「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
このページの記事目次 ( ← 2013年02月 →

Photographs in Hakodate, Hokkaido

函館写真集
Photographs in Hakodate, Hokkaido

ようこそ、銀輪記写真展へ。

今回は僕の好きなまち、函館。今頃は雪でえらいことになっとるのかな。北海道のハワイというくらいだから、北海道の他のまちよりマシかな。

英語のタイトル付けてみたのは、外国の方にも函館に遊びにきていただきたいから……という訳じゃなく、単にカッコつけです。確かにインスタグラム(写真を用いたSNS)などやっていると、写真は万国共通の言語になるなぁと感じていますが(^^)

まあ、ちょっと見ていってくださいな。

のんびりしてってください。

DSCF0083_20130201230358.jpg
Morning fish market

DSCF0119.jpg
Street car

DSCF0136.jpg
Cha-Cha hill

DSCF0122.jpg
Mt. Hakodate-yama

DSCF0151_20130201230357.jpg
Japanese and Western street

DSCF0160_20130201230552.jpg
Retro public hall

DSCF0274.jpg
Hump

DSCF0230.jpg
Goryokaku tower

DSCF0263.jpg
Trappistine monastery

DSCF0189.jpg
Kanamori red brick warehouses

DSCF0150.jpg
Yahata hill

DSCF0357_20130201230634.jpg
Lake Onuma

DSCF0351_20130201230634.jpg
Mt. Komagatake

DSCF0360_20130201230634.jpg
Railway crossing
スポンサーサイト

Photos in Lake Shikotsu, Hokkaido 支笏湖写真集

支笏湖写真集
Photos in Lake Shikotsu

銀輪記写真展へ、ようこそ。

昨日に引き続き、北海道特集です(・。・)今日は一日2月とは思えない陽気。静岡のある場所では20℃を越えた所もあったそうです。タンクトップ一枚で過ごせます・・・へっくしょい。でも北海道は寒いんでしょうね~。

そんな北海道に思いをはせながら・・・。

札幌の少し南にある湖、支笏湖。冬でも凍らない湖では最北らしいですね。2009年に自転車一人旅で訪れて大変気に入った場所。雨男のぼくですが、たまにゃあ晴れることもあるんです。水の透明度が高いことでも有名な支笏湖・・・晴れた日には最高の景色を見せてくれます!!

きょうものんびりしていってくださいな。

DSCF0814_20130202204218.jpg
A pathway to Lake Shikotsu

DSCF0852_20130202203343.jpg
Lakeside camping site

DSCF0840.jpg
Beautiful view

DSCF0859_20130202203345.jpg
Lakeside

DSCF0850.jpg
clearness

DSCF0873.jpg
A relaxing afternoon

DSCF0866.jpg
Nostalgia

DSCF0888.jpg
At day's end

DSCF0885.jpg
Sunset

梅ヶ島温泉郷へ登坂ポタリング

こんばんは。

疲れ果ててのびてます……(´д`)

晴れたので久々に梅ヶ島へポタリングしてきましたよ。



天気良好!!
昨日ほどは暖かくないものの、そんなに寒い感じはしません。ウエアは調節しやすいように、脱ぎやすいものをレイヤードしました。登り下りが多いルートでは、体温調節が必須です(`・ω・´)



こいつも付いてきた。
久々のお出かけだもん。



安倍川沿いを北上していきます。

日曜日なんで、サイクリストも大勢いますね。信号がなく、車通りも比較的少ないこのルートは人気が高いですな。



途中、休憩もしながら……



いつもは温泉郷の少し手前の新田温泉「黄金の湯」で折り返してきますが、今日はその先の梅ヶ島温泉郷へ!

最後の坂道がなかなかきつかった……(;´Д`)

僕としてはハイスピードで上がってきたこともあり、この時点でヘロヘロ……

なんとか温泉郷に到着~



特に風呂に入るわけでもなく、安倍川の最上流にてのんびりと。



この先には安倍峠という身延へと抜ける峠があるのですが……



未だに通行止め。。

いつになったら開通するのやら。

一気に下ってきましたが、真富士の里で完全にスタミナ切れ……



ヨモギきんつばで補給しますが……



時すでに遅し。

完全にガス欠で、全然チカラが入らなくなってしまいました。途中のカロリーメイト一箱じゃ足りなかったか…。

ということで、なんとか帰宅して、のびてます(;´Д`)A

至福の時

ロールケーキの有名な某ケーキ屋(喫茶店)で、イチゴのタルトを。

DSCF9774.jpg

至福の時ですね。

DSCF9768.jpg

落ち着いた雰囲気で、内装もオシャレ。

DSCF9771.jpg

相方はロールケーキとチーズケーキ。(どさくさにまぎれて2個頼んだなw)

DSCF9775.jpg

もちろんお土産のロールケーキも忘れない。

とある夏の思い出ばなし

下宿先から弟が帰ってきてるので、2011年の北海道ツーリングの話になった。

スポーツ自転車なんて乗ったこともなかった弟を半ば無理やり北海道へと連れて行った。2週間の旅。

とにかく連日、台風が停滞。ノロノロ台風と言う奴だ。

強風と大雨と洪水。

とんでもないハプニングが毎日毎日起こった。僕にも衝撃的な旅だったけど、これが初めてだった弟にはかなりショックだったらしい、色んな意味で。ライダーハウスや小屋での体験は特に強いカルチャーショックだったらしい。

ふつうの人間からすると、よくこんな所で眠れるなぁ~みたいな感じだったんだろう。ぼくも、濃すぎる場所に連れて行きすぎたなと少し反省(笑)

旭川から天塩中川まで洪水の中を走ったり、怪しい浮浪者(薬中?)と同じ小屋で台風を過ごしたり・・・寝る場所が見つからず街灯も家も何にもない真っ暗の道を10㎞以上走り続けた夜もあった。。北海道の真っ暗は本当に真っ暗。数㎞家が一軒もないなんてのはざらにあるのだ。

天塩鏡沼のプレハブは多雨と強風で、小屋ごと飛ばされるかと思ったほどだった。台風が直撃。風で常に震度3ぐらいでプレハブが動き続けていた。多雨のため、そこら中の虫という虫がこの小屋に避難してきており、虫だらけのプレハブ。仕方が無いので中にテントを張って蚊帳代わりにした。

雨をやり過ごすために、2日間も温泉で開館から閉館まで居座ったこともあった。同じライハのおっちゃんと、誰も来ないロビーのテレビの前でゴロゴロしまくった。雨だし田舎すぎて誰一人来なかった(笑)

稚内ではバケツをひっくり返したような豪雨に遭い、タイヤの半分以上が水に浸かりながらも走り続けた・・・。あんな雨の中を走ったことは今までなかったし、これからもないだろう。

雨の経験もすさまじかったが、弟には見づ知らずの人がこんなにも親切だったことも驚きだったみたいだ。声援をかけてくれたり、弁当を差し入れてくれたり、ビールをおごってくれたり・・・。二度と会うことはないかもしれない僕らにこんなに親切にしてくれることが最初は不思議だったらしい。

これらの話は、二人ともかなり詳細に覚えている。かなり鮮明に(笑)
とにかくしんどい旅だったけど、酒のつまみに年老いても話せる思い出なんだろうなと思う。無理やり連れて行って良かったかな。

DSCF6743_20130214022925.jpg

≫北海道兄弟ラン2011
http://chema2sa.blog.fc2.com/blog-category-7.html


日本縦断回顧録 目次

■日本縦断 鹿児島ー青森 3000㎞の旅
2012.2.14~3.30

○九州ステージ (2012.2.14-27)
 day1 日本縦断スタート地点、鹿児島へ移動
 day2 知覧特攻平和会館へ
 day3 番所鼻公園、釜蓋神社、坊津、吹上浜海浜公園
 day4 吹上浜から薩摩川内へ
 day5 川内新田神社のご利益とよつばのクローバー
 day6 行人岳でツルの北帰行を見に行くの巻
 day7 長島天草サイクリング
 day8 上天草を駆け抜けいよいよ熊本市へ
 day9 熊本市内をのんびりグルメ&観光旅
 day10 サイクリストの聖地、阿蘇絶景ラピュタの道
 day11 大分県、日田の豆田町を訪れる
 day12 太宰府天満宮そして博多絶品もつ鍋!もつ幸!
 day13 九州も終盤、福岡から海岸沿いを門司へ
 day14 九州脱出!!下関へと潜入

○中国・四国ステージ (2.28-3.7)
 day15 下関・角島大橋絶景紀行
 day16 萩でおはぎな一日
 day17 萩往還、黄色い天使
 day18 黄色いサプライズ!防府~柳井
 day19 今治からしまなみサイクリング海道を行く
 day20 雨のしまなみ尾道紀行
 day21 雨の尾道散策 アロ恵の散歩道
 day22 福山城、カブトガニ、倉敷美観地区
 day23 岡山後楽園、日生のカキオコそして赤穂へ

○関西→静岡ステージ (3.8-3.15)
 day24 突撃!大阪アンギラス邸
 day25 ずぶ濡れ大阪から京都へイナイチの旧道
 day26 京都で一日テキトーに過ごす
 day27 大阪串カツ京都ホルモン
 day28 鈴鹿峠を越えて一路、三重県津市へ
 day29 津から静岡を目指す 伊勢神宮参り
 day30 前半戦終了。とりあえず静岡に到着
 day31 静岡での短い滞在

○関東ステージ (3.16-20)
 day32 再出発! 箱根峠チャレンジ
 day33 雨の湘南、雨の箱根下り
 day34 いよいよ東海道の起点、TOKYO日本橋へ到達
 day35 関東平野爆進!一日4都県を走り抜く?
 day36 栃木縦断!美味い餃子はどこで食べれるの?

○東北ステージ(3.21-30)
 day37 白河、郡山、そして福島 あれから1年
 day38 福島から宮城県仙台へ
 day40 日本三景松島&宿や萩を出発、古川へ
 day41 カラフルひまわりの末路
 day42 Snow Country
 day43 雨ニモマケズ、雪ニモマケズ
 day44 盛岡満喫??
 day45 岩手山と雪景色と牛乳
 day46 終着点、青森

九州ステージ|自転車日本縦断回顧録

■日本縦断 鹿児島ー青森 3000㎞の旅
2012.2.14~3.30

○九州ステージ (2012.2.14-27)
 day1 日本縦断スタート地点、鹿児島へ移動
 day2 知覧特攻平和会館へ
 day3 番所鼻公園、釜蓋神社、坊津、吹上浜海浜公園
 day4 吹上浜から薩摩川内へ
 day5 川内新田神社のご利益とよつばのクローバー
 day6 行人岳でツルの北帰行を見に行くの巻
 day7 長島天草サイクリング
 day8 上天草を駆け抜けいよいよ熊本市へ
 day9 熊本市内をのんびりグルメ&観光旅
 day10 サイクリストの聖地、阿蘇絶景ラピュタの道
 day11 大分県、日田の豆田町を訪れる
 day12 太宰府天満宮そして博多絶品もつ鍋!もつ幸!
 day13 九州も終盤、福岡から海岸沿いを門司へ
 day14 九州脱出!!下関へと潜入

kagosima.jpg

九州ステージ - 熊本県・大分県編|自転車日本縦断回顧録

■日本縦断 鹿児島ー青森 3000㎞の旅
2012.2.14~3.30

○九州ステージ - 熊本・大分編
 day7 長島天草サイクリング
 day8 上天草を駆け抜けいよいよ熊本市へ
 day9 熊本市内をのんびりグルメ&観光旅
 day10 サイクリストの聖地、阿蘇絶景ラピュタの道
 day11 大分県、日田の豆田町を訪れる

中国・四国ステージ|自転車日本縦断回顧録

■日本縦断 鹿児島ー青森 3000㎞の旅
2012.2.14~3.30

○中国・四国ステージ (2.28-3.7)
 day15 下関・角島大橋絶景紀行
 day16 萩でおはぎな一日
 day17 萩往還、黄色い天使
 day18 黄色いサプライズ!防府~柳井
 day19 今治からしまなみサイクリング海道を行く
 day20 雨のしまなみ尾道紀行
 day21 雨の尾道散策 アロ恵の散歩道
 day22 福山城、カブトガニ、倉敷美観地区
 day23 岡山後楽園、日生のカキオコそして赤穂へ


page2

関西→静岡ステージ|自転車日本縦断回顧録

■日本縦断 鹿児島ー青森 3000㎞の旅
2012.2.14~3.30

○関西→静岡ステージ (3.8-3.15)
 day24 突撃!大阪アンギラス邸
 day25 ずぶ濡れ大阪から京都へイナイチの旧道
 day26 京都で一日テキトーに過ごす
 day27 大阪串カツ京都ホルモン
 day28 鈴鹿峠を越えて一路、三重県津市へ
 day29 津から静岡を目指す 伊勢神宮参り
 day30 前半戦終了。とりあえず静岡に到着
 day31 静岡での短い滞在


2_20131020002755ed3.jpg

関東ステージ|自転車日本縦断回顧録

■日本縦断 鹿児島ー青森 3000㎞の旅
2012.2.14~3.30

○関東ステージ (3.16-20)
 day32 再出発! 箱根峠チャレンジ
 day33 雨の湘南、雨の箱根下り
 day34 いよいよ東海道の起点、TOKYO日本橋へ到達
 day35 関東平野爆進!一日4都県を走り抜く?
 day36 栃木縦断!美味い餃子はどこで食べれるの?


3_20131020002750af4.jpg

東北ステージ|自転車日本縦断回顧録

■日本縦断 鹿児島ー青森 3000㎞の旅
2012.2.14~3.30

○東北ステージ(3.21-30)
 day37 白河、郡山、そして福島 あれから1年
 day38 福島から宮城県仙台へ
 day40 日本三景松島&宿や萩を出発、古川へ
 day41 カラフルひまわりの末路
 day42 Snow Country
 day43 雨ニモマケズ、雪ニモマケズ
 day44 盛岡満喫??
 day45 岩手山と雪景色と牛乳
 day46 終着点、青森


4_2013102000275246c.jpg

Photos in Otaru, Hokkaido 小樽写真集

小樽写真集

DSCF1002.jpg
小樽駅

DSCF1001.jpg
駅前通りから

DSCF1004.jpg
三角市場

DSCF1029.jpg
手宮線跡

DSCF1008_20130214014509.jpg
日曜日の商店街にて

DSCF1098.jpg
小休止

DSCF1057_20130214014621.jpg
小樽運河昼景

DSCF1072.jpg
小樽オルゴール館

DSCF1078_20130214014623.jpg
オルゴールキラキラ

DSCF1146_20130214014623.jpg
小樽運河夜景

DSCF1124_20130214014743.jpg
小樽の寿司詰め

日本縦断スタート地点、鹿児島へ移動 「回顧録」日本縦断1日目

2012年2月14日のこと。
卒論を提出し、いよいよ日本縦断の旅に出たのでした。

6:30 静岡駅

母親に駅まで送ってもらい、自転車を車から降ろす。

ついに始まる・・・

NCM_0012.jpg

昨日の昼に卒論を提出したばかりで、まだ旅をするという実感はない。

でも確実にぼくは旅に出る。
そう、今から。まさに今から。

行ってきます!

iphone_20120214103251.jpg


ひかり号にのりこみ、新大阪駅に向かいます!
輪行、輪行。
自転車以外の荷物は郵送してあるので、そんなに重くはないけれど、久々の輪行。
周りの目線、肩に来るずっしりとした重さにすこし緊張します。


いや~~重い(*^。^*)重いのは辛いはずなのに、ワクワク感が強すぎて変なテンションになっています。


新大阪では1時間の乗り換え待ちです。さくら待ちですな。
待っている間にも、何人かのおばちゃんおじちゃんに話しかけられます(笑)さすが、大阪の方は気さく!

iphone_20120214103336.jpg


9:00 さくらで、鹿児島へ。

NCM_0024.jpg

さくらはゆったりシートで、快適です。さすがJR九州は内装がオシャレです。
さくらはずっと乗ってみたかった車両。早くも夢が一つかないました。


さくらに乗れたぞ~~!!\(◎o◎)/!ばんざーい!

NCM_0021.jpg

行き先が終点なので、心置きなく寝れました(笑)
実際には隣の座席に来たお姉さんがめちゃくちゃ美人で、気になって寝るどころの騒ぎでなかったことは秘密。

iphone_20120214194810.jpg

13:30 鹿児島中央駅着!自転車組み立てです。

なかなか組み立てるのにいい場所がなく、うろちょろ行ったり来たりを繰り返してしまいました。
良い壁がないんだよなぁ~~。
自転車たてかける為の。

NCM_0026.jpg

そして天候はあいにくの雨です。ところどころ晴れ間も見えますが・・・。

さすが雨男。初日は必ず雨を降らしていきます・・・。

iphone_20120214194708.jpg

ぱっぱ、っちゃっちゃと自転車を組みあげ、
組み立て完了!!

NCM_0029.jpg

今日から思う存分走れる!!

NCM_0030.jpg

いきなりこけたらシャレにならんから、慎重に走りだしましょう!!

iphone_20120214194923.jpg

とりあえずゲストハウスにチェックインし、荷物を置きましょう。
少し迷いましたが、

iphone_20120214195108.jpg

桜島目の前の、

iphone_20120214195147.jpg


ゲストハウスに到着。
晴れてきたので荷物を置いて、鹿児島見物です。

DSCF7251_20130214102937.jpg

DSCF7252.jpg

iphone_20120214195436.jpg

4年前にも来た鹿児島ですが、一日の滞在。
来た覚えがあるような無いような、あるような。

iphone_20120214195515.jpg

この人に挨拶しなきゃまずいでしょ。ねえ、西郷さん。

iphone_20120214195603.jpg

天文館やら西郷さん像、市立美術館などを見学。
これから、いくつか旅の間に美術館よれるといいなあなんて思ってます。
美術館巡り、おもろいすよ。

DSCF7253.jpg

鹿児島市中央公民館。

DSCF7250.jpg


17:00 ゲストハウスに戻ると、荷物が届いていたので整理しましょう。
荷物を送りつけるのは正解でした。
輪行バックに全部詰めてたら、かなりいろいろ問題があったはずです。

部屋でのんびりしてました。ドミトリーなんで5人ほどの旅人が同室でした。
同室の旅人と仲良くなり、一緒に散歩がてら飯を食いに行ってきます。

鹿児島ラーメンをチョイス!!


一日目は、ワクワクして眠れないかと思いきや、輪行の疲れですぐ寝ちまいました(*^。^*)

>>
DSCF7245.jpg

桜島をバックに一枚!!

DSCF7248_20120417024216.jpg

いよいよ明日から長い旅が始まる・・・。

本当に青森までいけるのだろうか。

緊張と興奮の混じった異様なこころのなか、長めの睡眠をとります。

知覧特攻平和会館へ、僕たちの責務 「回顧録」 日本縦断2日目

日本縦断回顧録・・・なるべく去年の日程と同期して連載していきます(^^♪

今回は鹿児島は知覧。
当時、Twitterやブログ、フォト蔵で僕の旅を楽しんでくださった方々も、なつかしんで見ていただけると嬉しいです。公開していなかった写真も増やし、当時の日記を大幅に加筆していこうと思います。

どうぞ、のんびりしていってください。
九州地図1


2012 2 15

鹿児島県鹿児島市 グリーンゲストハウス


今日からいよいよ走り始めです!
緊張と興奮の入り混じった変な感覚・・・。
数日前までとは明らかに違う世界。



あいにくの雨ですが、島津雨といって何かを始めるときの雨は縁起がよいと聞いたので、へこたれずに出発しましょう!
雨の中、漕ぎだします。

NCM_0044.jpg

この荷物のずっしりとした感触、久しぶりです。
どうしても最初はハンドル操作に慣れず、ふらつきながらも前に進みます。

それにしても、荷物が重い。
毎回必要最低限のものを持ってくるようにしているのに、明らかに重い。
もっと荷物を絞るべきだったか。
まあ、日本縦断なんだからこれぐらい持ってないと・・・。

NCM_0045.jpg

10:00 鹿児島市脱出



指宿や開聞岳を目指して南下します。
というのも、今回の旅、しっかりルートを決めてあるわけでなく、今日も目的地は未定。
出発も遅かったのでどこまで行こうか。
どこまでいけるのか。



知覧へ向かう道との交差点…峠越えなのは知っています。

悩みます。。

NCM_0049.jpg

でも、やはりここまできたら無理してでも知覧に寄りましょう。平和会館を見に行くのです。
多くの人にもオススメされました。
君ぐらいの年齢の時に行っておくといい・・・。

知覧に寄る決定をします。



これだけ荷物が多いと、坂がかなりしんどいです。
間違いなく過去最高の荷物量なのです。



霧も出てきてちょっと危険です。対向車がスリップしたのを目撃、かなりの危険を感じました。

12:30 峠に到着。南九州市入りです。
雨宿り中に知覧のおっちゃんとお話ししました。
やはり特攻資料館は行ったほうがいいと。
行きましょう!

NCM_0054.jpg

13:30 途中、製鉄所遺跡の看板を発見!寄ってみましょう。



当時の石組がそのまま残っています。



製鉄所の建物が残っている様子ではありませんでしたが、川の中に石組がある感じ。



なかなかマニアックな場所かもしれませんが、雰囲気は良かったです。

DSCF7257_20120419022312.jpg


14:00 知覧武家屋敷へ!!

NCM_0059.jpg

山道も終わり開けてきました。

NCM_0060_20130214110616.jpg

灯篭も出現。知覧に到着です。

NCM_0061.jpg

昔ながら(江戸時代だと思います)の生け垣と石垣がよく残っている。雨の知覧もなかなか良い雰囲気でした。
生垣の間をゆったりとしたペースで進んでいきます。

屋敷の中も見学できるようでしたが、僕の目的は平和会館にあったので、とにかくそちらを目指すことにしました。



コンビニエンスストアで休憩。

NCM_0067.jpg

するとこんなケーキが。

思えば、これが九州で初めての「くまモン」との出会いでした。
この後、一緒に旅をする仲になるとは・・・。


15:00 知覧特攻平和会館に到着します。



実際の戦闘機、特攻隊員の写真、遺書遺品。色々なことを考えさせてもらいます。平和のこと、戦争のこと、命のこと、家族のこと…。



数多くの灯篭。

NCM_0077.jpg

語り部さんのお話も興味深かったです。
僕が彼らと同年代のこの時期にここに来れたことは必然だったのかもしれません。
じっくり見学、お祈りさせていただきました。

NCM_0069.jpg

ぼくの地元、静岡の特攻員の方もいて、南方へと飛び立った時、そびえる開聞岳を富士山と重ねて涙したそう・・・。

NCM_0075.jpg

僕らの世代、そしてこれからの未来の世代では、必ず二度とこのような歴史は繰り返しません。

NCM_0074.jpg

僕は強く強くこころに誓いました。
必ず!どんなことがあっても!!

この歴史を伝えて行くのは、今度は僕らの世代です。絶対に伝えて行かなくてはならない歴史・・・。

NCM_0078.jpg

17:00 今日、開聞岳まで行くのは諦めましょう。ここに泊まります。
平和会館横の芝生広場にテントを張らせていただくことにします。

近くの知覧温泉センターにきます。
雨の降った日は温泉にでも入らないと風邪引きますからね。しょっぱなから風邪ひいたら話になりません(=_=)
大広間があったので、そこで携帯を充電がてらのんびり過ごします。

明日早朝に出ましょう。
晴れてくれ~~!頼む~~


より大きな地図で day2 を表示

番所鼻公園、釜蓋神社、坊津、吹上浜海浜公園 「回顧録」 日本縦断3日目

日本縦断回顧録・・・なるべく去年の日程と同期して連載していきます(^^♪
バージョンアップ再放送みたいなもんです。

今回は鹿児島は南鹿児島。開聞岳とかもろもろ。
当時、Twitterやブログ、フォト蔵で僕の旅を楽しんでくださった方々も、なつかしんで見ていただけると嬉しいです。公開していなかった写真も増やし、当時の日記を大幅に加筆していこうと思います。

どうぞ、のんびりしていってください。
九州地図2



2012 2 16

鹿児島県知覧 平和記念公園


5:00 知覧の公園にて。起床。外はまだ暗い。夜にはなかった北風が吹き始めていた。

7:00 撤収完了し、出発!開聞岳を目指し、南下していきます。開聞岳といっても完璧に麓に行く訳ではなく、よく見える頴娃町(えい)を目指しましょう!



茶畑の台地を進みます。知覧からは基本下り坂です。朝から軽快に走ります。
途中、登校中の小学生が元気よく挨拶をしてくれました。
「おはようございます」



おお!開聞岳が見えてきました!
茶畑とあいまって、牧之原と富士山のようです。

DSCF7270.jpg

NCM_0087.jpg

NCM_0088.jpg

なるべく旧道を通って行きます。幹線道路より楽しい場合が多いんですよね!

NCM_0089.jpg

途中、「番所鼻公園、伊能忠敬が絶賛した風景」とあります。全国を歩き尽くした彼が言うのですから、見ないわけにはいきません(笑)

DSCF7289.jpg

やはり素晴らしい景色!観光客もちらほら。千葉から来たご夫婦とお話しし、伊豆の話で盛り上がりました。



駐車場で出る準備をしていると、地元のおじさん2人(あとから一人きた)に話し掛けられます。色々話していると、どうも、「釜ふた神社」というのが近くにあり、最近有名だから行きなさいと勧められます。有名人もテレビで来たとか。

NCM_0096.jpg

来てみた。

NCM_0098.jpg

これか・・・。

釜ふたをかぶってお参りすると、80%の確率で願いが叶うらしい。

ということで、

NCM_0097.jpg

こういうことか(笑)
お参りはしっかりしてきました。



12:30 枕崎市を通過し、野間半島方向に向かいました。

NCM_0104.jpg

気持ちいい!!

DSCF7292.jpg

耳取峠。怖い名前の峠だ(;一_一)

DSCF7296_20130214120203.jpg

途中に展望台があったので休憩!素晴らしい景色!!

DSCF7297.jpg

高所恐怖症にはちょっとつらいけど。
海の色が素晴らしく綺麗なんですよね!!

DSCF7302_20130214120202.jpg

記念写真をパチリ。

坊津という港町に寄りました。静かで雰囲気と歴史ある小さな町でした。こういう雰囲気の港町っていいですよね。

NCM_0113.jpg

坊津(ぼうのつと読みます)は飛鳥時代から遣唐使船が帰港してた由緒ある港。
奈良時代にはあの鑑真和尚も上陸しているらしい。歴史がある。

NCM_0109.jpg



しかし、ここまで来るのにかなりのアップダウンがあり、体力を消耗してしまいました。予定外・・・。

このペースだと、野間半島周りきれない。
そこで急遽ルート変更し、北側の山越えをし、南さつま市に向かうことにします。
距離は短くなりますが、かなりの山越えになります…



狭く暗いきつい坂が続きます。
こりゃあ明るい内につかないとエラいことになるぞ・・・((+_+))
ちゅうことで必死に登っていきます、、

NCM_0117.jpg

きっつい!!



15:30 なんとか頂上らしき所につきました。しんどかったですが、もう2度と通らないであろう道と考えると何故か愛おしくなりますな。

ああ、しんどかった。
しかし荷物重すぎるのいかん。



Twitterのフォロワーさんからも励ましを頂き、なんとか下山です。ありがとうございました(T_T)



直売所のデコポンとキンカンがうまいこと!

NCM_0123.jpg

17:30 苦戦しながらも南さつま市街に辿り着き、温泉に入ります。
吹上浜海浜公園にテントを張らして頂き、寝ることにしましょう。
ちょっと風強い。ペグ無しなのはキツいかも?

DSCF7304_20120417024637.jpg

貧乏旅行ではこれから野宿が増えることでしょう。

NCM_0128.jpg

夕飯はカツオのたたき(スーパーで購入)


より大きな地図で day3 を表示

サッポロラガービール、憧れの赤星

ビールはサッポロ。

キリンやサントリー飲むこともあるけど、やっぱりサッポロが一番美味い。
ちょっと良いことがあった時は「サッポロ黒ラベル」。
おいら頑張ったな~と言うときは「エビス」。
北海道にいるぜ~~と言うときは「サッポロクラシック」。

…でも、一つだけ飲んだことのない銘柄があった…。

「赤星」

こと「サッポロラガービール」。「JAPAN'S OLDEST BRAND」とある通り、日本で最古の現存するビール。1877年に発売されたというから、今から130年以上前…。現在ではほとんどなくなってしまった熱処理ビールである。

DSCF9759.jpg

京都のとあるライブハウスでは販売されていて、ビールくださいと言うと「赤星」が出てくる…。圧倒的な重厚感。

DSCF9757.jpg

味は…恐れ入りましたm(__)m小生が味の感想など到底できませぬ。

吹上浜から薩摩川内へ 「回顧録」 日本縦断4日目

日本縦断回顧録・・・なるべく去年の日程と同期して連載していきます(^^♪
バージョンアップ再放送みたいなもんです。

今回は鹿児島は日置周辺です。
当時、Twitterやブログ、フォト蔵で僕の旅を楽しんでくださった方々も、なつかしんで見ていただけると嬉しいです。公開していなかった写真も増やし、当時の日記を大幅に加筆していこうと思います。

どうぞ、のんびりしていってください。
九州地図3


2012.2.17

7:00 吹上浜海浜公園にて。風の音で起床&カップめん食べました。
天候は曇り、北西の強い風が吹いています。

NCM_0129.jpg

テントの空気穴から外の様子を・・・。

屋根があるところにテントを張れると夜露に当たらなくていいですね!!





ここ、吹上浜海浜公園はかなり広いきれいな公園です。
サイクリングロードが北に延びているので、早速行って見ましょう!



ジョギング中のおばちゃんに橋から砂丘が見えると教えていただき、行ってみます、、が、、強風です!

というより暴風です!!!

DSCF7307_20130215011835.jpg

風速18m

との表示が(@_@) なかなか前に進めません!



なんとか橋を渡り切り、サイクリングロードを進みます。
まあ、こんな暴風の日に誰もサイクリングなんてしてないだろうな~なんて考えながら一人寂しく曇天で暗めのサイクリングロードをゆったりとしたスピードで走っていました。


と、年季の入ったクロモリ自転車乗りのニシカワさんという方が後方からやってきて、声をかけてくださいました!!
同じ方向(ニシカワさんは自宅の方向)に進む者同士ということで一緒に走ることに。

一緒に走る、というより案内をしてもらいました。
こういう出会いは一人旅の醍醐味かも知れません!
15kmほど行った所でお別れです(>o<)



鹿児島交通の廃線あとのサイクリングロードを教えていただきました!廃線跡がサイクリングロードになってる場合は多いですね!



DSCF7314.jpg



田園風景の田舎道、とても雰囲気があります!こんな道大好きです(*^^*)トトロの世界みたい。



NCM_0143_20130215011834.jpg

南薩線の永吉駅跡。
現在は廃線になってる。

NCM_0146_20130215011833.jpg

この廃線跡がサイクリングロードになってるんですね!!とても走りやすいです。



浜田橋という石組みの古い橋を通って行きます。風景がどんどん変わっていき、楽しいです!

NCM_0147.jpg

浜田橋の説明。

NCM_0148_20130215011834.jpg

橋げただけが残っているのは南薩線の通ってた橋でしょうか。廃線遺構がところどころに残っているようです。
ここまでの道、アップダウンは全然なく、本当に走りやすかったです。



途中、海に出たり!!綺麗な砂浜が広がっていました(^^♪

NCM_0157.jpg

国道に復帰し、東シナ海沿いも通って行きます!
青い海に青い空・・・
気持ちの良い快走路。

DSCF7316.jpg

サーファーもたくさんいます。

DSCF7318.jpg

12:30 江口蓬菜館の食堂で煮付け定食を頂きます!地元でも人気の食堂みたいで、賑わっています!980円で刺身も付いています!楽しみですね~



ほろほろと身がやらかく、味がよく染みててうまかったですo(^o^)o 

1329449592096.jpg

大満足です!
ここはまた来たい食堂!

出発し、串木野方面に進みましょう!

NCM_0160.jpg

イン串木野!!金山で有名なとこですね!!



国道3号に合流し、川内を目指しましょう。ここは4年前、西日本縦断の際に通っており、見覚えのある場所がいくつかありましたよ(笑)

薩摩川内へGO!!

NCM_0166.jpg

16:30 ついに薩摩川内到着です。だいぶ冷えてきました。今夜は雪が降るそうです…

NCM_0167_20130215010640.jpg



じゃらんで安宿を探し、ビジネスホテル・ステイに泊まることにします。

NCM_0169.jpg

朝食付き2980円ならOKでしょう!

NCM_0170.jpg

川内の町中を少し走ってみます。



川内はかっぱの町なんですね!そこら中にかっぱがいます(*^^*)

NCM_0173_20130215012959.jpg

明日の午前中に薩摩川内を観光したいなと思っていたので、観光スポットを調査しに行きましょう!!
インターネットで調べるというのもアリですが、僕は良く駅へと向かいます。

NCM_0175.jpg

薩摩川内駅!!新幹線も止まります!
駅に来れば、ほぼ必ずその街のパンフレットがもらえます。

NCM_0176_20130215013000.jpg

パンフレットゲット!!
紙の情報が安心しますし、観光協会が発行しているものなどはその街がいま一押ししてるものが分かって面白いのです。旅をするとこのパンフレット類が増えて行きますね。

スーパーで買い物して、ホテルに戻りましょう!!



川内焼酎と阿久根のキビナゴ、串木野のつけあげです。地の物はやはり美味いですね!

今日は終始向かい風強風でしたが、いろんな人との出会い、いろんな風景との出会い、美味いものとの出会いがありました!

鹿児島最高!


より大きな地図で day4 を表示

川内新田神社のご利益とよつばのクローバー 「回顧録」 日本縦断5日目

日本縦断回顧録・・・なるべく去年の日程と同期して連載していきます(^^♪

当時、Twitterやブログ、フォト蔵で僕の旅を楽しんでくださった方々も、なつかしんで見ていただけると嬉しいです。公開していなかった写真も増やし、当時の日記を大幅に加筆していこうと思います。

どうぞ、のんびりしていってください。
九州地図4



2012.2.18

薩摩川内、ビジネスホテル・ステイ

今日は全国的に寒波につつまれるということで、朝起きると外は雪でした!

7:00 朝食のバイキングをがっつし食べ、充電完了です。宿に泊まったことで、かなり体力回復しました!…が、暖房で喉がやられてる…ガラガラ

朝風呂だの荷物整理などすまし、チェックアウト

10:00 雪の中、出発!



雨、山、風ときて、今日は雪ww 鹿児島さんは色々用意してますな(^-^;)



昨日手に入れたパンフレットで紹介されてた場所に行ってみたいと思います。

DSCF7319_20120417025000.jpg

川内の由緒ある神社、新田神社に参拝!安全祈願をしてきます。

DSCF7320_20130215015637.jpg

雪のぱらつく寒い中、階段を一気に登りカラダを温めます。階段でトレーニングしている親子にも遭遇。



雪が痛いくらい降って来ました。果たして進めるんでしょうか?

というのも、今日のメイン目的地として選んだのは川内高城温泉!
昨日、駅でもらってきた観光パンフの写真見て一目惚れです。西郷さんの隠し湯とか。
山あいにある静かな温泉郷…山…雪大丈夫なのか?





雪が降っては晴れてを繰り返して、よく分からん天気ですが、とにかく寒いですね(笑)

またもや田舎道を通って行きます。いい雰囲気ですな~

ふと、自転車を停めると、、、



四つ葉のクローバーです!しかもデカい。

これはいいことあるかも知れません!



12:30 そうこうしてる内に川内高城温泉に到着!山ん中の静かなひなびた温泉郷。





町営の共同湯に入ります。200円です。



いいですね~この感じ!東北の湯治場の雰囲気です。お湯加減、肌触り最高!さすが日本名湯100選に選ばれているだけあります。泉質がいいですね!

建て物はかなり古い感じ。

地元の人がかわるがわる入ってきます。シャワーなどは無いので桶ですくいながら体を洗うしかないみたいです。女湯と男湯の境もそんなに高くなく、背の高い人が来たら完全に見えちゃう感じでしたが(笑)

NCM_0201.jpg

西郷さんも入ったとか。
一瞬誰だか分からんかったが(笑)

DSCF7345.jpg

おばあちゃんの後ろ姿。良い風景です。



さて、体がポカポカしているうちに
下って行きましょう!



東シナ海が見えてきます!





ちょうど人形岩に出ました!火野さんのこころ旅でも紹介された場所で、来たかった所です。

DSCF7364.jpg




阿久根は、ボンタンの名産地で道沿いに露店や無人が点在しています。その中で偶然見つけたのが、これ。規格外品、タダのやつです。

ぼくはこれで充分です!ラッキー!頂いて行きます!



14:30 道の駅阿久根で昼食です。

途中、コンビニで、休憩しているとおっちゃんから飲み物の差し入れです!
有り難く頂きます。

それにしても中途半端な時間になってしまいました…天草方面に行くと、泊まれそうな野宿ポイントがなさそうです。

阿久根止まりで公園を探しましょうかね、と考えてたとき、鹿児島在住のフォロワーさん、原さんから素晴らしい情報が入ります!

阿久根駅前にライダーハウスがある!

そういえば、阿久根にブルートレインのライダーハウスがあるとそんな話を北海道で聞いたことがありました。

17:00 阿久根のライダーハウスに到着です!

DSCF7366_20120417024957.jpg

一泊1500円でブルートレインなは号のA寝台に泊まれます!内装もそのまま残されています。



ここを管理しているNPO、Bigupの事務所は観光案内所兼食堂みたいになっており、なんとカレーライスを200円で振る舞ってくれるのです!



今日は自転車旅人がもう一人いるとのこと。この旅初めて会う自転車旅人は、、、なんと女性でした!京都の人でマウンテンバイクに4サイドで、驚くべきことに僕同様、野宿しながら旅してます!すごいです!

427647.jpg

↑こちらがその女性の装備。ショートヘアでかなりボーイッシュな人でした。
ネイビーのマウンテンバイクにぶっといタイヤ。赤いサイドバッグがオシャレです!

ここまで看板など何もつけずに走ってきましたが、いかんせん寂しい。
声をかけてもらえる率を増やすため、あとブログの宣伝に看板を作成することに!!材料はスーパーの文房具売り場で調達。

NCM_0219.jpg

看板作成。

そして、これまた偶然、今日手作りの風呂がちょうど完成しており、タダで入らせていただきます。
たまたま垂水ライダーハウスのオーナーさんも来ており、スタッフさん旅人さんらも交えて旅話で盛り上がります。

僕を含め、今晩宿泊する旅人3人が去年の夏の同時期に北海道にいたことも驚きです。
旅話、釣り話は尽きず、夜はふけていきました。素晴らしい友達も出来ました!

天候には恵まれないものの、こんなに幸運が続くのは、
神社の御利益?
四つ葉のクローバー?


より大きな地図で day5 を表示


≫彼女の出発の時にたまたま(?)連絡先を交換し・・・今では相方に。

423603.jpg

まあ、詳しくは僕に遭った時にでも聞いてくださいな(笑)

行人岳でツルの北帰行を見に行く・・・が。 「回顧録」 日本縦断6日目

日本縦断回顧録・・・なるべく去年の日程と同期して連載していきます(^^♪

当時、Twitterやブログ、フォト蔵で僕の旅を楽しんでくださった方々も、なつかしんで見ていただけると嬉しいです。公開していなかった写真も増やし、当時の日記を大幅に加筆していこうと思います。

どうぞ、のんびりしていってください。

九州地図5


2012.2.19

阿久根ライダーハウスに連泊が決まり、今日は荷物置いてツルを見に行きましょう!
NPOのおっちゃんが行人岳に行けばツルに逢える!
つるの北帰行がみえると教えてくれたのです。

今の時期、行人岳山頂は、カメラマンでぎっしりだとか!!



ということでツルの北帰行で有名らしい長島の行人岳に登ってきます!



GO!GO!GO!ツルは必ずみえるらしい!!



黒之瀬戸大橋は残念ながら工事中…近くの漁港など寄り道していきます。
綺麗な橋なんですけどねぇ~~。残念。



道中、

NCM_0232.jpg

???



変な妖精たちに遭ったりしつつ、



キツい坂を登って登って登って行人岳に到着です!

DSCF7382.jpg

・・・あれ???誰もいないけど。
おっちゃんの話ではカメラマンがぎっしりっちゅう話だったけど(;一_一)

30分ぐらいくそ寒い中粘りましたが・・・
残念ながらツルは見れませんでした。

が、島々の絶景に出会いました!

おっちゃん全然だめじゃん(:_;)とちゅうで粘っているのも馬鹿らしくなってましたw

DSCF7386_20130215022250.jpg

行人岳を来た道を下り、そのまま阿久根に戻ることも考えましたが・・・

なんとかツルを見たいということで、



少し遠いですが、出水のツル渡来地に行きます!マナヅルやナベヅルという種類らしいですが、一万匹ほどいるみたい!

田圃中を走りツル観察!

DSCF7441.jpg

彼らもぼくもこれから北に向かうんですね。



阿久根ライダーハウスに戻ると、天ぷらパーティーが!

タケノコや椎茸、ふきのとうなど、旬もの揚げたてをおいしく頂きました!

NCM_0267.jpg

NCM_0268.jpg

NCM_0269.jpg

NCM_0270.jpg

しかし、鹿児島の焼酎はなかなかキツいです。頭が痛いww
長島の焼酎、「島美人」のお湯割りをこれでもかと頂きました。
鹿児島来たら焼酎のまんで帰ったらバチが当たるらしい(笑)

DSCF7383_20120417025339.jpg


より大きな地図で day6 を表示

長島天草サイクリング 「回顧録」 日本縦断7日目

日本縦断回顧録・・・なるべく去年の日程と同期して連載していきます(^^♪

今回は鹿児島は阿久根からスタート。
当時、Twitterやブログ、フォト蔵で僕の旅を楽しんでくださった方々も、なつかしんで見ていただけると嬉しいです。公開していなかった写真も増やし、当時の日記を大幅に加筆していこうと思います。

どうぞ、のんびりしていってください。
九州地図6




2010 2 20

ひさびさの晴天!朝日のまぶしさで起きます!

7:30 阿久根ライダーハウス。

早速出発です。昨日の芋焼酎で若干の二日酔いですww

DSCF7444.jpg

昨日と同じ黒之瀬戸大橋を渡ります…。

DSCF7443_20130215235830.jpg

贅沢すぎますが、朝どれ地物のブリの刺身を!!!
感動モノの旨さ!!!



ブリで一気に目覚めましたが
長島はアップダウンが激しく、かなり足にきます!

走っていると後ろから声がします…

おお~!!自転車旅人ですo(^o^)o
東京のスケガワ君というマウンテンバイク乗りです!
同じくキャンピングツーリングで向かう方向、ルートともに同じ感じなので一緒に走ることにしましょう(*^^*)



スケガワくんがフェリーの時間を調べます・・・。
11:20発のフェリーがちょうどよさそう!!
それに乗るため、二人で飛ばします!

アップ!!!

ダウン!!!

一気に行くぜ~~~!!!(…スケガワくん飛ばし過ぎ;)

…が、意外と近く、一時間前に到着wwもう少しゆっくりで良かったww

NCM_0279.jpg

待ち時間に小さな神社でお参り。
外モノの僕らが勝手にこの土地を走らせてもらってるので、ここの神様に挨拶はしておかないとね。
旅の間、ぼくは小さい神社を見かけたらなるべく寄るようにしています。



さて、蔵之元から牛深へとフェリーで渡ります!



いや~~海の景色が最高です!

DSCF7453.jpg

スケガワ君とぼく!
スケガワ君は東京の大学の一年生。部活のメンバーと合流すべく、熊本を目指し一人旅中!

ぼくはデッキで過ごし、潮風を感じながら風景にこころを溶け込ませます。



牛深に降り立ち、266号を北上!とても走りやすい山あいの道。



早浦の周りをぐるりと回る。ひさびさの快晴で海の色が素晴らしく青い。
二人とも感激しながら、ペダルを回す。

DSCF7456.jpg

途中、EAT730というちゃんぽん屋で、ねぎちゃんぽんを食す!
おっちゃんが一人でやっているラーメン屋でしたが、この道沿いには他に飯屋は無いんじゃないかというほど、何もない所でした。それが良いんですけどね~~



お味は…店長のこだわりを感じる魚介、鳥スープにちゃんぽん麺。途中でだいだいを絞り、酸味の効いたスープに変えれます!こちらもうまい!

完全に復活し、海沿いの389号を走ります!

DSCF7459.jpg

崎津の天主堂に到着!静かな港町の中心にあるゴシック様式の教会。
中にも入らせて頂きます。とても美しい教会です!

DSCF7458.jpg

崎津の町並みもなかなか味がありました。のんびりした漁村。
時間の流れがゆっくりな気がします。こんな場所に身を置いてのんびりする時間って大事ですね。

NCM_0295.jpg

魚の開きを作っているおばあさん、海を見に来ていたと思われるカップルとお話しをしました!
応援ありがとうございます!

おばあさんの所で、おばあさんお手製の干物を購入。
夕飯に食べてみましょう!!夕飯の楽しみが増えました。



続いて大江天主堂に向かいます!
こちらは小高い丘にあり、坂が大変でした!

DSCF7463_20130215235829.jpg

ちょうど定休日?定休日って言い方しないですかね(笑)
とにかく閉まっていて、中に入ることはできませんでした。外見だけですが楽しませていただきましょう。

NCM_0320.jpg

天草灘を左手に、二人で先頭交代しながら飛ばしていきます!

NCM_0302.jpg

有名なおっぱい岩は満潮で見られませんでした。



こちらに来て初めての夕日!

海岸沿いのロザリオラインをくたくたになりながら、ひたすら走ります!

左手には島原、雲仙普賢岳を望みます。

DSCF7466.jpg

今回で、最高に長く走ったでしょう。
スケガワ君がいなければ、走り切れなかったでしょう。沿道の応援も力をくれました!ありがとう。

18:30 やっとの思いで、本渡に到着!二人とも限界です。
風呂に入らないと明日走れないでしょう。

迷子になりながらもペルラの湯船という風呂屋に行きます。

休憩してから公園に向かいます。うろうろしていた時に見つけた綺麗な公園です。ここで二人でキャンプしましょう。いい感じの屋根もありますし。

夕飯は長島で買った白菜と棒ラーメンで自炊します!白菜ラーメン。崎津でおばあちゃんから買った干物も焼いてみます。香ばしい香りが立ち込め、よだれが出てきます・・・。これが美味かった!!

やはり誰かと食事すると楽しいですね!



より大きな地図で day7 を表示

上天草を駆け抜けいよいよ熊本市へ 「回顧録」 日本縦断8日目

日本縦断回顧録・・・なるべく去年の日程と同期して連載していきます(^^♪

今回は熊本県へ突入!天草を駆け抜けます!!
当時、Twitterやブログ、フォト蔵で僕の旅を楽しんでくださった方々も、なつかしんで見ていただけると嬉しいです。公開していなかった写真も増やし、当時の日記を大幅に加筆していこうと思います。

どうぞ、のんびりしていってください。
九州地図7



2012.2.21

7:00 天草市本渡の本戸公園にて目覚め。スケガワ君も起床。

地域のボランティアの方がゴミ拾いに来ていてお話をします。
とてもきれいな公園で、最近出来たばかりなのだろうと思っていましたが、実はそうではなく、このようなボランティアの方々が毎日来て掃除をしていくその努力の賜物だったことを知りました。
快く野宿させていただき感謝です。

テントを片付けたら、すき家で朝飯です。

8:00 早速出発です!

ロザリオラインと呼ばれる海岸沿いの道324号線をゆっくり走っていきます。

NCM_0310.jpg

まずは、有明の道の駅で休憩…



売店の前には…

NCM_0313.jpg

おお。熊本に来たんだなぁ~~。
最近人気らしいこいつ。熊本に入った途端に急に増えだした。そこら中に絵やら置物やらがある。
どうやら「くまモン」という熊本のイメージキャラクター、いわゆる「ゆるキャラ」らしい。

たしかに緩い。バカそうな顔してる。

NCM_0312.jpg

しかしここでスケガワ自転車のリアタイヤがパンクトラブル…時間がかかりそうということで、ぼくは先に出発することになりました・・・すまぬ。



やはり一人だと、それなりのスピードしかでません。

一人で飛び出してしまったものの、一抹の寂しさがあります。
やっぱり一人で出なきゃよかった。スケガワくん、大丈夫かな。

なかなか進まず体力だけが奪われていくのでコンビニで補給!



補給してもあまり力は出ず、それでも走り続けます。
急に一人になるのはちょっと辛かった。



天草松島の絶景、天草5橋と呼ばれる美しい橋の風景が続きます。
感動する景色。大変なおもいしてこのルートを来て良かったと心から思った。

後ろから同じルートを走ってくるであろうスケガワくんもこの風景見て感動するんカナ(^-^)



美しいデザインの橋が続きます。
少し肌寒い空模様ですが、雨は降りそうにありません。なんとか持ってくれそうです。



途中・・・後ろから声が!!!

「おっ!!」

スケガワ君が脅威の追い上げで追いつき、また二人で走り始めることに。
いや~~追い付かれてしまいましたなぁ~~(*^。^*)なんか嬉しい再会でした。
パンク修理はだいぶ時間がかかったみたいですが、無事に治ったみたい。



スケガワ君は13:30三角駅発の電車に乗らないと部活の集合(別府)に間に合わないということで、焦って事故らないように気をつけながらも急ぎました。

DSCF7472.jpg

三角駅にて。無事、輪行作業を終え・・・ついにお別れです。



かたい握手をかわし去っていきました。まさに一期一会です。



宇土半島に渡り天草パールラインをひたはしります。

途中、コンビニで昼食をとっていると、2人ほど声をかけていただきました!

三角西港。
明治に栄えた港町。



干潟地帯を左手に進んでいきます。



こんな感じの干潟のなかの道、焼酎か何かのCMで見たことあるような感じ。
ここじゃないかもしれませんが、そんなイメージ。

NCM_0341.jpg

セルフポートレイト。

そろそろ宿を定めなくてはいけない時間になってきました。
旅人に教えいただいた染め物屋さんのゲストハウス、中島屋さんに泊まるため、熊本市内を目指すことにしました!

途中、3号線を北上していると、

熊本在住サイクリストのTwitterフォロワーさん、りゅうのすけのぱぱさんに偶然遭遇!
これから勤務に向かう途中にも関わらず少しの間、お話させていただきました!

Twitterやフォト蔵などで、人の輪がどんどん広がっていくことを日々感じていて、ぼくの財産になっています!



18:00 熊本市内、中島屋さんに到着!
内装は純和風の落ち着いた雰囲気で高級旅館といった感じです。
設備も充実しており、2000円で泊めていただけるのはありがたい。
オーナーがとても親切な方で、設備や部屋、熊本市内の観光スポットなど詳しく教えてくれました!



外観もオシャレ。



雛人形の飾りが旅人を迎えます。

NCM_0345.jpg

あと金魚達も。

NCM_0346.jpg

街中で夕食を食べたあと、宿にもどり、沖縄からの卒業旅行グループとゆったり過ごしました。

明日は熊本市内見物のオフ日です!


大きな地図で見る

熊本市内をのんびりグルメ&観光旅 「回顧録」 日本縦断9日目

日本縦断回顧録・・・なるべく去年の日程と同期して連載していきます(^^♪

今回は熊本市内探訪。
当時、Twitterやブログ、フォト蔵で僕の旅を楽しんでくださった方々も、なつかしんで見ていただけると嬉しいです。公開していなかった写真も増やし、当時の日記を大幅に加筆していこうと思います。

どうぞ、のんびりしていってください。



2012.2.22

熊本市、熊本城の程近く、染物と宿の中島屋さんに連泊し、一日休養です。
昨晩、いっしょだった沖縄の一行を見送り、ぼくも支度をします。

ん??ん??

1228439.jpg

鞄から声が・・・??
なんだ??

12.jpg

おそるおそる・・・
はて・・・・

122844141.jpg

モーーーンヽ(●^。^●)ノ

122844473.jpg

くまモンが仲間になりました!これからの道中、一緒に旅をすることに。

天草の売店で一目ぼれして購入。レジ横に吊るしてありました。
オーソドックスなくまモンは、目が点ですが、こいつはめちゃめちゃニコニコしてます。旅のお供としてこんなニコニコのやつ連れてくのは楽しくていいんじゃないかってのが理由です。

インターネットで旅の報告をするときも、僕の汚い顔よりも、こいつが登場した方が和むでしょ。

そんなかんじです(笑)




熊本市内をブラブラ・・・

7:00 別にこんなに早く起きる必要はなかったのですが、この一週間でキャンプが多いとどうしても早寝早起きの習慣がついてしまいます・・・

あいにくの雨模様ですが(休曜日としてはOK)

DSCF7480.jpg

熊本の町をぶらぶら散策していきます。あてもなく時間も気にせず気ままに散策・・・贅沢です。
といことで、今日は歩きです。トホダーになります。

DSCF7481.jpg

宿の周辺は新町・古町地区といい、戦火をまぬがれ江戸の風情を残しています。

DSCF7486_20130216010344.jpg

明八橋。

DSCF7489.jpg

あてもな~~くブラブラ~~

DSCF7495.jpg

雄大な白川。

DSCF7496.jpg

熊本市内にも路面電車が走っています!
静岡も昭和の中ごろまでは路面電車が走っていたそうですが、今ではありません。

DSCF7504.jpg

路面電車特有の走行音、風景、便利・・・路面電車がある町、ぼくは大好きです。

DSCF7502.jpg

郵便局前のたぬきモンは服をたくさん着せてもらってます笑

DSCF7500.jpg

なぜ狸??とおもってたらなるほど!!!

「船場山」で思い出しました!!
あんたがたどこさ 肥後さ 肥後どこさ 熊本さ 熊本どこさ 船場さ 船場山には狸がおってさ…
これかぁ(●^o^●)

金の玉をなでておきましょう。


一路、熊本城へと向かいます。ときおり雨がやみ、降ってもそんなに強くはありません。
4年ぶりの熊本城です。

DSCF7517_20130216011605.jpg

さっそく、熊本城本丸へと向かいます。入場料は500円です。



動画、撮ってみました。。

フォロワーさんに教わった「宇土やぐら」がお目当てです。
西南戦争で戦火から逃れ、建立当時の姿を残しているそうです。

正直、ぼくには天守閣よりもこちらの方が魅力的でした!

DSCF7527.jpg

見よ!!これが「宇土やぐら」だ!!!

DSCF7531_20130216011808.jpg

一通り熊本城を観光した後、
熊本交通センター、そして県民百貨店へ。

1329883939909.jpg

甘党は食わなくてはいけない誉れの陣太鼓!!
誉れの陣太鼓に付いての記事はこちら。

昼ごはんは、昭和8年創業の中華料理屋、会楽園さんで太平燕(タイピーエン)をいただきます!
taipi-enn.jpg

春雨のスープに五目炒めとアヒルの揚げ玉子が乗っている、熊本の郷土料理である。
あっさりしたとんこつスープで、とてもうまいです。熊本にきたら必ず食べねばなりません。

午後の大半はゆっくりして過ごします。

では、今から銭湯マニアに評判と言う「くすり湯」さんに行って来ます!



狭い路地裏にくすり湯はあります…



中は意外と広く、番台にはかなりのおばあちゃんが座っております。ロッカーはなく、籠を使うようです。硫黄の入った入浴剤を使用しており、銭湯なのに温泉のように硫黄臭が立ち込めています。

この空間だけ、時代を取り残された、そんな雰囲気が漂っています。


ゲストハウスではせっかくキッチンが使えるので、夕飯は自炊にしましょう。



熊本ラーメン2人前!ビッグサイズです!

崎津でおばあちゃんから買ったアジの桜干しも焼きます!



最高でした!

・・・そういや、まだ、明日からのルート決めてないや・・・。




大きな地図で見る

簡単に旅先のパノラマ写真を作成!Microsoft ICEを使ってみる

写真を撮りながら旅をしていて、こんな風に広大な光景に出くわすことは多い…。

DSCF3587_20130222221102.jpg

もっと広角のカメラで撮れたらなぁ~とかパノラマ写真を撮りたいなぁ~と思っても僕のカメラは古いコンパクトデジタルカメラ…。広大な風景を前に、いまいち迫力のある写真が撮れなかったりしてガッカリすることもしばしば。そこで考えたのが、こんな風に何枚かの連続写真を撮ってパノラマ化してみたらどうか??
無題
露出とかの設定を一定にして撮ってみる…。

北上川 写真組み合わせのみ

組み合わせてみて、なかなかいい感じに出来たものの繋ぎ目が気になる…。つなぎ目をボカしてみてもうまくいかないし何といっても手間がかかる。


そこでMicrosoft Image Composit Editorといフリーソフトがいいらしいという噂を聞いたので今回使ってみることにします。マイクロソフト社の開発した画像合成(パノラマ作成)ソフトウェアらしいっす(゜_゜)

Microsoft ICE

インストールして起動してみるとこんな画面。「写真をドロップしろ」とのメッセージ通りに先ほどの5枚の写真をドロップしてみます…。

Microsoft ICE

すると数十秒後に…完成!?

おお!!!継ぎ目が完全に無くなってる!!色合いも統一してくれるみたいだ!

Microsoft ICE

しかも「Automatic Crop」を押すと勝手にトリミングしてくれる…(@_@;)あとは保存するのみ。

クマ北上
完成。(クマは関係なし)

超簡単に完成してしまいました!連続写真をとってドロップするだけで出来ちゃいました。感動です。いままでPhotoshopなどの画像処理ソフトで合成して修正していたのが馬鹿らしくなるくらいです。今回は横一列のパノラマ写真を撮ってみましたが、勿論上下方向の写真の合成も可能。頑張れば360°写真も作れそう。応用はいろいろききそうです。

このソフトフェアの登場により、デジタルカメラ本体の「画素数」をどんどん多くしていくことはほぼ無意味になったと感じています。画素数の少ないカメラでも多数の写真を組み合わせることにより、かなり詳細な写真が作成可能となったからです。そもそも普通の用途であればそんなに高画素数はいらないんですけどね。

旅写真の幅が広がって、写真を撮るのが更に楽しくなりそうですね!!

Microsoft Research社 Image Composite Editor (ICE)のダウンロードページ
http://research.microsoft.com/en-us/um/redmond/groups/ivm/ice/





いくつか試作してみました。

富士山2
沼津市井田からの富士山

富士山
大瀬崎付近の港からの富士山

北リアス
三陸鉄道北リアス線堀内駅近くの橋梁からの風景

尾道1
尾道水道全景

尾道町並み
尾道商店街方面の町並み

函館
函館山からの昼景

四稜郭
函館四稜郭

室蘭YH
室蘭YHからの景色

南アルプス
南アルプスの峰々

サイクリストの聖地、阿蘇絶景ラピュタの道 「回顧録」 日本縦断10日目

日本縦断回顧録・・・なるべく去年の日程と同期して連載していきます(^^♪

今回は熊本の阿蘇をぶらぶら。
当時、Twitterやブログ、フォト蔵で僕の旅を楽しんでくださった方々も、なつかしんで見ていただけると嬉しいです。公開していなかった写真も増やし、当時の日記を大幅に加筆していこうと思います。

どうぞ、のんびりしていってください。
九州地図8



2012 2 23

熊本市内、中島屋

今日の天気予報では午前中は雨、午後から晴れとなっています。
天気の様子を見ながら出発しましょう。

昨日一日中考えていたことがありました。「長崎へ渡るか、阿蘇へ行くか、そのまま北上するか…」長崎へ行く目的は一つ、「九十九島の絶景を見ること」でした。今回、日本縦断をすることに決めた一つのきっかけが火野正平さんの旅番組「にっぽん縦断こころ旅」で九十九島の回をみて、日本もまだまだ走ってないとこ沢山あるじゃん。と思ったことでもあったので。ただし長崎へとわたり島原を走るルートは4年前と変わらないルートになってしまいます。
阿蘇へ行きたい理由も一つ。「ラピュタの道」を見に行きたいから。熊本在住の女性サイクリストがネットにアップしていた写真を見たのがきっかけでした。ライダーやサイクリストに愛される絶景ロード。これは一度走っておかねばならぬとずっと憧れていました。ただし阿蘇へ向かうとかなり遠回りになることは覚悟しなければなりません。

結局、当日の朝に決めました。目的地は阿蘇!!九州北上をいったん止め、西へ進む!!遠回りにはなりますが見どころの多そうな道を選ぶことにしました。せっかくここまで来ましたからね。

朝食!



10:00  雨が上がったのを確認し、出発。



大津街道を進みます!

DSCF7535_20130216101407.jpg

車通りはかなり多いですが、基本的に自転車の通るスペースが確保されているのでストレスなく進むことが出来ました。軽いアップダウンがありますが、ずっとうっすら登っている感じです。

DSCF7536_20130216101407.jpg

57号線に合流し、ゆったりと登っていきます。途中、立野ではJRがスイッチバックする場所発見!



阿蘇大橋を越えたあたりで日本百名瀑の看板発見!さっそく寄ってみましょう。

数鹿流ヶ滝というそうです!





雨の次の日だからか、水量がものすごく…大迫力でした。しばらくいましたが、誰一人来なかった(笑)

DSCF7539.jpg

赤牛の銅像で休憩。

峠を越え、いよいよ阿蘇に入って来ます!入った途端に晴れてくれました(^^)v



いやっほーーーい!!

DSCF7545_20130216101750.jpg

外輪山を望み、コスモスロードと呼ばれる田んぼ中の直線道を進みます!

DSCF7543_20130216101749.jpg

素晴らしい田園風景の中をぼーっとペダルを漕いでいきます。北海道のような爽快な道です!

DSCF7541.jpg

阿蘇の外輪山…。ここにしかない風景。



晴れてるうちにラピュタ登りたいな、大観峰も行きたいなぁ~なんて考えながらペダルを回します。

DSCF7548_20130216102007.jpg

ちょいと道に迷いましたが・・・

今回のメインポイント、

「ラピュタの道」

へと向かいます!バイク、自転車乗りには有名な外輪山へのかなり急な坂道で、まるで天空に立っているかのような絶景が待っているそうです!



初めは林道を進みます…しばらく行くと…

全面通行止め

の文字とともに道がなくなっています(@_@)
ユンボが数台あり、ふたりの作業員さんが作業中でした。

仕方が無いので事情を伝えましょう・・・。

「ぼく、静岡から自転車出来てまして…といっても静岡から走ってるわけではなくですね…鹿児島から走ってきて10日目でして、この道は有名な道でどうしても走って一番上まで行きたいのでしてなんちゃらかんちゃら…」

作業員さんたちにしてみれば「普通の農道」なのでかなり不思議がられましたし、静岡人なのに鹿児島から走ってるなど意味不明だったと思います。
事情を伝えると、なんとか気持ちは伝わったみたいで、快く通してもらえることになります…が

かなりのぬかるみです( ・_・;

タイヤが埋まり、ひとりでは進めず、作業員さんも手伝ってくれ、なんとか脱出…。゚(゚´Д`゚)゚。



足は完全に埋まってしまいこの状態。ズボズボ行きましたからね。
行かねばならなかったのですよ!わたしは!!ラピュタに!!

NCM_0376.jpg

ドロドロ…坂もきつくなり、心が折れそうに…



ギアを一番軽くして、何度も休憩いれながらちょっとずつ、進みます、

通行止めのハズなのに前からはちょくちょく車が来ます。しかも引き返してくる車は一台もない。
どこへ向かったのか若干の不思議は感じつつ…。

あの泥道は進めないしな。分かれ道もなかったように思うが。



上がり初めて1時間半…

…そして、ついに、



息を飲む絶景…



ここが有名なラピュタの道の場所ですねヽ(^o^)丿感動的な光景です。



くまモンもにこり。





制覇!!
念願の地に立ちました!

DSCF7559_20130216102242.jpg

外輪山の上を走るミルクロードに出ました。



今日はこの草原で、野宿しましょう!

NCM_0400.jpg

牛のこえを聞きながらの夜です。

しかしこの後、日が暮れた途端に強風が吹き始めます…。
テントはきしみ、飛ばされる寸前…。外輪山の端なのですぐ横は崖…。落っこちたらひとたまりもありません。

まず、自転車をテントにくくりつけました!(おもりです)

荷物をテントの4隅に置いて…。それでもテントがどんどんきしむので寝れたもんじゃありません。
他の場所に移動しようにも、ずっと同じ風景が続きます…しかもすっかり日が暮れて、街灯もなく真っ暗…。

テントが飛ばないように両手で押さえながら一晩を過ごしました。

結局朝まで風は止まず…。

とんだ場所にテントを張ってしまいました。


より大きな地図で day10 を表示

大分県古い町並み、日田の豆田町を訪れる 「回顧録」 日本縦断11日目

日本縦断回顧録・・・なるべく去年の日程と同期して連載していきます(^^♪

去年の今日の旅。

今回は熊本から大分へと入ります。日田、豆田町の美しい町並み。
当時、Twitterやブログ、フォト蔵で僕の旅を楽しんでくださった方々も、なつかしんで見ていただけると嬉しいです。公開していなかった写真も増やし、当時の日記を大幅に加筆していこうと思います。

どうぞ、のんびりしていってください。
九州地図9


2012 2 24

強風であまり寝られなかった阿蘇外輪山。
さすが900mも標高があると、寒いですな。

テントが飛ばないようにしつつ、撤収!

DSCF7560.jpg

朝陽がきれい。

DSCF7565_20130216224933.jpg

DSCF7563.jpg


外輪山の尾根沿いに牧歌的風景を進みます。
大観峰に着くも、朝靄でなにもみえず即退散し、先に進みましょう!



小国まで一気に下ります!
朝方で交通量も少なく、快調に飛ばします!



杖立温泉にて、フォロワーさんのcancanさんに教えていただいた無料の足湯に入ります!

杖立温泉は個室の家族風呂スタイルが多い温泉地ですね。有名な温泉地らしいです。



GO!!

NCM_0417.jpg

杖立温泉の温泉郷を抜けると松原ダムが現れます。
山あいの堰き止め湖でしょう。

DSCF7566.jpg

山間のいい感じのみずうみ。静かです。

DSCF7568.jpg

湖の青さと山の緑に癒されます…。交通量もそんなに多くはなく、快適に走行を続けます。

DSCF7569.jpg

松原ダムからしばらく下るとだいぶ町になってきました。

田んぼには・・・

DSCF7571_20130216225823.jpg

ヤギ!!(●^o^●)
美味しそうに草を食べてますねぇ~~♪

DSCF7572.jpg

いい天気で気持ちも晴れ晴れします。気持ちのよいサイクリングですね!
お昼は途中の道の駅でおそばを。携帯の充電が切れてしまったので、お店のおばちゃんに断って充電をさせていただきました。完璧な充電は出来なかったものの助かります。



そして、13時、大分県日田市内に入ります!日田には豆田町という古い町並みを残している場所があるとの情報。

さっそく豆田の町並みを見に寄り道です!
本線より少しだけずれますが、大した距離じゃありません。行くべし!!

DSCF7573.jpg

江戸時代の陣屋町らしいです。

DSCF7577.jpg



電柱や電線が埋められてると、町はより美しく見えますね。
伝統的な景観を観光の目玉とするときには大切なことです。



可愛らしいお土産物屋やカフェ、食堂が沢山軒を連ねています。



ちょうど、ひな祭り期間で、各店、各家で伝統の雛人形が公開されています!





DSCF7580.jpg

豪華で鮮やかなお雛様から庶民のお雛様まで、圧巻でした。

目立つ酒蔵があったので見学も!!

DSCF7582.jpg

蔵の一部でコンサートも行われてるみたいで、音楽がどこからともなく流れてきます。
いい雰囲気です。

DSCF7583.jpg

DSCF7587.jpg

こんな飾りも。


その後、日田を離れ筑後川ぞいに鳥栖へと向かい、



じゃらんで、見つけた今日の宿、亀の井ホテル佐賀鳥栖へ。
なんかのキャンペーン中でかなり安く泊まれました。周りにコンビニもスーパーも何もなくてビックリしましたが(笑)夕飯はホテルの食堂で、安いバイキングをたらふく。これでもかと食いまくりました。

今日は熊本から大分、福岡、佐賀と4県も走り抜けました(´▽`)

いよいよ九州も終盤。



より大きな地図で day11 を表示

河津桜を静岡市で。美和桜並木をいく。

空は雲ひとつない快晴なのに、強い北風が終始吹き続けポタリング日和は見せかけだった。部屋の中からみる外はあんなに気持ちよさそうだったのに。

DSCF9777.jpg

ちょっと気分転換に10㎞程のポタリングへ。

DSCF9852.jpg

まずは麻機の遊水地へ。

遊水地

巴川の上流にあたる場所にある湿地帯です。洪水が起こりそうになった時に水量を調節する役割も持っている池だそう。カモ、サギ、ケリ、カイツブリ、バン、カワセミなどの野鳥もよく観察でき、バードウォッチャーや写真愛好家などが多く訪れます。

茶畑

桜峠という小さな峠を越え、鯨ヶ池へ。釣り堀みたいになってて釣り人が沢山います。「鯨ヶ池」と言うその名前、奈良時代にいきなり鯨の潮のように水が噴き出して池が出来たとかいう伝説があるとか。

安倍川の橋

新東名と一般道が二重になっている橋を通り、安倍川の向こう岸へと渡ります。上側の橋は新東名です。短い距離ながらも歩道が整備されてて走りやすいです。

NCM_0925.jpg

風で顔が冷たい…。

DSCF9823.jpg

安倍川堤防をサイクリングしていると…

DSCF9850.jpg

お!ちょっと咲いてる。

DSCF9826.jpg

まだつぼみの木が多いですが、

DSCF9829.jpg

木によっては、

DSCF9827.jpg

結構咲いてる!!

地元の人に「美和桜」と呼ばれているこの桜並木。「美和」とはこの地域の名前。早咲きで有名な伊豆の「河津桜」が100本ほど移植してあるようです。もう少しで見ごろを迎えそうです。

DSCF9855.jpg

静岡の春はもうすぐそこか。

太宰府天満宮そして博多絶品もつ鍋!もつ幸! 「回顧録」 日本縦断12日目

日本縦断回顧録・・・なるべく去年の日程と同期して連載していきます(^^♪

今回は福岡編!
当時、Twitterやブログ、フォト蔵で僕の旅を楽しんでくださった方々も、なつかしんで見ていただけると嬉しいです。公開していなかった写真も増やし、当時の日記を大幅に加筆していこうと思います。

どうぞ、のんびりしていってください。
九州地図10



2012 2 25

鳥栖、亀の井ホテル。

朝飯バイキングで食いまくる!食べすぎて少し動けない状態に…σ(^_^;

出発してすぐ、福岡から久留米を往復中のランナーさんに遭います!

423773.jpg

写真を撮っていただきましたいただきました↑

往復80kmです(@_@ひょええ~~



三号線を北上!交通量の凄く多い道路が大都会博多がもう近いことを知らせてくれます。



途中から、高架になっており、沿道や迂回ルートを走ることを余儀なくされます。



そして、本日の目的地、太宰府天満宮にきました!
土曜日ということもあり、参道は人でいっぱいです…



NCM_0442.jpg

人混みはこの装備が必要。



お参りのあとは、もちろんこれです!

梅ヶ枝餅!!



なんとラッキーなことに毎月25日は天神様の日で、よもぎ味の梅ヶ枝餅が出現します。
このよもぎ味、最高です。


今日は、Twitterでいつもお世話になっている将基さん宅に泊めていただけることになり、一泊お願いさせてもらいます。


道中で合流し、さっそくお家へ!

将基さんは札幌で
ゲストハウス縁家
をやられており、旅人に有名な宿です。



夕飯をたべに、将基さんと博多の街へと繰り出します!

NCM_0447.jpg

バスと地下鉄&タクシーで移動!!
自転車じゃなかったので方向感覚や正確な位置は全く分かりませんでしたが、とにかく都会でした。福岡。



モツ鍋のもつ幸さんで、モツ鍋をいただきます。

酢醤油に付けて食べる珍しいタイプのもつ鍋で、かなりの人気店です。

一口食べて…
こんなにもうまい食い物あるんすか!?
絶品でした。゚(゚´Д`゚)゚。

tyannponn.jpg

シメのちゃんぽん!!ゴマがこれでもかと入ります!!



ピンボケ(笑) 酔っ払ってましたσ(^_^;
旅の話、Peace Runの話、水曜どうでしょうの話…話は尽きず、楽しい夜はあっという間にすぎていきました…

NCM_0449.jpg

翌朝、将基さん撮影↓
39594.jpg

将基さん!!お世話になりやした!!!

九州も終盤、福岡から海岸沿いを門司へ 「回顧録」 日本縦断13日目

日本縦断回顧録・・・なるべく去年の日程と同期して連載していきます(^^♪

今回は福岡から門司へ。
当時、Twitterやブログ、フォト蔵で僕の旅を楽しんでくださった方々も、なつかしんで見ていただけると嬉しいです。公開していなかった写真も増やし、当時の日記を大幅に加筆していこうと思います。

どうぞ、のんびりしていってください。
九州地図11


2012 2 26

福岡、将基さん宅。
最高によく眠れ、すがすがしい朝です!
朝食にしっぽくうどんをごちそうになります。寒いこの時期は最高の朝食です!!
ごちそうさまでした!

7:00 将基さんは熊本マラソンに出られるということで、僕は門司に向けて、将基さんは熊本に向け出発です!

402146.jpg

お世話になりやした!!

NCM_0456.jpg

こんなに補給食も頂きました!!これが非常に助かりました。



途中、福岡空港で飛行機の離着陸をぼーーーーーっと眺めてたら結構時間を食っちゃいました・・・

市内はなかなか道がわかりづらく、いつもどおり迷子になります。
おかげで海ノ中道への分岐がわからず、行けないという事態・・・



電器屋やホームセンターによっている間に意外と時間が過ぎ、今日中に門司にたどり着けるのか不安がよぎります。が、こればかりは心配してもどうにもならないので、とにかく走ってみましょう。なんとかなるさ、ケセラセラ~

NCM_0454.jpg

電機屋さんでカメラを固定するぐにょぐにょ三脚、ゴリラポッドを購入!!
将基さんのオススメです。自分撮りや走行中の撮影に便利そう。

ルートは、フォロワーさんのえすもとさんに教わったルート通り3号線ではなく495号線を進むことにします!



田園風景が広がります。

DSCF7591.jpg

古賀市、宗像市を通り、宗像の道の駅からさつき松原に入ります。



ひいばあちゃんの家の遭った付近に雰囲気が似ています。静岡の相良あたり。ちょっと懐かしい気持ちになっていました。ぼくの中のイメージですが。



日曜日ということもあり、多くの自転車乗りがサイクリングを楽しんでいます。

NCM_0455.jpg

14:30 自分の走っている写真を撮ろうと、松原の道端でガサゴソやっていると、後ろから来たサイクリストに声をかけられます。
どうも、なにかトラブッてると思ったのかもしれません・・・w
くまモンと一緒に走る写真を撮っとったんですよ~



サイクリストは山田さんというベテランローディで、地元の方です。
進む方向も一緒ということで、一緒に走ることになります。



途中からサイクリングロードに入ります。玄界灘を左手に絶景が続くすばらしいサイクリングロードです。路面状態も良好。


わかりにくい道もあり、山田さんの案内なしではまた迷っていた可能性が高いです。
過積載ランドナーとロードバイクではスピードがまったく違い、ぼくは山田さんに必死について行きます!
山田さん速いっす


自転車話や旅話で盛り上がります。

軽快に飛ばしていただいたおかげで、門司に着けそうです!



山田さんの友人がやってらっしゃる自転車屋さんがあるということで寄ります!!



サイクルショップ
T-Planet(←クリック)
〒808-0145 北九州市若松区高須南 1丁目13-20
TEL/FAX (093)742-7088

店長さんもとても気のいい方で、一目ですばらしいショップだとわかります。こういうお店で自転車は買いたいものです!

門司までのルートや自転車のアドバイスを頂き、山田さんと店長さんとはお別れです!



若戸大橋を目指して進みます

若戸大橋は車専用なので、渡し舟で渡ります!





船内で釣り帰りの中学生3人とお話です。
真鯛をばらしたのが悔しかったみたい。笑顔が印象的な3人でした。
3分ほどの航海は終わり、199号で門司を目指します。



小倉に着く前に日没を向かえナイトランです。車が怖いです。
はやりナイトランはなるべく避けたいものですね。。

門司が近づいてくる間、九州での出来事、逢った人のことを考えていました。
素晴らしく濃厚な時間が過ぎた九州。
このままこの時間がずっと続けばいいと何度思ったか。
九州ももうお別れが近づいてきました。

19:20 門司でネットカフェを見つけ、ナイトパックが始まる9時までの間、近くのスーパー銭湯でのんびりします。

ネットカフェ10時間パック1500円ならOKでしょう。

九州脱出!!下関へと潜入。 「回顧録」 日本縦断14日目

日本縦断回顧録・・・なるべく去年の日程と同期して連載していきます(^^♪

今回は本州入り!!
当時、Twitterやブログ、フォト蔵で僕の旅を楽しんでくださった方々も、なつかしんで見ていただけると嬉しいです。公開していなかった写真も増やし、当時の日記を大幅に加筆していこうと思います。

どうぞ、のんびりしていってください。


2012 2 27

門司のネットカフェを抜け出し、朝マックにしましょう。

もうすでに港町の雰囲気で、赤煉瓦の倉庫などもいくつかあります!
これは、サッポロビール醸造棟( フォト蔵友のapekai82さん情報)



DSCF7597.jpg

かっこつけ写真(笑)

少し走って
門司港に着きます!



いきなり木造のレトロな駅舎です!



あまりに時間が早すぎていろんな店が開いていません。

天候は変わりやすく雨が降ったりやんだり…雨が降ってう間は屋根のある所で雨宿りをしながらいろんな店が開くのを待つこととします。

晴れ間を見てはブラブラしたり、くまモンで(と)遊んだり



変なバナナの人も…。

NCM_0481.jpg


そして、ぼくのこのツイートから色んなことが起こるきっかけになります。


このツイートから大阪のサイクリスト、アンギラスさんが、「カレーのことならこの人に」ということで北九州のサイクリスト、カレーパンマンさんを紹介してくれたのです。


自ら本格派と名乗るあたり、ちょっと怪しい人か…?


とりあえずカレーパンマンさんのグルメ情報を頼りに門司中をまわります。まずは梅月さんというお店のソフトクリーム…みずほ銀行を目印に…あ、ありました!!

が、開店が11:45から。あと2時間近くあります(;一_一)



仕方が無いので次のお店へ!こちらはカワシマのロールケーキ。きめの細かい生地でかなりのふわふわ感です!中にはクリームじゃなくバターが挟んであり、甘過ぎずうまいです!



甘いものを食べた後はもちろん、焼カレーも!駅前のカリイ本舗さんでシーフード焼きカレーをいただきました!カリイ本舗には開店と同時に入店。本日一番乗りです。

半熟たまごとチーズがたまりませんでした!


今度はメロンパン…ちょっとお腹がいっぱいですが、まあせっかくオススメして頂いたので…行ってみます。

月曜定休…(・。・)



ちょいと門司港に捕まりすぎました(笑)関門海峡をわたるべく、関門人道トンネルへと向かいます。



入り口手前の若松屋のおでんがうまいと。(これまた、カレーパンマンさんの情報)

NCM_0496.jpg

あったあった!!おでん弁当なるものがあるので注文。530円で御飯もついてきます。



あつあつを頂きましょう!!!

1330312979965.jpg

食べ過ぎです(笑)でも、うまいから食べちゃいます!

NCM_0493.jpg



ついに・・・本州へ・・・九州・・・おわり。

エレベーターで地下に降ります。





いよいよ県境、



13:10 本州突入!

下関側もエレベーターで地上へと上がります。大砲がお出迎えです。

DSCF7611.jpg

このまま瀬戸内海側で行くか、日本海側に回るか…。雪の状態にも寄るでしょう…特に日本海側は。
これからのルートを考えていると、



名大サイクリング部長のイシイ君と遭遇!旅のお話をします。
山陰の雪情報などももらい、山陰に行きたい気持ちが増します!



また、九州からドライブにきていたおばあちゃんおっちゃんたちとも、お話し、長府の町並みがいいという情報をいただきます。4人で写真を撮り、あとで送っていただけることに!

早速長府に行きましょう!すぐ近くです。

DSCF7612.jpg

長門国の国府が置かれたことから、「長門府中」と呼ばれるようになったこのあたりにはなかなか古い町並みが残されています。土塀が印象的です。

DSCF7613_20130217003420.jpg

長府藩の城下町だったんですね。



毛利邸の前で地図を確認していると、小学3年生10人くらいに囲まれます(笑)

「バイク?」「自転車だろ?」

興味津々です。質問攻めにあいます(笑)
重さを実感させてあげたり、旅のお話をしたり。。
なんだか授業やってるみたいでした。
この中の誰かは将来の旅人さんか。


下関に戻り今日の宿泊場所を探します。

関門大橋の近くで、自分と同い年の女子大生グループと、小学生グループの時に一緒にいたおっちゃんに話しかけていただきます。
今日だけで、のべ30人近くに声かけていただきました。下関の方の人柄でしょうか。
嬉しいことです!(なかなか先に進めませんが(笑))

地元フォロワーさんにも沢山の野宿ポイントの情報やネットカフェの情報をいただきました!

そうこうしていると、下関のサイクリスト黒木さんから、自身の経営されている飲食店、ビストロベンガにお誘いいただきます。



ビストロベンガにて。
町内会館に泊まれるように手配を試みてくださったケニーさんも待っていてくださいました!
ケニーさん宅に泊めていただけることになり、一宿お願いします。

ネットカフェ情報など提供してもらったゆぅみぃさんも合流し、色々お話させていただいた。

Twitterという道具を介して、人と人との繋がりがどんどん展開し、改めて人の繋がりの面白さを再発見した1日でした。

[ビストロベンガ]
751-0806 下関市一の宮町3-1-1
083-257-0213

最高に自転車が好きなオーナーが作る最高にうまいもんが食べられます!

訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 582 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
01 ≪│2013/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。