「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

ジュール・ヴェルヌと僕 (レ・マシン・ド・リル)

僕が旅好きになった原点と言いますか…その下地には「ジュール・ヴェルヌ」の存在があります。。


Jules_verne.jpeg
Jules Verne (February 8, 1828 – March 24, 1905)

中学高校時代にかけて好きだったSF作家です。
SFといっても非常に古典的なもので、冒険モノが多いという特徴があります。

DSCF9737.jpg

有名どころでは「海底2万里」。

パリ博物館教授で海洋生物学者のアロナックス教授と助手のコンセイユ、銛打ちの名人ネッド・ランドの3人と謎の潜水艦ノーチラス号のネモ船長の潜水艦の旅のお話し。

是非、未読の方は読んでみてくださいな。子供じゃなくても楽しめますよ。

この本も1870年に刊行されてるんですよね・・・驚きです。


昨晩にNHKスペシャルで深海に潜む超巨大イカ、ダイオウイカの特集やってて僕はこの海底2万里を思い出しました。それにしてもダイオウイカの特集面白かったな(笑)

39479.jpg

他にも「80日間世界一周」やら「地底旅行」、「月世界へ行く」、「十五少年漂流記」など冒険心をくすぐる著作ばかりです(*^。^*)

勿論、古さはありますし、今の科学からすれば「そんなバカな…」というような所もありますがそれも含めて楽しむのがいいんじゃないでしょうか。この時代の最先端の科学はこんなこと考えていたんだなぁ~とか考えるのも面白いでしょうし、単にファンタジーとして読むのもいいでしょう。


最近ヴェルヌの誕生の地、フランス・ナント市に「レ・マシン・ド・リル」というアミューズメントパークが出来たとか・・・。機械仕掛けの動物に乗れるみたいです。

Les Machines de lileのHP(英語)
http://www.lesmachines-nantes.fr/en/

galerieselephantr800.jpg


行ってみてぇ・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 544 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。