「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

とある夏の思い出ばなし

下宿先から弟が帰ってきてるので、2011年の北海道ツーリングの話になった。

スポーツ自転車なんて乗ったこともなかった弟を半ば無理やり北海道へと連れて行った。2週間の旅。

とにかく連日、台風が停滞。ノロノロ台風と言う奴だ。

強風と大雨と洪水。

とんでもないハプニングが毎日毎日起こった。僕にも衝撃的な旅だったけど、これが初めてだった弟にはかなりショックだったらしい、色んな意味で。ライダーハウスや小屋での体験は特に強いカルチャーショックだったらしい。

ふつうの人間からすると、よくこんな所で眠れるなぁ~みたいな感じだったんだろう。ぼくも、濃すぎる場所に連れて行きすぎたなと少し反省(笑)

旭川から天塩中川まで洪水の中を走ったり、怪しい浮浪者(薬中?)と同じ小屋で台風を過ごしたり・・・寝る場所が見つからず街灯も家も何にもない真っ暗の道を10㎞以上走り続けた夜もあった。。北海道の真っ暗は本当に真っ暗。数㎞家が一軒もないなんてのはざらにあるのだ。

天塩鏡沼のプレハブは多雨と強風で、小屋ごと飛ばされるかと思ったほどだった。台風が直撃。風で常に震度3ぐらいでプレハブが動き続けていた。多雨のため、そこら中の虫という虫がこの小屋に避難してきており、虫だらけのプレハブ。仕方が無いので中にテントを張って蚊帳代わりにした。

雨をやり過ごすために、2日間も温泉で開館から閉館まで居座ったこともあった。同じライハのおっちゃんと、誰も来ないロビーのテレビの前でゴロゴロしまくった。雨だし田舎すぎて誰一人来なかった(笑)

稚内ではバケツをひっくり返したような豪雨に遭い、タイヤの半分以上が水に浸かりながらも走り続けた・・・。あんな雨の中を走ったことは今までなかったし、これからもないだろう。

雨の経験もすさまじかったが、弟には見づ知らずの人がこんなにも親切だったことも驚きだったみたいだ。声援をかけてくれたり、弁当を差し入れてくれたり、ビールをおごってくれたり・・・。二度と会うことはないかもしれない僕らにこんなに親切にしてくれることが最初は不思議だったらしい。

これらの話は、二人ともかなり詳細に覚えている。かなり鮮明に(笑)
とにかくしんどい旅だったけど、酒のつまみに年老いても話せる思い出なんだろうなと思う。無理やり連れて行って良かったかな。

DSCF6743_20130214022925.jpg

≫北海道兄弟ラン2011
http://chema2sa.blog.fc2.com/blog-category-7.html


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 545 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。