「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~

手しごと現場体験サイクリングツアーinはまかぜ海道

生粋の魂に出会う!
手づくり現場体験ツアー開催のお知らせ

6月14日(日)に「はまかぜ海道」をサイクリングしながら今治の伝統工芸品「菊間瓦」の藤瓦工業工場や、作業所こまどりでの手しごとプチ体験をできるツアーを開催します!


地方での暮らしに興味がある方、サイクリングで盛り上がる地域に関心のある方、皆さんの参加をお待ちしております!
工場見学とは一味違う空気感であなたの好奇心を呼び覚ましませんか?

手仕事ツアー
手仕事ツアー2
スポンサーサイト

大阪「ナニワ銀輪堂」でランドナーパーツ探し

引っ越し作業のため、一旦静岡へ戻ることになりましたが、一ヶ所だけ途中で寄りたい場所が…



「ナニワ銀輪堂」さん!

ランドナーやツーリング車の取り扱いや置いてあるランドナーパーツの種類の多さで有名な専門店です。

環状線にのり「大正駅」で下車。

歩いて5分ぐらいで着きました(^o^)

中に入ると…



かっこいいランドナー&スポルティフの数々!!



美しいラグ!





お目当てのパーツは…??(゚∀゚)

おお!あるある!

しかも種類が選べる品揃え!!



会員限定で工房のシェアもしているようです。近ければ使いたいものです!


そうそう。

ここでお会いした方とお話ししていたら、なんとつい先日、しまなみ海道を走りに行かれたとのこと!ついつい盛り上がり、いろいろお話しをしていたところ……なんとお友達のお友達だったことが判明!

世の中、狭いですなぁ(いや、ランドナーの世界が狭いのか?)







ちなみに、フレームポンプや砲弾型ライト、古サイドバッグなどなどそこらの自転車屋ではなかなか手に入らない細かなものを購入!

サイコーです(*^^*)

(お店のオーナーさんに写真撮影&掲載許可をいただきました)

ナニワ銀輪堂
http://www.ginrindo.biz/

探検ライトを薄ネジで直付けしてみる

ナニワ銀輪堂さんで手に入れてきた探検ライト。



1000円という安い中国製のLEDライト。

ランドナーのキャリアに探検ライトを付ける場合、専用のホルダーを使うことが多いですが、残念ながらなかなか手には入らず…。

銀輪堂のオーナー、なかもとさんが「穴を開けて薄ネジを使って止める方法がある」と教えてくださったので、早速実践!



キリで穴を開け、



中にバリができたので、これを取っていきます。



デンタルドリルを使っていきます。



ネジを内側から通し、



エポキシで固定します。防水効果も少しはありますかね?(^。^;)



ホームセンターで買ってきた金具を取り付け、



取り外しができるように、蝶ナットで止めて完成!

ソービッツの砲弾型ライトとの組み合わせも抜群!!大満足の出来ですな。


※作成にあたり、ショコラさんのブログを参考にさせていただきました。
四半世紀の時の流れ┃バッテリーライト

愛媛県ひうちなだに関するモノを募集!みんなでつくるひうちなだ博物館~

「しまなみ海道」の大ブームの中で、自転車のまち!になってきた今治市!

その歴史は、海とともにあった・・・。

「なみかた海の交流センター」は自転車のことも、海のことも大切にしたい拠点です。
ここで新しくはじまる「自転車旅行博物館」構想があります。「海・船・旅・自転車」の写真や書籍を募り、展示する手づくり博物館です。詳しくはチラシを!

11026312_964344523584948_4456638264155637293_o.png11097995_964344610251606_6312013276742674121_n.png

フライヤーのダウンロードはこちらをクリックしてください(PDF779KB)



*なみかた海の交流センター*

しまなみ海道と松山空港をつなぐ国道196号線の沿線にあるこの施設。
しまなみを走りきったら、このサイクルオアシスでのんびり過ごしてはいかがでしょう♪
今、自転車旅行者の立ち寄りが増えています。
ゆったり海を眺めながら休憩できるシクロカフェや自転車世界一周旅行の写真展示も!

11167670_964340780251989_4725319116621396913_n.jpg1907438_964340843585316_7249630872888473393_n.jpg




静岡→今治引っ越し大掃除

移住先の家もきまり、5月から入居することになったのですが、いかんせん荷物を何にも持って来てないので4月末にお休みをもらい、一旦静岡へと帰ることに。

引っ越しには、ヤマト運輸の単身引っ越しパックを使います。



去年まで一人暮らしをしていた弟の家財道具が残っていたので、譲ってもらい向こうで使うことに。



荷物を送ったら、先回りして、まずは掃除から。荷物が届いたら整理していきます。





タンスや椅子、机も一旦全部拭き掃除をし、日干ししました。

キッチン、トイレ、風呂などもかなり苦戦しながらも掃除。

ガス会社にも連絡し、プロパンを設置!



心配していた灯油で沸かすタイプの風呂も、専門家に見てもらい、まだまだ使えることが判明!!



必要なものは買い出しに行きますが、帰ってくると、また必要なものが……



丸2日間かけて、四人掛かりで掃除し、なんとか家らしくなってきました!!

ご近所挨拶まわりも済ませて、いよいよ一人古民家暮らしがスタート!

今治移住┃洋間のレトロ漫画喫茶化~サイクル野郎や、999



レトロ漫画喫茶「むらまさ」!?

引っ越してきた一軒家には、いい雰囲気の洋間がありまして、このお部屋をくつろぎスペースにしようかと。



一日中、永島慎二や松本零士、手塚治虫、サイクル野郎などなど、なかなか読めないレトロ漫画を楽しめるスペースですぞ。



コーヒー一杯どうぞ(*^_^*)

サイクルボートしまなみ号で今治から向島へ|しまなみハーフライド①

2015.5.3 「しまなみ海道ハーフライドツアー」

シクロツーリズムしまなみのツアー。今期最初の「サイクルボートしまなみ号」運航に合わせての開催。
今治港~(船)~向島=因島=生口島=大三島~(船)~今治港約42km


DSCF2583.jpg

今治港~曇り空のなか、愛媛県内からはもちろん関西や東海方面などから集合です!!

P5030002.jpg

わくわくした心持ちでサイクルボートしまなみ号に乗船♪

DSCF2584.jpg

朝もやにつつまれた幻想的な瀬戸内の島々の景色を見ながら、船は進んでいきます。

デッキに出て船からの風景を楽しみます。

DSCF2592_201505182259326e6.jpg

「この角度からなかなか来島海峡大橋を見ることはできないなぁ」と雄大な大橋に皆カメラを向けていました。

DSCF2595.jpg

KIMG1246.jpg

御手洗港、井口港、重井西港に寄港しいよいよ船旅も終盤。

出発から2時間ほど。

サイクルボートしまなみ号はゆっくりと尾道水道へ入っていきます。

尾道の町なかでは「港まつり」開催され、人だかりが。
祭りの雑踏を横目に向島へと上陸。

KIMG1250.jpg

早く自転車で走り出したい!

さっそく向島の町を走り始めます。

P5030035.jpg

DSCF2635.jpg

住田製パン所へ立ち寄り。

名物のアンパンやメロンパンを購入、さっそく食べてみる・・・素朴な味でうまい。


ほんでもって続いて、昔ながらのラムネを製造している後藤飲料水工業所へ。

まえにも一度来たことがあるのですが、その時はレトロなボックスを購入。ひさびさにあのラムネをいただきましょう。

DSCF2638.jpg

もう瓶を製造していないので、瓶を回収できる近場だけにしか卸していないという地ラムネを堪能。

名物お母さんのラムネの正しい飲み方レクチャーも。

凹みにビー玉を引っかけると飲みやすいそうです。

KIMG1254.jpg

ノスタルジーを感じる小休憩でした。

あれれ!?食べて飲んでで、まだ何にも走ってないぞ!?

(つづく)

今治オススメサイクリング~はまかぜ海道波方編

今日は休日でした。

ということで、今治市の海側を西の高縄半島方面へサイクリング!このあたり、今治から松山へ抜ける海沿いは「はまかぜ海道」というそうです。



路地裏や、防波堤に寄り道しながら。





雄大な来島海峡大橋、青くきらめく瀬戸内海、行き来する大型船、造船所のカンカンという作業音、古くから変わらない漁村…これぞ今治というルートでした……









お昼はミーコちゃんの昌万!





大盛な特製モダン焼き美味い!!ミーコちゃんのトークもいつもどおり炸裂! 



今治造船のドック近くを通り抜け、波方「なみかた海の交流センター」へ。



ここには船や自転車旅資料館とともにシクロカフェを併設。







地元産のオリジナルいちごスムージーで一服!!





このサイクリングルート、最高です。



ミーコちゃんの昌万~しまなみ海道今治オススメグルメ

今治市内からしまなみ海道入り口に向かう途中にあるお好み焼き屋「昌万」!



このあたりのサイクリストでこのお店を知らない人はいないでしょう!

何といっても、このお店。一番の魅力は看板娘のミーコちゃん!!

来ればわかります(*^_^*)素晴らしい方です。



お好み焼きも、ふつうサイズでこのデカさ!豪快です!「野菜たっぷりだから、大きいけど軽く食べれちゃうよ~」とミーコちゃん。

店内は、常に笑いに包まれています。



お好み焼き、味も最高!!

お好み焼き500円。モダン焼き650円!!

ミーコちゃん、ごちそうさまー!

(国道317号線)今治~松山道後への自転車山越えルートレポート

今治~松山道後の山越えルート

DSCF2845.jpg

昨日は今治の海側、しまなみ海道方面へとサイクリングしましたので、今回は全く逆側、「山」を登りに行ってきました。
もちろん自転車ですぞ(^◇^)

しまなみ海道を渡って、今治に来て、松山空港から帰るというプランの旅人さんも結構多いんですよね。
ということで、実走レポートです。

今治から道後温泉で有名な松山へ抜けるルートは大きく分けると2つ。

 ① 1国道317号線を通る山越えルート。
 ② 海沿いをゆく「はまかぜ海道」ルート。


今治から道後温泉に行く場合、海沿いルートはほぼ平坦ですが、6~7kmほど長いです。山越えルートが最短ですが、標高460mぐらいまで上がる必要があります。山越えルートのアップダウンは、水ヶ峠トンネル付近まで単調に登って、トンネル後は単調に下るといった感じです。



今治から登っていくと、すぐに里山の風景に。玉川町に入り、左手に行くと鈍川温泉ですが、今回は直進。玉川ダムを横目にひたすら登っていきます。といっても、傾斜はさほどきついわけではなく、ゆったりとした上り基調です。

DSCF2844.jpg


ただ、路肩が狭い個所が多く、クルマの行き来には注意が必要。

けっこうな大きさのトラックが横を抜けていくのが少し怖いですな。

DSCF2847.jpg

一番てっぺんの水ヶ峠トンネルは全長2804m。今治から行くと左側に自転車の走れる幅の歩道がついています。なかなか長いトンネルで、走っても走ってもなかなか出口が見えてこないといった感じでしたぞ。

このほかにもいくつかトンネルがありましたが、さほどクルマの怖さを感じるようなトンネルではありませんでした。

DSCF2855.jpg

トンネルを出て下りはじめてすぐの左手に米野町の小さな集落があったので、こちらを通ってみました。通り抜けができ、また国道に再合流します。

DSCF2859.jpg

石垣の棚田などもあり、なかなかいい感じの景色が続きます。

KIMG1496.jpg

石手川ダムも、玉川ダムと同じく重力式ダム。

木々の間から雄姿を望めます。


そのまま下っていくと奥道後に出ます。


DSCF2863.jpg

奥道後を過ぎたところすぐの喫茶店「Vanda」さんで一服。
創業40年の喫茶店でお母さんが一人で切り盛りされてます。
コーヒーはサイフォン式!いやぁ、なかなか美味い一杯でした。

DSCF2861.jpg

一杯飲んだら走り出そうとおもっとったのですが、ついつい話してたらがっつり休憩していまいました(笑)



Vandaを出て、標識に従っていくと

DSCF2870.jpg

四国八十八か所51番札所「石手寺」に出て、

そのままいくと道後温泉の温泉街へと到着です!!

DSCF2893.jpg

DSCF2897_20150523133805c03.jpg

道後温泉はいつ来ても賑わっていますねぇ~!

ひとっ風呂浴びるのもいいですなぁ。
有名な道後温泉本館もいいですが、個人的には「椿湯」のほうが広々で好みだったりします(^^♪


バンダ(VANDA)~奥道後、国道317号線沿いのアンティークなコーヒーの店

今治から松山へ抜ける最短山越えルート国道317号線。

松山側へ降りきったところにある温泉地「奥道後」

KIMG1497.jpg

走っていると右手に気になるお店を発見・・・。

コーヒー&インポート「VANDA」とあります。

一瞬、缶コーヒーのWANDAと見間違えそうになるも、建物のウッディ―かつアンティークな佇まいとなんだか古くからやっていそうなお店の雰囲気を感じ取り、入ってみることに。

DSCF2863.jpg

内装は思っていたよりも、もっとウッディ―!

お母さんが一人で切り盛りされてます。創業40年以上とのこと!

DSCF2862.jpg

さっそくブレンドコーヒー400円を注文。ドリンクメニュー以外にも軽食メニューもありました。

コーヒーはサイフォン式でポコポコと。コーヒーのいい香りが立ち込めます・・・。

「最近は近くにコンビニもできて、こういうところでゆっくりコーヒー飲む人がおらんのよねぇ」とVandaお母さん。「いえいえ、今コーヒーはなかなかブームやと思いますよぉ~」と。

DSCF2866.jpg

奥道後ができた当時は、もう人が入りきらんほど賑わっていたらしい・・・そもそも奥道後に来る観光客が減って、おのずと喫茶店に立ち寄る人も減っていったとのこと。

「あのころの毎日賑わっていたときが懐かしい・・・」

Vandaお母さんの昔話。

DSCF2861.jpg

当時から変わらぬ淹れ方。

なんだか懐かしさの詰まったコーヒーの味でした。美味かったです。

DSCF2864.jpg

かつては輸入雑貨や骨とう品も飛ぶように売れた時期があったとか。いまでも売っている?みたいです。

ちなみにVandaとは花の蘭の一種だそうで、紫の美しい花を咲かせるとか。(花屋さんもやっているそうです)

DSCF2865.jpg

今治松山の山越えルートサイクリングの休憩にいいなぁと。コーヒーは好きなので、喫茶店に入るとほぼ必ずホットコーヒーを頼んでしまうんですが、「生レモンスカッシュ」なるドリンクも気になります。

次回はそれを頼んでみましょうかね(^◇^)

石手寺のマントラ洞窟&奥の院マントラ塔(愛媛県松山市)

四国八十八か所51番札所「石手寺」

DSCF2869.jpg

6年前の自転車遍路の際には、「こんなところがあるなんて知らなんぞ!!」

と知らずに訪れじまいだった洞窟が・・・。


あの時は普通に参拝して納経して道後温泉へと出発してしまったんですよね。

ということで、再訪の今回はぜひ行ってみましょい!!

DSCF2870_201505231638377da.jpg

ということで、石手寺参拝を済ませたのち・・・

DSCF2873_20150523163836afc.jpg


それではマントラ洞窟へ!!

と思ったものの、境内をぐるぐる回るもそれらしいものはなかなか見当たらず・・・
「いやあ、確か石手寺だった気がしたんだが・・・」

DSCF2877.jpg

と、奥まった暗っぽいところに、怪しげな空間が・・・

DSCF2880_2015052316401722d.jpg

これだ・・・。

「100円程度お賽銭をしてください」とあるので、100円玉をお賽銭箱に入れ、門を進むと・・・

DSCF2879.jpg

おおっと・・・・・・結構狭くて暗そうですなぁ・・・・・・・

DSCF2889.jpg

しかも、想像していたものより3~4倍長い感じです。ひたすらまっすぐに洞窟が続いていきます。真っ暗な場所があったり、仏像が無造作に鎮座していたりして、けっこう怖い雰囲気です。

やっと出口が見えて、出てみると、反対側の道路に出ました。

看板をみると、どうやらこの洞窟の正式名称は「地底マントラ」・・・。
比較的最近掘られたモノらしく、建立当時からあったものではない様子。

DSCF2882.jpg

出口はこんな感じ。

道を挟んで反対側には「奥の院これよい65m」という看板と、怪しげな門が・・・むむむ。
エンマ様らしき像と「Welcome」の英語の看板・・・。

DSCF2883.jpg

門の奥の道は、草ボーボーでしたが、進んだ先に突然!!!

DSCF2884.jpg

金色に輝く球状の構造物が出現・・・。

仏教に詳しくないですが、とにかく異世界です。

DSCF2885.jpg

手元のパンフによると、これがマントラ塔。

DSCF2887_2015052316452185a.jpg

おお・・・・。

DSCF2888.jpg

うむ・・・・。

帰りも同じ洞窟を戻っていくと、左に分かれ道が・・・・。

より真っ暗な感じだったので躊躇しますが、ここまで来たのだから行ってみましょう。

DSCF2890.jpg

すると88体の仏像がずらり。ただ、暗すぎてよくわかりません。
たぶん、ミニ88か所参りのようなものなのでしょう。そう理解しました。

DSCF2891.jpg

別の出口に出てきました・・・。お堂の真裏です。

やっと元の世界に戻ってきたようです。


ところで「マントラ」ってなんぞ。

(国道196号線)今治~松山道後への自転車「はまかぜ海道」ルートレポート

今治~松山道後への自転車「はまかぜ海道」ルート

山越えルートはこちら

↑この記事にあるように、山越えルートで今治から松山へと抜けたのち、帰り道は海沿いの「はまかぜ海道」ルートをとりました。基本的には国道196号線を行きます。



参考にするのはNPOシクロツーリズムしまなみの発行している「はまかぜ島走MAP」
(今治のゲストハウス「シクロの家」にて配布しています。)

DSCF2906.jpg

道後温泉温泉街を通って、松山の中心市街地へ。
今まで走ってきた道からすると、本当に大都会といった感じで、信号機にひっかかりまくりました。なかなか進めません(笑)

KIMG1500.jpg

海沿いまで出てしまうと、かなり気持ちの良いルート!!

アップダウンもほとんどなく、快走できます。確か、日本縦断の時は向かい風にかなり苦しめられたルートですが、今回は横風。そんなに気にしなくてもいい感じでした。

KIMG1503.jpg

おなかが減ったので、遅い昼食。

「一楽うどん」さんというお店に入って、てんぷらうどんを。感じのいいおじちゃんがやってるうどん屋さんでした。柔らかめのうどんで、もちもち感のある手打ちでした(^◇^)

KIMG1502.jpg

また走って、休憩地点「ブルーヘブン」でアイスクリーム!!

KIMG1504.jpg

海を見ながらのアイスは格別!!

KIMG1506.jpg

道の駅「ふわり」の前の海岸沿いに面白そうな道があったので、入ってみました。海沿いにガードレールもない道が続いています!!「これはかなり面白い道!!」意気揚々と進んでいくと・・・・

KIMG1508.jpg

うわ、行き止まり( ;∀;)

プライベートビーチ的な海岸に出ただけでした。通り抜けられたらすごくいい道なのに・・・。

KIMG1511.jpg

そのまま一気に、シクロの家まで戻ってきました。

DSCF2904_20150523172351bf8.jpg

山越えルートも海沿いルートも時間的には、そんなに変わらなかったです。
久々の山越えルートは体にいい刺激になりましたな。
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 551 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
04 ≪│2015/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。