「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

モノクロで一部カラーの写真を簡単にタダで作る|GIMP

DSCF1628 - コピー

某ビール会社のCMでもお馴染みのモノクロ写真で一部だけカラーってやつ。どこか一か所を強調したいときなんかには、かなり効果的な手法だと思うんですよね。たまにこういう写真を使うと面白かったりします。

ということで、今回はそんな一部カラー写真を、簡単にしかも無料ソフトで作る方法(自己流)をつらつらと書いていこうと思います。もしかしたらもっと簡単な方法があるかもしれませんが、ぼくはこうやっていますっていう覚書っちゅうことで。(フリーソフトのインストール等は自己責任でお願いします)

こちらの元写真とフリーソフトのGIMPを使っていきます。

大まかな流れは
・モノクロとカラーの二枚の画像を作る
・モノクロ画像の上にカラー写真を重ねる
・カラー写真のモノクロにしたい部分を消して、下のモノクロ画像が見えるようにする

です。



①.写真をコピーして同じ写真を二枚用意する

図1

サイズも全く同じ写真を2枚用意します。なので、単純にコピーするだけ。


②.片方の画像を開く

図2

フリーソフトのGIMPを起動し、コピーした二枚のうち片方の写真を開きます。この時、どちらの画像を開いたのかは覚えておいてください。


③.モノクロ画像を作る

図3

「色」>「脱色」をクリックし、画像をモノクロ写真にします。クリックすると「脱色の基準にする要素」という表示が出ますが、「明度」「光度」「平均」のどれか好みのものを選んで、OKを押してください。


④.もう片方の写真を重ねる

図4 → 図5

2枚コピーしておいたもう片方の写真を、今作ったモノクロ写真の上に重ねます。もう片方の写真をGIMP本体のモノクロ画像の上にドラッグ&ドロップしてください。GIMP本体に表示された写真はカラーになるはずです。

すると、レイヤーは右の図のように、モノクロ写真の上にカラー写真がある構造になると思います。


⑤.アルファチャンネルを追加する

図6

「レイヤー」>「透明部分」>「アルファチャンネルの追加」をクリックします。クリックするだけでいいです。見た目は何も変わらないはずです。(アルファチャンネルとは透明度を表現するデータのことです。)


⑥.消しゴムツールでモノクロにしたい部分を消していく

図7図8

「ツールボックス」にあるピンクの四角いアイコン「消しゴム」を選択。画像のモノクロにしたい部分を消していきます。消した部分はモノクロに変わっていくはずです。カラーにしたい部分だけを残します。

細かい部分などは拡大したり、消しゴムのサイズを小さくして丁寧に消していきます。


⑦.完成

図9

モノクロにしたい部分を全て消し終わったら完成です。「ファイル」>「上書きエクスポート」を選択し、元の画像に上書き保存して終了です。


分かりにくい説明でごめんなさい。Photoshopという本格画像ソフトは高価なので、こうやってフリーソフトで同等の処理ができるのは嬉しいですね。どんどんGIMPのテクニックを覚えていこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 551 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。