「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~

自転車日本縦断ランドナー!鹿児島~函館編!毎日日記

■日本縦断 鹿児島ー青森 3000㎞の旅
2012.2.14~3.30

○九州ステージ (2012.2.14-27)
 day1 日本縦断スタート地点、鹿児島へ移動
 day2 知覧特攻平和会館へ
 day3 番所鼻公園、釜蓋神社、坊津、吹上浜海浜公園
 day4 吹上浜から薩摩川内へ
 day5 川内新田神社のご利益とよつばのクローバー
 day6 行人岳でツルの北帰行を見に行くの巻
 day7 長島天草サイクリング
 day8 上天草を駆け抜けいよいよ熊本市へ
 day9 熊本市内をのんびりグルメ&観光旅
 day10 サイクリストの聖地、阿蘇絶景ラピュタの道
 day11 大分県、日田の豆田町を訪れる
 day12 太宰府天満宮そして博多絶品もつ鍋!もつ幸!
 day13 九州も終盤、福岡から海岸沿いを門司へ
 day14 九州脱出!!下関へと潜入

○中国・四国ステージ (2.28-3.7)
 day15 下関・角島大橋絶景紀行
 day16 萩でおはぎな一日
 day17 萩往還、黄色い天使
 day18 黄色いサプライズ!防府~柳井
 day19 今治からしまなみサイクリング海道を行く
 day20 雨のしまなみ尾道紀行
 day21 雨の尾道散策 アロ恵の散歩道
 day22 福山城、カブトガニ、倉敷美観地区
 day23 岡山後楽園、日生のカキオコそして赤穂へ

○関西→静岡ステージ (3.8-3.15)
 day24 突撃!大阪アンギラス邸
 day25 ずぶ濡れ大阪から京都へイナイチの旧道
 day26 京都で一日テキトーに過ごす
 day27 大阪串カツ京都ホルモン
 day28 鈴鹿峠を越えて一路、三重県津市へ
 day29 津から静岡を目指す 伊勢神宮参り
 day30 前半戦終了。とりあえず静岡に到着
 day31 静岡での短い滞在

○関東ステージ (3.16-20)
 day32 再出発! 箱根峠チャレンジ
 day33 雨の湘南、雨の箱根下り
 day34 いよいよ東海道の起点、TOKYO日本橋へ到達
 day35 関東平野爆進!一日4都県を走り抜く?
 day36 栃木縦断!美味い餃子はどこで食べれるの?

○東北ステージ(3.21-30)
 day37 白河、郡山、そして福島 あれから1年
 day38 福島から宮城県仙台へ
 day40 日本三景松島&宿や萩を出発、古川へ
 day41 カラフルひまわりの末路
 day42 Snow Country
 day43 雨ニモマケズ、雪ニモマケズ
 day44 盛岡満喫??
 day45 岩手山と雪景色と牛乳
 day46 終着点、青森

577.jpg



○函館余暇ステージ(番外編)
(day47) はるばる来たぜ函館 青森から函館へ移動日
(day48) 函館一日目
(day49) 函館二日目
(day50) 函館三日目
(day51) 函館四日目
(day52) 帰り道…

■旅の前の徒然

・自転車旅行装備! こんなんでどうでしょう?
・切符購入
・出発まであと3日!

posted by (C)むらまさ
スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

春桜の大井川鐵道 車両紹介&沿線雑景

DSCF0161.jpg
元 京阪電気鉄道 3000系

DSCF0175.jpg
元 南海電気鉄道 21000系

DSCF0073.jpg
元 近畿日本鉄道 16000系

DSCF0076.jpg
ちなみに中はこんな感じ。

DSCF0127.jpg
沿線にも魅力たっぷりです。

DSCF0129.jpg
無人の駅舎、下泉駅。

DSCF0165.jpg
家山、桜のトンネル

DSCF0151_20130424161342.jpg
おすすめの駅舎は家山駅

DSCF0147.jpg


飛行機や新幹線じゃ味わえない純粋な旅がここには残っている………

ゆったりとした時の流れ……色彩、匂い、音、全てが新鮮なのに懐かしさに溢れている。

どうぞ、淹れたての川根茶です。ゆっくりしてってくださいな。

フラノ・ヴィータ FURANO VITA @恵比寿

北海道…富良野

DSCF1036.jpg

DSCF1038.jpg

DSCF1079.jpg

ぼくの懐かしい思い出の詰まった場所でもある…。

その富良野の食材をふんだんに使ったレストラン、その名も「フラノ・ヴィータ」が東京の恵比寿に先日オープンしたとのこと!

ちょうど僕が東京に滞在している時にサイクリストのお友達のどらちゃんさんからお誘いを受け、お食事に行ってきました。店先に富良野産のジャガイモや玉ねぎがディスプレイされています。お店の雰囲気もかなり落ち着いた良い雰囲気です。お店の一番奥に、隠れ家的な狭いスペースがあり、なんか面白そうだったのでそこの席にしました。

IMG_20130412_184017.jpg

琥珀エビスで乾杯!

ふらのワインも飲めます(゜-゜)意外かもしれませんが富良野のブドウジュースが絶品です(笑)

NCM_1076.jpg

メニューも豊富で、富良野産の食材にこだわっているお店です。写真は富良野牧場のハムステーキ…お肉の味が凝縮しています。絶品です。他にも牧場のチーズ、オムライス、生ハムなどとにかく全部富良野産!!かかっているケチャップまで富良野産というこだわり!富良野への愛情が感じられます。

東京の大都会の中で、北海道の大地を吹き抜ける風を感じられるお店でした。



フラノヴィータ (FURANO VITA)
03-3760-4244
東京都渋谷区恵比寿南2-3-12
12:00~14:00 (LO) 
18:00~22:00 (LO)
ランチ営業、日曜定休

大きな地図で見る

アート&クラフト静岡の手創り市@護国神社

「護国神社でアート&クラフトの手創り市やってて楽しい!」

と、Twitterでサイクリストのかのこさんから情報提供いただき、さっそくGO!!

DSCF0307.jpg


ちょうどマークイズ静岡っちゅう大型ショッピングモールが東静岡にオープンしたばっかりで、それを見物した帰り道に寄ってみました。護国神社はマークイズのちょうど道を挟んだ反対側にあります。

DSCF0291.jpg

靜岡縣護國神社、けっこう敷地が広くて手前に森が広がっているんですよね。その森の中ではよくフリーマーケットや骨董市などが行われるんですが、今回もそんな感じのやつです(゜-゜)でも「手創り市」「アート&クラフト」と言うだけあってオシャレで芸術的な作品群が販売されています。

今までのフリーマーケットとは雰囲気&レベルが全く違います。

DSCF0288.jpg

賑わっています。

DSCF0289.jpg

北は北海道、南は福岡からも出店してるとか!

DSCF0292.jpg

100組以上の出店していて、その一つ一つがかなり個性的。

DSCF0290.jpg

この青い器、気になる。

DSCF0295.jpg


・・・楽しいぞ!!

DSCF0296.jpg

DSCF0298.jpg

DSCF0303.jpg

DSCF0301.jpg

池もあってベンチも整備されててゆっくり出来ます。

京都のO-COFFEEさんのキャラメラードアイスコーヒーは絶品でした。(写真撮るの忘れた…)実店舗は持たず、通販と手作り市で販売してるコーヒーのお店なんだそう。これは取り寄せたい!

o-coffeeさん以外にもコーヒーのお店や軽食、オーガニック食材の軽食、クッキー、ジャムなど食品のブースも充実。こちらもかなり楽しめます。

DSCF0300.jpg

DSCF0305.jpg

DSCF0306.jpg

次回の開催は10月12、13日だそうです!!
絶対行かなくちゃ。


Arts&Craft静岡 手創り市HP→こちら

自転車お守り@熊本、浮島神社

DSCF0321_20130424142600.jpg

熊本の浮島神社さんの自転車御守、宝物です。

新しい靴と古い靴のこと

NCM_1090_20130419212844.jpg

新しい靴が来た。

昨日までの相棒だった茶色の靴はついに大きな穴が開いてしまってお役御免だ。さよならをした。

茶色いアイツは僕と日本縦断もした仲間。ちょっと名残惜しかった。

こいつを選ぶのにもかなりの時間がかかった。なにせこれから長い間、僕と歩みを一緒にしてもらうパートナーだからね。茶色い靴の靴ひもをこいつに通してみた。なかなかいい感じじゃない。

これから頼むよ、新米さん。

くまモンの兄弟を確保!!

熊本のお友達サイクリストのちょびさんから「への字のくまモンが県民百貨店でうろちょろしてるのを発見!!」と朗報が!!兄弟発見です!!すぐに捕獲をお願いしました。そして先日!!

DSCF0311.jpg

大きな大きな段ボールで静岡にやってきました!!しかも沢山のパンフレットと名産品の数々と一緒に(◎o◎)完璧に同じ子でした。背の高さ、表情、何もかも瓜二つ。

ヤツは双子だったんですねぇ~(・。・)

ということで、ファミリーが揃いました。

DSCF0312.jpg

ちょびさん、ありがとうございました(:人;)必ずこの子らを熊本に必ず帰省させますんで。

ヘッダーの画像がランダムに表示されるようになりました

ブログのヘッダー(ページの一番上の画像)を毎回ランダムに違う写真を表示させるようにしてみました。

下は一例です。これら以外にも出てきます(^^ゞ

DSCF6725.jpg

DSCF6745.jpg

DSCF6768.jpg

DSCF3584.jpg

cccd.jpg

一応IEとChrome、Firefoxでは表示をチェックしてありますが、いかがでしょう。
FC2ブログのテンプレート工房さんのページを参考にさせてもらいました。

旅の教科書、星野道夫他



旅の教科書たち

時間を見つけては読み進めてゆこうと思う……読むスピードが遅いから時間はかかるけどね。まずは星野道夫の「長い旅の途上」から。

このところ、ちょっと気分がすぐれないけど、旅のこころだけは持ち続けていよう。



『長い旅の途上』星野道夫
きっと、人はいつも、それぞれの光を捜し求める長い旅の途上なのだ。1996年、カムチャツカで熊に襲われて世を去った著者が残した、最後のメッセージ。過酷な自然に生きる人間や動植物、そして極北の大地に注がれたまなざし。人生の豊かさとは、人間の幸とは、いま改めて我々に問いかける静かな声がここにある。

出版社: 文藝春秋(文春文庫)
ISBN-10: 4167515032
ISBN-13: 978-4167515034

『行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅』石田ゆうすけ
「平穏な人生?それが運命なら自分で変えてやる!」そう決意してこぎだした自転車世界一周の道。だが、砂漠地帯で拳銃を持った強盗が―!身ぐるみはがされた後も疾走し、出会いと別れを繰り返しながら駆け抜けた七年半の旅。笑えて泣ける、大興奮紀行エッセイ。

出版社: 幻冬舎(幻冬舎文庫)
ISBN-10: 4344409590
ISBN-13: 978-4344409590

『世界130カ国自転車旅行』中西大輔
日本を離れて気がつけば11年3カ月、僕は自転車で地球を二周していた。雨の日も風の日も、ぬかるんだ道も砂漠の道も、パンクを300回以上繰り返しながらペダルを漕いだ。そして親切な人々との出会い…植村直己冒険賞受賞のサイクリストによる感動体験記。

出版社: 文藝春秋(文春新書)
ISBN-10: 4166607839
ISBN-13: 978-4166607839

『自転車五大陸走破―喜望峰への13万キロ』井上洋平
カナダのキャンプ地では熊に訪問され、アンデス越えで高山病に倒れ、パキスタン、インドの暑さに苦しみ、ワルシャワで愛車を盗まれ―自転車世界一周の旅は出会いの喜びとともに悪戦苦闘の連続でもあった。しかし、喜望峰に立つという夢は燃え続け、ザイールのジャングル脱出行、マラリアの高熱との闘いに耐えさせた。遂にアフリカ最南端に達したとき、私は亡き友に呼びかけた、〈俺はやったよ〉。六年半、世界を駆け抜けた青春の記録。

出版社: 中央公論社(中公新書)
ISBN-10: 4121012410
ISBN-13: 978-4121012418


「YAZINE」 アウトドア体験共有サイトがオープン!!

「みんなで作る感動体験の野外マガジン」なるサイトが本日、オープンしました!!

その名も…

『YAZINE』

図1

アウトドア体験を広めよう、紹介しよう、共有しようというコンセプトで作られたサイトで、「誰でも」自分のアウトドア体験記を書くことが出来ます!!Yazineとは?詳細はこちら

ジャンルも山・キャンプ・海・空・ロードetcかなり幅広く用意されていて、自分の知らなかったあるいは今まで興味の無かったジャンルの生の体験記を読むことが出来ます。

早速ですが、ぼくも記事を書かせていただきました。


北海道を自転車で旅した兄弟の話
DSCF6743_20130424232703.jpg
↑画像をクリックするとYazine内の記事に飛びます。

≪冒頭抜粋≫
「おい、来週から北海道行くぞ。準備しろ~」
大学の夏休み中、特に何をするわけでもなく家でゴロゴロしていた弟を半ば強引に連れ出したのが2011年の8月末のこと。僕は大学4年、弟は大学の2年だった。僕は長い休みには自転車に乗ってどっか遠くに走りに行くのが恒例となっていて、キャンプ道具を自転車にくくりつけてよく1カ月程度のキャンプツーリングをしていたけど、弟はスポーツ自転車に乗ったこともない…。

有無を言わせずに連れてこられた弟にしてみればたまったもんじゃなかったとは思うが、気が付いたら北海道の小樽で荷物満載のマウンテンバイクに跨っていた…そんな感じであろう。「兄ちゃん、所でどこ目指すの?」そういえば日程も言ってなかったな。「とりあえず最北端の宗谷岬を目指す。ん~その後は…知らん(笑)」かくして僕たちの北海道ツーリングは始まった…≫続きを読む



初めての登山~憧れの赤石岳へ~
aaa.jpg
↑画像をクリックするとYazine内の記事に飛びます。

≪冒頭抜粋≫
静岡の一番高い所に行くんだ…
赤石岳…静岡市の小学校では必ずと言っていいほど教わる南アルプスの山の一つである。なぜかというと市内で最も標高の高い場所のひとつであるから。その標高3,120m!南北に長~い形をした静岡市は南は駿河湾、北は南アルプスというなんとも変化に富む自然を有している。そんなこともあって小さな頃から静岡市で育ったぼくは、小学生の頃に資料集のようなものに載っていた赤石岳の山岳写真に惚れ、赤石岳に強い憧れがあった。≫続きを読む


もし、よろしければ読んでみてください。そして書いてみてください。
(Facebookの「いいね!」を押してもらえると元気が出ます)


『YAZINE みんなのアウトドア体験記』
http://8zine.com/

PEACE RUN2013 環瀬戸内海ランニングの旅

アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦さんが、

「PEACE RUN2013 SPRING 環瀬戸内海ランニングの旅」

に出発されました!!沿道のみなさん、ぜひ応援へ!!



【環瀬戸内海ランニングの旅 Day1:三宮~東加古川】 午前7時ごろ、PEACE RUN事務局長ガネさんが天満満天堂に来られて荷物を運んでいただく。 午前7時半頃、森保さんが到着、天満満天堂から森保さんの運転する車で神戸三宮へ。 ゴールデンウィーク初日ということで道路は渋滞。 高速を使わずに一般国道を使って走るが、神戸市内に入ってからも車の量は減ることがなかった。 予定の時間を30分ほど遅れて三宮駅前...
環瀬戸内海ランニングの旅 Day1:三宮~東加古川


【環瀬戸内海ランニングの旅 Day2:東加古川~播州赤穂】 Day2は午前5時起床。昨夜寝たのは午前2時前だったか…。 静かな町のように見えたが、ホテルのこの部屋からは通りを歩く若者たちの声やバイクの轟音などが結構聞こえてきた。 今日は播州赤穂まで50キロあまり。 午前中に30キロは走っておこう。走った後の飲酒は意識不明の状態に陥る可能性あり。 午前6時過ぎスタート。今日は途中で国道250号線に入る予...
【環瀬戸内海ランニングの旅 Day2:東加古川~播州赤穂】



旅の詳細は・・・
KAY'S BLOGでチェック!!

小室山公園のツツジを見に行こう

ツツジを見に行くよ。

ということでこちらは伊東市の小室山公園。ツツジで有名な場所だそうですが、実は来るのは初めて。大室山は何回も行ったことがあるんですけどね~こちらは来たことがありませんでした(-_-)

DSCF0336_20130428235709.jpg

部分的に満開じゃないところもありますが、もうすでに大方咲いてました!GWということもあり家族連れがたくさん。

DSCF0331_20130428235713.jpg

ツツジのトンネルなんかもあります。僕の知ってるツツジより背が高い。

DSCF0338.jpg

うむうむ…

DSCF0334.jpg

なかなかいいじゃないですか~♪(久々の登場)

DSCF0340.jpg

おっと、これが小室山ですな。大室山と同じくリフトが頂上までかかってます。大室山は木が生えてない山ですが、小室山は木が生えているんですねぇ~。

例のごとく、リフトはお金がかかるので…登山!!

DSCF0341.jpg

大したことない山ですな~

DSCF0343.jpg

すぐに海が見えてきました!!

DSCF0391.jpg

そんでもってすぐに頂上!展望台に登ってみましょうか…

DSCF0389.jpg

う~~ん、なにが見えるかな??

DSCF0382_stitch - コピー

おお!なかなかいい景色。360度のパノラマですなぁ。天気がいいので大島がみえますな。

DSCF0372_stitch.jpg

別荘地帯やゴルフ場、伊東市内も見渡せますねぇ~天気がいいので気持ちいいです。

さて登ってきた方とは反対側に降りていくことにしましょう。

…途中、

DSCF0396.jpg

マンモスがいました。小室山にはまだまだ太古のマンモスが生き延びているんですねぇ。

DSCF0398.jpg

なんと中に入れる恐竜も!!(僕も…入って遊びたい…)

DSCF0400.jpg

ということで、ツツジでいっぱいの小室山でした(´▽`)


小室山公園
静岡県伊東市川奈

アクセス:
・JR伊東駅より小室山リフト行きバス約25分
・伊豆急川奈駅より徒歩約20分


大きな地図で見る

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

「田子のメガネ岩」 西伊豆・夕陽の名所

「小室山公園のツツジを見に行こう」の続き。

さっきまで東伊豆の伊東は小室山にいましたが、夕陽を見るために反対側の西伊豆、田子港に来てみました。今日は天気がいいので綺麗な夕陽が期待できます!

DSCF0439_stitch.jpg

田子港は小さな小さな港町。のどかで本当にのんびりできる場所です。

DSCF0437.jpg

堂ヶ島とか恋人岬とか、西伊豆ならどこでも綺麗な夕陽が見えますが、ここ田子にはちょっと有名な岩があるんです。地元の人には「めがねっちょ」「めがね岩」とか「ゴジラ岩」なんて呼ばれてる岩です。行けばすぐに「アレか」と分かります(笑)

DSCF0438_20130429004546.jpg

「アレか」

ぼくには右手で丸を作っている形に見えました。丸が一個しかないのになんでメガネなのか…

DSCF0405.jpg

さあさあ、だんだん空がオレンジ色に染まってきましたぞ!

DSCF0403.jpg

おお・・・

DSCF0409.jpg

・・・

DSCF0417.jpg

あっという間に沈んでいく・・・

DSCF0414_20130429005205.jpg

聞こえるのは波の音だけ・・・ずっと見ていたい風景。

刻々とグラデーションは変化し、岩と岩の間に落ちていきます。

DSCF0422_20130429231230.jpg

西伊豆、田子港の夕陽でした。


大きな地図で見る

訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 544 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
03 ≪│2013/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。