「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

小笠原父島旅行記 2008

2011年6月に世界自然遺産に登録された小笠原諸島

地質巡検でその小笠原諸島、父島に行った時の記録。

今回は自転車は一緒ではありません...m(_ _)m




1,2日目
2008.9.5&9.6

東京の竹芝桟橋から「おがさわら丸」に乗りこみます!
約25時間の船旅です!

ぼく自身、船旅など初めてなので、のっけから大興奮・・・。
デッキにあがり、外の景色を眺めます。

おがさわら丸船尾にて


潮風が顔にあたり、なかなか気持ち良い~!

が、数時間もしないうちに船酔いです。
自転車以外の乗り物には、めっきり弱くダメなんですね、これが。

デッキからの夕陽


酔いながらも、なんとか夕景を撮りま・・・した(=_=)
早く寝ます。

翌朝起きると・・・

船のあしあと


海の色が変わっています!こんなに青いのかという青!!
陸地も一切見えません。

父島が見えてきた!!

憧れの父島です!見えてきました!

スコール

到着したら、いきなりスコールの洗礼!さすが南国!
はえてる木も南国です。

釣浜散策&研修後、夕飯までの間、夕陽を見に行くことにします。
売店のおばちゃんに聞いた夕陽スポット「ウェザーステーション」に行きます。ウェザーステーションは町の西側の山を15分くらい登った所にある展望台。

日が沈むのを待つ。

すでに数人が夕陽待ち。
低い位置の雲がどうなるか・・・

ウェザーステーションからの夕陽。

息をのむ夕日・・・
いや~大パノラマの超絶景です。


3日目~
9.7~9.9

巡検中の写真を何枚か。

早起きして前浜を散歩。

早起きはするものですね!町のすぐ前にある浜辺を散歩。
宿で朝ごはんを食べてから、小さなマイクロバスにて小港まで移動します。

小港海岸近くの枕状溶岩。

地学の教科書にも載っていた枕状溶岩!

中山峠からの絶景!!

中山峠は小さな峠。
尾根伝いに登っていくと、両側が開けてきます。ここも絶景です!

褶曲した巨大な露頭。

露頭を見たり・・・

でかめのヤドカリ君。

休憩時間にヤドカリと遊んだり・・・

カタツムリの殻だ

カタツムリの殻もいっぱい落ちてました。
小笠原は固有の陸貝が多いことでも有名なんですよね。

シーカヤック楽しそやな

シーカヤックをやってる集団。いいなあ~
というのも小笠原に来てから猛暑日が続き、一日中山中を歩き続ける巡検はかなりキツイものがありました。
飲み水も確保しなくてはならないので、リュックサックに入れた2リットルペットボトルも結構重いのです(T_T)

誰しもが「泳ぎたい」と思っていたに違いありません。
フィールドワークが終わり、町に戻るとすぐに存分に泳ぎました。

ハイビスカス


最終日
9/10
町中を散策し、おみやげを買いこみ、船に乗り込みます。
あっという間の3日間でした。

お見送り

お見送り6

島民の皆さんがお見送りをしてくれます。

お見送り5

一度小笠原を訪れた人が、吸いつけられるようにして、また次の年もきてしまう・・・そんな人が多い理由が分かった気がします。

一週間に一往復しかない船の便など、不便なことが多い島暮らし。
でもそんな島暮らしは、本土の生活にはない豊かさ・魅力にあふれていたように感じました。

またいつか来たい場所。


スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 539 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。