「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

桜島が見えた、開聞岳が見えた|DAY6

2014.2.15 日南ー垂水

日南ー垂水


小倉を出発した東九州旅、その6日目です。

ここまでの記事はこちら↓
静岡から北九州へ輪行、dipへ集合|プロローグ
初日からの寒雨夜行便~小倉別府100キロ|DAY1
どこか寂しい佐賀関~別府延岡激走150キロ|DAY2
クルスの海…願いが叶うという宮崎の十字海|DAY3
荒れ模様の日南フェニックスロードは鬼の洗濯機|DAY4
旅は飫肥という名の素敵な城下町にて|DAY5

日南から都井岬めざし夜明け前の出発

飫肥でのオフ日を経て、疲労はだいぶ回復。なにより天気予報がお日様マークを表していることはなによりの活力剤となっています。左ひざの痛みはちょっと気になりますが・・・。気が付いたら僕の日本一周旅のゴールでもある鹿児島市まであと少しの所まで来ています。九州もだいぶ南の方まで来たようです。


これから走るのは宮崎でこーじさんに教えていただいた日南海岸ハイライトの国道448号線!!


素晴らしい景色が待ち構えているのは間違いなしなわけです。とにかくたくさん走りたい一心で、陽が昇る前のまだまだ暗い中を出発。ライダーハウスたのもしのご主人に「行ってきます」の挨拶が出来なかったのが心残りではありますが・・・。

宮崎の日の出

夜が明ける・・・。

南郷町までの国道220号は、このあたりの道では多少交通量が多かったものの、国道448号線を都井岬方面に曲がった途端に交通量が激減しました。宮崎最南端の都井岬に寄らない限り、こちらの遠回りルートを通ることはなかなか無いのでしょう。サイクリングには絶好の道と言えるかもしれません。

日南フェニックスロード(南郷町)

少しアップダウンが続きます。

南国

まだ朝早いため開店前である道の駅なんごうを少し行った辺りの景色は素晴らしく、風にそよぐヤシの木、朝靄を上げる穏やかな海、浮かぶ島々、奇岩、青空、すべてが調和して美しく、それは言葉になりませんでした。

シーサイドラインを行く国道448号線

こんなにも気持ちの良いサイクリングがあるでしょうか・・・。

石波海岸日南

誰もいない石波海岸の砂浜には、少し高い波が打ち寄せ、その波音はまるで心地よい音楽を聴いているかのようです。

R448国道448号

国道448号。この辺りの、少し洗練されていなくほとんど車の来ない道路や、沿線のポツポツとあるぐらいの家々の風景、そして細く長く空に向かって伸びるヤシの木の風景は、僕が日本の南の方にどんどん近づいていることを知らせているようです。

影

R488日向灘を横目に気持ちの良い道が続く

日向灘を横目に気持ちの良い道を昇ったり下りたり。

ほどよい起伏がサイクリングにアクセントを与えます。

景色は抜群、誰も住んでいない区間が続く

高い所から見下ろす日向灘は、あまりに広大で、広大過ぎることでだんだんに景色が平面になってきて、逆にその広さが分からなくなってしまいます。一枚の壁紙を見ているかのような感覚です。

野生馬の生息するという都井岬を目指す

野生馬の生息するという都井岬を目指します。

漫画のサイクル野郎にも登場する岬です。


今回の旅で是非行ってみたい場所の一つでした。サイクル野郎を読んで、最後にこの東九州の旅を決意したと言っても過言ではありません。この漫画を出逢い、そして読めたことは、僕に何とか時間を創りだして自転車旅に出る気力を呼び戻してくれたのでした。

宮之浦の海は荒波に

宮之浦の海はなかなかの荒波。

ここから都井岬までは、上り坂が続きます。登りになると、どうも左ひざが痛み出し、自転車を押して登ったりしながらだましだまし登っていきます。痛いからと言って諦めるわけにもいきませんし、とにかく前に進むしかないのです。

都井岬の駒留

ようやくのことで、都井岬の入り口、有名な「駒留の門」に到着しました。野生馬が逃げないように管理している門ですね。

この駒留の門、サイクル野郎でも出てきた建物と全く同じ建物でした。当時から建物は変わっていないのですね。それとサイクル野郎に登場する日本各地の風景が、かなり忠実に描かれていたことにも驚きました。


駒留のおばちゃんに管理料を払おうとすると、なんと自転車は無料でいいとのこと!!そしておばちゃんはブログをやっているらしく、写真を撮らせてほしいとのこと。
都井岬の野生馬をみにこんね~^^ 駒止めおばさんの奮闘記
↑後日、ブログに訪問させて頂いたらしっかり載せてくれていました(*^^*)


都井岬への道を進むと、そこらじゅうに「馬糞」が落ちています。

いつ草むらや木の陰から馬が飛び出してくるかも分からない妙な緊張感がありました。


そうでした・・・ぼくは動物が苦手なのでした(´゚д゚`)

御崎馬と呼ばれる野生馬

わ!!!御崎馬が突如出現!!

近くに来ると怖い

近くに来るとなかなかの迫力。

草を食む音と、馬の鼻息が聞こえてきます。辺りは本当に静かなのです。ほかに観光客の姿は皆無ですし。こんな状況で馬に襲われたら、助けを呼んでも誰も来そうにありません・・・。緊張。

数えるほどの野生馬にしか出会うことはできなかった

いつでも逃げれる体勢で、逃げれそうな距離感を保ちつつ、写真を撮影・・・。


都井岬はちょっと前までホテルなどもたくさんあった観光地のようで、当時のホテルは全て廃墟と化しています。そこを闊歩している馬とその廃墟ホテルの背景を見ていると、まるで馬の惑星に降りてしまったような妙な気持ちになってきました。まるで、人間が誰もいなくなった後の世界を見ているような気さえしました。

小松ヶ丘広場ー都井岬

小松ヶ丘広場の展望台で記念写真を撮り、都井岬を後にしました。


もう充分に日南海岸には満足したので、あとはとにかく鹿児島市の近くまで走り抜けることにしましょう。

串間の町を抜ける

串間の町。久々に町に戻ってきた感覚があります。

ダグリ岬近くの白い砂浜

町を抜けるとまた美しい海岸沿いを進みます。ダグリ岬近くの白い砂浜が印象的でした。

志布志を抜ける

志布志を通り抜け、

大崎町大隅半島横断

大崎町へ。

ここから海を離れて内陸方向に進み、大隅半島を横断するルートを取ります。

大隅半島中央部の盆地を抜ける

いくつかの盆地状の田園風景の中を進む直線的な道路を走り抜けます。なかなか足が重く、しかも左足の痛みは悪化。上り坂だけでなく、平地を走っていてもなかなかの痛みです。右足をなんとか使いながらペダルを回していきます。走っては地図を確認し、思ったよりも全然に進んでいないことに落胆しながらもそれを繰り返して進んでいきます。

鹿屋大橋と高隅山

高隅山を見ながら、西へ西へと進んでいきます。国道220号は鹿屋の市街地を通らずに迂回しており、

鹿屋の町を鹿屋大橋から望む

とちゅうの鹿屋大橋からは鹿屋の町が一望することが出来ました。

佐多街道の新道を抜ける

トンネルを抜けると新しくバイパスが出来ていたので、そちらを通ることにしました。

地図によるともう錦江湾のすぐ近くまで来ているはずです。もうすぐ日が落ちる時間帯・・・影が長く延びてきました。



そして次の瞬間・・・。





桜島が姿を現す


桜島が見えた・・・・・・


錦江湾とその向こうには薩摩富士開聞岳が


開聞岳が見えた・・・・・・


この辺りから見えるとは思っていなかったので、とても驚いたと同時に、「来たなぁ」と思いました。小倉からずいぶん走って宮崎も回ってここまで走ってきたなぁという感覚。その距離感が両脚に蓄積しているのです。


そして、

これで終わりだなぁ・・・

とも思いました。


感動的な夕陽


陽が山際へと落ちて、今日という日の終わりが近いことを告げます。

青かった空が、海が、濃い橙色一色に染められていきます。


急激に僕の旅も終わりが近づいてきた感じがしました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ!
ようこそ都井岬へ!!

都井岬の旅楽しかったですか・
野生馬も出ていて良かったですね。
また来て下さいね。

気をつけて、楽しい旅になりますように!!
おばちやんのブログにも訪問してくださいね。

Re: No title

コメントありがとうございます!!

都井岬の日は、本当に天気のいい日で広場からの海の景色がとても印象的でした(*^^*)野生馬、ちょっと怖かったですが、海も緑も美しい素敵な環境でのんびり生きている馬がちょっとうらやましかったりもしました。

夏場の都井岬の景色もぜひ見てみたいものです♪

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 580 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。