「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山道木曽旅

i00154_20130517003514.jpg


第1話 早朝の奈良井宿

奈良井宿…中山道の中間地点に位置する宿場町。江戸時代の風情が当時の状態そのままといっていいほど残されています。今回のぼくの旅の一つの大きな目的地。寒さで目が覚めた…ぼくは奈良井宿のすぐ手前の道の駅「ならかわ」で野宿をしていました。前日に少し雨に降られたので大事をとって屋根のあるところにテントを設置。下が板張りということもあり、かなり快適な寝床となりました。快適とはいえ、結構な山に来ていますから当然、朝方は冷え込みました。


第2話 鳥居峠、木曽福島の地酒「中乗さん」

早朝の奈良井宿でのんびり過ごし・・・さて、立ち去るのが名残惜しいですが出発です。奈良井宿を出るとすぐに鳥居峠が待ち構えます。峠といっても今はトンネル。急な坂道を上る必要はなさそうです。トンネルの入り口まで来てみると自転車は歩道へという看板…右側にほそーい歩道がついています…(;・∀・)ここを行くしかないのでしょうか。2㎞近くある長ーいトンネルで交通量も多いので車道を突っ走るわけにはいかなそうです。


第3話 一期一会のサイクリング

たまたま訪ねることになった木曽福島の地酒「中乗さん」の酒蔵を、2Lの水で重くなった自転車をこぎこぎ走り出しました。酒蔵のみなさんのあたたかさに心がぽっとした感じがします。木曽福島も山間の温泉地といった感じで好きな雰囲気でした。手作りのお酒酵母のパンで補給(*´ω`*)道の駅「木曽福島」はかなり混んでいたのでトイレ休憩だけ。山と山の間に雪のまだ残る御岳が綺麗に見えました。ここからは例のごとく国道19号をそれて対岸を走る県道508号線を走ることにします。


第4話 国道363号中津川~阿木

妻籠馬篭の宿場町を訪ねることを諦め、国道19号をそのまま南下。中津川市の標識発見!!ここから岐阜県です(*^^*)…(というか、いままで長野県だったのですね…今把握)何度かアップダウンを繰り返した後、遠くのほうに町が見えてきます。この旅、久しぶりの“都会”です。なかなか大きな盆地で、斜面にもぎっしり家々が建っている光景。大きな町。ここからは①.恵那という隣町を経由して岩村へと抜けるルートと、②.中津川から国道363号に折れて阿木という町経由で岩村へ抜けるルートの二つのルートが考えられます。


第5話 腹ぺこマンが行く早朝の阿木・岩村

岐阜は中津川の山奥、中の島公園ふれあいの里キャンプ場にて朝を迎えます。GWまっただ中だというのにキャンプ客はぼくひとり…この広いキャンプサイトを独り占めしておりました。鳥のさえずりと澄んだ空気が清々しい気分にさせてくれます。テントをたたんで、コーヒーを淹れ、朝食!!…と行きたいところですが、あいにく食料はクリームパン一個…(゜゜)いや実にキビシイ。少しでも満腹感を出すためにとにかく噛むことに専念します。噛む回数が多いほど満腹になりやすいと聞いたことがあります…


第6話 三大山城・女城主の岩村城

腹ペコのへろへろ旅人と化してましたが何とか朝食にありつき、元気回復です('ω')ノ朝ご飯を食べ終わってベンチで地図を見ていると…岩村城跡『日本三大山城のひとつ、別名「霞が城」現在は石垣のみだが霧が出ると幻想的』とあります。場所も岩村の町並みからすぐのところですな。これは行ってみたい(*^^*)ということで、案内看板にしたがって町から外れていきます。少し登ったところに駐車場があったので、そこに駐輪させてもらってここからは歩きましょう。


最終話 アトリでのアイス珈琲が旅の〆

岩村の古い街並みと岩村城があまりに気に入ってしまい、長居し過ぎました(笑)とくに岩村城はあの難攻不落といった荘厳な佇まいに完全に魅了されてしまいました。岩村からはしばらく登りで、「木の実峠」という峠を登っていきます。普段なら大した坂道じゃないはずの傾斜と距離なんですが、朝のライドと先ほどの山登りで完全に足がいかれてしまい。しぶしぶ押しながら登りました…。情けない…追い越していく車からはさぞかし弱っちいサイクリストに見えたことでしょう。

スポンサーサイト

海野宿~長野、北国街道の古い街並み

ポタリングがなかなかできないこの頃ですが、毎日かかさず自転車通勤しとります。


さきのゴールデンウィーク、一日休みの日があったので、長野へと出かけてみることにしました。

今回は自転車無しです。


ドライブですね。


以前から行ってみたかった場所がありました。昨年、火野さんの旅番組、「こころ旅長野編」で、火野さんが途中に寄っていた「海野宿」という宿場町。それまでまったく知らなかった宿場町でしたが、江戸風情の雰囲気良さそうな感じがとても気になったのでした。


ということで、行ってきました!

DSCF9154_20140510160554602.jpg

え~、久々の登場です(笑)

DSCF9103.jpg


DSCF9112.jpg

火野さんがジグモの巣を発見した大木ですな。

良い味のある大木です。

DSCF9113.jpg


DSCF9116.jpg


DSCF9120_201405101606560bc.jpg

中央に水路が流れていて、両側に古い街並みが保存されています。

DSCF9125.jpg


DSCF9143.jpg


DSCF9128.jpg


DSCF9138_2014051016065320c.jpg

観光客もそれほど多い訳でもなく、また沢山の美しい古民家が残っており、実際に行ってみるとかなり良い所でした(*^_^*)


散策途中に「くるみおはぎ」の看板を発見!

DSCF9158.jpg


DSCF9162.jpg

くるみの入った餡子のおはぎを想像していましたが、くるみの濃い味のたれのかかったおはぎで、これがまた美味かったです(*^^*)

こんなところで、カフェとか開きたいなんて、思っちゃいました。そんな良い所でした。


奈良井宿、再訪・・・

去年の今頃、旅していた木曽路。

早朝の奈良井宿|木曽旅ひとり旅|第1話

そのときにとても気に入った中山道の宿場町「奈良井宿」を再訪してきました。

もう、陽が山陰に沈み、昼が夜にのみこまれるような時間帯の訪問となりました。


DSCF9163.jpg

DSCF9170.jpg

DSCF9166.jpg

DSCF9169.jpg

DSCF9176.jpg

DSCF9178.jpg

DSCF9179.jpg

DSCF9187.jpg

DSCF9191.jpg

たそがれ時もいいものです。

雲はいつか

DSCF3266.jpg

この雲は、そのうち晴れるやもしれない。


いい感じですね。

静岡→牧之原・御前崎サイクリングいい感じ

珍しく月曜日のお休み。

しかも一日何も予定なしと来ています。

逆に拍子抜けしてしまい、何をしたらいいのかよく分からなくなってしまったようです。とくに何をしようどこへ行こうというのも思いつかずに、とりあえず5時半に起きました。慣れとはやはり凄いもので、あれだけ朝が弱かった僕が、毎日この時間に起きなくてはならない生活を半強制的に送っていると、目覚ましなしでも、こんな朝早くに起きれるようになるから不思議です。

一日中寝て過ごすという選択肢もありますが、この生活リズムを壊してしまう気がして・・・・・・。休日の昼間も何か活動することに決めました。

サイクリング・・・

休日もバリバリ運動したら、明日以降何かが残りそうでどうしたもんだか、うむうむ・・・という葛藤みたいなものもあったにはあったんですが、ここは欲求のおもむくままに。ちょいと気分転換に走ってくることにしましょう。

DSCF9325.jpg

これまた不思議なもので、走り出してしまいますとこれがまた気持ちが良いのですねぇ。

天気が抜群にいいせいか、あてもなく自転車を回していると気分も晴れやかになってきます。


これはいい感じです!

NCM_2264.jpg

いい感じ、いい感じ!!


風景も体調もいい感じで、気が付いたら思っていたよりも遠く・・・金谷まで来てしまいました。

SLですよ。大井川鉄道です。

DSCF9329.jpg

また平日のサイクリングってのも、道はすいてるし、がやがやうるさくないし、これが…いい感じです。

DSCF9326.jpg

もうここまで来たら、今日はとことん満足するまで走りぬくことにしました。

道も、今まで通ったことのない道を開拓してみましょう。

DSCF9330_stitch.jpg

抜けられるか分からない農道をぐいぐいと登ってみました。

牧之原台地へと登るのです。


茶畑の間の農道を走ります。

DSCF9339.jpg

すごくいい感じの風景ポイントを発見したのです!

これは弁当でも持って来ればよかったと後悔するくらいいい景色の場所でした。美しい茶畑越しに大井川や島田・金谷の街が一望できるポイントはいくつもありますが、ここはなにか、バランスがいい感じです。


遠くにSLの汽笛が聞こえます。

NCM_2266.jpg

牧之原台地へと出ました。

茶の一大産地です。

一面に茶畑が広がっています。この風景は好きです。


ここもいつもと違うルートを選んでみたら、えらく遠回りになってしまい、浜岡原発のある「浜岡」に出てしまいました。感じでは御前崎にちょうど出るか、御前崎ちょいと手前に出るつもりだったんですが・・・。反対側に降りてしまったイメージです。


でもいいんです。


ぼくは御前崎の、静岡からみて手前側の漁村の風景も好きですが、奥側の砂丘の風景も好きなんですから。ほんの一部ですが、オロロンラインを連想させるような風景もありますし。

DSCF9349_201405192148448c3.jpg

御前崎の灯台。

静岡県の南端部です。


あとは、いつも通りのルートで静岡まで帰りました。御前崎から静岡は距離が結構あるのです。なかなか疲れましたし、日に焼けてしまいました。

が、スッキリしました。


やはり自転車はいいものですね。

いい感じです。


テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

ランドナーのチェーン交換~シマノ チェーン CN-HG53

ランドナーのチェーンを自分で替えてみました。

手は真っ黒になりましたが、やってみたら案外楽ちんでした。

もう2万キロ以上替えてなかったので、よくモったなぁという感じです。
通勤通学長距離サイクリングまで酷使し続けてるジロウ号も、そんでもって僕も、「頑丈」だけが取り柄です。

NCM_0477_20140524205435226.jpg


ランドナーのジロウ号は、前が3枚、後ろが9枚のギアがついている仕様です。

サイクルショップに行って、「多分これだろう」と、シマノ チェーン CN-HG53というのを買ってきました。今、付いてるのとおなじ「HG」の文字が付いていたからです。まあ、長さが短くなければ大丈夫?でしょう。

家に帰って、現在ついているチェーンを外してみました。チェーンカッター初挑戦です。数えてみると外プレートが55繋がっていたので、買ってきた新品チェーンも同じ55個の所で切ってみました。


ディレーラーの部分はどうやってチェーンが通ってたっけなぁ?と思い出しながらチェーンを装着。

変速の調整をしなくてはいけませんが、とりあえずは走れるようになりました。


CN-HG53.jpg
シマノ チェーン CN-HG53
http://www.amazon.co.jp/dp/B002OEUV1I

ジャン・コクトー

DSCF8778.jpg

私の耳は 貝のから… 

海のひびきを なつかしむ…
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 544 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
04 ≪│2014/05│≫ 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。