「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のチロル「下栗の里」天空に浮かぶ斜面集落|自転車下見2013

秋葉街道下見ツアー、前回の続きです。

浜松から水窪を通り、青崩峠(兵越峠)を登って和田地区の遠山峡の道の駅まで来ました。ここまでで走行距離はちょうど100㎞程度。ランドナーで来た場合は、水窪を出発して1日目はこのあたりでテントを張ることになりそうです。

ここまでのお話はこちら。
・青崩峠は自転車で行ける?通行止め?秋葉街道
・旧木沢小学校、当時の面影を残す木造校舎

DSCF1500.jpg



ルートはこんな感じ。

道の駅遠山峡から7㎞ほど北に行った地点で国道152号をそれ、下栗の里方面へと登っていきます。下栗の里から更にしらびそ峠を越え、天竜峡へと下ります。

DSCF1692_20130817001005e2c.jpg

上島トンネル裏の登り口から、林道赤石線に入り、民宿ひなたのT字から下栗の斜面集落を登っていくことにします。集落を通り抜け、高原ロッヂ下栗近くのビューポイントを目指します。



まずは上島トンネルを通過してすぐに左に入り、林道赤石線へ。

DSCF1566.jpg

林道赤石線登り口から民宿ひなたまでは、約6㎞。標高差360m、平均斜度は6.6%です。

山伝いに細い林道を進んでいきます。基本的に景色が開けていて、右側の深い谷がよ~~く見えるんです。これはなかなか怖い…。

DSCF1567.jpg

かなり山深いことが分かります。民宿ひなたまでは点々と家があったりしますが集落は無く、こんな感じの道が延々と続きます。部分的にかなり急な斜面があったりもしますね。

DSCF1569.jpg

民宿ひなたの交差点を左折すると、いよいよ下栗の里です!!

民宿ひなた(最下部)から高原ロッヂ(最上部)までは、約2㎞の連続ヘアピンカーブで標高差200m。すなわち平均斜度10%という激坂を登ることになります。この集落がある斜面自体は最高傾斜38度という超急斜面らしいです。

いやはや…まったく…凄い所にある集落ですな…(;・∀・)

DSCF1573.jpg

2㎞の激坂を登りきると、高原ロッヂ下栗はんば亭の駐車場が現れます。地元のボランティアの方々が道中、案内をしてくれます。ありがたいですな。お蔭で道に迷わず、駐車場まで辿り着くことが出来ました(*´ω`*)

DSCF1575_20130817002815c49.jpg

この看板がビューポイントへの駐車場の目印。

DSCF1623_stitch.jpg

ここから片道15分程度の遊歩道を歩いて「天空の里ビューポイント」へ向かうことになります。自転車は遊歩道へは進入禁止でした。ここに置いていくことになるでしょう。

DSCF1576.jpg

遊歩道はこんな感じ。上り下りはほとんどなく、山の水平方向に道は伸びています。自転車で足ガクガク状態でも歩けるはずです。はずです(;・∀・)

この遊歩道は両サイド木々が生い茂っています。途中で下栗の里の風景が見えてしまう・・・なんてことはなく、完全に見えない状態で展望台まで行くことができます・・・なんて、期待を膨らませる仕掛けなんでしょう(´゚д゚`)

15分ほど歩き…

ついに…

ついに…!!

DSCF1611.jpg

展望台へ到着!!

…そして…

DSCF1617.jpg

DSCF1584-2.jpg

来ましたーーー!!!

「日本のチロル!!」

山間の急斜面に建つ家々とクネクネと曲がりに曲がった道路!!これは何度もテレビや写真で見て頭では分かっているつもりでも、実際に目の当たりにすると、こんな山奥のこんな急斜面に集落が存在して、今も人々が生活していることに改めて驚かされてしまいます…。

東京学芸大学名誉教授の地理学者、市川健夫氏は下栗を見て「日本のチロル」と命名したそうですが、ぼくには天空にポツンと浮かぶ集落にペルーのマチュピチュを思い浮かべました。

それぐらいとんでもないポツンとした場所に集落があるのです(´゚д゚`)いやはや


駐車場からは更に北に道が延びていて、これを通ればしらびそ高原へと抜けることができます。

…しかしこの道も駐車場からしらびそ高原まで距離にして14㎞標高差810mの登り坂です…。

DSCF1638_stitch.jpg

途中、隕石クレーターがあるといわれる場所もありましたが、植生が多すぎてよく形は分かりませんでした…。これはあんまし期待しない方がいいですよ(笑)

坂道が急で狭いのも注意ですが、このあたり非常にアブ・蜂の類が非常に多かったので注意です!!ぼくはクルマだから良かったものの、自転車で行ってあの大量のアブや蜂に囲まれたら一発でツーリング終了です。

DSCF1650.jpg

まだ登るのかよ…まだ登るのかよ…と、何度かだまされるような峠の見せかけのような場所を何度か通過し、ようやくしらびそ高原に到着。赤い屋根のアルプス風の建物が目印です。

上り坂の途中に空が開けて、平坦そうな場所が現れると「おお!!峠終了か!!!」と歓喜しますがまだ登りはその先に続くってこと、よくありますわな…。あれはかなり精神的に凹まされますよね。

下栗からしらびそまでも、まったく補給ポイントはありませんでした。やはり大量の飲料水持参は必須です。

DSCF1661.jpg

標高は1918m…ここまで来るとかなり涼しいです。8月でも。

ここの展望台からは南アルプスがよーーく見えますから、秋ごろに来ると雪もあって綺麗な景色かもしれません。そもそも夏場のくそ暑い時にヒルクライムすべきではないのかもしれません…(;´・ω・)

DSCF1660.jpg

ここからは約15㎞標高差1000mの下り坂です!ブラインドのカーブも多かったので速度には注意でしょう。この下り坂はほとんど山の景色は開けず両側は木々といった感じです。登ってきた側の方が景色が開けていたように思います。

再び、国道152号に戻ってきました。ここから更に北に152号を進むと地蔵峠、そして諏訪湖へとつながるわけですが、今回は時間の関係でここから天竜峡に抜け、国道151号で浜松へと戻ることにしました。

今回、水窪から北上するルートを取りましたが、自転車ツーリングの場合は北側から南下するルートが一般的なようです。しらびそや下栗を目指すなら、飯田線で天竜峡駅からスタートするという方法もありそうです。(飯田線の乗り換えの繋がりと本数がどれくらいあるかに寄りそうですが…)

はい。振り返ってみると、しらびそ、下栗、木沢小学校、青崩峠…思いのほか見どころの多いルートだった気がします。今度は必ず自転車で制覇したいですな。しかしながらそこは秘境と呼ばれるだけあってアクセスと補給が非常に悪いというのも痛感しました。入念な準備と天候の確認、2日3日の長期ツーリングの計画立てが必要そうです。

ところで本物のチロルってどんな風景だっけ??
スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

旧木沢小学校|当時の面影を残す木造校舎、長野県飯田市

水窪から青崩峠を越えて静岡県から長野県入り。
http://chema2sa.blog.fc2.com/blog-entry-490.html

長野県飯田市側の峠を下ると和田という場所に出ます。道の駅や温泉もあり、そこで少し休憩したのち、地元のスーパーで昼ご飯を購入ししらびそ高原方面へと向かうことにします。

しばらくいくと…

「ライダーさん必見の木造校舎こちら」

という看板が出てきます。おや、これは気になりますね(*´ω`*)ライダーさんじゃないですが、必見というからには寄ってみないわけにはいきません。国道152号をそれ、すぐのところにその木造校舎はありました。校庭が駐車場となっており、ここに車やバイクを置いておけます。

少し寂しげな校庭

「旧木沢小学校」

昭和7年に作られた木造校舎。

くまモンと木沢小学校

平成11年に廃校になってからもそのまま残され、地域の資料を保存する小さな博物館として一般に公開されています。

木沢小学校ブランコ

ブランコ、久しぶりに乗ったな~

DSCF1510.jpg

さてさて、中に入ってみましょう!赤と白の入り口が印象的ですね。校舎の中に入るのには特にお金はいらず、無料で自由に出入りできます。寄付金という形でお願いしていました。

どこか懐かしい廊下

入ってすぐ、懐かしい感じの廊下が出迎えます。おおお~~!!学校に児童がいた当時の状態そのまんまという感じですね。

DSCF1515.jpg

廊下にはいくつかオルガンが置いてあり、「ぜひ弾いてください」の看板…オープンな資料館なんですね。町のおじさんが、全部弾けるように修理してくれてあるそうです。

せっかくなので、一曲弾かせてもらいました。ピロリロリ~♪

足ふみ式のオルガン、久しぶりに弾いた気がします。小学校の時にもあったような気がします。足ふみ式。

DSCF1526.jpg

教室も、いくつかは資料館、いくつかは小学校の雰囲気をそのまま再現してありました。ここなんかは、引越しのサカイのCMでロケーションに使われた場所だそう…たしかに見覚えあるかも!!

新しい転校生

え~・・・新しい転入生です(*´ω`*)モン太郎と言います。熊本から来ました。よろしくま。

職員室

次は職員室へ。

机の上はちょいと雑然としていました。しかしよく見るとこの一つ一つが当時の貴重な資料。

古い教具も

年季の入った教具も。

人体模型

結構古いと思われる人体模型も。ふむ…ちょっと怖いですな。

西側の階段

西側の階段も雰囲気があります。

青いパラソル

なんだか、この廊下にいるだけで和む感じがします。僕の小学校とは全く違うのになぜか感じる懐かしさ。その懐かしさが何とも言えない心地よさとなって体を包みます。

ガリ版

木製の時間割

木沢小学校校歌

木造の校舎

たまたま偶然に見つけて立ち寄ったスポット。旧木沢小学校。かなり良かったです。ぼくはとても気に入りました。なんかこう、完全に資料館化していなくて、まだ最近まで小学生が学んでいた面影がそこらじゅうに残っているんですよね。

子供さえいれば、今からでも再開できそうなくらい…。

旧木沢小学校
長野県飯田市南信濃木沢811

より大きな地図で 旧木沢小学校 を表示




ちなみに、そのCMはこちら。

[HD][CM]サカイ引越センター(感動がエンジン篇)(30sec)

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

青崩峠は自転車で行ける?通行止め?秋葉街道下見2013

秋葉街道…

長野県飯田から遠山谷に入り,さらに青崩峠を越えて遠州秋葉山へとのびる江戸時代の街道。信州街道。

国道152号青崩峠レポート2013の地図

秋葉街道の歴史をさかのぼると、太平洋側、とくに静岡県の相良から信州方面に「塩」を運ぶ道として縄文時代から存在していたらしく「塩の道」とも呼ばれています。ぼくはこの塩の道について相良から水窪への正確なルートを実際に行って調べるという自由研究を中学時代にやったことがあって、少なからず思い出のある街道なのでした。

現在は酷道152号…いや国道152号となっており、北は長野県の諏訪湖、南は浜松まで伸びています。地図上でも南北に直線的なその国道は特徴的ですが、実は日本最大の断層系である中央構造線に沿って出来た谷を通るルートなのです。

地質学的に活発な地帯であるために、その途中の地蔵峠青崩峠の二つの峠はかなり崩壊が激しく、道路工事は難攻…地形の急峻さと地盤が脆弱なために2013年になった今でも点線国道(未通区間)となっているのです。

国道152号青崩峠レポート2013

ということで、一発目の未通峠、青崩峠が今現在はどうなっているのか??自転車は果たして通行できるのか??これを確認しに行こうではありませんか!!もちろんクルマで(゚Д゚)ノ

国道152号青崩峠レポート2013

浜松を出発し、天竜川沿いを北へと進んでいきます。

国道152号青崩峠レポート2013

二車線区間と一車線の狭い区間が何度か続き、

国道152号青崩峠レポート2013

水窪町に到着!ここから更に国道152号を北進していきます。進めば進むほど、道は険しく細くなっていきます。

水窪町以降、青崩峠を越えて南信濃和田まで補給地点は全くないので、自転車で行く場合はここで補給物資を調達しておく必要があります。もちろん自販機は皆無といった感じだったので、これはかなり重要ですな。

青崩峠の未通区間

青崩峠の未通区間は、現在草木トンネルをくぐり兵越峠を通る迂回ルートが整備されており、自動車はそちらのルートを取るのですが、今回はもちろんその分岐地点で右の脇道…すなわち青崩峠旧道へと逸れ、分断されている限界のところまで行ってみることにします!!

国道152号青崩峠レポート2013兵越峠地図

…しかし、この分岐からが大変でした!!車一台がやっと通れる道幅でかなりの傾斜の激坂で急カーブが続きます。何度か登るのをやめようかとも思いましたが、Uターンできるようなスペースもなく、悪夢が頭をよぎります。

…これ、行ったはいいけど戻れないんじゃないか??

分岐地点から15分ほど登ると、いきなり開けた場所に出ました!!これで最悪Uターンが出来ます(+o+)クルマを駐車して少し歩いてみることにします。

国道152号青崩峠レポート2013

「塩の道」の石碑発見!!

国道152号青崩峠レポート2013

青崩峠へはこの遊歩道を歩いて行けるようです。しかし…こんなとこには誰も来ていないといった感じです。

国道152号青崩峠レポート2013

おお!!ここで間違いない!!

国道152号青崩峠レポート2013

ちなみに、国道152号を通すはずだった自動車用の道は…通行止め

国道152号青崩峠レポート2013

しかもここから先は未舗装路

国道152号青崩峠レポート2013

しかも至る所で崩壊・崩落が…。豪雨で道自体が崩壊している箇所もあるそうです。

国道152号青崩峠レポート2013

通行止めであったため、これ以上は行けませんでしたが、この先で道路自体もなくなるそうです。やはり未通区間。歩いて青崩峠に向かうこともできますが、兵越峠の国道に出るまでには2時間程度かかるそうなので、今回は突入を諦めました。自転車で行く場合は、担いで行かなくてはいけないので2時間以上はかかると見た方が良さそうです。

青崩峠を本気で目指したい自転車乗りや峠マニア、酷道マニアはこのルートを無理してでも行きたいと思いますが…

草木トンネル国道152号青崩峠レポート2013

迂回ルートである草木トンネルには自転車も通行可能な立派な歩道も付いており(三遠南信自動車道として併用されていたことがあるからだろうか?)、かなり綺麗になっていました。(写真は飯田側からのトンネル入り口)

国道152号青崩峠レポート2013

このトンネルを越えてから兵越峠までもちょっと距離がありましたが、道路の路面状況はかなり良かったです。最近工事が行われたのでしょうか?

国道152号青崩峠レポート2013

ちなみに峠を越え、飯田市側に降りる道は、とても深い谷に一気に落ちていく感じで、さすが中央構造線といった感じです。景色はとてもいいです。怖いですが。

今回、青崩峠の現在の状況はこんな感じだと分かりました。青崩峠の限界地点まで自転車で向かうのはかなり困難です。浜松から飯田市側に抜ける場合も、かなりの時間がかかることが予想されます。ランドナーキャンプ仕様だと水窪あたりからその日のスタートにするくらいのプランがいいのかなとも思います。

地図を見てずっと気になっていた青崩峠の状態をこの目で見ることが出来て、なんだかうれしかったですな(*^^*)

秋葉街道ドライブはさらに北上、しらびそ峠を目指しますよ!


浜松ー青崩峠ー兵越峠―和田

距離100.2km
最高標高1165m(兵越峠)
獲得標高1957m


水窪ー青崩峠

平均斜度7.3%
青崩れ峠まで通行止めから徒歩5分
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 544 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。