「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

自転車最高峰畳平を目指す 乗鞍チャレンジ 二日目

2012 7 15

長野県松本 道の駅「風穴の里」


NCM_0143.jpg

朝、5時に起床。激しい雨音で目を覚ましました。
連休中ということもあり、多くの車が停まっており、この道の駅で一晩を過ごした車組みも多かったようです。
どうしようもない雨なので、しばらく待機することにしました。

NCM_0146.jpg

今日、この雨の中、乗鞍の山頂2700mまでチャレンジするか・・・明日のチャレンジにして、ふもとの乗鞍高原という民宿ペンションの多い地区で一泊するか・・・。

とにかく16日のうちには帰らなくてはなりません。

天気予報では午後から晴れ・・・。しかし山の天気は分からない・・・。

判断に苦しみます。

NCM_0148.jpg

そうこうしているうちに、一緒に野宿していたポーランド人サイクリストのドミニク君も起床。1時間ぐらい雨の様子を見ていましたが、彼は松本方面にむけ出発!ぼくらは見送ります。

さて、どうするか・・・。

「雨にぬれても登坂で汗だくになっても、そうは変わらないだろう」
この意見で弟と一致。無理やり出発を試みます。

8:00 風穴の里出発

NCM_0151.jpg

細く長いトンネルが続きます・・・。車も多く、歩道もなく、路面状況もかなり悪いです。
ミスったら死。まさに死ととなり合わせ。

NCM_0152.jpg

10kmほど走り、なんとか前川橋という乗鞍への分岐に差し掛かります。
あいかわらず、大雨が降り続きます。

NCM_0156.jpg

11:00 ひたすら登り続け、駐車場やビジターセンターのある場所に辿り着きます。
補給用の水分、パンなどを売店で買いこみます。

NCM_0159.jpg

雲の速度がものすごく速いので、ときおり青空が見えたりもしますが、基本は雨です!

NCM_0161.jpg

雨と汗で、もうこれ以上濡れないという所まで、びしょ濡れになりました。

NCM_0163.jpg

平均斜度6%の坂道をなんどもくねくね登り続け、ようやくマイカー規制ポイントの三本滝に到着です。標高1600m。

乗鞍スカイラインは環境への影響を考慮?して、マイカーやバイクの乗り入れが禁止されています。そのため、頂上の畳平までは、バスかタクシー、自転車でないといけないのです。

DSCF8566.jpg

雨合羽を着ても暑いだけなので、Tシャツで登っていきます。

一気に登っていくので、ついさっき通った道が、下方に見えます。一気に登っていることが分かります。さっきまであそこにいたのに・・・。

DSCF8568.jpg

とにかく足が回らなくなっていきます。ギアはこれ以上ないってところまで軽くしました。
途中、水分補給と栄養補給はこまめにしていきます。

しかし、パン一つを食べても、2つ3つカーブを曲がって上ると、すぐにお腹が減ってしまいます・・・。
ものすごいエネルギー消費量です!!

NCM_0167.jpg

ハンガーノックになったら終わり。こまめにパンやチョコレートは欠かせません。
ヘアペンカーブをこれでもか、これでもかと登っていきます。
二人とも既に心は折れる寸前の精神状態で漕いで行きます。

DSCF8571.jpg

ロードバイクの人たちも大勢来ていますが、どんどん僕らを追い越していきます。そのたびに心が折れそうになるのを必死にこらえます。ぼくらはキャンプツーリング。ぼくらはランドナーとマウンテンで制覇するんだ!!

NCM_0168.jpg

ツールドフランスのアルプスコースで見るようなヘアピンカーブの連続・・・。つづら折りです。
とんでもない所を登っていることを実感させられます・・・。

NCM_0173.jpg

森林限界を超えると同時に雪が姿を現します・・・。かなり厚い雪です。スキーヤーもいます。
僕らは半そで半ズボン。
それでも、体の内側から湧き出る熱エネルギーで、大量の汗が吹き出します。

NCM_0176.jpg

そこは異世界。

森林限界を自転車で超えたのは初めての経験。
ものすごい景色の中を走り抜けていきます。

しかし、二人とももうヘロヘロ・・・。次のカーブこそはゴール。次こそは・・・ことごとく裏切られます。
全然着かない。

霧というか雲の中に入り、視界のほとんど無い中をひたすら登っていきます。

まるで黄泉の世界・・・。

そして突然現れた県境の看板。

NCM_0180.jpg

・・・到着・・・。ビジターセンターから4時間登り続けました。
15:00 標高2715m!!
自転車で来れる最高地点です。
ようやく制覇できました!あとは高山に下るのみ。爽快なダウンヒルが待っているはずです。


しかし・・・様子が変です。

山頂にはバスやタクシー、登山客でごった返してる予定でしたが、だれ一人いない。
人がいません。霧で辺りも見えません。何が起こったのか・・・。

NCM_0182.jpg

僕たちはすぐには状況を飲み込めませんでした。

「連続雨量オーバーの為、高山側(岐阜県側)の乗鞍スカイラインは全面通行禁止」

自転車はおろか、バスとタクシーも通行禁止。長野県側も畳平手前で封鎖されていました。どおりで登ってくるバスやタクシーが少なかったわけです。

僕らはどういう選択肢があるのかも分からず、うろたえます。来た道を戻るのか・・・なんとか高山へ抜ける方法はないか?

通行止めを思い切って侵入してしまうことも考えました。しかし、そこは危険性やリスクを考えると手が出せない領域でした。日本縦断中の阿蘇、ラピュタの道の通行止めとは訳が違う気がしました。

高山側に降りることは不可能なのか。来た道を戻るしかないのか。
長野側から登ってくるローディー達は、記念撮影をし長野側に降りていきます。みな、この通行止めの情報を持っていたようです。ぼくらは登り始めた時間も早く、登っている途中で通行止めになったようです。そのため、ぼくらだけが、通行止めの情報を知らない事態となったのでした。

たまたま、ハイカーを頂上まで送ってきて、帰りを待っていたタクシーの運転手にとりあえず情報を聴きます。すると、畳平には「銀嶺荘」という宿があり、多分今日もやっているとのこと。
こんな霧の中、人っ子一人いない閑散としたなにもない場所で、宿が営業しているのか・・・いささか疑問でしたが、とりあえず行ってみることにします。

怖いぐらい誰もいません。みやげ物屋も完全に閉まっており、広い駐車場には一つもクルマがありません・・・。

しかし、一番奥まで走っていくと、煌々と光を放つ建物が・・・。

NCM_0181.jpg 

銀嶺荘です!聞くと営業しているそう!!しかも通行止めで予約がオールキャンセルになり、ぼくらともうひと組しかいないという。一階のみやげ物屋は真っ暗でしたが、宿はやっていたのです。

もちろん標高2700m。雲の上の宿ですから、そう安くはありません。しかし、もう手持ちの食料もない。一泊二食付きをお願いすることになりました。

ずぶ濡れの僕らを見て、風呂を沸かす時間を一時間早めてくださいました。銀嶺荘のみなさん、ありがとう!
風呂に入り、早めの夕食を食べたあと、そのまま19:00から朝まで倒れるように寝てしまいました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ムラマサ君
厳しいツーリングやったね。おつかれさん。ガスで絶景も見られなかった事でしょうね。
次は初秋頃に行くといいよ。頂上も忘れずにね。

No title

山内さん
ありがとうございます!翌朝は霧が晴れてきて絶景を拝めました(^^)v
乗鞍は小さい頃に親に連れられ、山頂まで登ったことがあるんですよ。
今度はランドナー担いで山頂制覇ですかねw

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 544 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。