FC2ブログ
「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~

毒ガス!阿蘇サイクリング黄金コース・箱石パノラマライン:Day16

2013.9.5 内牧温泉ー箱石峠ー阿蘇パノラマライン

9日目10日目11日目12日目13日目14日目15日目の記事はこちら

阿蘇のハイライト!

内牧温泉を出発し、箱石峠を越えて南阿蘇入り。南側から阿蘇パノラマラインを阿蘇山登山し、内牧温泉に戻ってくるというルートを走ります!ずっと走りたかったルートです。阿蘇に来て○日目…ようやく走れる日が来ましたよ( ;∀;)



DSCF3802.jpg

まずは阿蘇神社に立ち寄り…水をくんでいきます(´▽`)

DSCF3795.jpg

阿蘇神社の門前町ではそこらじゅうで水が湧き出しているんですよ~。こないだちょびさんに連れて来てもらいましたからね。そのまま飲めることも知ってたわけです。コンビニで水買うなんて、ここ阿蘇じゃあまりにバカらしいっす(笑)

DSCF3794.jpg

極上のナチュラルヲーターをペットボトルに詰め込んで、ルンルン気分で出発です♪

DSCF3808.jpg

国道265号線を南下。根子岳を迂回するように南下していきます。

DSCF3810.jpg

山が道のすぐそばまで迫ってきてる感じがする大迫力の道。

DSCF3818.jpg

荒々しい稜線に魅了されながら、ゆっくりゆっくりと峠を登っていきます。そんなに激坂な場所は無く、一定のペースで登ることが出来ます。ここも阿蘇屈指の絶景峠ですな。

景色がバーーーンと開くことは無いですが、荒々しい山々が本当に近くに感じられ、その大地の中を縫うように進んでいく感じ、これがとても心地よい道でしたな。

DSCF3834.jpg

他にはない景色ですなぁ~!

DSCF3823.jpg

そして箱石峠のてっぺんに到着。ここからは一気に高森まで下り坂です!!

DSCF3839.jpg

牧草地帯横目にを駆け下りて行きます。

DSCF3841.jpg

根子岳のギザギザした峰々がかっこいいっす!

DSCF3844.jpg

途中、なにか発見・・・

DSCF3849.jpg

アルプスの少女ハイジ的風景。

芝生が広がってて、ヤギが放し飼いにされてましたぞ。こりゃ~気持ちいいっすなぁ~(*´ω`*)

DSCF3894.jpg

高森に到着。

ベンさんオヌヌメの高森湧水トンネル公園は・・・なかに入ってみましたが、なんというか・・・ここでの言及は避けさせていただきますw

なんというか、B級謎スポットでした。

DSCF3917.jpg

気を取り直してA級名水スポットの白川水源へ!!

綺麗な水でした。川の水をそのまま汲んで飲むことも出来ました。期待通りのうまさです。ちょっと、観光客が多かったのがねぇ。まあこればかりは仕方ないっす。もう少し静かでのんびりできる場所の方が好みかもしれません。

DSCF3926.jpg

名水まんじゅうと山田さんちの牛乳で一服。

DSCF3927.jpg

またまた高菜メシとだご汁で腹ごしらえをして…

いよいよ阿蘇パノラマライン!!

DSCF3935_stitch_2013100511244486b.jpg
パノラマ拡大

ちょびさんの教え通り、南側からパノラマラインは登ることにしました!!

DSCF3943.jpg

南阿蘇の絶景・・・

DSCF3955_20131005112446f00.jpg

パノラマラインが阿蘇で最も人気のあるルートであるのは、行ってみればわかります…。とにかく素晴らしい(*´ω`*)b

しかし登っていると、硫黄臭というか変な匂いが立ち込めてて臭いです。この間ちょびさんと車で来た時はそんなことなかったのですけどね。なんだか、のどもイガイガしてきました・・・うーーん・・・

DSCF3961.jpg

少し気になりながらも、阿蘇山火口へ到着!!!ここから火口まではかなりの激坂だと聞きます。気を引き締めていきましょう!!

DSCF3963.jpg

あれれ!?!?封鎖されちょる!!!

DSCF39642.jpg

毒ガスだぁぁぁ!!!(◎_◎;)

ロープウェイも登山道も封鎖されていました。見事に危険な状態です!!さっきからの匂いとイガイガはこのせいだったんですね。急いで逃げることにします!!

DSCF3980.jpg

草千里ヶ浜まで逃げてきました!!ここまで来ればとりあえずガス臭はしませんな。

DSCF4001_stitch_20131005115013e64.jpg
パノラマ拡大

この景色もすごいですよね!車で来た時と時間帯も天気の感じも違うので、また印象が変わって見えます(´▽`)

DSCF3988_20131005115012ac6.jpg

しばらくこのパノラマが見える場所でのんびり景色を眺めていました。

こういう場所で何にも考えずにぼーーーっとする時間。こんな贅沢なことありませんね。うん。阿蘇に来て良かった。本当に良かったなぁ。

DSCF4003.jpg

草千里からは山の北側にゆるやか~に降りていきます。

DSCF4007_20131005115010a48.jpg

ずっとこの景気の中を緩やかに下っていたい・・・

DSCF4008.jpg

雨の連続で大変だったけど、その苦労があった分、このサイクリングはなんというか…格別なものでした。

DSCF4011.jpg

阿蘇、最後の夜。残っていたパスタを消費し、お米や調味料など余ったものはライダーハウスへ寄付してきました。いよいよぼくの旅が終わるんだな・・・そんなちょっと寂しいような気持ちでした。

明日は最後にもう一度だけ、俵山からの風景を見てから阿蘇をあとにしたいと思います。

スポンサーサイト



俵山と浮島神社に寄って熊本へ帰る日:Day17&最終日

2013.9.6 阿蘇ー熊本市

9日目10日目11日目12日目13日目14日目15日目16日目の記事はこちら

熊本に帰る日。

いよいよこの日が来てしまいました…。大好きな阿蘇とのお別れの日。でも走りたい道はなんとか走り切りましたし、ちょびさんにはいろんな所に連れて行って頂きましたし、充実感と感謝の気持ちでいっぱいでした。

晴れのラピュタの道には行けなかったけど、これでまた阿蘇に来る理由がひとつ出来たというものです。

最後はぼくが今回一番気に入った風景のある場所、俵山を登って熊本市内に戻ることにしました。

DSCF4012.jpg

荷物をまとめて、朝食を食べます。

朝起きるとライダーハウスのオーナーさんは、出かけていて居なかったので置手紙を置いて出発です。

DSCF4015.jpg

ぐる~っと阿蘇の西側、赤水を通り抜け、阿蘇大橋を渡って阿蘇山の南側へと抜けていきます。もちろん立野の方を抜けた方が熊本市内に行くには近いのですが、今回は俵山を登りますからね。こういうルートになりました。

NCM_1529_2013100518134673a.jpg

南阿蘇の田園風景の中を抜けていきます。

そして程なくして、俵山展望所へと向かう道の分岐点へ!!

DSCF4035.jpg

荷物満載のせいか、めちゃくちゃ重いっす(;´Д`)なかなか自転車が上がっていきません・・・

最後の最後にどえらいルートを選択してしまったか・・・そんな後悔が少し出てきます・・・

DSCF4039.jpg

ウネウネと結構な急こう配を登っていくんですな・・・このルートは( ;∀;)

DSCF4042.jpg

でもそんな苦しくてもうやめたくなるような気持ちも

この景色を見たら一気吹っ飛んでしまいました・・・!!


俵山展望台からの南阿蘇、阿蘇山の風景。

DSCF4054_stitch.jpg

この広がり感は写真ではなかなか伝わりませんな・・・

DSCF4073.jpg

こんなラピュタの道風のでっぱりも。

DSCF4048.jpg

写真じゃ伝わりにくいけど、ここの景色は阿蘇一番だと思います。本当に静かで、風車の回る音しかしません・・・。そして左側の山裾から右の奥の方に広がる田園風景の広がり・・・これは、阿蘇の圧倒的なスケール感を実感できます。

苦しい坂道だったけど、最後にこの景色見れて幸せでした。

じゃあ、また来るね!阿蘇!!

この風景に手を振りながら反対側に降りていきました。これで僕の阿蘇ツーリングはおしまいです( ;∀;)

DSCF4110.jpg

DSCF4128.jpg

扇坂の展望所も良かったです。

ミルクの里にまた寄ってソフトクリームを食べ、弁当のヒライでお昼ご飯を食べ、あとは空港のすぐ横の道をずーーっと真っ直ぐ降りていきました。

こうして一気に水前寺公園の近くまで降りて来て、周りの風景は一変、都会となりました。

旅の終わりが近づくにつれ、それまで張りつめていた緊張感が少しずつ消えていったのか、一気に疲労感が襲ってきます。まずい、全く足が回らない・・・。


そんなこんなでグッタリと水前寺公園近くの東屋で少し休憩してると、とある人物から指示が。

「のんびりしてるヒマがあったら浮島神社へGO!!」

DSCF4144.jpg

脚が限界でしたが、確かにここはサイクリストならば行っておかなければならない場所!

しかも以前ちょびさんからこちらのお守りを頂いていましたからね。しっかりお参りしなくては!!
自転車お守り@熊本、浮島神社

DSCF4145.jpg

湧き水のけっこう大き目の池に、半島が突き出していて、その半島に神社が建っていました。

DSCF4146.jpg

行ってみると・・・うむ、誰もいない。

恐る恐るお参りを済まし・・・池を眺めていると、

奥から超コワモテの宮司さんが!!!

DSCF4149_2013100518241119b.jpg
(井王さん撮影)

また、見事に捕まりました(*´ω`*)

どこからか、私が参拝に伺うという情報が漏れていた模様ですw実はこちらの宮司の井王さんは熊本で超有名なサイクリスト。facebookやHPを見ればお分かりになるかと思いますが、その見た目とは裏腹に、とてもお茶目な宮司さんです(*^^*)

お会いしたかった方にお会いできて、しかもお話までさせていただきましたよ♪

井王さんありがとうございました!!

IMG_20130906_163227.jpg

そして勿論、自転車お守りを('◇')ゞ

僕の持っている自転車お守りとは別のタイプの、アルカンシェルのものを授かってきました!!

DSCF4151.jpg

井王さんに教えていただいたルートで熊本市内を目指します。江津湖の横の快走ルートです。

江津湖も水が湧き出してる湖で、めっちゃ綺麗でした。熊本は火の国でもありますが、水の国でもあるんですよね。水が綺麗で豊富だってことって、生活するうえで一番大事なことかもしれません。水がきれいだと作物も沢山なるし美味しいですしね。

NCM_1548_201310051843185c9.jpg

そうこうしてるうちに中心街に戻ってきました。

DSCF2854_20131005184315b6b.jpg

そして島崎のゲストハウス・バラティエに再び舞い戻ってきましたぞ。バラティエのオーナーさんがまた出迎えてくださいました(*^^*)≫ゲストハウス「バラティエ」

しかも鹿児島を走り回ってきていたネシ君も熊本市内に戻ってくるというではありませんか!!またまたネシ君もバラティエ泊することが決まり、またまた丁度日程が合い、再会となりました(笑)

バラティエのオーナーさんが僕らの再訪をものすごく喜んでくださったのが、僕らも物凄くうれしかったです。なんだか家に帰ってきた気がして。。「リピートしてくれたらもうお友達だから♪」オーナーさんのその言葉がなんだか嬉しかったっす。


そんでもってまたまた、ほんちゃんさんからご連絡があり、3人で夜のドライブへ(*^^*)

旅の最後にまたまたこの3人でお会いできるとは( ;∀;)ちょうど一週間前の出来事なのに妙に懐かしい感じがします。何年かぶりに会う・・・そんな感じすらします。

DSCF4154_201310051851224a7.jpg

熊本市内からは少し離れた場所にある植木温泉へと連れて行ってもらいました。硫黄の匂いのする源泉かけ流しの素晴らしい温泉でしたよ。めっちゃ気持ちいい!!ここは自転車で来るには遠すぎますね。ほんちゃんさんに連れて来てもらえなかったら一生来なかったであろう温泉です。

最後の最後にこんな素敵な温泉に入れるとは思ってませんでした( ;∀;)

DSCF4155.jpg

帰り際、ほんちゃんさんオススメのラーメン屋「大黒」へ!

DSCF4156_20131005185120b43.jpg

濃厚な豚骨と焦がしニンニクの絶妙な香り・・・

衝撃的な美味さでした・・・(≧◇≦)

なんだか兄弟二人で親父にラーメン屋に連れて行ってもらっている。そんな感じがしましたね(´▽`)ほんちゃんさんは熊本の父ちゃんです。




2013.9.7

…翌日、ぼくは新幹線で熊本を後にしました。

ネシ君は福岡方面へ出発。(この後、新門司まで走り、無事にフェリーで東京まで帰ったと連絡がありました)

NCM_1553_20131005190430df3.jpg

ぼくの夏旅はこれで終わり。島根では歴史的豪雨に遭遇し、九州では2発の台風が直撃したけど、多くのお友達に再会できたし、ずっとお会いしたかった方々にもお会いできました。皆さん、本当にお世話になりました。ありがとうございました!!

夏旅'13 、完
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

手にした一台の自転車が、思ってもみないほど遠くへ僕を連れていってくれました。このブログでは学生時分の2008年頃からの旅の日記を中心に記録を残しています。2015年ごろから拠点を静岡からしまなみ海道へと移し、本格的に自転車旅行を仕事に。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 545 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
09 ≪│2013/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。