FC2ブログ
「銀輪記」~自転車旅行の記憶~
 

遍路が終わったら高野山奥の院へ 四国巡礼 番外編

【四国巡礼 番外編 高野山】

2009年3月4日、無事、四国88か所遍路自転車参りを終え香川県志度に戻ってきたぼくとジル君。
88のご朱印がすべてうまった納経帳をしばらくずっと眺めていました。

四国88か所参りは、88番の大窪寺にお参りした後、まだやらねばならぬお参りがあります・・・

「高野山 奥の院へ御礼参り」

お遍路参りに派弘法大師、空海が今なお眠るとされる和歌山は高野山奥の院に、
報告と御礼のお参りをする習慣があります。
このお参りをもって「満願成就」となるそうです。

しかしこの高野山・・・和歌山の山奥。
自転車で香川から自走するのはあまりに酷過ぎます。

ということで18切符輪行です!!



2009 3 5

DSCF8002_20120607061854.jpg

和歌山市内へ移動!!

DSCF7997.jpg

和歌山ラーメン食べて一泊!!美味い!!



2009 3 6

和歌山市内のカプセルホテルを出発。
自転車は輪行状態のまま和歌山駅に置かせていただきます。

DSCF8004.jpg

JR和歌山線から橋本駅で南海高野線に乗り換え、極楽橋でケーブルカーに乗り換え高野山駅へ。
高野山駅からはバスで高野山の町中へ!

高野山は金剛峯寺を中心に、たくさんのお寺が点在し一大宗教都市となっています。
こんな山奥にこんな町があるのかという感じを受けます。

天候はあいにくの・・・。

ですがこの雨が高野山の独特な雰囲気を醸し出します。

奥の院への入り口である「一の橋」を渡り、墓地の間の参道を進んでいきます。

DSCF8008.jpg

織田信長や伊達正宗、武田信玄、松尾芭蕉、法然・・・・
歴史的に活躍した誰もが知っているような人物の墓が次々と現れます。

独特な雰囲気。

言葉にするのは難しいこの緊張感・・・・

DSCF8009.jpg

ぼくは特に霊感があるとかいう人間ではありませんが、
ここが特別な場所であることを全身で感じます。

奥の院は撮影禁止だったので写真はありませんが、
御礼参りをし、最後の読経を納めました。

これでぼくらの四国88か所お遍路参りが全て終わったのでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ、銀輪記へ

手にした一台の自転車は、思いがけず遠くへと私を連れていき、生活へと染み込み、ついに。

カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
カレンダー
05 ≪│2021/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。
お知らせ
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス