体はこれでした↑

KIMG0129.jpg

KIMG0141.jpg

しゃきっと晴れた日のサイクリングは気持ちをリセットしてくれます(*^^*)

藁科川・富厚里ポタリングで熱中症発症の巻

午後の一番暑い時間に、自転車を漕ぎだしたのが馬鹿でした・・・。

藁科川・富厚里(ふこうり)方面へ3時間くらいのポタリングへ。

藁科川富厚里周辺

清流と山々の景色と夏の空がいい感じです。

ちょうど鮎釣りのシーズンでしょうか、釣り人が沢山います。

DSCF9995_201407272127510c8.jpg

DSCF9994_20140727212749b46.jpg

DSCF9993_201407272127545a1.jpg

DSCF9996_20140727212751d84.jpg


やはりこの辺りはのどかでいいなぁなんて思っていたんですが、どうも暑すぎます。日差しも肌に突き刺す様で、走っていてなんだかぼうっとしてきました。

あれよあれよという間に、体調が急変・・・熱中症ですね。こまめに水分補給もしていたのですが、暑さと日差しに負けました。

木陰で小休止したのち、ヨボヨボになって帰ってきました。

静岡→牧之原・御前崎サイクリングいい感じ

珍しく月曜日のお休み。

しかも一日何も予定なしと来ています。

逆に拍子抜けしてしまい、何をしたらいいのかよく分からなくなってしまったようです。とくに何をしようどこへ行こうというのも思いつかずに、とりあえず5時半に起きました。慣れとはやはり凄いもので、あれだけ朝が弱かった僕が、毎日この時間に起きなくてはならない生活を半強制的に送っていると、目覚ましなしでも、こんな朝早くに起きれるようになるから不思議です。

一日中寝て過ごすという選択肢もありますが、この生活リズムを壊してしまう気がして・・・・・・。休日の昼間も何か活動することに決めました。

サイクリング・・・

休日もバリバリ運動したら、明日以降何かが残りそうでどうしたもんだか、うむうむ・・・という葛藤みたいなものもあったにはあったんですが、ここは欲求のおもむくままに。ちょいと気分転換に走ってくることにしましょう。

DSCF9325.jpg

これまた不思議なもので、走り出してしまいますとこれがまた気持ちが良いのですねぇ。

天気が抜群にいいせいか、あてもなく自転車を回していると気分も晴れやかになってきます。


これはいい感じです!

NCM_2264.jpg

いい感じ、いい感じ!!


風景も体調もいい感じで、気が付いたら思っていたよりも遠く・・・金谷まで来てしまいました。

SLですよ。大井川鉄道です。

DSCF9329.jpg

また平日のサイクリングってのも、道はすいてるし、がやがやうるさくないし、これが…いい感じです。

DSCF9326.jpg

もうここまで来たら、今日はとことん満足するまで走りぬくことにしました。

道も、今まで通ったことのない道を開拓してみましょう。

DSCF9330_stitch.jpg

抜けられるか分からない農道をぐいぐいと登ってみました。

牧之原台地へと登るのです。


茶畑の間の農道を走ります。

DSCF9339.jpg

すごくいい感じの風景ポイントを発見したのです!

これは弁当でも持って来ればよかったと後悔するくらいいい景色の場所でした。美しい茶畑越しに大井川や島田・金谷の街が一望できるポイントはいくつもありますが、ここはなにか、バランスがいい感じです。


遠くにSLの汽笛が聞こえます。

NCM_2266.jpg

牧之原台地へと出ました。

茶の一大産地です。

一面に茶畑が広がっています。この風景は好きです。


ここもいつもと違うルートを選んでみたら、えらく遠回りになってしまい、浜岡原発のある「浜岡」に出てしまいました。感じでは御前崎にちょうど出るか、御前崎ちょいと手前に出るつもりだったんですが・・・。反対側に降りてしまったイメージです。


でもいいんです。


ぼくは御前崎の、静岡からみて手前側の漁村の風景も好きですが、奥側の砂丘の風景も好きなんですから。ほんの一部ですが、オロロンラインを連想させるような風景もありますし。

DSCF9349_201405192148448c3.jpg

御前崎の灯台。

静岡県の南端部です。


あとは、いつも通りのルートで静岡まで帰りました。御前崎から静岡は距離が結構あるのです。なかなか疲れましたし、日に焼けてしまいました。

が、スッキリしました。


やはり自転車はいいものですね。

いい感じです。


テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

ちょいとそこまで歩きたいから

NCM_1883_20140205000242c6d.jpg

関東地方では雪が積もったとか報道してましたが、静岡は相変わらず

暖かいですな。

いや、寒いか。

いや、うん、暖かいですな、やはり。


空模様とかは

自転車日和といった感じでした。

自転車日和。


強い向かい風にはだいぶやられましたけど・・・ね。

NCM_1884_20140205000243148.jpg

ああ、自転車でちょっくら走りに行ってきました。

藤枝とか焼津とか

そっちの方です。ちょっくらです。


こっち方面に走りに来るのは

久しぶりかもしれません。

久しぶり・・・じゃないかもしれません。

そもそも最近一日中走るなんてことをやっていませんでしたからね。


良い感じでした。

何が?

NCM_1886.jpg

しばらく乗らなかった愛車は

問題なく快調。良い感じ。


ただ、脚がなまっちまいまして

思うように飛ばすことはできませんでしたな。

ぼちぼち取り戻していきますか。

久しぶりの静岡市内ポタリング、あてもなく

pen - コピー (2)

あてもなく時間も気にしないで


自転車でのんびり走るのは、


かなり久しぶりのことでした。


縛られるものが無いと、


それはまたモノの見え方が変わってきます、


自転車のスピードで流れる風景が変わってきます。


木-pen - コピー


なにがどういう風に変わるのか、


そんなことは僕にもわかりません。


でも変わっていることは確実に感じられるのです。


結局のところ、


変わってるのは風景じゃないのかもしれませんが。


古本・古マンガ集めポタリングinしずおか

NCM_0890.jpg

天気のいい日が続いております。

空気もカラッと澄んでるので静岡市内からでも富士山がばっちし見えます。富士山を見に来るなら11月、12月、1月、2月辺りがベストだと思いますね。雨さえ降らなければ、ほぼ毎日くっきり姿を見せてくれますから。静岡市周辺で富士山を見るなら、清水にはなりますが、「三保の松原」「日本平」「さった峠」などがオススメですねぇ。


今日も富士山はくっきり。

風も強くなく、カラッと晴れているのでサイクリング日和です。

NCM_0889.jpg

サイクリングってきました。

目的地は、静岡市内各地の「ブックオフ」を始めとした古本屋!!特にブックオフの「105円コーナー」が熱い!!

新品で買うと500円とか600円とかする文庫本やマンガが一冊100円ちょいですからね。なぜ今までこういうのを利用してこなかったのか不思議なくらいです。ただ、もちろん105円コーナーには限られた本しか置いてないですし、連続モノだと飛び飛びでしか置いてなかったりするのは当たり前なので、各店舗を周って周って読みたい本を安く集めてこようってなサイクリングな訳です。


この2日間で、結果的にブックオフ5か所、古本屋3か所、エーツー2か所、鑑定団2か所をぐるぐるまわってきました。



さすがにこれだけ周るとかなりの収穫がありました(*^^*)

DSCF6025.jpg

まずは、漫画本。前から集めているさいとうたかをの「ゴルゴ13」の文庫本版(リイド社)は、持っていない巻を105円で集めて来て、現在所有数80巻を越えました。現在文庫版は140巻ちょっと発売されていますから半分には到達しましたね(笑)

あと、手塚治虫の「ブラックジャック」の文庫版(秋田文庫)のとりあえず1~6巻。それ以外にも「どろろ」や「バンパイヤ」「ムウ」「鉄の旋律」などなどの手塚作品もゲット。あとずっと読みたかったジョージ秋山の「銭ゲバ」(幻冬舎文庫)も上下巻揃えてきましたぞ。

DSCF6024_20131222232951832.jpg

文庫本は、好きな川端康成沢木耕太郎、あと宮本輝などの小説をちょこちょこと。

DSCF6026.jpg



・・・そうそう、それと大きな収穫がありました!!

松本零士の「銀河鉄道999」



DSCF6030.jpg

しかも少年画報社の単行本!!最初に発行された奴で、結構入手困難なんです。まだ16巻と17巻はこれから探さなくてはなりません(笑)

あるところにはあるもので1巻~11巻まではセットで売ってて、しかも半額セール中だったのでまさかのセット400円で入手できました。破格です(笑)

12巻から18巻は、町に古くからある古本屋さんで、店主に聞いてみたら飛び飛びではありますが、奥の倉庫から出してきてくれました。しかも一冊150円というこちらも破格(笑)

DSCF6022.jpg

この何とも言えないレトロスペクティブな味わいがたまりませんな。

宝探しの感覚で、ちょっと趣向を変えてみたなかなか楽しいポタリングでした。


早く16,17巻を探し出したい・・・。

梅ヶ島温泉黄金の湯まで自転車でサイクリング

いつものサイクリングコースですが…

安倍川沿いに上流の梅ヶ島温泉までサイクリングしてきました。

NCM_1296.jpg

安倍川(あべかわもちの川)の左岸に平行して延びている県道29号を北上していきます。静岡駅から40㎞ほど北進し、安倍川のほぼ源流にあたる場所に梅ヶ島温泉はあります。梅ヶ島から先は安倍峠という峠があり、山梨側に通じていますが、平成23年9月の台風15号の影響でずっと通行止めでした。

現在、安倍峠までは行くことができるようになりました(2013年4月16日~)が、いまだに山梨側に抜けることはできません。

IMG_20130817_121118.jpg

途中、川に入りがてら、こんなダート道でお遊び。

工事用だと思いますが、なかなかしまったダートで走りやすかったです。マウンテンバイクならではの遊び方ですね!

NCM_1302_20130817223018993.jpg

そしてちょうど昼頃に黄金の湯に到着!!

NCM_1301.jpg

中はこんな広い休憩所があり、結構人がいます。こんな山奥なのに…。

ちょうど高校野球の甲子園、静岡県代表の常葉菊川戦の真っ最中でみなさん、テレビを見つめていました。(残念ながら鳴門高校に完敗)

泉質は
ナトリウム炭酸水素塩温泉

湯温はぬるめで、無色透明。トロッとした肌触りが特徴です。内湯と露天風呂があります。料金は500円。3時間滞在することができます。券売機で買った券は、銭湯を出て帰るときに受付に渡す、珍しい形式です。

温泉の横には食事施設がありまして…

NCM_1299.jpg

黄金山菜そばを頂きました。名前に「黄金」がついている蕎麦は少し値が張りますがここ、黄金の里で打ったお蕎麦だそうです。濃い出汁は静岡風。なかなか美味しいお蕎麦でした。

NCM_1297.jpg

あと、オススメは田舎こんにゃく。これ美味い。


黄金の湯HP↓
http://www.koganenoyu.com/

気分転換安倍川ポタリング

もうすぐ梅雨が明けそうですね。

このところ毎晩ツールドフランス観戦続きで、寝不足が続いております。寝不足の原因はツールだけじゃありませんね、夜になってもあまりの蒸し暑さに閉口しております。何度か起きてしまいますねぇ。あの体にまとわりつく暑さ、この時期特有ですな。それでもまだエアコンには頼らず、扇風機で我慢しとります。まだ夏も始まったばかりですし…。

ということで、暑さに参りながらも雨が上がったのでちょっとしたポタリングに行ってきました。

DSCF0902.jpg

2時間ばかりの近所ポタリングです。

DSCF0904 - コピー

久々のマウンテンバイク、タロー号の登場です。また、時間を作ってメンテナンスしてやんないといけませんな。

家を出た瞬間、雨に降られたのは・・・(;・∀・)

湯ノ島温泉浴場へサイクリング|静岡市の天然温泉

温泉に入りたいなぁ~。

ツーリングマップの静岡のページをぺらぺらめくりながら、温泉のマークを探す。最近は静岡市内じゃあ銭湯もめっきり減ってしまって、料金の高いスーパー銭湯がちらほらあるぐらい。市街地じゃぁ温泉出ないしな~、なんて思いながら眺めてると、ちょっと発見。

「湯ノ島温泉浴場」

お、ちょっと山奥だけどそんなに遠くない。市内から30㎞ぐらいです。旅館じゃないし日帰り専門の温泉だ!こんなとこに温泉があることは知りませんでした。いつも片道45㎞ほどの梅ヶ島へ行くことが多かったですからね。

DSCF0734.jpg

ってことで、さっそく行ってみましょう!

マウンテンバイクのタロー号の出番です。

安西橋を渡って藁科川(安倍川の支流)沿いに国道362号を進んでいきます。この国道362は静岡から川根に抜けてるんですが、その激坂とうねうねっぷりから酷道と呼ばれてる道の一つです。今回はその激坂の手前で右に折れるので、比較的緩やかな登り、あるいは平坦な道でラクラク進んでいけます。

DSCF0735.jpg

ここが分岐点ですな。清沢。

左に行けばすぐに地獄道が待ち構えています…「きょうはそっちの道は行かんぞ~!」と力いっぱい睨み付けてから右に折れました。

DSCF0737.jpg

道の入り口が狭くてちょっとした坂道だったので、ちょっとビビりましたが少し行くと走りやすい川沿いの道。アップダウンも激しくなく、快適にサイクリング出来ます。途中、何人かのローディーにも会いました。

DSCF0741.jpg

天気だけがちょっと心配。

DSCF0739.jpg

開けた場所には必ず茶畑が広がっています。ちょうど収穫の時期で、お茶摘み…といってもお茶を刈る巨大バリカンみたいな装置で収穫している真っ最中でした。製茶工場からはお茶のいい~香りが漂ってきます。静岡だなぁ~。

DSCF0743.jpg

湯ノ島温泉まであと○○㎞という標識の数字がなかなか減らずにヤキモキしますが、目的の…

DSCF0744.jpg

湯ノ島温泉到着(静岡市営なんだぁ~)。山里にポツンとある素朴な感じの共同浴場ですな。駐車場もありますが結構な量の車が並んでいます。休日ということで混んでるんでしょうか。

DSCF0746.jpg


500円を入り口の受付で払って中に入ります。「貴重品はそこのロッカーに必ず入れてくださいね!!」とかなり念押しされ、ロッカーの前まで案内してくれました…

まぁ、確かに用心するべきだろうけど…ここまで貴重品の管理にうるさい温泉ってのも初めてです。山奥ののどかそうな温泉なのに、盗難被害とか頻発してるのかな、とつい想像してしまいます…。

が、この理由は「男湯」ののれんをくぐるとすぐに分かりました。

「脱衣所、これだけぇ~??(;・∀・)」

ロッカーとか服を置いておく棚とかは一切なく、その代わり地べたに篭が雑然と置いてあり、衣類で埋め尽くされています。貴重品にうるさかった理由はこれだったんですね。鍵付きのロッカーがない、というか棚自体ないんですな(*´ω`*)納得です。

唯一ある木製の椅子には、ステテコ姿の地元の爺ちゃんたちが座って談話中です。いかにも田舎の温泉って感じでいいですな(´▽`)

浴室には、小さな湯船が一つ。露天はありませんが大きなガラス戸からは横を流れる藁科川の景色を眺めることができます。さて、お湯のほうはどうでしょうか、おじちゃんとおじちゃんの間を失礼して足をつけてみます…。

おお!!ヌルヌル系です。梅ヶ島の黄金の湯と同じような感じです。これは肌がスベスベになるアレですな。

超長湯が好きだという地元の爺ちゃんと話してたらのぼせてしまいました…(+o+)

DSCF0745.jpg

温泉から出た後は、畳の休憩室でまったり。超自由な空間と化しています。

温泉施設の横には玄国茶屋という食堂があり、人気のようです。ちょうどおなかも減ってきたころなので…と思ってましたが財布の中身を見ると、

小銭がちょろっとあるだけ…(;・∀・)(…所持金230円)

金を持ってくるの忘れたことに今頃気づいた…orz 温泉代で500円使ってしまったのでお昼はお預けというまさかの事態。いやはや、なんちゅうこった。

DSCF0748.jpg

電話でキャッシングのワイドさんへ…(・_・;)「あの~昼飯代…」

DSCF0749.jpg

んなわけにはいかず、腹ペコのまま…

DSCF0750.jpg

惰性でフラフラと市街地まで来た道を下っていきました。

湯ノ島温泉浴場
静岡県静岡市葵区湯ノ島304−3
054-291-2177 ‎
9:30~16:00(閉館16:30)
木曜定休(祝日の場合は翌日休、12月29日~翌1月2日休)

大きな地図で見る

テーマ : 湯巡り♪
ジャンル : 旅行

訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 544 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。