「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~

とびしま海道一周サイクリング記~大崎下島、豊島、上蒲刈島、下蒲刈島

行きしなの強風向かい風に難儀したものの、午後からは最高の晴天の中、とびしま海道を初めて一周してきました!
今回は、シクロが運航する「サイクルボートしまなみ号」を使ったツアー。

✔橋にのぼるところが激坂
✔補給ポイントがほぼない
✔今治へ帰るフェリーの最終が案外早い

などなど、中級者・上級者向けとの呼び声もある「とびしま海道」ですが、やはり景色は・・・・・・抜群にいい。



まず船で上陸したのが大崎下島の「御手洗」。

「みたらい」と読みます。

DSCF3920.jpg

江戸~明治の建物が沢山残っている地区で、かなり趣がありました。

到着後、すぐに15分間ほど、バケツをひっくり返したような雨が降りましたが、気象庁レーダーをチェックしていたので、誰も濡れずに屋根のある場所に避難しておくことができました。気象庁レーダーさまさまです。前線が通過したのですね。

それ以降は晴れる予報。

僕の雨男病も、すっかり治ったようですね♪

12108765_764228357032307_8302499841878906576_n.jpg

明治時代に日本人で初めて自転車世界一周旅行をしたとされる「中村春吉」さんは、ここ大崎下島の出身。石碑が建っています。スパイ説などいろいろと謎の多い人物ですが、ここ、とびしまに、かつてそういった人物がいたというのも、なかなか面白い話です。シクロツーリズムしまなみのナリちゃん(宇都宮一成)が、解説。

ちなみにナリちゃんも、自転車世界一周旅人。

DSCF3846.jpg

「この辺は、昔は色街だったんよ。がははは」
と、床屋のおっちゃん。

DSCF3848.jpg

まだちょっと曇っていますが、走り出しましょう。

12115937_764228337032309_5478478506312481493_n.jpg

道案内が手書きです。味があります。

DSCF3913.jpg

島々にかかる連絡橋も、しまなみ海道の橋とは、また違った形の橋で、新鮮です。

島はちょうど、秋祭りの真っ最中。

DSCF3868.jpg

いい感じです。

大崎下島からは、豊島、上蒲刈島、下蒲刈島と海岸線を走っては橋に登って島々をめぐりました。

DSCF3864.jpg

手をふる沿道のおばあちゃん。

ほっこりする島の光景です。


12106736_10153387664213101_8944822769634629766_n.jpg

豊島にある「むろきはら橋」。
急激な斜面を登るために島の中に作られたループ橋です。色使いが独特ですねえ。

DSCF3888.jpg

上蒲刈島の「であいの館」でお弁当を食べて、ラストの下蒲刈島へ。

DSCF3880.jpg


青い橋が、なんだか新鮮です。

DSCF3895.jpg

ここで、折り返し。来たのと反対側を通りながら、大崎下島へと戻っていきます。

DSCF3903.jpg

上蒲刈島の南側にある砕石所は、かなり雰囲気がありました。

南側の風景のほうが好きでした。海が広い感じがします。

DSCF3911_20151015105341779.jpg

追い風だと、かなり気持ちがいい。

のどか・・・・・・。

「しまなみと違って、橋で通り抜けられない」ことがある意味、功を奏してか、とっても「のどかな風景」が広がっていました。


また、じっくり走りに来ます。

スポンサーサイト

今治のとある川沿いに現存する戦後バラック群

今治のとある川沿いに現存する戦後バラック群。驚いたことに、ほとんどの家屋が現役……だからこそ、残っているのでしょう。

11817022_730093007112509_3895770303906395975_n.jpg

11811360_730093037112506_1629065225041528775_n.jpg

11813328_730093047112505_2290819998448249343_n.jpg

馬島~しまなみ海道の隠れビーチ&隠れ洞窟

KIMG1829.jpg

しまなみ海道、今治から一つ目の橋

「来島海峡大橋」

その中央部分に、エレベーターで降りることのできる島があるのをご存知でしょうか?
「馬島」という名のこの小島。普段、サイクリストには見過ごされがちですが、ここがなかなかいい島なのです。

KIMG1836.jpg

なにがいいって、このビーチ。

干潮のときだけ姿を現すホワイトビーチ!!

神社と灯台のある場所の、左手にあるケモノ道を行くと、ここに出ます!!


しかも、ビーチに出てから右手に進んでいくと・・・・・

KIMG1835.jpg

KIMG1830.jpg

インディ・ジョーンズ的な洞窟が!!!

KIMG1831.jpg

KIMG1832.jpg

KIMG1833.jpg

隠れスポット、最高にアドベンチャー!!

しまなみ海道のバス、サイクルエクスプレスに自転車を載せてみた

しまなみ海道、尾道から今治の間を結ぶ高速バス「サイクルエクスプレス」!

前日までの電話予約が必要ですが、自転車追加料金なしの2250円で尾道~今治間を移動できます。

1日3往復!

「因島大橋」で乗り換えなくてはならない「しまなみライナー」とは異なり、乗り換えなしの直通便です。

1435296727379.jpg

さて、今回は尾道駅前から今治駅前へ!


バス停で待っている間に、前輪を外しておきます。

バスは出発時刻より10分ほど早く尾道駅前バス停に着いていました。

1435296738598.jpg

前輪は、バスの運転手さんが座席へと持って行ってくれ、僕は自転車本体をバスへと載せていきます。

KIMG1879.jpg

サドルを窓側にし、縦にして・・・・・・

このようなハンガーでハンドルを固定します。

KIMG1880.jpg

フレームにはこのような緩衝材が巻かれ、トゥークリップバンドのような紐でくくってくれます。

KIMG1881.jpg

フォークにはカバーも。

1435296745381.jpg

全体像、こんな感じです。

KIMG1882.jpg

バスの運転手さんも、とても丁寧に対応してくださり、安心感がありました。
楽々、尾道~今治を移動できました。所要時間は約1時間半です。

詳細はこちら↓
しまなみサイクルエクスプレス
http://onomichibus.jp/cycle-exp/

(国道196号線)今治~松山道後への自転車「はまかぜ海道」ルートレポート

今治~松山道後への自転車「はまかぜ海道」ルート

山越えルートはこちら

↑この記事にあるように、山越えルートで今治から松山へと抜けたのち、帰り道は海沿いの「はまかぜ海道」ルートをとりました。基本的には国道196号線を行きます。



参考にするのはNPOシクロツーリズムしまなみの発行している「はまかぜ島走MAP」
(今治のゲストハウス「シクロの家」にて配布しています。)

DSCF2906.jpg

道後温泉温泉街を通って、松山の中心市街地へ。
今まで走ってきた道からすると、本当に大都会といった感じで、信号機にひっかかりまくりました。なかなか進めません(笑)

KIMG1500.jpg

海沿いまで出てしまうと、かなり気持ちの良いルート!!

アップダウンもほとんどなく、快走できます。確か、日本縦断の時は向かい風にかなり苦しめられたルートですが、今回は横風。そんなに気にしなくてもいい感じでした。

KIMG1503.jpg

おなかが減ったので、遅い昼食。

「一楽うどん」さんというお店に入って、てんぷらうどんを。感じのいいおじちゃんがやってるうどん屋さんでした。柔らかめのうどんで、もちもち感のある手打ちでした(^◇^)

KIMG1502.jpg

また走って、休憩地点「ブルーヘブン」でアイスクリーム!!

KIMG1504.jpg

海を見ながらのアイスは格別!!

KIMG1506.jpg

道の駅「ふわり」の前の海岸沿いに面白そうな道があったので、入ってみました。海沿いにガードレールもない道が続いています!!「これはかなり面白い道!!」意気揚々と進んでいくと・・・・

KIMG1508.jpg

うわ、行き止まり( ;∀;)

プライベートビーチ的な海岸に出ただけでした。通り抜けられたらすごくいい道なのに・・・。

KIMG1511.jpg

そのまま一気に、シクロの家まで戻ってきました。

DSCF2904_20150523172351bf8.jpg

山越えルートも海沿いルートも時間的には、そんなに変わらなかったです。
久々の山越えルートは体にいい刺激になりましたな。

(国道317号線)今治~松山道後への自転車山越えルートレポート

今治~松山道後の山越えルート

DSCF2845.jpg

昨日は今治の海側、しまなみ海道方面へとサイクリングしましたので、今回は全く逆側、「山」を登りに行ってきました。
もちろん自転車ですぞ(^◇^)

しまなみ海道を渡って、今治に来て、松山空港から帰るというプランの旅人さんも結構多いんですよね。
ということで、実走レポートです。

今治から道後温泉で有名な松山へ抜けるルートは大きく分けると2つ。

 ① 1国道317号線を通る山越えルート。
 ② 海沿いをゆく「はまかぜ海道」ルート。


今治から道後温泉に行く場合、海沿いルートはほぼ平坦ですが、6~7kmほど長いです。山越えルートが最短ですが、標高460mぐらいまで上がる必要があります。山越えルートのアップダウンは、水ヶ峠トンネル付近まで単調に登って、トンネル後は単調に下るといった感じです。



今治から登っていくと、すぐに里山の風景に。玉川町に入り、左手に行くと鈍川温泉ですが、今回は直進。玉川ダムを横目にひたすら登っていきます。といっても、傾斜はさほどきついわけではなく、ゆったりとした上り基調です。

DSCF2844.jpg


ただ、路肩が狭い個所が多く、クルマの行き来には注意が必要。

けっこうな大きさのトラックが横を抜けていくのが少し怖いですな。

DSCF2847.jpg

一番てっぺんの水ヶ峠トンネルは全長2804m。今治から行くと左側に自転車の走れる幅の歩道がついています。なかなか長いトンネルで、走っても走ってもなかなか出口が見えてこないといった感じでしたぞ。

このほかにもいくつかトンネルがありましたが、さほどクルマの怖さを感じるようなトンネルではありませんでした。

DSCF2855.jpg

トンネルを出て下りはじめてすぐの左手に米野町の小さな集落があったので、こちらを通ってみました。通り抜けができ、また国道に再合流します。

DSCF2859.jpg

石垣の棚田などもあり、なかなかいい感じの景色が続きます。

KIMG1496.jpg

石手川ダムも、玉川ダムと同じく重力式ダム。

木々の間から雄姿を望めます。


そのまま下っていくと奥道後に出ます。


DSCF2863.jpg

奥道後を過ぎたところすぐの喫茶店「Vanda」さんで一服。
創業40年の喫茶店でお母さんが一人で切り盛りされてます。
コーヒーはサイフォン式!いやぁ、なかなか美味い一杯でした。

DSCF2861.jpg

一杯飲んだら走り出そうとおもっとったのですが、ついつい話してたらがっつり休憩していまいました(笑)



Vandaを出て、標識に従っていくと

DSCF2870.jpg

四国八十八か所51番札所「石手寺」に出て、

そのままいくと道後温泉の温泉街へと到着です!!

DSCF2893.jpg

DSCF2897_20150523133805c03.jpg

道後温泉はいつ来ても賑わっていますねぇ~!

ひとっ風呂浴びるのもいいですなぁ。
有名な道後温泉本館もいいですが、個人的には「椿湯」のほうが広々で好みだったりします(^^♪


今治オススメサイクリング~はまかぜ海道波方編

今日は休日でした。

ということで、今治市の海側を西の高縄半島方面へサイクリング!このあたり、今治から松山へ抜ける海沿いは「はまかぜ海道」というそうです。



路地裏や、防波堤に寄り道しながら。





雄大な来島海峡大橋、青くきらめく瀬戸内海、行き来する大型船、造船所のカンカンという作業音、古くから変わらない漁村…これぞ今治というルートでした……









お昼はミーコちゃんの昌万!





大盛な特製モダン焼き美味い!!ミーコちゃんのトークもいつもどおり炸裂! 



今治造船のドック近くを通り抜け、波方「なみかた海の交流センター」へ。



ここには船や自転車旅資料館とともにシクロカフェを併設。







地元産のオリジナルいちごスムージーで一服!!





このサイクリングルート、最高です。



訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 539 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。