「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

万野風穴、現在の内部の状況|溶岩洞窟に潜入!!

万野風穴・・・

総延長908.3m、幅6.4m、溶岩流は万野風穴溶岩流からなる風穴で、富士山初期の溶岩流からなるそう。長さは日本最大クラスです。1922年(大正11年)に、国の天然記念物に指定されています。

文化庁の解説によると…

熔岩ノ流出スル際生セル洞穴ニシテ本邦ニハ其ノ数多カラズ富士四近ニアルモノノ中萬野及ヒ駒門ノ風穴ヲ大ナリトシ且洞穴内ニ於テ熔岩ノ流出シタル状態ヲ想思スルヲ得ヘク又熔岩鍾乳アリ


大正時代を感じますな。

天然記念物なのですが、現在は保護と崩落の危険のために閉鎖されています。昔は観光地だったみたいですけどね。地震とかがあると何度かメートル級の岩石が崩落しているみたいです。

入り口は富士宮市内の池田公園の一角にあります。

DSCF1354.jpg

今回は色々あってこの中に入る特別許可がおり、中ほど200mのあたりまで行くことが出来ました。たぶん一生に一度しかいけない場所でしょう。

DSCF1364 - コピー

アツアツの溶岩が流れ出した時に、溶岩の表面(外側)だけが冷えて固まり、割れ目などから中身のドロドロ溶岩が抜け出てしまうことでトンネルが出来上がります。

公開されていないため勿論、電灯などはなく真の暗闇です。気温は15℃程度、かなり涼しく快適です。

DSCF1374.jpg

溶岩が流れた構造や溶岩棚、溶岩石筍、溶岩つららなどが観察できました。

DSCF1378.jpg

また、こんな真っ暗な世界にもしっかり生態系が広がっています。洞窟昆虫やコケ類…これまたすごい世界でした。

DSCF1389.jpg

こういう場所は一度閉鎖されてしまうとなかなか再開とはいきませんからね…安全がしっかり確保され、何かの機会があればいいのですが。

万野風穴(池田公園内)

大きな地図で見る

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 551 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。