「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~

お宮横丁で富士宮焼きそばと富士山ギョーザを食す

富士山、朝霧、風穴と涼しい地帯から灼熱の下界へと降りてきてしまいました・・・(´゚д゚`)

DSCF1399.jpg

富士宮に来ました。

湧き出た美しい水の流れる川が、この暑さの中では唯一の救いですな。いや、それにしても綺麗な水。富士山の湧水、浅間大社の横の湧玉池からとんでもない量の水が湧き出しているのです。

DSCF1401.jpg

ちょうどお昼過ぎ・・・おなかも減ってきました。富士宮でおなかが減ってきたら観光客はみんなここへ!!

お宮横丁。

DSCF1403.jpg

B級グルメで有名になった富士宮焼きそばのフードコートといった感じです。いくつかのお店が集まっており、共同のテーブルで頂くことができます。

DSCF1402.jpg

その中の一軒に入って焼きそばを注文。

DSCF1404.jpg

水はここで汲めます。冷えていて美味しい水でした。

DSCF1405.jpg

違う店でギョーザも買ってきました。エビギョーザらしいです。

そして富士宮焼きそば!!B級グルメの人気を決めるB-1グランプリにおいては第1回と第2回は第1位、第3回は特別賞となって全国的に有名になりました。

・歯ごたえのある富士宮やきそば専用の麺の使用
・ラードかす(富士宮では「肉かす」と呼ぶ)を使用
・削り粉をふりかける

というのが決まりらしい。

DSCF1406.jpg

富士山ギョーザなるものも、ほかの店では売っていた。ふむふむ、こちらは…世界遺産便乗なのかそれとももっと前からあったものなのか…(=_=)味は美味しかったですよ。
スポンサーサイト

万野風穴、現在の内部の状況|溶岩洞窟に潜入!!

万野風穴・・・

総延長908.3m、幅6.4m、溶岩流は万野風穴溶岩流からなる風穴で、富士山初期の溶岩流からなるそう。長さは日本最大クラスです。1922年(大正11年)に、国の天然記念物に指定されています。

文化庁の解説によると…

熔岩ノ流出スル際生セル洞穴ニシテ本邦ニハ其ノ数多カラズ富士四近ニアルモノノ中萬野及ヒ駒門ノ風穴ヲ大ナリトシ且洞穴内ニ於テ熔岩ノ流出シタル状態ヲ想思スルヲ得ヘク又熔岩鍾乳アリ


大正時代を感じますな。

天然記念物なのですが、現在は保護と崩落の危険のために閉鎖されています。昔は観光地だったみたいですけどね。地震とかがあると何度かメートル級の岩石が崩落しているみたいです。

入り口は富士宮市内の池田公園の一角にあります。

DSCF1354.jpg

今回は色々あってこの中に入る特別許可がおり、中ほど200mのあたりまで行くことが出来ました。たぶん一生に一度しかいけない場所でしょう。

DSCF1364 - コピー

アツアツの溶岩が流れ出した時に、溶岩の表面(外側)だけが冷えて固まり、割れ目などから中身のドロドロ溶岩が抜け出てしまうことでトンネルが出来上がります。

公開されていないため勿論、電灯などはなく真の暗闇です。気温は15℃程度、かなり涼しく快適です。

DSCF1374.jpg

溶岩が流れた構造や溶岩棚、溶岩石筍、溶岩つららなどが観察できました。

DSCF1378.jpg

また、こんな真っ暗な世界にもしっかり生態系が広がっています。洞窟昆虫やコケ類…これまたすごい世界でした。

DSCF1389.jpg

こういう場所は一度閉鎖されてしまうとなかなか再開とはいきませんからね…安全がしっかり確保され、何かの機会があればいいのですが。

万野風穴(池田公園内)

大きな地図で見る

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所
ジャンル : 旅行

奥庭から大沢崩れへの山行、富士山の崩壊地帯を目指す

富士山朝の風景

高校生向けの富士山巡検のティーチングアシスタントやってきました。

初日は富士スバルライン奥庭駐車場から大沢崩れまで歩きました。富士山中腹の北側から西側にまわるルートです。

富士山頂を望む

滑沢に到着。細かい砂利状の玄武岩が一面に広がっており、ところどころに植生があります。そして奥に目をやると富士山山頂が見えます。

富士山ダケカンバの林

このあたりはダケカンバの林が多く、地面は苔むしています。

富士山カラマツ

他にもカラマツ地帯や…

富士山オンタデの白い花

オンタデの白い花も咲いています。

富士山リンドウ

紫色のリンドウの群生地帯は感動的です!!

富士山キノコ

キノコも豊富に生えています。このキノコは・・・食べられるかな??うーーん(;・∀・)

DSCF1231.jpg

崩れやすい崩壊地域は気を付けて歩いていきます。玄武岩の砂利は崩れやすいので注意が必要です。


休み休み、途中弁当を食べたりしながら2時間ほど一本道を歩き、大沢崩れに到着!!

大沢崩れは富士山頂から西側に2㎞以上崩壊している最大規模の大浸食谷。現在も毎日落石が繰り返されています。今回はその大沢崩れの右岸まで行き、その様子を観察してきました。まあ、とにかく凄い所です。

大沢崩れは富士山頂から西側に2㎞以上崩壊している最大規模の大浸食谷

大沢崩れ右岸から

何度か雲の中に入ってしまいましたが概ね天気は良好!ちょうどいい運動になりました。大沢崩れから先は通行できないのでここからは引き返します。もと来た道を戻りましょう。

富士登山は山頂を目指すだけじゃないですぞ(゚Д゚)ノ道もわかりやすく、難易度の低いルートなので是非!



posted by (C)むらまさ
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 539 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。