「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国88ヶ所歩き遍路2010 目次

【四国88ヶ所歩き遍路旅2010の目次】

四国88ヶ所歩き遍路旅2010の記録 【歩き遍路プロローグ】
板東駅、一番札所最寄りの駅へ移動 【歩き遍路第1話】
徳島歩き遍路のはじまり 【歩き遍路第2話】
美味しいお接待を頂く・・・ 【歩き遍路第3話】
同行三人、2日目の午前のお話し 【歩き遍路第4話】
吉野川を渡り、鴨の湯へ 【歩き遍路第5話】
最終回は突然に。【歩き遍路最終話】

posted by (C)むらまさ
スポンサーサイト

最終回は突然に。【歩き遍路最終話】

歩き遍路2010 最終話

2010/2/15
鴨の湯~

人は死んだらどうなるのか…。肉体は朽ち果てても魂はどうなる?
死ぬまで分からないことかもしれませんし、死んでも分からないかもしれません。

四国はその島自体が大きな霊場と言われます。
四国は不思議な力をもっている場所です。

四国八十八か所、お遍路は僕が思っていたよりも遥かに崇高で、深い深いものでした。自転車で一周してもそれに気付かず、僕は愚かなことをしました。自然や死者、人智を越えた偉大なものへの畏敬の念があまりに足りなかったのです。僕の考えの甘さもありました。

とにかくお恥ずかしい内容ですが、読んでいただけたら幸いです。


吉野川を渡り、鴨の湯さんの遍路小屋で一泊。
宿泊していたのは僕らだけでした。

鴨の湯はもう山のすぐふもとにあり、これから次の12番のお寺は遍路さんに恐れられた「へんろころがし」の難所、焼山寺への山道行が控えています。

しかし、そんな難所を前にして、天候は最悪…。

一日中、朝から晩まで大雨予報。

前に進むのを三人とも躊躇しましたが、予定は40日きっかりと決まっています…。(この時、ぼくらの事前に立てた予定が僕らを苦しめていました…。目安が義務になっていた気がします。)

DSCF2062.jpg


日の出まえに起床して、なるべく早く焼山寺に到着を目指します!!寺が開く7時きっかりに到着することも考えましたが、あまりに出発が早すぎるのと暗すぎるので、その計画は断念しました。

購入しておいた弁当を食べます。

DSCF2063.jpg

雨の対策をして、準備は万全…!

まだ辺りが暗いうちから出発します。このとき体調は至って普通。足が豆だらけでちょっと心が折れそうだったぐらいです。多少の疲労感はありましたが、変な感じはなにもなかったと記憶しています…。

DSCF2067.jpg

陽が昇る時刻になっても、山道は暗いまま…。不気味な感じがあります。

歩いていて、後ろは振り向きたくない感覚です。何かがいる気配とか、そういうのでは無いのですが。
いや~な感じはしていました。

DSCF2072.jpg


山道を進みます。雨は一向にやむ気配はありません。ずいぶん気温も低い感じがします。

DSCF2071.jpg


いよいよ「へんろころがし」と呼ばれる急傾斜地帯へと入って行きました。クネクネ道で一気に登っていきます。

DSCF2074.jpg


カラダに異変が起こり始めたのは、このあたりからです。

今でもよく覚えています…。お地蔵さんの前で休憩したすぐ後からでした。

まず、脚が異常に重たくなって行きました。少しの段差でも足が上がらないのです。
明らかにおかしい…。

DSCF2076.jpg

DSCF2077.jpg


…そこから、写真は一枚も残っていません。


どんどんカラダに異常が出始めたのです。僕は二人から遅れ始めます。二人は少し先で僕を待ってくれ、追い付いてはまた離れ…を繰り返します。

足から来た異常は体全体に広がり、体全体がどんどん重くなっていきます。痛みはありません・・・。

歩けば歩くほど体調は悪化していきます。目の前の風景がどんどん薄れて行き、クラクラする感じ。何度も戻し、立っていられなくなることも。しかしもう既に山奥。民家もありません。もはや来た道など戻ることは不可能。とにかく前に進むしかない。進めば進むほど、体は重くなりクラクラしてくる…。

二人には先に行ってもらうことにしました。ゆっくり休みながらでも前に進もう…。次第に涙が溢れだします…。もう駄目かもしれない。何度もそう思いました。般若心経をひたすら唱えながら進みます。次第に意識は遠のきます。このあたりからあまり記憶がありません。


二人の話ではずいぶん時間がたってから僕は焼山寺に到着。焼山寺までは舗装路があるのでタクシーを呼んで、とにかく徳島市内に移動することになったそうです。ぼくは一人でタクシーに乗ってる所から、記憶があります。タクシー一発では徳島市内までは行けず、途中でバスに乗り換え、なんとか徳島市内に到着。

近くにあったビジネスホテルに飛び込み、宿泊。ホテルの人が心配してくださり、いろいろ面倒を見てくださいました。この時、40℃の熱がありました。結局同じホテルに3泊。ずっとうなされながら寝込んでいました。熱は一向に下がりません。近くの病院にも行きましたが、原因は不明…。解熱剤をもらってきて飲んでいました。

数日後に焼山寺から下山し徳島まで来た二人と再会するも、ぼくはリタイアを決意。新幹線で静岡へと送還されました。

その後、一週間以上熱は下がらず、静岡でも病院に行きましたが原因は不明…。こんなに苦しかったことは今までありませんでした。死ぬと思いました。



友人二人には本当に悪いことをしたと今でも後悔しています。全ては自分の甘い考えが原因だったのです。遊び半分でやるもんじゃない…。二人はその後。高知へと南下するのはやめ、香川県を旅して旅を終えたそうです。

この四国旅はその後、トラウマになっています。2年後の日本縦断の際に、松山から今治まで走るときはずいぶん緊張しました。もう僕は四国に踏み入れられないんじゃないかという漠然とした不安。いつか、まだまだ残っている88ヶ所巡礼を完成させたい気持ちはありますが、当分の間はやれそうにありません。

吉野川を渡り、鴨の湯へ 【歩き遍路第5話】

歩き遍路2010 第2話

2010/2/14
吉野川~



二日目の午後。

10番の切幡寺からは一気に南下して、11番の藤井寺まで10数㎞の道のりを進みます。

DSCF2039_20130115013928.jpg

かの吉野川を渡りますよ!
河川流域がかなり広く、湿地帯では畑が広がっています。

DSCF2041.jpg

少し曇ってきたのが気になりますが、進みましょう!!

DSCF2040.jpg


幅の狭い橋を渡り・・・。

DSCF2047.jpg

DSCF2044.jpg

いや~、キツイ。休み休み行きますよ・・・。
疲労がでてきました。あと少しあと少しと思っていても、思いの外、前に進んでいません

DSCF2049.jpg


車一台進めるくらいの幅の橋。囲いが無いから落っこちそうですな・・・。夜は歩けなそうです。

DSCF2050.jpg

うどんで昼食。ずるずるっとな。
やっぱり食べなきゃ回復しません。食事は大切ですな~。

DSCF2037.jpg

藤井寺の近くに鴨の湯という銭湯があり、そこに遍路用の小屋が併設されているそうなので、そこを目指します・・・。やっとのことで鴨の湯に到着!!!

風呂に入れる!!

っと思ったら・・・閉館中!?ちょうど改装工事かなにかで、この日はお休み(>_<)!!なんてついてないんだ・・・。

でも遍路小屋は使っていいよとのことで、今日の寝どこは確保させていただきました。

DSCF2051.jpg


壁に大量の納め札が貼られています。
畳張りだヽ(^o^)丿今夜はたたみで眠れることになりました!!

DSCF2059.jpg

荷物を置いてから、藤井寺に行っておきました。


最寄りの銭湯は何キロも離れており、歩きで行くのは困難・・・無料で貸し自転車があるということでそれをお借りし銭湯へと向かいます。が、途中でパンク。なんともついていない後半でした・・・。無事、銭湯には入れましたが。

明日は雨予報。で、いきなり徳島の難所、焼山寺が待ち構えます。登山ですな・・・。雨の中の登山。

早く寝て早く起きよう。

同行三人、2日目の午前のお話し 【歩き遍路第4話】

歩き遍路2010 第4話

2010/2/14
土成中央公園~


2日目の朝。

DSCF2003.jpg

日の出とともに起床。足と腰がバキバキになってます。

1日目は7つのお寺を周って日没。
次の熊谷寺まではだいぶ近い場所で野宿したので、朝のんびりしてお寺が開くのを待ちました。

DSCF2004.jpg

8番目のお寺、熊谷寺。

朝早くは誰もおらず、静寂が辺りを包みます・・・。神聖な雰囲気です。
熊谷寺の文字の書かれた提灯が、ぼんやりと明かりをともします。

この神聖な雰囲気は、四国88か所の魅力の一つですよね。

DSCF2011.jpg

恒例の記念写真!

DSCF2012.jpg

一旦、法輪寺へは南下して、更に西の切幡寺を目指します。

DSCF2013.jpg

DSCF2014.jpg

のんびりした田園風景の中を歩いていきます。天気は快晴。

DSCF2015.jpg

自転車のスピードでは見えなかったものが、歩きの旅だと見えてきます。

やはり旅の原点は「歩き」なのだと。

・・・自転車旅とはまた違った魅力を徐々に感じ始めてきました。快晴の青空の気持ち良さがそんな気持ちを後押しします。歩き旅・・・良いなあ~。

DSCF2017.jpg

とはいえ、自転車より確実に疲労します。歩き慣れてないですから。
一歩一歩着実に前に進みます・・・。

DSCF2031.jpg

梅の花は8分咲きといったところです。いやされますね~。

DSCF2034.jpg

10番目の切幡寺に到着。

DSCF2028.jpg


・・・階段はしんどい。

DSCF2033.jpg

線香の香りが境内中に漂い、体中が香りに包まれます・・・。なにか清められるようなそんな感じがしますね。

DSCF2035.jpg

2日目の午前中はここまで・・・。

皆、少し疲れが見えてきました。

美味しいお接待を頂く・・・ 【歩き遍路第3話】

歩き遍路2010 第3話

2010/2/13
5番地蔵寺~



初日、歩き始めの午後。

DSCF1975.jpg

DSCF1981.jpg

DSCF1983.jpg



地蔵寺でお参りをすませ、3人でウロウロしていると…、遍路姿のご夫婦に話しかけられました。

2人に今日から歩き遍路を始めたことなどを話します。ご夫婦は北九州から車で来られていて、遍路さんのサポートが目的だそう。

DSCF1985.jpg

なんと、僕たちにサポートをと、お昼ご飯にお弁当をいただいてしまいました(◎-◎;)

DSCF1986.jpg

おばちゃん手作りのお弁当。

DSCF1987.jpg

おにぎりがこんなに美味しいと感じたことってないかもしれません。感謝の気持ちを噛み締めながら、おにぎりをほおばります。

DSCF1988.jpg

手羽先も素晴らしい味付け!
疲れていた体に染み入ります……。
見ず知らずの僕らにこんな施しを……涙が出る思いでした。でも友人の手前、何事もないように食べていました。

お礼の連絡をするための連絡先を聞けなかったことが悔やまれました……(;_;)

DSCF1989.jpg

三人とも元気を取り戻し、また歩き始めます。

DSCF1990.jpg

一つ一つ着実にお寺をお参りし……

DSCF1998.jpg

十楽寺をお参りしたところで、納経のタイムリミット、5時を迎えます。

お寺は7時から午後5時までしか開いていないのです。この縛りは気をつけないと、行程のロスにつながります。

DSCF1999.jpg


スーパー銭湯の御所の湯に入ります。10時まで開いているので、広間で閉館まで粘ります。

やはり初日はしんどかった……(*_*;

DSCF2001.jpg

風呂屋のすぐ前の土成中央公園にテントを張り野宿です。今夜も寒い……。

徳島歩き遍路のはじまり 【歩き遍路第2話】

歩き遍路2010 第2話

2010/2/13
板東駅~



第1話はこちら

板東駅にて駅宿。
始発が来る前に起床です。人が来る前に…と思ってましたが、起床するとベンチに電車を待つ人が2人…。でも良く遍路さんが泊まってるようで、慣れてる感じでした。不審がられることは一切なく、簡単に挨拶したくらいでした。

四国の方は野宿遍路に慣れてらっしゃる。

有難いことです。

DSCF1938_20130115003735.jpg

早速荷物をまとめ、1番札所へ!!

DSCF1939.jpg


一番札所の霊山寺のすぐ横には遍路用品を扱った売店があるので、そこで用品を一式買い揃えます。菅がさ、白衣、杖、納経帳、お経本・・・。

遍路はおカネが意外とかかるんですよ(笑)

DSCF1940.jpg

DSCF1942.jpg


DSCF1943.jpg

さっそく三人で読経です。般若心経をはじめとしたお経を唱えて行きます。一年ぶりのこの感覚!なんだか久しぶりです。けっこう覚えているもんでした。

DSCF1946.jpg

記念写真をパチリ。

まだこの時は表情が柔らかい!(笑)このあとどんどん疲れて行きます。

DSCF1951.jpg

DSCF1952.jpg

DSCF1953.jpg

最初の方は寺が密集しているので、次々と周ります!!
・・・という予定でしたが、やはり自転車でまわった時の感覚が捨てきれず、「こんなに遠かったっけかな?」という感覚が心労をもたらします。自転車の感覚が邪魔をします。

自転車の3分の1の速度。

頭では分かっていても、体が嫌がる感じです。なかなか進まぬ行程にフラストレーションがたまります。
でもまだ楽しさが勝っている。複雑な感じです。

DSCF1965.jpg

自転車遍路では通れなかった「本来の遍路道」を進めます。

DSCF1969.jpg


これは面白い!!

DSCF1967.jpg


これぞ遍路旅という感じがあります。

それにしても荷物が重い・・・。肩に食い込み、腰にも負担があります。
杖に体重をかけ、ゆっくり歩いていきます。杖を右左持ちかえたりしながら試行錯誤を繰り返します。

DSCF1970_20130115003802.jpg


4番札所の大日寺。

DSCF1977.jpg

大きなトラブルには見舞われず、とりあえず順調に遍路旅がスタート。

初日の午前中が無事に終わりました。

まだ午前中です。

板東駅、一番札所最寄りの駅へ移動 【歩き遍路第1話】

歩き遍路2010 第1話

2010/2/12
静岡→徳島県、板東駅



授業(テスト)が全部終わり、春休みに入ったその日の夕方に出発です。
リュックサックにはあらゆる装備を詰め込んであります。

自転車で旅をするときに持ってるようなものは全て持って行くことにしました。
自炊道具、テント、寝袋、衣類・・・。デカイ鍋も持って行きます。

・・・とんでもない重量になってしまいました。


出発までに歩き慣れる為、自宅から大学までの10㎞を歩いて通学したりもしました。しかし重い荷物を担いで歩く練習はほとんどできず、かなりの不安が残ります。準備不足、調整不足は否めません。

DSCF1926.jpg

とにかくめちゃめちゃ重いリュックを背負って新幹線に乗り込みます。

DSCF1930.jpg

DSCF1929.jpg

まず目指すは岡山駅!!名古屋駅で乗り換えです。
岡山駅で乗り換えていよいよ四国入り・・・。

DSCF1931.jpg

今から40日間歩き続けるという実感は全然ありません。
果たしてホントに行けるのか・・・漠然とした不安はありました。

DSCF1933.jpg

ほぼ終電で徳島県の板東駅に到着。周囲は真っ暗。人はほとんどいません。

DSCF1934.jpg

JR高徳線の板東駅は四国霊場88箇所第1番札所「霊山寺」の最寄駅。小さな駅で無人駅です。
駅舎は一晩中解放されているので(カギかかからないので)ここで一晩過ごさせていただきます。駅寝です。

これから先、なるべく野宿や遍路小屋(遍路さん用の簡易宿泊小屋)を使って旅の経費を節約する予定です。

DSCF1937.jpg

雪は降っていませんでしたが、とにかく寒い夜でした。床に銀マットを敷いて寝袋で就寝。
これからの旅の行程を思うと、ちょっとドキドキしてなかなか眠れませんでした。顔がめちゃくちゃ寒かったのもありますが。

明日から、いよいよ歩き始めます。まずは遍路用品の購入から始めましょうかね!!


≪つづく≫

四国88ヶ所歩き遍路旅2010の記録 【歩き遍路プロローグ】

自転車旅の記憶!というブログですが、歩き旅の記事を少し書きます(^_^;)
何を血迷ったか歩き旅なるものに挑戦したことがあるんです・・・。
この旅ほど「吾唯知足」の意味を痛感した旅はありませんでした((+_+))




2010年の春休み・・・。

僕は友人2人を誘い四国88ヶ所歩き遍路の旅に出ました・・・・
数回にわたり、その記録を連載していきます。

DSCF1970.jpg


2009年の春休みに僕は自転車での四国88か所巡りをしました。
その時の様子はこちらに連載記事として公開してあります↓
http://chema2sa.blog.fc2.com/blog-entry-104.html


自転車で遍路旅をしていると、多くの歩き遍路さんと遭遇します。宿や野宿場所で一緒になったりするので、遍路旅やなぜ旅をしてるかのお話しを聴く機会がおのずと増えてきました・・・。お遍路さん一人ひとり、その体験や旅の理由は違うんですが、その話を聞くたびに、「自分は自転車で楽ちんしてるなぁ」と何というか罪悪感のようなものを感じていました。


遍路は本来、歩きでやるから意味のあるもの・・・


歩き遍路には健康な男の人で40日以上かかるそう。遍路にはいろんな意味がありますが、その中にはやはり修業的な意味もあります。無心で毎日毎日歩き続けて、自分自身と対面してこそ分かってくるものがある・・・と。

自転車遍路を終えて強く感じたこと・・・


「一生に一度は歩き遍路をしないといかん。歩き遍路をやりたい。」

DSCF1960.jpg


自転車で通る道は遍路道ではない。というのも一つの理由でした。自転車で88ヶ所を周ろうとするとどうしても舗装路、すなわち車の通るルートしか通れません。歩き遍路道、田んぼのあぜ道や林や森の中、登山道・・・そういった遍路本来の道を通ってみたいというのもありました。


キツイ旅になるのは承知しています。ぼくは大きなリュックサックを購入し、次の年の同じ時期に四国に行くことを決意します。


でも計画を立てているうちに一人で40日も歩くのが怖くなり、友人2人も誘い・・・。

「四国へ行かないか?」

DSCF2039.jpg

これは僕の弱さからくるものでした。2人の友人は快く了承してくれ、3人で旅をすることになりました。

春休みをめいっぱい使えば、周りきれる予定。でも1日30km以上は歩かねばなりません。
果たして、88ヶ所を周りきることは出来るのか!?


乞うご期待。
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 539 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
08 ≪│2017/03│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。