FC2ブログ
「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~

我路

NCM_1863.jpg

修士論文を書き上げて大学に三部提出してきました、昨日のことですが。

このあと、三名の教授の審査が入ってOKなら、製本して大学の図書館に保存されることになります。とりあえず僕の6年間は終わったっちゅうわけです。やれやれです。

というのも11月くらいからは結構な激動っぷりでした。12月になってようやく面白いデータ出てきて……それから大量の先行研究論文チェックして議論まとめてって感じです。それなりに忙しかったんですが、逆にやっと研究者らしくなって面白かったっちゅうのもありますな。ほんと、楽しかったっす。

とにかく修士一年と二年の前半は、何のために実験やってるか先行き真っ暗な感じでしたからね。あのストレスったらないです。ほんと、精神衛生上よくない(笑)

一つ後悔があるとすると、就職活動とかいうよく分からんことで大学院修士の面白いところの大部分を持ってかれたことですかね。在学中に就職活動なんて今考えるとなんて馬鹿馬鹿しかったことか。何のために大学行ったんだよ、大学院行ったんだよ、って感じです。畜生。

ぼくは地球科学をどうしても学んでみたくて大学で地球科学を専攻しました。高校3年生のあのころに本当に憧れていた感覚、大学院修士2年の最後の最後でようやく実現できた気がします。「大学で地球科学研究やったる」「旅したる」っちゅう中高時代に夢みてたことは、これでだいたい実現できた感じです。

逆に言うともうこれで満足だなっちゅう感じもあります。これからこうしたいとか、どうしたいとかそういうことは、あんまし無い感じです(笑)まあ、そのうち次の夢みたいなのが見えてきますかね。

まあ…ぼちぼち。
スポンサーサイト



久しぶりの静岡市内ポタリング、あてもなく

pen - コピー (2)

あてもなく時間も気にしないで


自転車でのんびり走るのは、


かなり久しぶりのことでした。


縛られるものが無いと、


それはまたモノの見え方が変わってきます、


自転車のスピードで流れる風景が変わってきます。


木-pen - コピー


なにがどういう風に変わるのか、


そんなことは僕にもわかりません。


でも変わっていることは確実に感じられるのです。


結局のところ、


変わってるのは風景じゃないのかもしれませんが。


くらしきにいみりょじょう

DSCF2379.jpg

DSCF2372.jpg
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

手にした一台の自転車が、思ってもみないほど遠くへ僕を連れていってくれました。このブログでは学生時分の2008年頃からの旅の日記を中心に記録を残しています。2015年ごろから拠点を静岡からしまなみ海道へと移し、本格的に自転車旅行を仕事に。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 545 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
12 ≪│2014/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。