FC2ブログ
「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~

初日からの寒雨夜行便~小倉別府100キロ|DAY1

2014.2.10 小倉ー別府

小倉―別府


小倉を出発した東九州旅、その初日です。


静岡を出発前の週間予報ではお天気マークが並んでいたのに、こっちに来た途端に一転して全部・・・

この日も、午後から雨の予報。

北九州小倉dipのモーニング

dipさんでモーニングを頂き、いざ別府に向けて出発です!!

目的地の別府までは100キロちょっとらしく、そんなにキツくはないとのこと。ただ、このところの運動不足と久々の長距離ライド、そして天気が気になるところです。

DSCF6269.jpg

県道25号を東へと進み、国道10号へ合流。

まだ空は曇りで、雨は落ちてきていません。降り出す前にどこまで行けるかが初日のライドのキツさ具合のカギとなりそうです。

DSCF6273.jpg

カレーさんに教えていただいた国道10号の旧道、日豊本線沿いの裏道でどんどん南下していきます。

下曽根、朽網、苅田、行事と横風の冷たい住宅街や田んぼ中を進みます。脚が快調に回るまではまだまだ時間がかかりそうですが、いよいよまた旅が始まったなぁって感じですな。

行橋に到着したとたんに、早くも雨が降り出します・・・。しかも国道10号が交通量が多くてなかなか走りにくい感じです。カッパを着てはいますが雨に濡れはじめると、急激に寒さに襲われはじめます。

寒い・・・

寒い・・・

早くも出発したことを後悔し始めていました。

道端の温度表示は外気温は3℃くらいを推移しています。

NCM_1908.jpg

たまらず、豊前おこしかけの道の駅に避難しますが、もうすでに心が折れかけているわけであります。

屋根のあるベンチに腰掛け、dipのパンをかじり、自販機のコーンスープで体を温めます。


やはり食べ物をお腹に入れると、身体的にも精神的にもちょっと落ち着いた感じで、それまでの呆然としていたのがシャキッとすることができました。

「とにかく早く温泉に入りたい!!」

この一心で別府を目指す事にし、激しさを増した雨の中、再出発です。

福岡県大分県境

日本縦断で日田に寄った以来の大分県入りです。

中津で唐揚げやら鳥天やらを食べたいという気持ちは出発前はかなりありましたが、もうこのようにぐしょ濡れでなんとか走り続ける精神力を維持している中では、もうどうでもよくなってしまいました。とにかく早く温泉へ・・・。

中津の市街地は通らずに、バイパスを通り抜け、宇佐へと向かいます。


この時点でかなり予定より遅れていて、そもそも別府まで行けるかどうか怪しい感じになってきました。ここ宇佐神宮も寄るといいとオススメされていましたが、止まってしまったらもう走り出せない気がして、宇佐神宮を横目にとにかく走り続けることにしました。

DSCF6275.jpg

国東半島の入り口、豊後高田の町には「昭和の町」という魅力的な場所があるそうで、この交差点でずいぶん行くかどうしようか迷います・・・。

ただ国東半島に行ったら、一日かけて国東半島を進むことになります・・・しかも豊後高田には安い温泉宿があるかどうか知りません。別府には1000円ちょっとで泊まれる温泉はあることは教えてもらっています・・・。豊後高田に向かうことは諦め、とにかく別府へ別府へ。暗くなったとしても別府を目指そう!!

DSCF6276.jpg

宇佐からは2つくらいの峠越え。

一つ目の峠を越えて地点で、陽が落ちて暗くなってしまいます。


片側一車線の細い道なのに、クルマは大渋滞!!どうやらバイパスが雪で通行止めになってしまい、こちらに一気に押しよせているようなのです。全く動く気配のないクルマの列を、大量の荷物を付けた自転車がごぼう抜きにしていきます。こういう時、自転車は便利なのですな。

この日、全国的に大雪で、関東地方ではとんでもないことになっていたようです。

勿論九州もその影響を受けて、ちょっと山の方に入ると凄い量の雪が降ったみたいなんですな。幸運にも、僕の走ったルートでは雪と出くわすことはありませんでした。やはりやまなみハイウェイのルートはどう考えても無しですな。


2つ目の峠を越えて、一気に下っていくと視界が一気開け、別府湾別府の街の明かりが見えてきました。

時間はもう夜7時近く、早く温泉に入りたいところですが、まだ別府の町までは10キロ以上もある模様・・・見えてからがなかなか着かないもんなんですな。

DSCF6277.jpg

街中に入ってからも、別府駅まではなかなか距離があり、やっとのことで別府タワーの場所まで来ました。

DSCF6280.jpg

別府の町にこんな洒落たタワーがあるのは知りませんでした。アサヒビールの文字が光ります。

DSCF6281.jpg

時刻はもう8時半。身体が完全に冷えきり早く温泉に浸かりたいのとお腹がぺこぺこでヘロヘロの状態です。


そして今晩のお宿、駅前高等温泉へ!!

ここもカレーさんに教えていただいた温泉で、低料金で宿泊することもできます。建物も大正チックでなかなか洒落ています。

個室も安いんですが、より安く宿泊できる「広間」をチョイス。大広間を使った相部屋プランです。暖房もついていて、しかも布団びきってのが嬉しいです。温泉にも何度も入ることが出来ますし、チェックイン後の外出も自由とのこと。駅前という立地も含めて素晴らしい温泉施設です。

DSCF6309.jpg

とにかくチェックインして、温泉へドボン!!

さすが別府の温泉、身体の芯までしみわたります・・・(*´ω`*)ふへぇ

別府の街スナップ

とりあえず、ラーメンをすすってから別府の町をぶらぶら歩いてみました。ただ、歩いてる途中で急激な眠気に襲われ、宿に戻ってとにかく眠ることにしました。朝風呂も入れると言います。ちょっと早起きして温泉に浸かるとしましょうか。


いつもそうですが、初日というのはきつくなることが多いのです。

多分、どれくらい行けるかの感覚が鈍っていることで無理な距離設定をしています所に原因があるのかもしれませんですが、今回の犯人は明らかに冷たい雨でした。


明日は佐賀関に寄ってみようと思います。

スポンサーサイト



テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

どこか寂しい佐賀関~別府延岡激走150キロ|DAY2

2014.2.11 別府ー延岡

別府ー延岡

小倉を出発した東九州旅、その2日目です。

ここまでの記事はこちら↓
静岡から北九州へ輪行、dipへ集合|プロローグ
初日からの寒雨夜行便~小倉別府100キロ|DAY1

早朝の別府

朝5時半ごろ起床。朝風呂に入ってから荷物をまとめて別府を出発。

別府二階堂

夜のうちに雪が降ったのか、それとも昨日の昼間に降ったのか、別府のすぐ裏手の山は真っ白に化粧をしています。

オレンジ色の大分麦焼酎「二階堂」の看板が大分にいることを実感させます。


「一村一品大分県」というのは大分県の標語なんでしょうか、大分県に入ってからそこらじゅうでよく目にします。

ジョイフルモーニング

西日本にはかなりの勢力を広げているファミレスの「ジョイフル」でモーニングを食べ、コーヒーで目を覚まします。ジョイフルは安い料金設定でお腹いっぱいになれる上、毎回もらえるドリンクバーチケットのお蔭で、低価格なドリンクバーでサイクリング途中の休憩にぴったりなのです。お腹もいっぱいになったところで、


さあ、別府湾を走る・・・

大分市街

先の方向には大分市街が待ち構え、工場からは煙が上がっている・・・

DSCF6326.jpg

振り返ると別府の町が僕を見送り、ところどころから温泉の湯気が上がっている・・・


別府湾とくまモン

別府から大分まではとても走りやすい海岸沿いの道路でした。早朝ランナーさんも何人か気持ちよさそうにジョギングしていて、僕を何度か追い抜いて行きました。ジョギングするには景色も良いし走り易そうな道です。

山側には日豊本線の電車が行き来し、静岡でいう所の由比あたりの雰囲気に似ているなぁと思ったりもしました。


シーサイドの道を抜けると、一気に都会の雰囲気、大分市街です。

目を覚まし始めた大分市街は、完全に目を覚まして交通量が増える前に通り抜けたいところです。

DSCF6336.jpg

都会は走りにくいですからね。


大分市からは国道10号を行けば、直接佐伯方面に抜けることが出来ますが、四国の佐田岬に九州で最も近づく佐賀関(さがのせき)に寄ってみることにしました。

単純に国道10号が面白くなさそうだったのと、臼杵(うすき)の町に寄ってみたかったというのがこの遠回りルート選択の理由です。一路、佐賀関に向けて東へ進路を取ります。しばらく行って大分市の市街地を抜けると、急激に交通量が減り、住宅地、そして海沿いの細くウネウネと曲がる道路に景色が変わっていきます。

走っているのは大分県大分市なのにこの道は「愛媛街道」で、目指すのが「佐賀関」と違う県名が付いているのは面白いですな。大分街道でもなければ、大分関でもないのですから。そんなことを思いながら、冷たい風の吹きすさぶシーサイドラインをひた走っていきます。

DSCF6346.jpg

強い風のせいか、海は荒れ模様です。

ゴーゴーという風の音と波の音しかしません。

DSCF6357.jpg

しばらく行くと小さな港町が出てきました。

大型船と赤と白の巨大な煙突のある工場が印象的です。

佐賀関日鉱工場

佐賀関の港町でした。

ここから更に国道を逸れて、岬の先端を目指します。

DSCF6359.jpg

岬まではなかなかの山道で、アップダウンが続きます。

DSCF6361_stitch.jpg

火葬場の横を抜けて、山を登りきると一気に視界が開け、眼下一面に海が広がります。クルマも滅多に来ることが無く、静寂に包まれています。晴れていれば、物凄い絶景であることは間違いありません。

DSCF6366.jpg

関崎灯台

DSCF6386.jpg

ただ・・・曇りのせいか、この土地の持っている感情なのか、どこか寂しい雰囲気があたりに広がっていました。

冷たい風がほほをかすめていきます。


佐賀関の裏側は、急激に道幅が狭くなり・・・仕舞いにはガードレールすらなくなるスリル満点の道でした。

高い波が来ると道に思いっきりビシャーーンと来るわけであります。

海岸線ギリギリの道佐賀関

まさに

「マジかよぉ・・・」

な道なのです。

スリルのある道佐賀関

街灯もないので、夜に来たら海にドボンは必至ですな。

こういう道がまだまだ残っている場所があるんですね。ある意味、ツーリングに貴重な道です。こんなにワクワクする道ってなかなか無いですから。

DSCF6396.jpg

岬を一周して佐賀関の港町に戻ってきました。

関サバ焼き

関サバの産地といいますから食べずに通り過ぎるわけにはいきません。

「関の漁場」という漁協直営のお食事処で焼きサバ定食を頂きました。


2切れの焼きサバが出てきましたが、これがかなりの肉厚っぷり。一口ふくむと、サバの風味と旨み、そして関サバの特徴的な甘みが口いっぱいに広がります。なんて美味いサバなんでしょう!!正直、驚きました。醤油やかんきつをかけて食べるのも美味いんですが、やはり何も付けずに塩味だけの関サバがサバの味を楽しめる気がして一番素敵でした。


DSCF6402.jpg

口の中に関サバの余韻を残しつつ、海岸沿いの道を進み、臼杵を目指します。

臼杵の町

臼杵の町中に入り、川を渡ると醤油の匂いが立ち込めます。

醤油を作ってるフンドーキンが臼杵にはあるんですね。あの九州特有の甘い醤油、ぼくは大好きなのです。いつも九州に来たら必ず買って帰ります(笑)

DSCF6420.jpg

とても雰囲気のある石畳の坂道を上ると、

臼杵の武家屋敷

武家屋敷やお寺の密集した地帯へと出ました。とっても素敵で古い街並みです。

臼杵はかつて城下町として栄えた町だそうで、道は物凄く入り組んでいて、方向感覚が分からなくなります。


しばらく臼杵の町並みを散策したのち、国道217号に復帰し、佐伯方面へと一つ峠越えをします。

新臼津トンネル

峠の頂上にあった臼津トンネルは交通量こそ少ないものの、歩道もなくかなり怖いトンネルでした。

DSCF6437.jpg

トンネルを抜けると、山の上は真っ白。

雨こそ降っていないものの、かなり厳しい寒さです。

この時期に旅に出たことをまたもや後悔し始めます。

DSCF6438.jpg

蒼空が出始めたのが、せめてもの救いでしょうか・・・

津久見から佐伯までは、もう一つの峠越え。

DSCF6441.jpg

佐伯の町を少し超えた地点で日没を迎えます・・・。

ここからは「宗太郎越え」と呼ばれる深い山中の峠越えとなります。


部分部分、街灯もない真っ暗な山道で、かなりの恐怖を覚えます。次の町、延岡まではまだかなりの距離があるようです。佐伯の町でストップしなかったことを後悔していました。なぜ、走り出してしまったのでしょう。

寒さで距離感とか思考能力とかがよく分からなくなっていたのかもしれません。



ただひたすらに、暗闇の山道を進んでいきます。

クルマもたまにしか通らず、心細い限りです。こんな所で死ぬのだけは御免ですな・・・。



もう気力も体力も限界に達し、もうだめだ・・・という所で、遠くに町明かりが見えてきました。


延岡の街です!

やった・・・!助かったぁ・・・。

夜の延岡入り

なんとか、なんとか助かったみたいです。もうすぐ8時を回ります。またもやナイトライドになってしまいました。街もなければキャンプできそうな場所もないので、仕方がありませんでしたが・・・。


延岡の町には「チキン南蛮」や「延岡辛麺」、「あんかけ焼きそば」などなど魅力的な食が満載らしいのですが、なまった体にこの二日間の追い込みライドはかなり堪えたようで、指先まで溜まった疲労のせいで食べに出かける余力は残っていませんでした。


あとで測ってみたらこの日は150キロ以上も走っていたようです。

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

手にした一台の自転車が、思ってもみないほど遠くへ僕を連れていってくれました。このブログでは学生時分の2008年頃からの旅の日記を中心に記録を残しています。2015年ごろから拠点を静岡からしまなみ海道へと移し、本格的に自転車旅行を仕事に。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 545 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
01 ≪│2014/02│≫ 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。