「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

一畑電車、自転車持ち込みサイクルトレイン初体験記

2013.8.25 日曜日

DSCF2335_20130914184232666.jpg

松江からは出雲大社まで「一畑電車(いちばたでんしゃ)」(通称ばたでん)という電車が走っており、終日サイクルトレインとして自転車を車内にそのまま持ち込めるようになっているそう!!これはぜひぜひ使わせていただきましょう。サイクルトレイン初体験ですな。

DSCF2282.jpg

一畑電車、松江しんじ湖温泉駅へ。

DSCF2285.jpg

往復するならこの1日乗り放題切符がお得!乗り放題1500円。自転車持ち込み代金も含まれています。

通常は自転車持ち込みには乗車券のほか、300円/台がかかるそうなので余計お得ですな。

DSCF2286.jpg

次の電車は16:26か~。駅前に無料の足湯があったのでここでのんびり電車を待ちます。

DSCF2283.jpg

いや~~良いお湯だ(*´ω`*)


おっと、そろそろ時間ですな。

いざ!改札へ!!

DSCF2287.jpg

いよいよ乗り込みますよ~~!!

DSCF2288.jpg

電車のホームに自転車がある光景は新鮮です。地元の人もサイクルトレインとして利用しているようでした。地元にあったら便利ですなぁ。自転車が乗り込んできても他のお客さんはまったく気にしない雰囲気です。慣れてらっしゃるのでしょう。

DSCF2291.jpg

16:24
松江しんじ湖温泉駅出発!

DSCF2290.jpg

自転車を置ける場所も作られており、専用のゴムバンドで固定させてもらえます。こういう配慮は有難いですな。

出雲大社へ向かうには途中、川跡駅で乗り換えが必要でした。

DSCF2294.jpg

宍道湖沿いの景色のいいローカル路線。これも人気の理由の一つでしょう。

DSCF2299.jpg

DSCF2295.jpg

17:25
1時間ほどの電車旅で出雲大社駅に到着です。

DSCF2311.jpg

帰りの電車の時刻を見ると次の発車が17:54。その次になると18:49に…(´゚д゚`)その場合松江到着は夜の8時ごろに…忘れてはいけません。今日僕は米子まで帰らなくてはいけないのです。

何としてでも30分後の電車に乗らなくては!!!

DSCF2313.jpg

ライド&ランで出雲大社!!

DSCF2328.jpg

しめ縄見ました!お参りしました!交通安全守り授かりました!帰りましょう!!

DSCF2333.jpg

急げ!!電車が出発するぞ!!(巫女さん見てる場合じゃないぞ)

DSCF2335.jpg
出雲大社駅構内に展示されている中井貴一さん主演の映画「RAILWAYS」で有名なデハニ50形だけは撮影!


JRの旧大社駅も見たかったですが、明らかに時間がないww出雲大社駅に戻ってきた段階で残り4分( ;∀;)旧大社駅はお預けです。

出雲とんぼ帰りで松江に戻ったのが18:55…もうすでに暗い。


一畑電車
http://www.ichibata.co.jp/railway/
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 544 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。