「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安楽寺の紅葉:京都左京区の中には入れない紅葉名所

安楽寺4


「拝観謝絶」

謝絶です。謝絶。非公開のお寺なんですな。京都の多くの「観光用」と化しているお寺と一線を画している感じが伝わってきます。本来のお寺としての役割を守り続けているというか。高い拝観料とってガッポガッポという魂胆の見えるお寺も多いですからね。

京都の左京区、住蓮山 安楽寺。

哲学の道の少し東側の山際にひっそりとそのお寺はあります。

安楽寺2

紅葉の名所として有名なんですが、普段見れるところはこの石段のある短い参道のみです。

言ってしまえば見れるのは「ここだけ」なんですが、この風景がなかなか風情があっていいんですよ。僕が行った時も、この風景を写真に撮ってる方々や、写生をしている方々が沢山いました。


どうやら春と秋の一定期間だけ特別参拝を行っているみたいです。
詳しい期間や時間は公式サイトに掲載されるようです。
http://anrakuji-kyoto.com/infomation

安楽寺


いっつもこの入り口までしか行ったことないですから、一度特別参拝の期間に訪れて中に入ってみたいです。

安楽寺3

住蓮山 安楽寺
京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町21
075-771-5360
http://anrakuji-kyoto.com/

大きな地図で見る

スポンサーサイト

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

「菓子・茶房 チェカ」のかき氷、京都の岡崎にある洋菓子屋さん

京都の岡崎(平安神宮や京都市美術館の近く)に大好きな洋菓子屋さんがあります。

「菓子・茶房 チェカ」

DSCF9774_20130809015502069.jpg


お店はちょうど京都市動物園の北側の道路沿いにあります。可愛らしいお店です。

一階はケーキ屋さん、二階はカフェとなっているので、中で食べていくときは一階でケーキを注文。二階に上がってドリンクを注文します。二階もオシャレな家具がシンプルに配置され、畳のスペースもあります。なんかこう、ゆったりまったり落ち着くことのできるカフェです。

ぼくらはいつも、窓にむかったカウンター席。外の風景を見ながらまったりできるオススメ席です。

コーヒーやお茶は一杯一杯、茶釜で沸かしてくれます。

DSCF9775_20130809015504f4d.jpg

ロールケーキが特に好きなので、買って帰るのが常となっています。こう、思い出しながらブログを書いているだけで食べたくなってきます・・・

そんなチェカさんで夏季限定で提供されているのが・・・

「自家製シロップのかき氷」

DSCF1178.jpg

ぼくは抹茶金時を注文。相方はイチゴです。シロップも練乳も、あんこもすべて自家製。全てこだわりの逸品です。

口に入れた瞬間ス~ッと絶妙な口溶け……フワッと広がる抹茶の風味とあんこの甘味と粒の食感……いやぁ~たまりません。抹茶には柳桜園の抹茶を使用しているとのこと…

いわゆる既製品の抹茶シロップのような強い甘みはなく、抹茶の苦みや風味を味わえます。あんこの甘みと抹茶の苦みが素晴らしい!着物姿の女性が茶室でたてた抹茶をそのままかき氷にかけた、そんなイメージのかき氷です。(ちなみにパティシエは男性です)あくまで僕の個人的なイメージです(笑)

DSCF1173.jpg

イチゴも絶品ですよ。一口もらいましたが、生のイチゴを食べたときのあの粒々感や酸味、甘みが見事にシロップで表現されています。手作りの練乳も素晴らしいです。練乳好きにもたまらない逸品ですな。

パティシエの方がものすごく研究されていることが、細かなところから強く伝わってきます。

たかがかき氷・・・されどかき氷。奥深いです。


チェカさんのFacebookページはこちら

菓子・茶房 チェカ
京都府京都市左京区岡崎法勝寺町25
075-771-6776

より大きな地図で 菓子・茶房 チェカ を表示

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

京都、緑寿庵清水の手づくり京金平糖

金平糖。

なんか懐かしい響きがありますよね。小さい頃食べたけど、恥ずかしながら、どうやって作るかは全然知りませんでした…。大きな回転する釜で2週間以上かけてあの「ツノ」が完成するらしい…2週間(´゚д゚`)

京都、緑寿庵清水の手づくり京金平糖

そんな金平糖の専門店が京都にあるそうなのです。「緑寿庵清水」さん。150年以上の歴史を持つ老舗で、金平糖の専門店としては国内唯一だそう…とてつもない歴史ですな(;・∀・)

そんな凄い金平糖を頂きました。

京都、緑寿庵清水の手づくり京金平糖

ぼくは地質学を専攻している関係で、この金平糖のツノに。鍾乳石や石筍などの形成する長い歴史みたいなものを感じました。ほんの一滴一滴が長い月日をかけて完成させた形状…その重みというか深みを感じると、なんだかボリボリ噛んで食べてしまうのがもったいないような気さえしてしまいます。

でもポリッと噛んだ時に口の中に広がるほど良く繊細な甘みと、果物の風味は格別でした。

マルシン飯店、京都の中華の名店だ!最強の天津飯!!(東山三条)

観光都市京都にあって決して観光客向けではない昔ながらの中華料理屋…地元民から絶大な人気を誇る隠れた名店!!

そんなお店があると、京都在住の相方からずっと聞かされていて、「行きたい行きたい」とずっと思い続けてやっと来れました。前に来た時はちょうど定休日、今度こそはってことで来ました!!

と、ここまでで僕の中でどんどんその味は妄想の中で誇大化されており、もう絶品中の絶品というイメージが頭の中に構築されているため、かなり高いハードルになっています…果たしてどうなのでしょうか。

マルシン飯店、京都の中華の名店だ!最強の天津飯!!

そのお店は京都の東山三条にあります。赤い古そうな看板はなかなかの迫力があり、いきなりフラッと観光客が立ち寄るのは至難の業といった感じもありますな(言い過ぎ)

「マルシン飯店」

ある意味、ごくごく普通の大衆中華食堂といった雰囲気でしょうか。

マルシン飯店、京都の中華の名店だ!最強の天津飯!!

お店の前にはショーケースが。料理は種類が豊富なようです。手書きのメニューには値段が書いてありません(笑)これは初見では入りにくいかも。(実際は至って普通、むしろ安いなあと感じる値段設定です)

中に入るとこれもいかにも大衆中華食堂といった感じの赤いテーブルが6,7台。一番奥のテーブルでは常連さんらしきコワモテのおっちゃんが日本酒片手にテレビを見つつ天津飯を食べていました。

僕らが入るのとほぼ同時に部活の合宿とおぼしき高校生と顧問の先生のグループが入ってきました。どうやら顧問の先生が夕飯に連れてきたようです。生徒にしきりに「天津飯」をススメ、生徒のほぼ全員が天津飯を注文していました。(安くてボリュームがあるからかな?)

まあでもそんなに言うなら・・・と、聞き耳を立てていた僕も天津飯を注文。ビールとエビの天ぷら餃子も4人前注文。(頼みすぎたか?)

マルシン飯店、京都の中華の名店だ!エビの天ぷら

まずはビールとエビの天ぷらが。ビールはサッポロの黒ラベルです。

小エビの天ぷらは衣に味が付いているので、しょうゆなどは何も付けずにカラシで頂きます。プリプリしていて味がしっかりついているのでビールが進みます。これはいける!

マルシン飯店京都の中華の名店の餃子

そうこうしているうちに餃子が到着!小ぶりなので一人2人前はぺろりと行けそうです。これを見ていた高校生の数人が餃子も追加注文(笑)

餃子をラー油の効いたタレにつけて口へパクっと・・・じゅわ~~~・・・口いっぱいにジューシーな豚肉と野菜のうまみが広がるじゃないですか。おお、うまい!!餡の肉と野菜のバランスが絶妙ですぞ。箸が止まりませんな。

マルシン飯店、京都の中華の名店だ!最強の天津飯!!

そして連打のように天津飯の登場。

白ごはん、卵、餡・・・

「なんだ…具とかグリンピースは入っていないのか…」

本当に何も入っていないシンプルな天津飯ですな。ちょっと拍子抜けです。うーーん、どんな味の餡なんでしょうか。しかし顧問の先生が生徒全員に食べさせたかった天津飯…。餃子の肉汁と野菜、ラー油のピリッとした辛さで包まれている口の中に、天津飯をちゃっちゃっとひとすくい…口へと運びます。ふむふむ。

なななななんじゃこりゃ!!!

口に入れた瞬間、醤油の旨み、風味が口全体に染み込んでくるではないですか!そして次の瞬間、ふわっふわトロトロの卵に包まれ…!あひょ!!うんみゃぁぁ~~~!思わず目を見開きます。これ以上ないというくらい洗練されたシンプルさの頂点を極めたうまさ。絶妙な甘さとトロ~ミ。白ごはんには汁が染み込むことなく、これがまた良い~食感なんですわ!!

さ…最強天津飯…

かなりの高さまで上げていたはずのハードルを超軽々と越えていきました…。ぴよーーーーん。ぼくは取りつかれたように無心に天津飯をかきこみます。

最後の一口を口に運び、つい溜息のように「うまぁ・・・」という声が出てしまいました。すると奥でテレビを見ていたコワモテ日本酒おっちゃんがこっちをみてニカッと笑います(ふふふ、どうや、参ったか?これがマルシンの天津飯やねん!)。横をみると同じく天津飯を食べていた高校生たちが空になった器を目の前に恍惚の表情になっていました。


とんでもない天津飯に出会ってしまいました…。もちろん味の好みは人それぞれですが、少なくともあの場にいた客全員が思ったはずです。

「この天津飯は絶品だ・・・」


マルシン飯店
京都市東山区東大路通三条下ル西側
075-561-4825
11:00~翌6:00
火曜定休

鞍馬寺ポタリング、快晴の鴨川を行く

鞍馬寺…一度来たことがありましたがその時は電車に乗って。相方によると鞍馬までそんなに距離無いぞっちゅうことなので自転車で行ってみることに。

DSCF1123.jpg

快晴の鴨川沿いを北に進んでいきます。信号もないので気持ちいいですなぁ~~!!

DSCF1129.jpg

途中、たぶん鵜だと思われる鳥が、川面でバタバタしてから潜水!!というのを繰り返していました。珍しがって眺めていました。ほんと、同じ動作を繰り返しています。魚を取ってるんですかね。

DSCF1130.jpg

それにしてもいい天気です。ちょっと暑いですけどね。

DSCF1132.jpg

上賀茂神社の横の道をちょちょちょいっと抜けていき、少しずつ坂道が現れます。

細い山道を登っていくと・・・

DSCF9941.jpg

山の中に突然お土産屋さん街が姿を表し!!

DSCF9940.jpg

鞍馬天狗が出迎えます!!

DSCF1153.jpg

鞍馬寺の入り口の登場です。ケーブルカーもあるようですが、僕らは歩きで上ります。自転車を置くスペースがなかなか見つからなかったのはちょっと残念でしたが。

DSCF1136.jpg

階段をテクテク・・・背中は汗でびっしょりです。

相方は「こんなに登ったっけかな??こんなに登ったっけかな??」としきりに繰り返しています(笑)どうやら本殿まで行くのは初めてのようです。その言葉の裏側には「こんなに歩くはずじゃなかったのに…」という怒りにも似た感情が見え隠れしています(;・∀・)

DSCF1139.jpg

ずいぶん上ってきました・・・テクテク

のどが渇いた相方の機嫌が・・・(;・∀・)自販機を見つけ次第ジュースを買いましょう…

DSCF1142.jpg

いや~山深い景色ですねぇ~~!!

DSCF1144.jpg

そしてついに本殿どーーーん。お参りしましょう。

鞍馬弘教の総本山。鑑真和上の高弟鑑禎上人が毘沙門天を本尊として奉安した(770年)お寺だそうです。何度も火事にあってるそうで、本殿は比較的新しいつくりでした。最近はパワースポットとかなんとかで観光客が来るとか。

前回は貴船神社までのハイキングコースを歩きましたが、今回は自転車もあるのでここで引き返します。

DSCF1092.jpg

夜の鴨川はまた違った雰囲気でした。名物の床が出ています。

新福菜館本店|京都駅近くの有名ラーメン店

京都に来たらここには来たい!!

そう思わせてくれる僕の大好きなラーメン屋が京都駅の近くにあります。

DSCF6196.jpg

「新福菜館 本店」

京都のガイドブックなどにも必ずと言っていいほど載っていることもあって、隣の「第一旭」とともによく行列が出来ています。京都駅から歩いていける距離なので、電車の時間までちょっとあるなぁ~って時にはぴったり!!

DSCF6198.jpg

京都駅東側の高架を北側へ渡ったところにそのお店はあります。黄色いお店と赤いお店が並んでいますが、赤いお店の方です。

DSCF6197.jpg

ぼくがこのお店に来たのは5年前、初めて京都に自転車を輪行して一人旅をしたときのことでした。京都のライダーハウスに宿泊したときに、オーナーのおっちゃんが教えてくれたのがこのラーメン屋。ライダーハウスの元オーナーさん(おっちゃんの息子さん。数年前に病気で他界。)がよく通っていたとのことで教えてくれたのでした。

直接息子さんに会ったことは無かったのですが、ちょうど宿泊した日が命日で…何か感慨深いものがあり、息子さんの好きだったラーメンを食べに行ったのでした。

このお店に来ると、僕と同じように旅が大好きで、北海道が大好きで、京都にもライダーハウスを作りたいと夢見てた息子さんのことと、その意志を受け継いで懸命にライダーハウスを経営されているおっちゃんのことを思い出すのです。(しばらく、あのライダーハウスには顔を出してないな…。)


けっして広くはない店内は混雑時には相席となります。今回はすんなり入れて、テーブル席を一人使いさせていただきました。威勢のいい店員さんが元気よく迎えてくれます。この活気も好きなんですよね。決しての~~んびりゆったりするようなお店じゃない気がします(笑)

DSCF1189.jpg

中華そば(並)650円とヤキメシ500円を注文します。いつもの組み合わせ。

真っ黒なスープと中細ストレートの麺が特徴です。見た目にはかなり濃い目のしょうゆ味かなぁ~と思うんですが、これが意外や意外優しい味なのです。豚と鶏の出汁の甘み、風味がふんわりと口に広がります。

スープの色がしみ込んだ茶色い麺も歯触りがよく、ずずずず~~っと頂けます。チャーシューもいっぱい乗っててまるでチャーシューメンのようです。

DSCF1188_20130806230920e35.jpg

それと、ここに来たらラーメンだけではもったいないです。ヤキメシを食わないと!ラーメンと同じく真っ黒いしょうゆ味のチャーハン!

満腹・満足です。

新福菜館 本店
京都市下京区東塩小路向畑町569
075-371-7648
月・火・木~日 7:30~22:00
水 11:00~15:00(水曜不定休)

大きな地図で見る



(2013年8月5日現在)

輪行旅のコツとマナー|青春18きっぷで静岡から京都へ

夏休みといえば!

青春18きっぷ(JRの鈍行乗り放題格安切符)ですな。

いろいろと制約はありますが、一日中JR全線の普通電車が2300円で乗り放題なのであります!!1日乗り降り自由を1回として5回分がセットが11500円なので一人で5日間利用したり、数人で同一行程を1日利用できたりします。そういう意味で一日2300円なんですな。期間限定で発券され、今年(2013年)の夏は7月20日から9月10日まで使えます。

基本的に「普通」「快速」「新快速」「特別快速」などに乗ることができますが、「特急」や「新幹線」など別途乗車券が必要になる電車は、乗車券を買っても乗れません。

故に時刻表とにらめっこが必要となりますが、えきから時刻表の乗り換え案内で、「航空機」「新幹線」「特急」のチェックを外すことで簡易的に調べることもできます。

DSCF1197.jpg

静岡京都間の場合、5時間半ほど電車に乗り続け、乗り換えはうまく組んでも最低3回はあります。静岡京都間の通常運賃が5460円なんでそれだけでお得ですな。

静岡ー小倉間を18きっぷ輪行したことがありますが、うまくやれば16時間半くらいで10回乗り換えで行けます。この場合、11700円が2300円になるので金額だけ見ると激安です。労力は…。

DSCF1190.jpg

今回はマウンテンバイクだけでキャンプ道具は持っていかないので、荷物はこんな感じです。輪行袋という専用の袋に自転車を分解(前輪後輪を外す等)して完全に入れることでJR線に持ち込むことが認められています。完全に入れることが大事なのでサドルなどが出ているのは基本的にはルール違反だと思います。また、専用の袋でなくてはならないので、ごみ袋などではいけません。

旅客営業規則 第2編 旅客営業 -第10章 手回り品

DSCF1192_20130806190120d45.jpg

公式に「輪行」として認められており、無料で持ち込むことができますが…

DSCF1194_20130806212659b9d.jpg

やはり一般客には邪魔には違いないので、

・隅の方に置く
・しっかり固定して転倒防止する
・ラッシュは出来る限り避ける
・なるべくコンパクトにまとめる
・最後に乗り降りする
・乗り換えの移動時に人に接触しないように細心の注意をする
・絶対に座ってやろうとは考えない
・謙虚な姿勢

などが重要となります。少し離れた場所に座る場合などには、車掌さんが来た時に一声かけておくといいでしょう。輪行自体もだいぶ認知されるようになってきてはいますが、全く知らない方もおられます。不審物と間違えられた事例も聞いたことがありますからね。

乗り換えの階段やエスカレーターは十分注意してください。初めて輪行するときは、事前に階段の上り下りを練習しておくといいでしょう。

DSCF1195.jpg

それと、これはオススメ。田舎 地方に行くと地元のヤンキー 元気な青年が中身を気にして勝手に開けて中を見られたり…ということが何度かあったので、カギを付けるようにしてます。


最初は何時間も電車に乗り続けるのが苦痛ですが、慣れてくれば5、6時間はあっという間に過ぎていきます。今回も始発5時発の電車に乗って10時半ころ京都に着きました。京都駅の人の少ない場所へ行って、さささっと自転車を組み立てます。

DSCF5875.jpg

肩の重荷ともおさらば!!さあ、自転車旅の始まり始まり!!!

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

タイ料理 京都 ミースック(Miisuk)でパーティー

京都市役所のすぐ北の小路にある料理の創作タイ料理のお店「Miisuk」。
ぼくもぼくの相方も大好きでよく通っているお店です。
タイ人シェフのカロックさんと日本人の奥さんの二人で経営されているこじんまりとしたカフェのようなお店です。カロックさんはフレンチの修業経験もあり、ただの「タイ料理」ではなく「創作タイ料理」であるゆえんはそこにあるのかもしれません。

料理はタイカレーを始め、カオマンガイ、トムヤムクン、平打ちの炒麺、自家製ソーセージの盛り合わせなどなど、どれも美しくそして絶品です!!

タイのビール、シンハービールとの相性も抜群です!!


DSCF9726.jpg


そんなMiisukで新年会も兼ねたとあるパーティーに参加してきました。

DSCF9733.jpg

相方のお友達が多数参加(*^。^*)

DSCF9727.jpg

生のエビ!またソースがうまい!!
パスタかと思っていたら、パパイヤのサラダで、ちょっと酸っぱく辛さもちょうどいい感じでした。

DSCF9731.jpg

インドネシアから帰省中のLちゃん、かわいいですね~(゜-゜)
ブロックでみんなで遊びました。

DSCF9732.jpg

楽しみにしていた、クスクスのラムカレー!!
初クスクスです!!

モロッコの小麦粉から作ったご飯みたいな奴ですよね~。

またこのカレーが絶品\(◎o◎)/!
ラム肉もがっつり頂きました!!こりゃうめえ。

DSCF9735.jpg

料理を終えたシェフも混じってパーティーは進みます。
タイ・インドネシア・日本!多国籍です(*^。^*)

いや~ホントに楽しかったです。

DSCF9736.jpg

相方が家で作ってきたシフォンケーキもこんな素晴らしいアレンジに!!
うまままま~~ヽ(^。^)ノ

お友達もたくさん出来ました。
京都の最終日に素晴らしい会食に参加できました(*^。^*)皆さんありがとうございました!!

ミ―スック Miisuk
住所 京都府京都市中京区御幸町通御池上る亀屋町405番
TEL 075-202-6308
営業時間 ランチ12:00~14:30(L.O)、ディナー18:00~21:30(L.O)
木曜定休



より大きな地図で ミ―スック を表示

蛸安 岡崎店のたこ焼き、ネギかけ。カリカリです。

京都の夜にむしょうに食べたくなる味。

岡崎、平安神宮の北側にあるたこ焼き屋、「蛸安 岡崎店」。

ここのネギかけのたこ焼きが大好きです。
九条ネギがたっぷりかけられたたこ焼き。皮が揚げたようにカリカリしてて、中には大粒の蛸が。

NCM_0822.jpg

夕方からしかやっていないので、お昼には食べれません。そのかわり夜遅くまで営業されてて、遅くまで客が絶えません。

蛸安 岡崎店
TEL 075-761-8515
住所 京都府京都市左京区岡崎入江町57-3
営業時間 17:00~翌2:00



大きな地図で見る

キッチンゴン 河原町丸太町の2号店でピネライス

ぼくが初めてキッチンゴンに行ったのは5年前。

初めてライダーハウスボーダーさんに行った時のことでした。
二条城の近くにそのライダーハウスはあるため、キッチンゴンまでは歩いて数分。
良く通ってました(笑)

DSCF6024.jpg

ライハのおっちゃんがオススメしてくれたのが「ピネライス」。

このライダーハウスに来た人、全員にオススメしてます。
いや、ほんとにボリュームもあってうまいのですよヽ(^o^)丿

DSCF6092.jpg

可愛らしいコックのマーク。

いかにも町の洋食屋さんという感じがして、期待が膨らみます。

DSCF6091.jpg

落ち着いたオシャレな感じでまた良いですよねぇ~ヽ(^。^)ノ

DSCF6090.jpg

そして、こちらが西陣にあるキッチンゴン本店のピネライス。

おっと、ピネライスとは何か、説明し忘れておりました(*^。^*)
「ピネ」は薄いカツの意味らしく(フランス語?)、キッチンゴンのピネライスは、下がチャーハン、平たいトンカツ、更にその上からカレーがかかっているのです!!

言ってみれば「チャーハンカツカレー」(笑)

贅沢でしょ~??

これがめちゃめちゃ美味いんスよヽ(^o^)丿

キッチン・ゴン (二条城北の本店)
京都府京都市上京区下立売通大宮西入浮田町613
電話番号 075-801-7563
営業時間 11:00~22:00
定休日 無休




と、ここまでは、本店の話。

2号店が河原町丸太町にあるという情報を入手し、今回突撃して参りました(*^。^*)

DSCF9714.jpg

夕飯時に突撃したため、少し待ちましたが気持ちよく案内していただけました。
注文すると、この小さいコーンスープが出てきます。本店と同じです(^-^)嬉しいですね。

ゴンの料理の引き立て役である「サラダスパイス」がふりかけてあり、これがまた美味いんです。

ぼくは「ガーリックピネライス」を注文してみました。
確か本店では肉の種類を選べたと思いますが、こちらでは「赤ピネ」や「ハーフピネ」などこちらの店舗ではバリエーション豊富にメニューが作られていました。ガーリックピネライスもカレーかデミグラスソースか選べます。

ぼくはやっぱりカレーです(^-^)

また、本店には無かった(今はあるのか?)サイズ指定も5段階ほどあり、最高のメガトン盛りはさすがに凄そうです。

レギュラーサイズでも結構なボリュームがあるので、ぼくはレギュラーサイズを注文(゜_゜)

DSCF9724.jpg

うひょー!ガーリックピネライス!

あの味です!本店と同じあの味です!
たまごやハムの入ったチャーハンだけでも絶品なんですが・・・。甘めのカレーとカツがまたうみゃ~ですよ。

DSCF9717.jpg

冬季限定で牡蠣フライがあったので、こちらも(笑)
大粒で最高でした\(◎o◎)/!ばーーーん

名物のピネライス以外の料理も絶品だらけで困ります。
通いつめたい洋食屋さんです。

キッチンゴン 御所東店
住所 京都市上京区河原町通丸太町下ルオーキッド山下1F
TEL 075-255-5300
営業時間 11:00~22:00(LO21:40) 
定休日 無休



大きな地図で見る
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 544 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。