「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

マルシン飯店、京都の中華の名店だ!最強の天津飯!!(東山三条)

観光都市京都にあって決して観光客向けではない昔ながらの中華料理屋…地元民から絶大な人気を誇る隠れた名店!!

そんなお店があると、京都在住の相方からずっと聞かされていて、「行きたい行きたい」とずっと思い続けてやっと来れました。前に来た時はちょうど定休日、今度こそはってことで来ました!!

と、ここまでで僕の中でどんどんその味は妄想の中で誇大化されており、もう絶品中の絶品というイメージが頭の中に構築されているため、かなり高いハードルになっています…果たしてどうなのでしょうか。

マルシン飯店、京都の中華の名店だ!最強の天津飯!!

そのお店は京都の東山三条にあります。赤い古そうな看板はなかなかの迫力があり、いきなりフラッと観光客が立ち寄るのは至難の業といった感じもありますな(言い過ぎ)

「マルシン飯店」

ある意味、ごくごく普通の大衆中華食堂といった雰囲気でしょうか。

マルシン飯店、京都の中華の名店だ!最強の天津飯!!

お店の前にはショーケースが。料理は種類が豊富なようです。手書きのメニューには値段が書いてありません(笑)これは初見では入りにくいかも。(実際は至って普通、むしろ安いなあと感じる値段設定です)

中に入るとこれもいかにも大衆中華食堂といった感じの赤いテーブルが6,7台。一番奥のテーブルでは常連さんらしきコワモテのおっちゃんが日本酒片手にテレビを見つつ天津飯を食べていました。

僕らが入るのとほぼ同時に部活の合宿とおぼしき高校生と顧問の先生のグループが入ってきました。どうやら顧問の先生が夕飯に連れてきたようです。生徒にしきりに「天津飯」をススメ、生徒のほぼ全員が天津飯を注文していました。(安くてボリュームがあるからかな?)

まあでもそんなに言うなら・・・と、聞き耳を立てていた僕も天津飯を注文。ビールとエビの天ぷら餃子も4人前注文。(頼みすぎたか?)

マルシン飯店、京都の中華の名店だ!エビの天ぷら

まずはビールとエビの天ぷらが。ビールはサッポロの黒ラベルです。

小エビの天ぷらは衣に味が付いているので、しょうゆなどは何も付けずにカラシで頂きます。プリプリしていて味がしっかりついているのでビールが進みます。これはいける!

マルシン飯店京都の中華の名店の餃子

そうこうしているうちに餃子が到着!小ぶりなので一人2人前はぺろりと行けそうです。これを見ていた高校生の数人が餃子も追加注文(笑)

餃子をラー油の効いたタレにつけて口へパクっと・・・じゅわ~~~・・・口いっぱいにジューシーな豚肉と野菜のうまみが広がるじゃないですか。おお、うまい!!餡の肉と野菜のバランスが絶妙ですぞ。箸が止まりませんな。

マルシン飯店、京都の中華の名店だ!最強の天津飯!!

そして連打のように天津飯の登場。

白ごはん、卵、餡・・・

「なんだ…具とかグリンピースは入っていないのか…」

本当に何も入っていないシンプルな天津飯ですな。ちょっと拍子抜けです。うーーん、どんな味の餡なんでしょうか。しかし顧問の先生が生徒全員に食べさせたかった天津飯…。餃子の肉汁と野菜、ラー油のピリッとした辛さで包まれている口の中に、天津飯をちゃっちゃっとひとすくい…口へと運びます。ふむふむ。

なななななんじゃこりゃ!!!

口に入れた瞬間、醤油の旨み、風味が口全体に染み込んでくるではないですか!そして次の瞬間、ふわっふわトロトロの卵に包まれ…!あひょ!!うんみゃぁぁ~~~!思わず目を見開きます。これ以上ないというくらい洗練されたシンプルさの頂点を極めたうまさ。絶妙な甘さとトロ~ミ。白ごはんには汁が染み込むことなく、これがまた良い~食感なんですわ!!

さ…最強天津飯…

かなりの高さまで上げていたはずのハードルを超軽々と越えていきました…。ぴよーーーーん。ぼくは取りつかれたように無心に天津飯をかきこみます。

最後の一口を口に運び、つい溜息のように「うまぁ・・・」という声が出てしまいました。すると奥でテレビを見ていたコワモテ日本酒おっちゃんがこっちをみてニカッと笑います(ふふふ、どうや、参ったか?これがマルシンの天津飯やねん!)。横をみると同じく天津飯を食べていた高校生たちが空になった器を目の前に恍惚の表情になっていました。


とんでもない天津飯に出会ってしまいました…。もちろん味の好みは人それぞれですが、少なくともあの場にいた客全員が思ったはずです。

「この天津飯は絶品だ・・・」


マルシン飯店
京都市東山区東大路通三条下ル西側
075-561-4825
11:00~翌6:00
火曜定休
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 544 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。