「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

丹後半島サイクリング・ジオパークの海岸沿いを行く:Day2

2013.8.22 天橋立ー豊岡

1日目のお話はこちら

テントが暑くてほとんど寝れませんでした…( ;∀;)

風が入ってくるようにテントを網戸モードにしますが一向に風の吹く気配が無い…あたりは静まり返っています。仕方がないので一旦出口を開けて、中のムンムンの熱気を入れ替えることにしました。

と、これが最悪の事態に。

一匹、蚊か何かの虫が入ってしまい、寝ていると耳元でブーーーーーーン…(;_:) こいつとの格闘で1時間以上は費やしてしまったと思います。ぐぬぬ・・・。そんなこんなで寝れなかったので、もうここは諦めて早く出発することにしました。

丹後半島サイクリング・ジオパークの海岸沿いを行

日の出前の出発。丹後半島の海岸沿いに走っていると太陽が昇り始めます。

今日は丹後半島国道178号沿いにぐるーーっと周って、経ヶ岬丹後松原琴引浜と海岸沿いを走り抜け、久美浜辺りまで行く予定です。

丹後半島サイクリング・ジオパークの海岸沿いを行

小さな集落に出てはまた海岸沿いの道。こんなに早い時間に走ったのは久しぶりかもしれません。ひんやりとした風がほほをかすめていきます…。さっきまでのテントでのモヤモヤは、朝の爽快感で一気にすっ飛んでしまったようです。

DSCF1777.jpg

6時半ごろ
伊根町に到着。伊根は舟屋で有名なところです。海岸沿いに浮かぶように建てられた家々は、一階が船をそのまま収納できるような作りになっているのです。これはなかなか珍しい景色ですよね。ただ、海が大しけの時とか台風来たときとか大丈夫なんでしょうかね…。こんな朝早くにも関わらず、釣り人が何人か訪れていました。もちろん観光客は皆無です。

「まあ、数軒の舟屋が残ってるだけなんだろうなぁ~」

なんてあんまり期待しないで行きましたが…すこし奥の湾に向かうと…

伊根舟屋丹後半島サイクリング・ジオパークの海岸沿いを行

反対側の岸辺にずら~~~~っと舟屋が並んでいるではないですか!!パンフレットによるとその数約230軒!!

こちらがわの岸からでは、望遠鏡でもないと見えないくらい小さく長ーーく舟屋は並んでいます。そりゃ、観光客は遊覧船で観て周るわけです。もちろんこんな時間では遊覧船も有名な向井酒造もやってませんが(笑)

丹後半島サイクリング・ジオパークの海岸沿いを行

そういえば朝ご飯食べてませんでした。本当は道の駅まで行こうかと思いましたが、道の駅は本線から往復3㎞ほど離れた場所…完全に行くのが面倒になり、道端でお湯を沸かし日清をば。

どこでもいつでも食べられる日清カップヌードル…

ありがとう、安藤百福


朝飯をぱっぱと済ませてまた走り出します。まずは小さな峠2発。いきなり汗だく。下りきると本庄という地区に出ました。ここには浦島神社があるはずです!!

丹後半島サイクリング・ジオパークの海岸沿いを行

8:00
北条小学校の裏手にある浦島神社到着!!

伊根町には、最も起源が古いといわれる日本最古の浦嶋伝説が伝わっているそうです。浦島太郎こと「浦嶋子(うらのしまこ)」を筒川大明神としてまつっているとか。


んでもってここからもう一発峠越えです!!体感で5~6%の傾斜の坂が続きます。

丹後半島サイクリング・ジオパークの海岸沿いを行

荷物満載のランドナーではせいぜい登りは時速6、7km…少しスピードを落とすと、体が熱を持ってるせいかアブなど虫がどえらい数よってきます。

「あっちいけ~~!!こっちくんな~~!!!( ;∀;)」

登る事よりこっちの方が疲れました(笑)

丹後半島サイクリング・ジオパークの海岸沿いを行

登って下って登るとこの景色!!!丹後半島のハイライトです!!!

DSCF1817.jpg

入り組んだリアス式の海岸に沿って道がウネウネ回り込んでいきます。車通りもほとんどなく、もちろん民家や商店も何もない区間が続きます。サイクリングやバイクツーリングには最高の景観ルートですな。補給ポイントが無いのがちょいと心配ではありますが。

丹後半島サイクリング・ジオパークの海岸沿いを行

丹後半島サイクリング・ジオパークの海岸沿いを行

丹後半島サイクリング・ジオパークの海岸沿いを行

9:00
丹後町袖志(そでし)の集落が見えてきました!!

DSCF1831.jpg

棚田で有名な場所ですが、僕的にはこの海に面した漁村の風景が好きでした!目の前は美しい砂浜ですし。

DSCF1835.jpg

これは何を干してるんでしょうか…??知ってる人いたら教えてください。

DSCF1840.jpg

これは…イカですよね(^^ゞ


いやぁ~暑くてたまりません。日が出てきてからは一気に気温が上がってきました。肌がさすようにジンジンしてきます。

10:00
少し走ったところの中浜という海水浴場で休憩。

丹後半島サイクリング・ジオパークの海岸沿いを行

トイレの横に海水浴客向けの水シャワーが設置されていたので一発汗を流します!!

「さ、最高に気持ちいいじゃないか!!水シャワー!!一気に爽快!」

ついでに服も洗ってリュックに装着!!走りながら乾かす作戦です。

丹後半島サイクリング・ジオパークの海岸沿いを行

このあたりは丹後松原と呼ばれる地域らしい。

DSCF1873.jpg

屏風岩。海が綺麗すぎますwwwひゃっほーー

DSCF1885.jpg

DSCF1884.jpg

まだ昼前ですがこれだけ綺麗な海見てたら……こういうもの食べないとバチが当たる気がして……

DSCF1886.jpg

11:20
道の駅 てんきてんき丹後にて海鮮丼!!コリコリ白身系の魚が最高にうまかった!!(*´ω`*)満足満足

これで午後も走れます(*^^*)

するとイヨッキュ氏から「取り敢えず琴引浜行って「鳴き砂」ですな!(*゜ー゜)ゞ⌒☆」のツイート。鳴く砂浜があるとな!!!ガンガン泣かせてやりましょう。

DSCF1890.jpg

っちゅうことで琴引浜到着。さっそく泣かせてやりましょう!!

ん??

あれ??

なんどやってもウンともスンとも言いません…。おかしいですね。場所を変えてみたりしますが…

「貴様になど泣かされるものか!100年早いわ!!!」

っちゅうことでしょうか( ;∀;)

DSCF1901.jpg

網野まで来てようやくコンビニが(笑)

スポーツドリンクで「アミノ」酸補給です。(網野でアミノ…ドッカーーーン!!)

DSCF1903.jpg

海側は快晴なんですが、山側には嫌な感じの積乱雲が…なんだかゴロゴロ言っています。

豊岡在住のアイパッチ博士氏からは、「豊岡は大雨洪水警報&雷ゴロゴロ」の知らせが( ;∀;)

DSCF1919.jpg

16:50
このまま久美浜でキャンプすべきか…豊岡まで行って安いビジネスホテルに投宿すべきか…ソフトクリームを食べながら悩みます…(;´・ω・)うむ

久美浜で宿を探すか、豊岡まで行って宿探すか……久美浜の道の駅でキャンプはるか……

久美浜で宿を探すか、豊岡まで行って宿探すか……久美浜の道の駅でキャンプはるか……

一日中猛暑にやられて、思考回路がぷっつん。

DSCF1945.jpg

「とりあえず、展望台のある兜山登ってくるか。」

DSCF1921.jpg

登り口はここ…と。

DSCF1922.jpg

うわああ!!激坂(´゚д゚`)来なきゃよかった!!!

ちっこい山だと思って油断していました…急激にどっかーーんと登っています。舗装路ではありますが…。

DSCF1928_2013091118355333d.jpg

17:20
でも、辿り着いた展望台はまさに天空に浮かんでいるよう…

DSCF1937_stitch.jpg

そして久美浜の絶景がぼくを迎えます…。今日はよく走ったなぁ…。心地よい疲労感。山頂には気持ちいい風が吹いています。

DSCF1929_201309112032166bb.jpg

DSCF1941.jpg

実はこの場所、かつてからずっと来たかった場所だったのです。Twitter始めた当初からお世話になってるフォロワーさんがこのあたり在住でよく絶景の写真とともにこのあたりの名所、隠れビーチなどを教えてくださっていたのでした。なかなか行くことが出来ず何年もたってしまいましたが、ようやく、ようやく来れました。こんなに激坂とは思わなかったけど(笑)


とりあず豊岡の大雨洪水警報も解除されたとの情報なので、少しでも前に進むため豊岡を目指すことにしました。

DSCF1947.jpg

京都府ー兵庫県境の峠を一つ越え、豊岡市入りです。

DSCF1948.jpg

18:50
豊岡駅前到着。

DSCF1950.jpg

何軒かあるビジネスホテルに電話を掛けまくり、「訳アリ」だけど一番安い部屋をゲット。格安で屋根のあるところに泊まれることになりました。これで夜の雨をやり過ごせそうです。明日の朝までに上がっているといいですが。



走行距離:98.7km
獲得標高:1384m
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 544 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。