「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~
 
★ご訪問ありがとうございます
★どうぞゆっくりしていってください♪

(国道317号線)今治~松山道後への自転車山越えルートレポート

今治~松山道後の山越えルート

DSCF2845.jpg

昨日は今治の海側、しまなみ海道方面へとサイクリングしましたので、今回は全く逆側、「山」を登りに行ってきました。
もちろん自転車ですぞ(^◇^)

しまなみ海道を渡って、今治に来て、松山空港から帰るというプランの旅人さんも結構多いんですよね。
ということで、実走レポートです。

今治から道後温泉で有名な松山へ抜けるルートは大きく分けると2つ。

 ① 1国道317号線を通る山越えルート。
 ② 海沿いをゆく「はまかぜ海道」ルート。


今治から道後温泉に行く場合、海沿いルートはほぼ平坦ですが、6~7kmほど長いです。山越えルートが最短ですが、標高460mぐらいまで上がる必要があります。山越えルートのアップダウンは、水ヶ峠トンネル付近まで単調に登って、トンネル後は単調に下るといった感じです。



今治から登っていくと、すぐに里山の風景に。玉川町に入り、左手に行くと鈍川温泉ですが、今回は直進。玉川ダムを横目にひたすら登っていきます。といっても、傾斜はさほどきついわけではなく、ゆったりとした上り基調です。

DSCF2844.jpg


ただ、路肩が狭い個所が多く、クルマの行き来には注意が必要。

けっこうな大きさのトラックが横を抜けていくのが少し怖いですな。

DSCF2847.jpg

一番てっぺんの水ヶ峠トンネルは全長2804m。今治から行くと左側に自転車の走れる幅の歩道がついています。なかなか長いトンネルで、走っても走ってもなかなか出口が見えてこないといった感じでしたぞ。

このほかにもいくつかトンネルがありましたが、さほどクルマの怖さを感じるようなトンネルではありませんでした。

DSCF2855.jpg

トンネルを出て下りはじめてすぐの左手に米野町の小さな集落があったので、こちらを通ってみました。通り抜けができ、また国道に再合流します。

DSCF2859.jpg

石垣の棚田などもあり、なかなかいい感じの景色が続きます。

KIMG1496.jpg

石手川ダムも、玉川ダムと同じく重力式ダム。

木々の間から雄姿を望めます。


そのまま下っていくと奥道後に出ます。


DSCF2863.jpg

奥道後を過ぎたところすぐの喫茶店「Vanda」さんで一服。
創業40年の喫茶店でお母さんが一人で切り盛りされてます。
コーヒーはサイフォン式!いやぁ、なかなか美味い一杯でした。

DSCF2861.jpg

一杯飲んだら走り出そうとおもっとったのですが、ついつい話してたらがっつり休憩していまいました(笑)



Vandaを出て、標識に従っていくと

DSCF2870.jpg

四国八十八か所51番札所「石手寺」に出て、

そのままいくと道後温泉の温泉街へと到着です!!

DSCF2893.jpg

DSCF2897_20150523133805c03.jpg

道後温泉はいつ来ても賑わっていますねぇ~!

ひとっ風呂浴びるのもいいですなぁ。
有名な道後温泉本館もいいですが、個人的には「椿湯」のほうが広々で好みだったりします(^^♪


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

安全を最優先に

去年クルマで松山から今治まで走ったけど山間部はカーブの多い見通しの良くない道だから気を付けないとね。自転車の走行を認識してないクルマが多いからね。

Re: 安全を最優先に

コメントありがとうございます!

確かに見通しの悪いカーブが何ヶ所もありましたね……。自転車で走っている人もほとんど見かけなかったので、おっしゃる通りと思います。

 
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

のんびり走るのが専門です.生まれつき方向音痴で雨男.愛車はMTBのTarow号とランドナーのJirow号.よく「モン太郎」を連れて旅しています.
2015年からしまなみに移住。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 539 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。