「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「船の旅 瀬戸内海」 (1967年) 保育社・カラーブックスシリーズ

神田神保町の古本屋で見つけてきた「船の旅 瀬戸内海」という保育社・カラーブックスシリーズの1冊。


DSCF5080.jpg

あれれ??パラパラとめくってみると、あるはずの所に「しまなみ海道」が無い?!

DSCF5084.jpg

奥付を見てみると発行は昭和42年(1967年)9月。しまなみ海道の最も古い橋「大三島橋」開通が1979年5月。全線開通が1999年なので、橋がひとつもないのは当たり前でした。

当時の地図をみると、今と違って船の航路が縦横無尽に張り巡らされています。海の神として信仰を集めた大三島「大山祇神社」や西日光と呼ばれた生口島「耕三寺」が大観光地として、大勢の観光客が船で押し寄せていた様子が書かれています。本文中の言葉を借りると、今治~尾道を結ぶ観光船は「瀬戸内海のドル箱」だったようですよ。

「しまなみ海道」を旅する交通手段がこの50年で船からクルマ、そして自転車へと変化してきた中で、「変わったもの」と「変わらないもの」を探せるのがこの本の面白さかも??

DSCF5082.jpg


当時の定価250円より50円高い、300円で手に入れた甲斐がありました。
スポンサーサイト

つげ義春の「貧困旅行記」を読む

つげ義春の「貧困旅行記」を読む。日本の田舎でも、もうこんな風景は残っていない。

こういう時代に旅してみたかった。

今治には古本屋がない。

11885156_742381435883666_3201313589810170765_n.jpg


悲しい。

自転車と旅の雑誌~自転車に乗れないときは

なかなか自転車に乗れないときはこういった読み物(写真を眺めるのがメイン)で、頭ん中で自転車を走らせるとしましょう。



シクロツーリストvol.3「オーダーメイド特集」(グラフィック社,2011)

日本全国のツーリング車の自転車工房を網羅的に紹介。オーダーメイドする予定が無くても楽しめます。




Bicycle×Trip 自転車と旅《総集編》(実業之日本社,2015)

多様なスタイルがある自転車旅。やっぱり知らない土地を走るってのが楽しいですな。

「東京最後の日」 永島慎二

永島慎二のかなり貴重なコミックを入手。

絶版古漫画を扱っている「漫画古本専門店ころがる石。」さんで購入。初めて利用しましたが、品ぞろえが抜群で、対応もいい感じでした。


ダンさんコレクション⑤「東京最後の日」




見る夢が必ず正夢になる男A。ある日男は、暮らしている東京の街が一年後に大地震により全滅する夢をみる。人生があと一年しかないとわかってしまったら…という物語。



ん、まあ、ストーリー的には大して面白くは無いのだが、やはりカット割と絵がいい。



これで⑧まであるダンさんコレクションの収集も残すところあと一冊、「シリーズ民話 うらしま」のみとなった。


これらの朝日ソノラマの単行本は、永島慎二がCOMやプレイコミック、ガロ、少年キングなどの漫画雑誌に散発的に発表されていた作品を後にまとめたもので、まだ比較的に入手しやすい。雑誌そのものを集めることは不可能に近いのが現状なので、これらの単行本は本当に貴重。

生活の雑誌クーネル


アマガエルさんが以前に記事にしてた雑誌「ku:nel」↓
http://kaerusound.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

古本屋で見かけて入手してきました。

Kunelクーネル生活の雑誌

kunel台所のうた

何冊か置いてありましたが、パラパラと眺めてみて気に入った2冊を購入してきました。

「台所のうた。」を選んだのにはわけがあります。特集されていたフードコーディネーター、長尾智子さんの「ミニふろふき大根」に惚れたのです。大根を水で透明になるまで煮て、ごま油をひとまわししただけのシンプルな料理。究極にシンプルな料理なのに、切り方ゆえでしょうか、盛り付け方ゆえでしょうか、とにかく究極に美味そうだったのです。


「シンプル」ほど、奥深く、また簡単そうに見えて難しいものはないと思うのです。

あべの古書店&壁と卵|静岡市内古本屋巡り

古本屋巡りに凝ってます。

静岡&清水あたりの古本屋さんは一通りまわった感じです。


お気に入りだった草薙の悠遊堂さんが閉めちゃったのが残念ですが・・・


そんで、本日ちょっくら寄ってみたのが

浅間通りにある「あべの古書店」さんと、駒形通りにある「壁と卵」さん。

NCM_1887_201402052320371e0.jpg

まず、浅間通りの「あべの古書店」さん。

開いてませんでした・・・(・_・;)


何度か開いてる時に来たことがありますが、こちらのお店は本格的に古い古い本が揃ってて、かなり見ごたえがあります。

開いてない時でも、こうして店前に本が並べてありまして、100円コーナーな訳であります。

お代はどうするかといいますと、

シャッターの郵便受けですね。


100円玉を入れますと、向こう側にはその100円玉を受け止める何かが設置されていないらしく、そのまま床まで落っこちる音がしました。中じゃあ100円玉が散乱してるんじゃないでしょうか(゚Д゚)ノ

古本の無人システムですな。



続きまして

NCM_1888_20140205232035d1f.jpg

壁と卵さんへ。

駒形通りをちょっと行った所にあります。


旅コーナーが充実しておりました。比較的新しい本が多いです。沢木耕太郎の深夜特急も単行本文庫本ともに全巻揃っておりました。写真集や料理本コーナーもありましたな。これらの分野に特化した本の品ぞろえはピカイチと言った感じです。


今回は特になんにも買ってこなかったですが、今、手元にある「これから読む本」たちをある程度読み切ってから新しく買い足しましょうかね。しばらくは探索のみです(^^ゞ

永島慎二の本は発見次第確保しますが(笑)

ダンさんこと永島慎二の漫画コレクション



旅人くんインタナル出版永島慎二

旅人くん(インタナル出版, 1975)


ダンさんコレクション

殺し屋人別帳 ダンさんコレクション⑦(朝日ソノラマ, 1974)
人間劇場(朝日ソノラマ, 1967)
四畳半の物語 中・短編集(朝日ソノラマ, 1973)
まんが公園 ダンさんコレクション⑥(朝日ソノラマ, 1974)


漫画家残酷物語永島慎二

漫画家残酷物語 シリーズ黄色い涙(朝日ソノラマ, 1967)
漫画家残酷物語2 シリーズ黄色い涙(朝日ソノラマ, 1967)
漫画家残酷物語3 シリーズ黄色い涙(朝日ソノラマ, 1968)


フーテン大判本永島慎二

フーテン上巻 青林傑作シリーズ(青林堂, 1972)


フーテン下巻大判本永島慎二

フーテン下巻 青林傑作シリーズ(青林堂, 1972)


フーテン講談社漫画文庫(上中下)

フーテン(上中下)(講談社漫画文庫, 1976)


永島慎二作品集

永島慎二作品集 現代漫画の発見④(青林堂, 1970)


少女マリ首青春裁判永島慎二

少女マリ ダンさんコレクション③(朝日ソノラマ, 1969)
首 劇画秀作シリーズ③(朝日ソノラマ, 1968)
青春裁判 ダンさんコレクション⑧(朝日ソノラマ, 1975)


風っ子サトコは町の子永島慎二

風っ子 現代漫画家自選シリーズ②(青林堂, 1971)
サトコは町の子 初期短編集(翠楊社, 1979)


少年期たち永島慎二朝日ソノラマ

少年期たち シリーズ青いカモメ SIDE③風がとおる道(朝日ソノラマ, 1978)


愛と死の詩永島慎二

愛と死の詩 ダンさんコレクション②(朝日ソノラマ, 1968)


源太とおっかあ永島慎二

源太とおっかあ ダンさんコレクション①(朝日ソノラマ, 1968)


フーテン(全)

フーテン(全)(筑摩書房, 1988)


永島慎二集 現代コミック10(双葉社, 1970)

永島慎二集 現代コミック10(双葉社, 1970)


黄色い涙 若者たち 青林傑作シリーズ④(青林堂, 1976)

黄色い涙 若者たち 青林傑作シリーズ④(青林堂, 1976)


花いちもんめ 青林傑作シリーズ⑨(青林堂, 1977)

花いちもんめ 青林傑作シリーズ⑨(青林堂, 1977)


心の森に花の咲く

心の森に花の咲く(大都社,1975)

永島慎二の漫画を集めはじめました

漫画家残酷物語永島慎二
フーテン永島慎二作品集ダンさん
ダンさんコレクション人間劇場


永島慎二の漫画を集め始めました。

どこの本屋行ってもなかなか置いてないですけどね。あったらめっけもんです(*´ω`*)



有名どころは「フーテン」と「漫画家残酷物語」…です。

フーテンは文庫本を入手したので、最初から最後まで読むことが出来ました。
フーテン、大好きなマンガになりましたね。ちょっと文学的です。
何がいいって、やっぱり出てくる人物の味みたいなものですかね。

理想的な人物だったり、かっこいい正義の味方だったり、絶世の美女だったり…よくマンガに出てくるようなそんなキャラクターは全く出てきません。みんな等身大の人間。そう、人間なんです。フーテンに出てくるキャラクターは生きてるんですよ。みんな苦しんだり、悩んだり、もがいたりしながら……全て投げ出してしまって絶望の淵にあっても、そこには仲間がいて……失敗することもあるけど、その中でなんとか生きていく、生き方を見い出していくのです。


そんな永島慎二の世界観が好きです。



ところで、今僕は卒業に向けて論文の執筆中。
手に入れたはいいけど、しっかり読めてない漫画&本ばかりです。

論文提出し終わったら思う存分、読み漁るのを楽しみに、もう一頑張りといったところです。



・・・大判本のフーテンの下巻どっかで売ってないかなぁ。

「旅人くん」作.永島慎二 (インタナル出版社:1975)

旅人くん 永島慎二

ぼくは、いつでも旅を
している。 一人でだ。
だから名前は旅人くん。
ぼくはどうした訳か、
生れた時から旅を
していると信じているんだ
だから けっこう楽しいんだ
これからも、いつだって、
ぼくは一人で歩いている。どこをって?
君の心の中をさ……
「旅人くん」より 作.永島慎二
インタナル出版社:1975


古本屋で出会った一冊の大判の漫画本。

永島慎二著「旅人くん」

一旦は買わずに家へと帰ったものの、ほのぼのとした感じの旅人のキャラクターが頭から離れず、もう一度古本屋へ向かい、購入して帰ってきた。ビニールで包装されていたから中がどんな感じなのか、どんなストーリーなのかは全く知らずに買ってきた。表紙だけみた段階で強烈に引き込まれてしまったのだ。


縦が20㎝、横が30㎝もある大判の漫画本。一見すると絵本のようでもある。

開いてみると最初の数ページは、まさに絵本と言った感じで、カラーの絵が一ページ丸々使って掲載されている。その風景の中を右から左へと「旅人くん」が歩いている。

漫画は一ページに均等に4×4の16コマが振り分けられていて、「旅人くん」がズタ袋をぶら下げた木の枝を肩に持ちながら、ひたすら歩き続けている。道端の様々なものを見つめては独りごとをブツブツと呟きながら歩き続ける。話は春夏秋冬の4つに大きく分かれていて、季節が進んでいく。ひたすら歩く旅人くんは、歩いているときだけなぜか常に少し宙に浮いている。

(雪の中、旅人くんは歩き続ける)

「春とはいえまだ寒いや」

(雪の中から春の芽が出している)

「あ!」
「おどろいたなあ……」
「それにしても君達まだ早すぎない……?」
「ネエ」


(雪は降りつづける)

「……………」

「おい雪!あんまり大きな顔するんじゃないぞ…もうとっくに春なんだから…」


(雪の間に草が生えている)

「やあおはよう…」
「君達の時代はもう目の前さ……ガンバレ!」


(鶯が飛んできてホーホケキョッと鳴く)

「まさに無の…きょうちだネ」

「…太陽に…」
「花に…」
「すがすがしい健康と…」
「この香り…」
「春のニオイさ…」
「これ以上の何がほしいというんだい!」
「君は?」
「……?」
春の詩 より
「旅人くん」
作.永島慎二


全体としてほのぼの雰囲気の中で、このつぶやきが妙に詩的で純粋で、どこか寂しさを感じるものだったりするのだ…。

旅人くん 永島慎二
↑裏表紙

ぼくは永島慎二さんという漫画家を知らなかったけど、手塚治虫のアシスタントから始まってさいとうプロダクションでも活躍された劇画の漫画家さんだったらしい。2005年に亡くなられている。この旅人くんは、そんな永島さんが長く続けてきた他の漫画の仕事を全て断ち切って、1972~73年の間に描き続けていた作品のよう。「旅人くんだけを描いて生きていきたい・・・」と本の中に書いている。


なんで旅をしているのか

どこへ向かっているのか


「旅人くん」


なんだか宝物と出会った気がする。

悠遊堂古書店が閉店…静岡市国吉田の古本屋

静岡市は草薙運動場のほど近く、国吉田の南幹線沿いにある古本屋「悠遊堂古書店」さん。

先日、立ち寄ってみると…

NCM_1836.jpg

「閉店セール」の文字が(´゚д゚`)!!

古書はもちろん単行本、文庫本、漫画から絶版漫画、雑誌などなどラインナップが豊富でしかも安いので大好きな古本屋さんだったんですが・・・。残念でなりません。

2014年1月17日(金) 1月19日(日)で閉店だそうです。

17日まで、あらゆる本を≪半額≫で売ってくれます。在庫も大量にあるらしく、棚が空き次第、在庫がどんどん補充されているので、毎日通っても新しい発見があるかもしれません。

悠遊堂古書店
静岡市駿河区国吉田4丁目5−31

大きな地図で見る

訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 544 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。