「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

一期一会のサイクリング|木曽旅ひとり旅|第3話

第3話:一期一会のサイクリング
第1話はこちら
第2話はこちら

2013.5.5

たまたま訪ねることになった木曽福島の地酒「中乗さん」の酒蔵を、2Lの水で重くなった自転車をこぎこぎ走り出しました。酒蔵のみなさんのあたたかさに心がぽっとした感じがします。木曽福島も山間の温泉地といった感じで好きな雰囲気でした。

i00214.jpg

手作りのお酒酵母のパンで補給(*´ω`*)

i00215.jpg

道の駅「木曽福島」はかなり混んでいたのでトイレ休憩だけ。山と山の間に雪のまだ残る御岳が綺麗に見えました。ここからは例のごとく国道19号をそれて対岸を走る県道508号線を走ることにします。

i00217.jpg

車はほとんど通らないけど、川沿いに走りやすい綺麗な道が伸びていました。ゆるやか~に下っているか平坦かといった感じの道なのですいすい走れます。軽快です。こんなに気持ち位サイクリングがあるもんでしょうか(笑)

i00218.jpg

のんび~り上松という集落を走っていた時のことでした。

前のほうに僕と同じようなスタイルの自転車旅人が走っているではないですか!思わず声をかけてしまいました。彼の名はヨシダさん。仕事が休みとなるGWを利用して埼玉からキャンプツーリングに来ているとのこと。

i00239.jpg

長野の山の中を走り回ってきたそうです。二人とも走りにくい国道を避けて農村の風景を堪能しようと同じようなルートになったのでした。方向が同じということもあり、すぐに意気投合。

一緒に走ることとなりました。


裏道という裏道をのんびりおしゃべりしながらペダルを回していきます。

すぐに「寝覚の床」という景勝地に到着!浦島太郎の伝説が残ってる場所らしいですよ!

浦島太郎は竜宮城から地上へ帰るが、まわりの風景は変わっており、知人もおらず、旅に出ることにした。旅の途中、木曽川の風景の美しい里にたどり着き、竜宮の美しさを思い出し、乙姫にもらった玉手箱をあけた。玉手箱からは白煙が出て、白髪の翁になってしまう。浦島太郎には、今までの出来事がまるで「夢」であったかのように思われ、目が覚めたかのように思われた。このことから、この里を「寝覚め」、岩が床のようであったことから「床」、すなわち「寝覚の床」と呼ぶようになったという。


i00229.jpg
↑断崖絶壁にたたずむヨシダさん(そんな隅まで行ったら危ないですよ…(;・∀・)←高所恐怖症)

これが思いのほかいいところでした!!

i00226.jpg

記念写真をパチリ!

i00230_stitch.jpg

川の浸食で花崗岩が大きく削られて断崖になっています。

素晴らしい景色とおしゃべりに夢中になっていましたが、気が付いたら二人とも腹ペコ(;・∀・)近くのお蕎麦屋さんに入ることにしました。「食事処 中村」さんでお蕎麦定食をいただきます!!

i00238.jpg

信州に来たらお蕎麦でしょ!?という端的な考えによるチョイス。ヨシダさんはとろろ定食を注文!!あれも実にうまそうである。山のごはんはいいですね。長野も岐阜もご飯がおいしいです。

コンビニでもしもの時の夜ご飯、カップヌードルを購入して国道19号を南下していきます。ぼくが先頭となりヨシダさんをひっぱります。須原宿、大桑村と旧中山道に入り込み、農村の風景を堪能します。

i00242.jpg

特に大桑村の棚田の風景はなかなか綺麗で、二人とも感動です。

「裏道、さいこー!」

こういうのどかな風景はずっと残していきたいですよね。

i00243.jpg

木曽駒もくっきりと美しくそびえています…。

ヨシダさんは阿寺渓谷のキャンプ場、ぼくは中津川方面へ進む予定なので、野尻宿という分岐点でお別れです。ひとり旅だからこその出会い。たまたま偶然出会った旅人同士の旅の共有…ぼくはこれを自転車ひとり旅の一番の醍醐味だと思っています。手を振って別れました。またどこかで会う気がします('◇')ゞ

たまたまその日その時にその場所を走っていた旅人同士のめぐり合わせ…まさに一期一会という言葉通り…自転車ひとり旅は決して孤独ではありません…ひとりで走っているからこそ、人との出会いが広がる…一人旅の一番の面白さはここにあります。

i00248.jpg

野尻宿、南木曽と宿場町を転々としながら南下。ずっと一人で旅をしてきたから慣れたもんなはずなのに、二人から一人になるとちょっと寂しい感じもします。

有名な宿場町「妻籠・馬篭」へと向かう分岐点にさしかかりましたが、あまりに車が多いのと、かなり険しい峠道ということで、今回は断念。ここは前に何度か来たことがありますしね。川沿いの通ったことない道を選びました。(有名な桃介橋はどこにあるかわからず、いつの間にか通り過ぎてしまいました…(;_;))

i00249.jpg

木曽川沿いはちょっとしたアップダウンが何回か続きます。特に中津川の町に入る直前はアップ&ダウン…(;_;)

i00252.jpg

中津川の町に到着。さて、ここからは本格的な山道に入っていきますよ。日没までに寝床を確保できるか!?


つづく
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ちょっと見逃している間に更新されてた~
その節はお世話になりました。
ムラマサさんの寄り道スキルのおかげで中山道を堪能できました(*´▽`*)
馬籠峠も行って、次の話の彼ともすれ違いましたよ~

Re: タイトルなし

こちらこそどうも(*^。^*)コメントありがとうございます!
寄り道スキル…(笑)寄り道しまくって道を間違えたり見失ったりして迷子になるのが常ですから。
次の日に馬篭峠行かれたんですね!坂道キツくなかったですか?
しかもあの方とも会うとは!あのスウェーデン人の腕の太さは驚きでしたね(笑)

また静岡来ることあったら連絡くださいね(^^)

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 545 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。