「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回しまなみキャンプライド~ずっとやりたかった「自転車×キャンプ」のツアーイベントの企画・開催


第1回しまなみキャンプライド
ずっとやりたかった「自転車×キャンプ」のツアーイベントを企画・開催


しまなみ海道キャンプライドのイメージ写真


■着想、しまなみ海道でキャンプイベントを開催したい

「7月15日(土)・16日(日) あたりで、1泊2日でしまなみ海道縦断するキャンプツーリングイベントを計画中。今までしまなみ海道ではキャンプツーリングのイベントがほとんど開催されてこなかったので、新しい風を吹かせたいなぁという感じです。ロードでも気軽に参加できたら面白いなあ。」

と僕がツイートしたのが今年の4月。2015年に静岡から愛媛県今治市に移住して、シクロツーリズムしまなみのスタッフとして、しまなみ海道自転車旅行をメインにした地域づくりに携わって2年が経過。当初からずっと企画として温めていた、「しまなみ海道でキャンプツーリング」を楽しむツアーイベントの開催が決定したのでした。これは、しまなみ海道を訪れるサイクリストの楽しみ方の多様化、キャンプツーリングへの注目度の変化などの背景と、すでに毎年開催している2人乗り自転車のツアーイベント「タンデム自転車まつり」、初心者の女性がターゲットの「シクロ女子旅」に加えて継続的に開催できるイベントツアーの構築が必要になったという事情もありました。



■当初はしまなみ海道でのランドナー・ミーティング

当初のイメージは「ランドナー・ミーティング」。ランドナーとは1泊~2泊を想定したキャンプツーリングに特化した旅用自転車の名称。つまり、既に自転車キャンプツーリングを楽しんでいるサイクリストを集めて、しまなみ海道から自転車キャンプ旅行の楽しみを発信するとともに、新たなコミュニティを形成したいという…僕なりの目論見がありました。

しかし、ニーズリサーチや議論などを重ねている中で、「ガイド付きの1泊2日ツアーイベント」という形式をとるため、必然的に「初めてキャンプツーリングをする(したい)サイクリスト」をメインターゲットに見据える形にシフトしていきます。ラフティングやダイビングなどといったスポーツと異なり、自転車は基本的に誰でも自由に乗れるという点で、「自転車ガイドツアー」には裾野を広げる、新たな楽しみ方を提案するという所に価値があると思っています。つまり今回の場合、「自転車とキャンプの面白さに気付く入り口をつくりたい」「しまなみ海道の多様な楽しみ方を提案したい」「キャンプツーリングを始めるハードルを下げたい」といった目的のツアーイベント構築という方向で動いていきました。



■誰でも気軽に参加できる自転車×キャンプのツアーイベントづくり

「レース・ヒルクライム・ロングライド・ポタリング・散走……自転車の楽しみ方は数年前よりはるかに広がってきていますが、キャンプツーリングとなると、まだまだ敷居が高く……。もっとぐーーんと敷居を下げることができないだろうか、もっと気軽に「自転車とキャンプ」を楽しむ文化を発信できたらなぁ。」

レンタサイクルでも、ロードバイクでも参加できるキャンプツーリングのイベントづくりとして・・・
・サポートカーでキャンプ用品を輸送する仕組みづくり
・クロスバイクのレンタサイクルの用意
・食材やベーシカルなキャンプ用品の用意(夜BBQ、朝食、昼食の3食用意)
・貸しテント(数と大きさの関係で男女別相部屋のドミトリーテントという形式をとった)の用意

などに加え、「1日2日でしまなみ海道を縦断する」という目標のわかりやすさも追及。県外参加者がメインターゲットとなるため、3連休の初日+2日目に開催を設定。集合時間を初日の昼に設定することで、関西圏・関東圏からも朝に自宅を出発して新幹線等で尾道に集合できるようにしました。



■ルート・行程・キャンプ場の決定

初日に走れる時間が半日であること、2日目は丸1日走れることから、必然的にキャンプ場はロケーション的に尾道寄りになります。食材の調達のしやすさ(スーパーがあるか)、キャンプ初心者が多く、夏の開催ということもありキャンプ場付近に温泉もしくはシャワーは必須。ということで、おのずとキャンプ場候補地は絞られていき、弓削島の「法王が原キャンプ場」に決定。弓削島は因島の南~南東側に広がる「ゆめしま海道」と呼ばれる愛媛県上島町の島々のひとつ。島にはスーパーやコンビニエンスストアもあり、温泉もあり、離島ということで瀬戸内海の静けさと大自然を満喫できる最高の立地です。




■広報・告知、そして参加者募集へ

このように第1回となる「しまなみキャンプライド」の詳細を詰めて、フライヤーとウェブサイトの構築。関西圏・関東圏の各所でも多くの方々にご協力いただき、チラシを配置・告知。そして募集の開始。初めての試みにもかかわらず、多くの方に参加表明をいただきました。遠方からわざわざお越しいただく方が多く、「最高のツアーを作らねば」と身が引き締まる思いでした。

第1回しまなみキャンプライドウェブサイト
http://www.cyclo-shimanami.com/archives/2017/05/campride.php



campride-omote_201709090020048d6.jpg
キャンプライドのチラシ表面

しまなみキャンプライド2017チラシ裏ver2
キャンプライドのチラシ裏面




■いよいよ「第1回しまなみキャンプライド」開催、そしてゴール

そして開催当日、心配していた(キャンプイベントとしてはこれが一番の心配ごとでした)天気も2日とも快晴予報!絶望的な雨男が企画するイベントに、強烈な晴れ男・晴れ女の皆様がご参加くださった結果と思います(笑)キャンプガイドツアー初開催ということで、スタッフも手探りで進めていく部分もあり、次回以降改善すべき点が大量にあったものの、概ね予定通りに進み、大きなトラブルもなく、無事に開催終了しました。初対面のサイクリスト達が集まって始まった本ツアーですが、時間の経過とともに一致団結していき、しまなみ海道の大自然を満喫、全員で縦断という目標に向けて走り切りました。今までのツアーには無かった面白さがそこら中に転がっており、僕たち主催側のスタッフにとっても、自転車の面白さを再認識する刺激的なイベントでした。ご協力いただいた皆様、ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

来年以降も継続的に開催できるように尽力していきたいです。



■「第1回しまなみキャンプライド」の様子

しまなみキャンプライド


2017年7月15日  [Day1]

しまなみ縦断前半!弓削島キャンプナイト 約30km
尾道駅前~向島~因島~ゆめしま海道~法王ヶ原キャンプ場(弓削島)


初夏の日差しが照り付ける中、続々と尾道へと集合。ロードバイクやサイドバック付きのクロスバイク、ランドナー、トレーラー付の自転車での参加もありました。キャンプ道具を自分で運べない方はサポートカーに荷物を積み込み、身軽なサイクリングで弓削島のキャンプ場を目指します。

尾道から渡船に乗りこみ、向島へ。向島ではここでしか味わえないラムネ・サイダーの老舗工場「後藤鉱泉所」、因島では名物はっさく大福を味わえる「はっさく屋」にて島のグルメを満喫しながらのサイクリング。

造船業で栄えたレトロな土生商店街を抜けたら、因島からゆめしま海道・生名島へはフェリーでわたります。生名島~佐島~弓削島と「ゆめしま海道」の橋々を走り、弓削島の「法王ヶ原キャンプ場」へ到着。

皆で協力しながらテントを設営、そして夕食は大きなドラム缶式の焼き台でBBQ。弓削島在住の仲間から猪肉の差し入れもあり、島の大自然の中、楽しい宴は続きます。肉をたらふく食べたら近くの温泉フェスパへ。星空を眺める人、海に涼みに行く人、明日に備えて早く眠る人・・・思い思いに弓削島の夜を過ごしました。



2017年7月16日  [Day2]

しまなみ縦断後半!魅惑のアイランド・ツーリング 約65km
弓削島~因島~生口島~大三島~伯方島~大島~JR今治駅前「シクロの家」


瀬戸内海から朝陽が昇り、皆、思い思いにゆったりとした朝の時間を過ごします。手作りジャムとパン、バナナ、そして特製BBQスープの朝食。眠たい目をこすりながらテントを撤収したら出発です。

生口島では名物ジェラートの「ドルチェ」とレモンケーキの「島ごころ」に立ち寄り。昼食は大三島・多々羅公園で、このツアーのために伯方島のお母さんたちに作ってもらったオリジナル弁当「二輪弁」に舌鼓を打ちました。

地元の人たちとの交流も楽しみ、お腹もいっぱいになったら、大三島・伯方島・大島とシーサイド・サイクリング。つらい峠道もみんなで励ましあいながらクリア......最後の橋「来島海峡大橋」が見えた時には「おお!」と歓声があがります。ここまで皆で走ってきて、感慨もひとしおです。橋を渡ったら今治をラストラン......いよいよシクロの家に到着。感動のしまなみ海道走破、とってもエキサイティングな旅となりました。




■「第1回しまなみキャンプライド」参加者の皆さまのブログ記事

ご参加いただきました「cancanさん」、「つかささん」がブログやホームページにて「第1回しまなみキャンプライド」の様子を記事にしてくださっております。

・CanCanの気楽な一日|「しまなみ」へ行ってきます
http://canpal.xsrv.jp/wp/2017/07/7518


サイクリング初心者 しまなみ海道おすすめコース|評判の「シクロツーリズムしまなみ」ツアーに感動
http://shimanami-cycling.net/index.php
スポンサーサイト

しまなみ海道で初のキャンプツーリングガイドツアーイベント「第1回しまなみキャンプライド」

静岡から愛媛県今治市に移住して、3年目に突入しました。いやはや早いものです…。相変わらず「しまなみ海道」「自転車」「旅行」と僕の大好きなものが3拍子そろった仕事をさせてもらっています。ありがたいことです。

しまなみ海道に移住してから、ずっとやりたかったことがあります。

「キャンプ×自転車」

自転車でキャンプ・アウトドアを楽しむイベント。レース・ヒルクライム・ロングライド・サイクリング・散走……自転車の楽しみ方は以前よりはるかに広がってきていますが、【キャンプツーリング】となると、まだまだ敷居が高いと感じる方も多いよう……。もっとぐーーんと敷居を下げたい。瀬戸内海の島々は本当に自然豊かで、穏やかな海や行きかう船を眺めながらのキャンプは最高に贅沢なのです。

しまなみ海道初のキャンプツーリングイベントツアー


ことあるたびに提案?してきたそんな念願の構想が、まずは1泊2日のガイドツアーという形で開催・詳細が決定しました。「毎年この時期はしまなみ海道でキャンプ」を定着させたいなぁと……準備、頑張ります。

お近くに、興味がありそうな方がおりましたら、ぜひともご紹介ください。

第1回しまなみキャンプライド|シクロツーリズムしまなみ
http://www.cyclo-shimanami.com/archives/2017/05/campride.php

過酷!さざなみ海道サイクリングMAPづくり~実走編

さざなみ海道の地図を作成するために、広島は呉方面へ。

さざなみ海道とは、瀬戸内海広島県側の尾道から呉までの海岸線ルートのこと。
しまなみ海道ととびしま海道とを結びます。


さてこの日はナリちゃん、カトーチーフと分担して実走チェック。

11267176_485952084903632_4204069350111738061_n (1)

シクロカーに自転車ぁを積み込み、しまなみ海道を通って、大三島へ!

大三島からは、本州側の忠海へとフェリーが出ているので、フェリーに乗り込みます。

10407742_485952314903609_4748542834757869846_n.jpg

午前中は呉の半島を走ったり、町なかを散策したり。

11709737_485862708245903_6042724225786197922_n.jpg

名物のフライケーキを食べるなど、なかなか楽しい試走に!!


ただ・・・

午後から雲行きが怪しくなり……
雨が降り出しました……(いつものことながら)

三人で、分担していろいろなルートを試走して、風景を文字に起こしていきます。
ここの風景はああだのこうだの書いていくわけです。もちろんサイクリストの視点です。
ただ、雨だとなかなかいい言葉が浮かんできません・・・

「寒い、冷たい、つらい、グレー、どんより・・・・・・・」


そんなサイクリングマップいらないw



しかも、僕の分担したルート……途中から道が消えてて、ケモノ道になっとる(゚Д゚;)!!うげぇ

11049584_719870291468114_7530817490546539186_n.jpg

ドロドロです(T_T)

11540825_719870308134779_5477138341703803387_n.jpg

・・・・・・

10413395_844202642329141_4706940716972656383_n.jpg

・・・・・・・

この日の試走は中止!!

びしょびしょに濡れて、あまりに寒いのであったかいラーメンを食べて温まりましょう!!

11667376_485954131570094_1532443742527708479_n.jpg

冷房効きすぎで、逆に冷えました( ;∀;)

今治の伝統工芸、菊間瓦を作る藤瓦興業の工場を見学!

大量生産の製品にあふれているこの時代に、今再び注目されている「手しごと」の魅力。

この「手しごと」の現場を辿り、その魅力を体験しようというサイクリングツアーに参加してきました♪

DSCF3090_201506151515079ef.jpg

DSCF3091.jpg

訪れたのは今治の伝統工芸、菊間瓦を作る「藤瓦興業」

DSCF3089.jpg

菊間瓦は750年の歴史をもつ伝統的な瓦。

日本中の寺社仏閣の瓦に、この「菊間瓦」が使われているそうです。

DSCF3096_201506151515127ba.jpg

DSCF3098.jpg

原土の配合や・・・

菊間瓦特有の手作業による成型・・・

雲母で磨く作業・・・などの説明を受けながら実際の機械を見たり、職人さんの手作業のデモンストレーションを見たりしましたぞ。

DSCF3097.jpg

DSCF3106_20150615151633f79.jpg

DSCF3100_20150615151631562.jpg

なかなか入れない瓦職人の現場・・・貴重な経験でした(^◇^)

愛媛県ひうちなだに関するモノを募集!みんなでつくるひうちなだ博物館~

「しまなみ海道」の大ブームの中で、自転車のまち!になってきた今治市!

その歴史は、海とともにあった・・・。

「なみかた海の交流センター」は自転車のことも、海のことも大切にしたい拠点です。
ここで新しくはじまる「自転車旅行博物館」構想があります。「海・船・旅・自転車」の写真や書籍を募り、展示する手づくり博物館です。詳しくはチラシを!

11026312_964344523584948_4456638264155637293_o.png11097995_964344610251606_6312013276742674121_n.png

フライヤーのダウンロードはこちらをクリックしてください(PDF779KB)



*なみかた海の交流センター*

しまなみ海道と松山空港をつなぐ国道196号線の沿線にあるこの施設。
しまなみを走りきったら、このサイクルオアシスでのんびり過ごしてはいかがでしょう♪
今、自転車旅行者の立ち寄りが増えています。
ゆったり海を眺めながら休憩できるシクロカフェや自転車世界一周旅行の写真展示も!

11167670_964340780251989_4725319116621396913_n.jpg1907438_964340843585316_7249630872888473393_n.jpg




手しごと現場体験サイクリングツアーinはまかぜ海道

生粋の魂に出会う!
手づくり現場体験ツアー開催のお知らせ

6月14日(日)に「はまかぜ海道」をサイクリングしながら今治の伝統工芸品「菊間瓦」の藤瓦工業工場や、作業所こまどりでの手しごとプチ体験をできるツアーを開催します!


地方での暮らしに興味がある方、サイクリングで盛り上がる地域に関心のある方、皆さんの参加をお待ちしております!
工場見学とは一味違う空気感であなたの好奇心を呼び覚ましませんか?

手仕事ツアー
手仕事ツアー2
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 544 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。