「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

北九州アゲイン・一期一会サイクリングツアー:Day8 前編

2013.8.28 下関‐北九州

夏旅'13 山陰編
6日目7日目はこちら

DSCF2542.jpg

関門海峡…

DSCF2541.jpg

九州と本州を隔てる巨大海峡…「関門」と言う名前からしてもここを通り抜けるにはかなりの苦難が予想されますな。

苦難1.自転車は橋は渡れない!→人道トンネルへ
苦難2.6:00〜22:00しか人道トンネルは開いていない!
苦難3.自転車は有料!(20円!)
苦難4. 自転車は押して通行!乗り入れ禁止!780m歩くべし!(乗るとアナウンスで怒られるとか)
苦難5.最深部は-58m!地下恐怖症悶絶必至。


恐るべし、関門トンネル…

(注:馬関(現 下関市)の「関=カン」と、門司(現 北九州市門司区)の「門=もん」を取ったものである(難関という意味の関門ではない)by Wikipedia)

DSCF2561.jpg

いざ…

DSCF2562.jpg

順調…順調…

と…ここで!予想だにしなかった苦難が僕に襲い掛かります!!!!!

DSCF2569.jpg

北九州からの刺客!!

北九州の番人・カレーパンマンさんが国境 県境を封鎖w見事にまた捕まりました(≧◇≦)

「また」というのはこちらを参照
http://currypanman.blog.so-net.ne.jp/2012-03-05

DSCF2571.jpg

1年半ぶりくらいの再会ですな。ド平日に北九州来ちゃってスミマセンm(__)m

DSCF2574.jpg

お~これは有名なdipジャージ!!って、カレーさん、思いっきりガチのロードバイクで登場ですwwあれ?ミニベロで来るんじゃなかったんですか…。ふと、ベンガさんの言葉を思い出します。

「なんだかんだ言って、たぶんあの人はロードバイクで来るよ」

DSCF2579.jpg

うむ…。

今日丸一日、北九州を一緒にポタリング(?)していただけることに!!北九州の名所・名パン屋・名サイクリングルートをご案内してもらいます(*^^*)楽しみ半分…恐怖半分…

まずは手始めに小倉城

DSCF2586.jpg

途中、偶然にも話題のくまモンミニを発見!!小倉の街をカレーさんと熊が疾走していく様子を北九州のサイクリスト亜子さんに目撃されたみたいですが、こちらは分かりませんでした(/_;)

まだ朝飯を食ってなかったこともあり、いきなりカレーさんから後れを取ってしまいましたが、なんとかなんとかdipさんに到着!!先が思いやられますなw

dipさんは北九州で有名なパンカフェ。自転車乗りが集まる場所でも有名なのです(^^♪ずっと来たかったんですが、ようやく来れました。

ベーカリーカフェ dip
北九州市小倉南区長尾4-33-3
TEL : 093-383-2734
http://www.bc-dip.jp/


DSCF2590.jpg

なんと日本縦断の時に海岸沿いのサイクリングロードでペアライドした山田さんも駆けつけてくださいました!山田さんもあの時以来の再会です(^^♪T-Planet、懐かしいですなぁ。

その時の記事はこちら↓
http://chema2sa.blog.fc2.com/blog-entry-360.html

DSCF2592.jpg

自転車&鉄道のお友達、BENさんも出勤前に駆けつけてくださいました!!実はこれが初対面という…w

男4人でdipモーニングを頂ます!!

DSCF2599.jpg
(写真右上の白ワイシャツの方がBENさん)

トーストうめえ(*´ω`*)あれ?次から次へとトーストが出てきますが…(笑)無限トーストでしたな!これからのポタリングに備えて沢山食べさせてもらいましょう!もぐもぐ。

DSCF2602.jpg

気が付くと店の前にはこんなに大量の自転車が…え~っと、自転車屋さんでしたっけ?

BENさんらに見送られ、いよいよカレーさん・山田さん・熊のおっさん3人でのライドが始まります。

DSCF2604.jpg

予想に反して和やかなムードでのポタリングです。(あれ、想像してたのと違うなぁ~♪ああ見えてやっぱカレーさんは優しい方だったんだ♪)

おしゃべりが出来るくらいゆったりペースです。

カレさん「北九州にも秋吉台みたいなカルストがあるんだよ♪まずは平尾台へ行こう!」

図1

あれ…?カレーさん…??(気づいたら遥か彼方へ)

DSCF2611.jpg


どわあああぁぁぁぁぁぁーーー!!いきなし激坂!!!

と、まあ、これはオーバーリアクションですが、なかなか長い坂を上っていきます。

1148311_487166144713442_1023886961_n.jpg
(カレーさん撮影)

ヨチヨチ…ヨチヨチ…

1241603_487158551380868_182028705_n.jpg
(カレーさん撮影)

が、ガッツポーズだって要求されれば…やりますよ…

1242165_487159194714137_1575535034_n.jpg
(カレーさん撮影)

要求されればアタックも決めます。

DSCF2613.jpg

なんだか無駄に体力を消耗した気もしますが、なんとか平尾台に登ってきましたな。タイム的には普段のカレーさんの倍くらいの時間で上ってこれましたな。ホントならカレーさんのタイム切りたかったですが、まあ、コンディション調整不足でしょう(棒

DSCF2614.jpg

日差しが強く体感気温はものすごく高いです。おっさん3人で木陰で休みます。木陰に入るとだいぶ涼しいですな。

DSCF2631.jpg

平尾台、なかなか景色の素晴らしい所です。

DSCF2639.jpg

モン太郎も記念写真をぱしゃり。

少しぐーんと下って千仏鍾乳洞に来ました。「ちょっと下がったところに入り口あるから行っといで。ぼくは自転車見張ってるから。」とカレさん。あ、そうですか。

ではお言葉に甘えて♪→全然ちょっとじゃない→軽登山→ヘロヘロ( 一一)

というお決まりのパターンを決め、鍾乳洞入り口到着。山田さんもビンディングシューズだったためえらい目に遭いました(笑)そして…

DSCF2648.jpg

大人800円…( 一一)→Uターン決定。何しに来たww?

DSCF2632.jpg

下ってきたということは登らなくてはならず、結構な急坂を登って元の場所に戻ってきました。ここまで来てしまえば、あとは平尾台下るだけです。パンカフェdipさんに戻って昼食としましょう。

快適な下り坂でした。

平尾台の標高は最高地点で710m。下ってみると結構登ってきたんだな、ってのが分かります。

あとは来た道を逆にたどり平坦な道と思っていましたが、違うルートに…

DSCF2611.jpg

どわぁー!また登りィー!!(写真は使いまわし)

DSCF2655.jpg

そして「出そう」なトンネルへ。櫨ヶ峠隧道というそうですな。読み方は…分かりませんw

DSCF2656.jpg

すっと木陰を進みたい…そんな気温です。かなりあちぃ。

DSCF2665.jpg

そして気づくと眼鏡橋へ!!(いつの間に長崎に…)GPSで確認したらちゃんと北九州に居ました。正確には春吉眼鏡橋というそうです。ニ連の石造りアーチ橋です。この辺では珍しい橋みたいです。

1278420_487082631388460_318762205_n.jpg
(カレーさん撮影)

そして帰りにゃ、川~で足を洗って♪ 自転車にのって おうちへ帰る♪(高田渡の通り実践)

DSCF2668.jpg

ぎゃふん。dipさんに戻ってきました!!ランチ頂ます

DSCF2672.jpg

盛り盛りのパスタ!

午後に備えて沢山頂きます。え?パンも食べ放題!?

「昨日のベンガさんの記憶が脚に残ってるなぁ」

午後につづく。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 539 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。