「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

徳島歩き遍路のはじまり 【歩き遍路第2話】

歩き遍路2010 第2話

2010/2/13
板東駅~



第1話はこちら

板東駅にて駅宿。
始発が来る前に起床です。人が来る前に…と思ってましたが、起床するとベンチに電車を待つ人が2人…。でも良く遍路さんが泊まってるようで、慣れてる感じでした。不審がられることは一切なく、簡単に挨拶したくらいでした。

四国の方は野宿遍路に慣れてらっしゃる。

有難いことです。

DSCF1938_20130115003735.jpg

早速荷物をまとめ、1番札所へ!!

DSCF1939.jpg


一番札所の霊山寺のすぐ横には遍路用品を扱った売店があるので、そこで用品を一式買い揃えます。菅がさ、白衣、杖、納経帳、お経本・・・。

遍路はおカネが意外とかかるんですよ(笑)

DSCF1940.jpg

DSCF1942.jpg


DSCF1943.jpg

さっそく三人で読経です。般若心経をはじめとしたお経を唱えて行きます。一年ぶりのこの感覚!なんだか久しぶりです。けっこう覚えているもんでした。

DSCF1946.jpg

記念写真をパチリ。

まだこの時は表情が柔らかい!(笑)このあとどんどん疲れて行きます。

DSCF1951.jpg

DSCF1952.jpg

DSCF1953.jpg

最初の方は寺が密集しているので、次々と周ります!!
・・・という予定でしたが、やはり自転車でまわった時の感覚が捨てきれず、「こんなに遠かったっけかな?」という感覚が心労をもたらします。自転車の感覚が邪魔をします。

自転車の3分の1の速度。

頭では分かっていても、体が嫌がる感じです。なかなか進まぬ行程にフラストレーションがたまります。
でもまだ楽しさが勝っている。複雑な感じです。

DSCF1965.jpg

自転車遍路では通れなかった「本来の遍路道」を進めます。

DSCF1969.jpg


これは面白い!!

DSCF1967.jpg


これぞ遍路旅という感じがあります。

それにしても荷物が重い・・・。肩に食い込み、腰にも負担があります。
杖に体重をかけ、ゆっくり歩いていきます。杖を右左持ちかえたりしながら試行錯誤を繰り返します。

DSCF1970_20130115003802.jpg


4番札所の大日寺。

DSCF1977.jpg

大きなトラブルには見舞われず、とりあえず順調に遍路旅がスタート。

初日の午前中が無事に終わりました。

まだ午前中です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 580 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。