「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

福島から宮城県仙台へ 「回顧録」 日本縦断38日目

2012 3 22

南福島駅まえサウナ、フェニックス。



昨晩は疲れて、風呂に入って布団に横になった瞬間から記憶なしです。倒れるように眠ったのでしょう。昨日から福島を走っていますが、まだ心に何か引っかかった感じでスタートしました。

ぼくが走ることに何の意味があるのか…走って良いもんなのか。



弁天橋。阿武隈川を渡ります。



橋を渡っているとき、福島県に入って初めて声をかけていただきました。福島市在住のおばちゃんでした。少し旅のお話しをしました。

去り際におばちゃんが…
「福島に来てくれてありがとう」

この言葉が本当に僕を救ってくれました。
僕はここを走って良かったのかもしれない。
走ることに意味があったのかもしれない。



吾妻小富士という山を教えていただきました。福島にも富士山がありました。



少し進むと

道で僕を見かけた福島市在住のおじさんが、コンビニで待っていてくれて、声をかけてくれました!以前、息子さんが世界一周をされていて、その時いろんな方にお世話になっただろうからと、カンパまで。震災の時の様子、放射能についての考え…ほんの一部だろうけど聞くことができました。

夕刻だったら泊めてあげれたのにとまで言っていただけました(:_;)

パトカーなど警察車両が異常に多いのは、やはり規制地域内での空き巣など治安が良くない関係で、全国から集まってきているそう。 福島市内は至って「普通」に見えます。もう、壊れている建物があるわけでもなく、道が封鎖などもない。建物がだいぶやられた地域もあるそうだけど。外見は至って普通の町。僕としては福島の人の内面が気になる。さっきのおじさんは、もう年だから放射能は気にしていないと言ってらした…。



北上するとやはり、屋根瓦の補修作業中の家がちらほら…



桑折町の仮設住宅は規制地域からの避難してきた方々で満室。やはり帰るメドは全くないとのこと。

県北中学校…



国見町に80年以上住んでいて、この県北中学校出身だというおばあちゃんとお話し。・・・が、方言で半分くらいわからなかったが…(*_*;

やはり、この地域は揺れによる建物被害は少なかったそう。これから少し山だから頑張れと車に気をつけろと言ってくれたと思う。たぶん。



福島県を出、宮城県に入ります!



名取…まさに津波に襲われた地区に来ました。

あの日の衝撃的なテレビ映像は忘れもしません。水が名取川を逆流し、田畑を飲み込む濁流…。

時季なのか塩害によるものなのか分かりませんが、荒涼とした田畑になにか虚しさを感じずにはいられません。



仙台市内…一気に都会に来た感じです。クルマの通行量も圧倒的に増加。ちょっと走りにくい。



ゲストハウス宿や萩に到着!仙台駅からほど近くという最高の立地にも関わらずドミトリー一泊2500円という素晴らしい安宿です。シャワー・キッチンも自由に使わせていただけます。明日をオフ日にしたい旨を話すと、満室だけど居間に寝るなら特別に1000円でいいよと。ありがたいです。

牛タン食ってみて~な~~と思っていたら…



天から降ってきました。
ではなく、仙台の牛タン屋さんで働かれているあゆみさんが差し入れてくださったのだ!

あゆみさん、ごちそうさまでしたm(__)mめちゃうまでした

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 545 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。