「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

ちょびさんドライブツアー~通潤橋・俵山・阿蘇山~:Day13

2013.9.2 阿蘇・内牧温泉

9日目10日目11日目12日目の記事はこちら

今日は熊本のサイクリストのお友達、ちょびさんに自転車で阿蘇をご案内いただけるとのこと!!

「熊本のちょびさん」と言えば、もう「阿蘇の番人」と呼ばれる阿蘇を知り尽くした自転車有名人(*´ω`*)

今回どうしても阿蘇に訪れたかったのも、ちょびさんがインターネットにいつも上げられている阿蘇の絶景写真に影響されまくったってのと、前回来た時にちょびさんの許可なしに阿蘇を走ってしまったのでご一緒できなかったっちゅうことがあったからです(笑)

DSCF3153.jpg

9月2日ならちょうどお仕事が休みということでお会いできることになったのでした(^^♪.。○(ちょびさんと言えば豪脚で有名だけど・・・大丈夫だろかw?)

「11時ごろ阿蘇に行くよ」と連絡がありました♪

それまでの時間、僕は・・・くまモンバーガーとくまモン餡パンを食べ・・・

DSCF3166.jpg

朝温泉へ(∩´∀`)∩うひょ~贅沢ですな。これぞ阿蘇の醍醐味、これで200円でございます。

町湯の一つ、新穂湯に行きました。

DSCF3175.jpg

風呂上がりには福岡のまめさんに教えていただいた阿蘇の「地サイダー」をゴクゴクプハ~・・・(*^^*)こりゃうまい!阿蘇神社の門前水を使ってるんだよ~って岡本酒店のおっちゃんが言ってました。あ、そうそう、この地サイダーは岡本酒店で売ってましたぞ。ノーマルのほかにシソ味とチョコ味が・・・。

こんな感じで内牧温泉をブラブラしていたら・・・

DSCF3178.jpg

捕まりました~(●^◇^●)!

あ、ちょびさんとは実はこの時が初対面。インターネットでずっとお世話になってたので初対面ってことすっかり忘れてました(笑)ちょび助は想像よりちょいと大きかったけど、ちょびさんは想像通りの優しい方でした^^本場の熊本弁が新鮮ですな。

DSCF3179.jpg

ということでちょうどお昼前だったので、ちょびさんに阿蘇の郷土料理のお店に連れて来てもらいました!

だご汁と高菜メシ!!

DSCF3185.jpg

うんまいっすなぁ!前に来た時は食べずに通り過ぎてしまった2品…こんな美味いもんを食わずに通り過ぎるとは、なんて罰当たりなことをしたんでしょう・・・大反省( ;∀;)ちょびさんごちそうさまでした。


と、外は昨日から相変わらずの雨模様・・・。天気予報を見ても、どうやら午後も雨はやみそうもないので自転車での 鬼引きツアー ペアランは残念ながら中止。ちょびさんがクルマでドライブに連れて行ってくれることになりました!自転車で行くのにはちょいと遠すぎる通潤橋にも連れて行ってくれるそうです(*'▽')やったーーー!ちょび軍曹、よろしくお願いします('◇')ゞ

ちょびさん車(以下、C車)に乗り込み、通潤橋へGO!!

通潤橋到着!!しゃべってたらあっという間に着いちゃいまいた。

DSCF3189.jpg
(ちょびさん撮影)

おや、なんかデカいのがいます!!

八朔祭りの大造り物だそうです。ディテールにもこだわりかなり精巧に出来てますw加藤清正ですな。

DSCF3204.jpg

そしていよいよ通潤橋へ・・・

DSCF3234.jpg

ありり?水が出ちょらん・・・(´゚д゚`)

この橋の真ん中からドヒャーーっと大量の水が放出されてる写真を見たことがあったのですが・・・どうやら土日の正午限定みたいです。お金を1マソ払えば放水してもらえるそうですが(・_・;)まれにバス旅行の団体が来ると放水することもあるみたいです。

bitmap.png


と、その時大型バスが登場!!これはチャンス!?!?

ちょびさんと二人でワクワクしながら放水を待ちます・・・かなりの大人数のバス旅行、1万円も割り勘なら大したことないはず!!これは放水が期待できます


が、いくら待っても栓を抜くオジサンが現れません。

う~ん、不発でした( 一一)。○(ちぇ~ケチぃ団体~)←だったらお前が払え

DSCF3254.jpg

通潤橋、放水は残念でしたが、その大きさは想像以上でした!江戸時代の嘉永7年(1854年)に水を引くために造られたと言います。当時の石組みの技術とその形の美しさは素晴らしいものでした。

続いて、もう一つ石組みの橋、霊台橋へ!

DSCF3244.jpg

霊台橋は通潤橋よりサイズは小さめですが、デザインがちょいと違います。

DSCF3252.jpg

デザイン的にはこっちの方が好みかもしれません(笑)真ん中がちょこんと盛り上がってるのがミソです(^^♪この辺にはこのような石組みの橋がいくつか残っているみたいです。(江戸時代から明治にかけて「肥後の石工」と呼ばれる職人集団がいたのだ。byカレーさん)

阿蘇からだいぶ南の方まで来たので、このあたりでC車はUターン。俵山を越えるルートで阿蘇に戻ることに。

DSCF3257.jpg

と、その前に俵山のふもとでソフトクリーム休憩!!山田牧場のミルクの里。熊本のサイクリスト達の休憩スポットだそうです(^^ゞ

DSCF3258.jpg

ブルーベリーのソフトを頂きました(´▽`)Berryの味がVery濃いです!ミルクの部分も濃厚でうんまい!阿蘇はソフトクリームのレベルが高いことでも有名ですからね。こんな美味いアイスで毎回補給できる熊本のサイクリストが羨ましいっす(笑)

と、気づいたら雨が上がっています。空もちょっとずつ明るくなってきました!!これは晴れる予兆!?

DSCF3279.jpg

晴れ女のちょびさんパワーすげえっす(´゚д゚`)俵山の絶景ルートに登り始めた途端に雲が晴れてきました!!

DSCF3296.jpg

C車はグイイ~~ンっと俵山の旧道を登っていきます。新道が出来てるお蔭でこちらはほとんどクルマが通りません。こっちの方は抜群の絶景ルートなのに(笑)ちょびさんはサイクリングでよくこのルートを通って阿蘇に走りに行くそうです。

そして、俵山頂上に到着!!

DSCF3331.jpg

おおーーー!!凄い絶景!!

中央にそびえたつ阿蘇山、その周りに広がる南阿蘇の田園風景…そしてそれを囲むように続く外輪山。阿蘇の北側とはまた違った雰囲気です。考えてみたら南側からの風景は初めてです。

DSCF3328_stitch.jpg
パノラマ拡大写真はこちら

雨上がりのお蔭で空気がめちゃくちゃ澄んでいます・・・あまりの絶景にしばらく呆然と眺めていました・・・わあ・・・感動っす・・・日本にこんな景色があるなんて。

DSCF3339.jpg

そして、あれよあれよという間に天候回復!せっかく晴れてきたので阿蘇パノラマライン阿蘇山に登って内牧温泉に戻ることに。

DSCF3340.jpg

途中、湧き水ポイントが!手ですくって飲んでみます・・・うん、美味い!

DSCF3343.jpg

いよいよ阿蘇パノラマライン!阿蘇山山頂や草千里まで一気に登っている超有名な登山ルートです。ぐいいーーんと登っていきます。

DSCF3350.jpg

ときおり眼下に広がる農村の風景・・・

DSCF3372_2013092900540446e.jpg

ちょびさんオススメの写真スポットではC車から降ろしてもらいました。

静か・・・雑音のない世界。

そして壮大な自然の風景。この阿蘇の大自然の中に自分がいるってことがちょっと不思議な感じです。

DSCF3379.jpg

DSCF3390.jpg

日暮れ直前の草千里・・・

DSCF3400.jpg

熊本市内方面は次第に夜景に変わっていきます。

正直、あの雨の天気予報に午前中の大雨からは、今日こんな絶景にめぐり合わせてもらえるなんて・・・絶望的な天気予報でしたからね。奇跡的な天候回復と澄み切った空気という好条件。

ずっと憧れてた景色は僕の想像を遥かに超えていました・・・実はちょっと泣きそうになるくらい感動しちゃいましたよ(笑)

DSCF3408.jpg

内牧温泉まで送って頂き、ちょびさんとお別れ( ;∀;)ちょびさん、ありがとうございました!

あ、でも明日天候が回復したら一緒にラピュタの道までペアランする約束をしました!なんとかこの晴れが続いてくれることを祈るとしましょう。

ちょびさん、また明日!!



たぶん、こんなルート??
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 582 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。