「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

Le Tour de France 2012 ツールドフランス観戦初心者

どうも、むらまさです(^o^)丿

雨でほとんどポタリングが出来なかったのと、なかなか忙しさにかまけてたこともあって久々のブログ更新です(T_T)走りたい衝動に駆られていますが、なんとか抑えつつ。

でも、ひとつ楽しみにしていたものが始まりました。

そう。
ツールドフランス!!!
このおかげで梅雨が乗りきれそうです。毎晩楽しくて仕方ありません。

ってことで、今回はツールドフランスのお話し。



【ツールドフランスのすすめ】


第99回目のツール・ド・フランスが開幕!!!

mmbllqh.png

6月30日、ベルギーのリエージュから始まった今年のツール。

lacarte.jpg

およそ一カ月もの間、選手たちは毎日200㎞前後のコースを走り続け、フランスを一周する形で合計3500㎞もの道のりを駆け抜けるまさに「フランス旅行」ロードレースなのです!

start.jpg

とにかく規模の凄い大会なのです。
毎日毎日、平坦なコースだったり、とんでもない山岳コースであったり様々なルートが用意されています。
平坦の最後のスプリント(短距離)が得意な選手から、とにかく山を登ることが得意な選手など、自転車競技は選手によって特徴がはっきりしています。

そのため、総合成績一位の人のみが着れる黄色いジャージ「マイヨジョーヌ」をはじめとして、スプリント賞、山岳賞、新人賞などの賞が用意されており、毎ステージでそれぞれの選手は自らが狙う賞の為に全力を尽くしていきます。

2006tourdefrance.jpg

ちなみにスプリント賞はジャージ。
山岳賞は赤水玉ジャージ。
新人賞は白ジャージ。

SUNFLOWERS1.jpg

自転車競技は個人戦、そんなイメージが僕の中にもありましたがツールドフランスを見ていただけると一目瞭然。ツールドフランスの基本は「チーム戦」です。
今年も22のチームが出ています。勿論、同じチームの9人のメンバーは同じチームジャージを着ています。選手それぞれにはゼッケン番号が付けられており、一の位の番号が「1」の選手がそのチームのエース。そのエースを勝たせることが、チームの最大の目的です。

エース以外の選手は、風よけになってエースを引いたり、ボトル運びなどエースに尽くしていきます。この一人のエースの為にチームメイトが自らの犠牲を払って、全力を尽くす・・・この光景は他のスポーツではなかなか見られないと思います。エースの勝利はチームの勝利、すなわち自らの勝利なのです。

その事が分かりやすいこの写真を・・・。

greipel-line-stage4-AP_s640x427.jpg

andregreipelrouen.jpg

今年のステージ4のゴールシーンです。後方で渾身のガッツポーズを決めている選手がいます。彼はチームメイト、グライぺル選手の一位でのゴール、すなわちステージ優勝を歓喜しているのです。
彼はグライぺルを優勝させるため、最後の直線でグライぺルの前を全力で走り続けました。自らが一位になるための全力疾走ではありません。あくまでチームのため、グライぺル選手を優勝させるため。

自転車では空気抵抗が大きな敵となり、先頭を走るか、後ろに付いて走るかで全く疲労が違うのです。よって多くのチームは、勝たせたい選手(エース)を後ろに置き、その前をチームメイトが「引く」という場面が多く出てきます。平坦ステージのゴール前では、しばしばチームが列車のように列をなし、「トレイン」を形成する事があります。

ゴール前は、特に見どころが多いんですよね。

peloton.jpg

ツールのもう一つの楽しみ方は、「景色」です。
フランス一周の間、毎日毎日絶景が続きます。その絶景の中をまるで一つの大きな生き物かのように自転車選手の塊が走り抜ける光景はいつ見ても圧巻。


また、これからツールドフランス2012は山岳コースに入っていきます。
山の頂上にはチェックポイントが設けられており、険しさや長さ、標高などにより4級~1級、そして超級とランクが定められています。それぞれの級によりもらえるポイントが異なるわけです。山岳賞を狙っている選手は、このポイントを狙い、熾烈な争いが見られるわけです。

特に注目は7月12日(木)夜の第11ステージ。

img_profile_11.jpg

一日で2000mを越える超級山岳を2つも越えねばならぬ、超難関コースです!

Coldugalibier.jpg

険しいアルプスの山々が選手たちを苦しめることでしょう。

Plateau-de-Beille-crowds.jpg

とにかく、開幕してから一週間が過ぎましたが、まだまだ始まったばかり、これから様々なドラマが展開されていくのです!!

男たちはパリ、シャンゼリゼを目指す・・・


見どころを上げるときりの無いツールですが、一つの面白い要素として欠かせないのが観客。沿道で応援する人の数は1500万人とも言われ、世界190カ国で放映されます。(日本ではまだまだマイナー競技ですが)

t12_18812137.jpg

ss.jpg

up6750.jpg

沿道の応援はとにかく熱い!!もうお祭り騒ぎです!!思い思いの恰好をしたファンや、牧場でのアート、デカイオブジェやメッセージ。道路にチョークで書かれた応援メッセージなどなど・・・。

また、今大会には日本人選手も出場しています。
去年旋風を巻き起こしたボクレール選手率いるチーム「ユーロップ・カー」所属の新城幸也選手。

pic2927554.jpg

第4ステージでは、終始先頭を走り続け、見事敢闘賞を獲得しました!日本人初の表彰台です(T_T)今後の活躍にも十分期待ですぞ!!

去年優勝のカデル・エヴァンス選手ももちろん出場ω。多種多彩、個性あふれる注目選手が大勢います。

5758.jpg


今後、山岳ステージ、そして終盤にむけ、どんなドラマが展開されるか。楽しみでならない夜が続きます。




中継は日本時間のおよそ21時から25時辺りにかけてなので、かなり見やすい時間帯と思われます(^^)
全くツールを見たことないって人は海外のストリーミングやニコニコ生放送でみる方法もありますから是非一度どうぞ。日本のテレビでは衛星放送のJ SPORTSで放送中です(無料期間もあります)。



最後にこの動画。



Kraftwerk - Tour de France (2003)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

びっくらこいたー

今年のツールドフランス日本人選手が全く出てないものだとばっかし
思ってましたらアロー新城選手がエントりーされていて
しかもあのような活躍をされるとは・・・びっくりしました。
でも本当に嬉しいことですね。

これからの走りにも注目です!!

Re: びっくらこいたー

新城選手の活躍は鳥肌、感動モノでした(*^。^*)
これからツールもどんな展開になっていくのか。
まだまだ予想できず楽しみは続きます。

No title

悪魔おじさんの写真が笑

新城がんばってステージ優勝してほしいね~♪

Re: No title

悪魔おじさんは外せません(≧▽≦)
毎日楽しみは尽きませんなぁ~!

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 545 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。