「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

day23 出会い、再会。岡山→加古川

2012 3 7

岡山市内。
今日の予報は曇り時々晴れ。

日生、赤穂を通り、姫路方面に行く予定!

後楽園が8:00から開くということで、開園と同時に入ります!



美しい庭園ですね~朝方来るとすがすがしい気分になります!

黒い岡山城もなかなか良いですね~(^o^)



梅が満開でしたよ~(≧Д≦)良い香り!



途中、愛知から18きっぷ旅中のお兄さんと会い、一緒に庭園を回ります!


9:00 愛知のお兄さんと別れ、250号を東進します!

しばらくして、、
Twitterでお世話になっている岡山在住のもっくんさんから、会えるかもというメッセージをもらいます。

車か何かで来るかな~などと予想しながら走ります…

しばらくして、後方から

「見つけた~!!」

なんと、自転車で追いかけてきてくれました!



出張の関係で会えないかもしれないとのことで、残念に思っていたので実際に会えてめちゃくちゃ嬉しかったです!


2号に合流し、備前市に入り、



伊部から海沿いに入ります!



目的は、、、

日生のかきおこと、赤穂城です(*^o^*)

かきおこ♪かきおこ~♪


日生にて、、、



なんとなく、このお店にしましょう!
お好み焼きまるみさんです。

せっかくなので、並より200円高い、特製盛を注文!

かきおこ…牡蠣の入ったお好み焼き…2~3個牡蠣が入ってるものを想像していました…

が!!



どーーーーん!!!

20個以上入ってます(◎-◎;)牡蠣の方が生地より多いと!?

そして…めちゃうま!!ペロッと食べちゃいました。

ごちそうさまでした。




日生を過ぎ、赤穂を目指します。

海沿いを駆け抜け…



兵庫県入り!!



大石神社でお参りし、



赤穂城跡!!



赤穂生まれ赤穂育ちのおじいちゃんが声をかけてくれ、案内してくれました。



一の丸、二の丸、三の丸、浪士屋敷の場所。昔は城の南側は海、東側は川だったこと。おじいちゃんの高校生時代の昔話…とても勉強になったし、楽しかったです(*^o^*)

お元気で!



赤穂の町並みを見つつ、相生へと向かいます!赤穂から相生へは高取峠という峠を越えます!だいぶ速く登れるように、体が慣れてきました。


二号に、再合流し、姫路を目指します。結構走っているはずなのに体の調子は最高です。



姫路城まで後少しの所で…



仕事終わりに姫路在住のsumiさんが、駆けつけてくれました!!

sumiさんは萩往還で峠越えしてるときに出会ったサイクリストで、会ってからブログを見てくれていました。

日本縦断中に同じ方に、二度会うことはかなり珍しいことでしょう。まさに奇跡的な再会です。



姫路城は改装中でしたが(笑)

sumiさんと2時間くらい一緒に走り、飯屋に入ります!



カツ定食うめぇ~(*^o^*)いろんな話をして、楽しい時間を過ごさせていただきました!

食べてる途中、日本縦断の看板見てくれた大学一回生二人組が声をかけてくれ、旅についてお話しました。

旅をはじめたきっかけ、うまく説明できなくてごめんなさいね!

いろんなことが、重なって旅をさせてもらえているんです。


高砂でsumiさんと別れ、僕は加古川を目指します!

しまなみのナイトライドと違って明かりがあるし、人がいるから全然走れますね!

22:00 東加古川のネットカフェに入りました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 545 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。