「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

後発メンバーと合流し函館山へ夜行登山|第2話

2010.8.5
北海道&東北2010|第2話

第1話はこちら

これから旅が始まる興奮からか、僕にしては物凄く早起きを。

朝6時に起床して、函館の朝市へ。

DSCF2909.jpg

タラバや毛蟹、イクラやウニの試食をさせてもらいつつ見学。馬子とやすべというお店でイカ刺しを食べて大満足の中でライムライトへ戻ります。ライムライトでも自家製のパンとコーヒーの朝食が出るので、二度目の朝食を頂きます。

ライムライトの談話室でのんびりしたのち、連れの後輩一人とともに2人で函館ポタリングへ。

天気は曇り、ちょっと涼しいですがまずは立待岬を目指します。

DSCF2911.jpg

立待岬。

100均とスーパーで買い出しをしたのち、トラピスチヌ修道院へ。

DSCF2913.jpg

帰り際には湯の川温泉の大衆銭湯「大盛湯」でまったり。五稜郭方面を通ってライムライトに戻るとき、ちょうど北海道新聞で取材を受けたばかりの高繁さんに出くわしました。

ライムライトに戻り、後発メンバーと連絡を取り合います。

DSCF2915.jpg

ツアーに参加するメンバーは夜に函館に到着する模様。

DSCF2916_20131115174426ba9.jpg

それまで僕は函館の元町方面をブラブラしていました。西洋風と和風の混在する函館の街、単純に異国情緒だけじゃなくてなんか哀愁みたいなものがたちこめてて好きなんですよね。

DSCF2928.jpg DSCF2947.jpg

夜8時、後発のメンバー5人が函館に到着するのを迎えに行きます。函館駅へ。

DSCF2956.jpg

大人数にも関わらず、ライムライトのシナチクさんハコさんは快く一部屋貸してくださり7人で泊まることになりました。これだけ大人数居ると泊まるところは臨機応変に決めていくのはなかなか至難の業なのであります(笑)


長時間の電車の輪行で疲れてるところ、大変申し訳ないですが、

幸運にも雲が少ない天候


こりゃ函館山からの夜景がきれいなはずなので、自転車をライムライトに置いてから全員で夜行登山。自転車は終日登れませんし、ロープウェイはもう終了の時間、バスも無いですし、タクシーはお金かかりますしね。

真っ暗の中、自転車のライトで函館山の展望台目指して2㎞ほど歩いて登っていきました。一本道の単純な登山道なので、夜歩いてもまず迷うことは無さそうです。熊その他動物もいないそうですし。でも真っ暗の中の登山は、この人数いてもちょっと怖いですな。何か出てきそうで。

そして展望台到着!!もう遅い時間で観光客もまばらでした。

DSCF2958.jpg

何度見ても感動する夜景ですな・・・

DSCF2959_20131115174757306.jpg

ライムライトに戻ると全員、かなりの疲労で泥のように眠りました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 544 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。