FC2ブログ
「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~

祝!富士山世界遺産内定!!

祝!富士山、世界遺産内定!!

DSCF4202.jpg

でも、世界遺産登録には課題も多いはず。

PEACE RUN2013 環瀬戸内海ランニングの旅

アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦さんが、

「PEACE RUN2013 SPRING 環瀬戸内海ランニングの旅」

に出発されました!!沿道のみなさん、ぜひ応援へ!!



【環瀬戸内海ランニングの旅 Day1:三宮~東加古川】 午前7時ごろ、PEACE RUN事務局長ガネさんが天満満天堂に来られて荷物を運んでいただく。 午前7時半頃、森保さんが到着、天満満天堂から森保さんの運転する車で神戸三宮へ。 ゴールデンウィーク初日ということで道路は渋滞。 高速を使わずに一般国道を使って走るが、神戸市内に入ってからも車の量は減ることがなかった。 予定の時間を30分ほど遅れて三宮駅前...
環瀬戸内海ランニングの旅 Day1:三宮~東加古川


【環瀬戸内海ランニングの旅 Day2:東加古川~播州赤穂】 Day2は午前5時起床。昨夜寝たのは午前2時前だったか…。 静かな町のように見えたが、ホテルのこの部屋からは通りを歩く若者たちの声やバイクの轟音などが結構聞こえてきた。 今日は播州赤穂まで50キロあまり。 午前中に30キロは走っておこう。走った後の飲酒は意識不明の状態に陥る可能性あり。 午前6時過ぎスタート。今日は途中で国道250号線に入る予...
【環瀬戸内海ランニングの旅 Day2:東加古川~播州赤穂】



旅の詳細は・・・
KAY'S BLOGでチェック!!

「YAZINE」 アウトドア体験共有サイトがオープン!!

「みんなで作る感動体験の野外マガジン」なるサイトが本日、オープンしました!!

その名も…

『YAZINE』

図1

アウトドア体験を広めよう、紹介しよう、共有しようというコンセプトで作られたサイトで、「誰でも」自分のアウトドア体験記を書くことが出来ます!!Yazineとは?詳細はこちら

ジャンルも山・キャンプ・海・空・ロードetcかなり幅広く用意されていて、自分の知らなかったあるいは今まで興味の無かったジャンルの生の体験記を読むことが出来ます。

早速ですが、ぼくも記事を書かせていただきました。


北海道を自転車で旅した兄弟の話
DSCF6743_20130424232703.jpg
↑画像をクリックするとYazine内の記事に飛びます。

≪冒頭抜粋≫
「おい、来週から北海道行くぞ。準備しろ~」
大学の夏休み中、特に何をするわけでもなく家でゴロゴロしていた弟を半ば強引に連れ出したのが2011年の8月末のこと。僕は大学4年、弟は大学の2年だった。僕は長い休みには自転車に乗ってどっか遠くに走りに行くのが恒例となっていて、キャンプ道具を自転車にくくりつけてよく1カ月程度のキャンプツーリングをしていたけど、弟はスポーツ自転車に乗ったこともない…。

有無を言わせずに連れてこられた弟にしてみればたまったもんじゃなかったとは思うが、気が付いたら北海道の小樽で荷物満載のマウンテンバイクに跨っていた…そんな感じであろう。「兄ちゃん、所でどこ目指すの?」そういえば日程も言ってなかったな。「とりあえず最北端の宗谷岬を目指す。ん~その後は…知らん(笑)」かくして僕たちの北海道ツーリングは始まった…≫続きを読む



初めての登山~憧れの赤石岳へ~
aaa.jpg
↑画像をクリックするとYazine内の記事に飛びます。

≪冒頭抜粋≫
静岡の一番高い所に行くんだ…
赤石岳…静岡市の小学校では必ずと言っていいほど教わる南アルプスの山の一つである。なぜかというと市内で最も標高の高い場所のひとつであるから。その標高3,120m!南北に長~い形をした静岡市は南は駿河湾、北は南アルプスというなんとも変化に富む自然を有している。そんなこともあって小さな頃から静岡市で育ったぼくは、小学生の頃に資料集のようなものに載っていた赤石岳の山岳写真に惚れ、赤石岳に強い憧れがあった。≫続きを読む


もし、よろしければ読んでみてください。そして書いてみてください。
(Facebookの「いいね!」を押してもらえると元気が出ます)


『YAZINE みんなのアウトドア体験記』
http://8zine.com/

アート&クラフト静岡の手創り市@護国神社

「護国神社でアート&クラフトの手創り市やってて楽しい!」

と、Twitterでサイクリストのかのこさんから情報提供いただき、さっそくGO!!

DSCF0307.jpg


ちょうどマークイズ静岡っちゅう大型ショッピングモールが東静岡にオープンしたばっかりで、それを見物した帰り道に寄ってみました。護国神社はマークイズのちょうど道を挟んだ反対側にあります。

DSCF0291.jpg

靜岡縣護國神社、けっこう敷地が広くて手前に森が広がっているんですよね。その森の中ではよくフリーマーケットや骨董市などが行われるんですが、今回もそんな感じのやつです(゜-゜)でも「手創り市」「アート&クラフト」と言うだけあってオシャレで芸術的な作品群が販売されています。

今までのフリーマーケットとは雰囲気&レベルが全く違います。

DSCF0288.jpg

賑わっています。

DSCF0289.jpg

北は北海道、南は福岡からも出店してるとか!

DSCF0292.jpg

100組以上の出店していて、その一つ一つがかなり個性的。

DSCF0290.jpg

この青い器、気になる。

DSCF0295.jpg


・・・楽しいぞ!!

DSCF0296.jpg

DSCF0298.jpg

DSCF0303.jpg

DSCF0301.jpg

池もあってベンチも整備されててゆっくり出来ます。

京都のO-COFFEEさんのキャラメラードアイスコーヒーは絶品でした。(写真撮るの忘れた…)実店舗は持たず、通販と手作り市で販売してるコーヒーのお店なんだそう。これは取り寄せたい!

o-coffeeさん以外にもコーヒーのお店や軽食、オーガニック食材の軽食、クッキー、ジャムなど食品のブースも充実。こちらもかなり楽しめます。

DSCF0300.jpg

DSCF0305.jpg

DSCF0306.jpg

次回の開催は10月12、13日だそうです!!
絶対行かなくちゃ。


Arts&Craft静岡 手創り市HP→こちら

フラノ・ヴィータ FURANO VITA @恵比寿

北海道…富良野

DSCF1036.jpg

DSCF1038.jpg

DSCF1079.jpg

ぼくの懐かしい思い出の詰まった場所でもある…。

その富良野の食材をふんだんに使ったレストラン、その名も「フラノ・ヴィータ」が東京の恵比寿に先日オープンしたとのこと!

ちょうど僕が東京に滞在している時にサイクリストのお友達のどらちゃんさんからお誘いを受け、お食事に行ってきました。店先に富良野産のジャガイモや玉ねぎがディスプレイされています。お店の雰囲気もかなり落ち着いた良い雰囲気です。お店の一番奥に、隠れ家的な狭いスペースがあり、なんか面白そうだったのでそこの席にしました。

IMG_20130412_184017.jpg

琥珀エビスで乾杯!

ふらのワインも飲めます(゜-゜)意外かもしれませんが富良野のブドウジュースが絶品です(笑)

NCM_1076.jpg

メニューも豊富で、富良野産の食材にこだわっているお店です。写真は富良野牧場のハムステーキ…お肉の味が凝縮しています。絶品です。他にも牧場のチーズ、オムライス、生ハムなどとにかく全部富良野産!!かかっているケチャップまで富良野産というこだわり!富良野への愛情が感じられます。

東京の大都会の中で、北海道の大地を吹き抜ける風を感じられるお店でした。



フラノヴィータ (FURANO VITA)
03-3760-4244
東京都渋谷区恵比寿南2-3-12
12:00~14:00 (LO) 
18:00~22:00 (LO)
ランチ営業、日曜定休

大きな地図で見る

森美術館 「会田誠展 天才でごめんなさい」に行ってきた

東京に行く用事があり、その用事が終わってからヒマな時間があったので、六本木へ。

DSCF0013_stitch.jpg

六本木ヒルズ…セレブリティな匂いがプンプンしますな。

なんでこんな場所に来たかと言いますと、これです。

aaaaa.jpg

森美術館で開催中の「会田誠展 天才でごめんなさい」
3月31日までの開催なんで、ほんとギリギリでした。今最も注目されてる現代アーティストの一人ですね。エロくてグロい作品がインパクトがあるのでやはりそっちばかりが強調されがちですが、政治だったり歴史だったり社会的なテーマを扱ってる作品も多いんですよね。変態的な作品が代名詞なのは変わりないですが(^^)

森美術館の受付(3階)に行き、チケットを購入すると、エレベーターへと案内されます。とんでもないスピードでエレベーターはあっという間に上昇し、一気に53階へ…。

エレベーターは外が見えないタイプとはいえ、高所恐怖症のぼくには…手に汗かきました。

DSCF0020.jpg

入口には「赤ちょうちん」が。意味深ですね(笑)

入っていきなりの作品が「切腹女子高生」…色々飛び出てますね。「鶯谷図」では遠くから一見すると伝統的な桜の木の屏風絵なんですが、金箔の代わりにピンクチラシを張り付けてあります。なんとも艶やか。

少女のおさげ髪の分け目が田んぼのあぜ道と繋がっている有名な「あぜ道」は残念ながら展示終了。

戦争画シリーズや児童ポスターのシリーズも圧巻です。

・・・と色々書きたいですが、写真が取れるのが下のこの作品だけだったもので、作品の話はやめます(笑)ぜひ見に行ってみてください。

DSCF0015.jpg

photo_02.gif
作家/作品名:会田 誠《考えない人》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

ピンクの小腸のパターンで埋め尽くされた部屋や性的描写が強すぎて18歳未満立ち入り禁止の部屋など、とにかく盛りだくさんの作品です。会田誠さんが大学生の時の作品も置いてあるぐらいです。

盛りだくさん過ぎて美術館から出てくるまでに3時間ほどかかってしまいました(笑)

DSCF0026.jpg

美術館から出て展望台へ向かうと辺りは真っ暗。もうすっかり夜になっていました。東京タワーが真正面に見えるんですよ。高いとこは怖いけど、これは絶景ですね。料理が食べれるスペースもありカップルばっかりでした。

遅い時間まで開いてる美術館、仕事帰りとかにも寄れて良いですね。

「会田誠展 天才でごめんなさい」 森美術館
会期:2012年11月17日(土)-2013年3月31日(日)
休館:会期中無休。
時間:10:00~22:00(火曜のみ17時まで。入館は閉館の30分前まで。
料金:一般1500円、大学・高校生1000円、中学生以下(4歳まで)500円。
入館料で展望台「東京シティビュー」にも入場可。
場所:港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階


サッポロ「静岡麦酒」~静岡だけで飲める樽生を飲んでみた

静岡の焼津には県下で唯一のビール工場、サッポロビール工場があるんです。

焼津とサッポロビールの関係については一つ有名な話がありましてね。

長野の特急電車の中でサッポロビールの社長が急病に倒れ、その時車内で親身に応急手当を行ったのが焼津市立病院の院長で…。このことが縁でサッポロビールの焼津進出につながったとか。

人の縁って不思議なチカラを持っていますね。


そんな静岡で今年の二月に発売開始されて話題のビールに「静岡麦酒<樽生>」っていうのがありまして。

サッポロの地域限定ビールと言えば…

DSCF0906_20130312134825.jpg


熱狂的ファンの多いあの「北の国」限定の

DSCF0298a.jpg

サッポロクラシックが思い浮かびますが…

DSCF6009.jpg

我が「ふじのくに」でも、オリジナル限定商品が発売となれば…飲まないわけにはいきません!!!

sizuokabakusyu.jpg


缶ビールや瓶ビールでの提供は一切なく、業務用樽生のみ!!

麦芽100%、ファインアロマホップを使用し「オールインフュージョン法」を用いて製造とのこと。クラシックの「ホッホクルツ製法」ではないみたいです。静岡県出身のチームが「静岡の温暖で爽やかな気候や富士山の雪をイメージ」して作り上げたとか。

ロゴはかなり「静岡」をおしているんでサッポロビールだってのが一瞬分からないくらいのデザインですね。静岡県民のココロをくすぐります。



とにかく飲んでみないと!!ということで仲間4人で焼き肉屋へ!!一杯目は全員で「静岡麦酒」を注文…。

かんぱーーい!!

・・・ゴク・・・ゴク・・・ゴク・・・

NCM_1274_20130312142807.jpg

うみゃあ~!!!!

まろやかで飲みやすいっす。クリーミーな感じはクラシックにも似ていますね。4人全会一致で美味いとの判定です。真剣に美味い静岡限定ビール…お茶味のビールとかじゃなくて本当に嬉しい(:_;)



焼き肉が進みます…ビールと焼き肉…これ以上幸せな組みあわせはあるのでしょうか??

これから「静岡麦酒」が置いてあったら必ず注文しちゃうでしょう。県外の方にもお勧めです。

是非、静岡に観光がてら夜は静岡麦酒と。

ロブションヱビスビール、そのお味は??変な赤いビール


ローソンで異常に目立つ真っ赤なラベルのエビスビールを発見!!新種ですな。



「薫り華やぐエビス」とあります。

高級感が漂ってますね~。

120年以上の歴史を誇る日本のビールブランド「ヱビス」が、世界中で数多くの星を獲得し、世紀最高の料理人と呼ばれるフレンチの巨匠ジョエル・ロブション氏と手を組み、共同開発することで生まれた新しい味わいのヱビスだそうです。

フレンチの道場六三郎みたいな人ですね。きっと。
名前は聞いたことありますよ。

シャンパンで有名なシャンパーニュ地方で作られた麦芽を使っているとか。
ホップはNZの「ネルソンソーヴィン」というのを100%使ってるそうなのでマンデラ。

かなり変わったホップの香りがします。普通のビールの方が美味いぞっていう人もいるかもなぁ~って感じ。ぼくは好きでしたよ。薫りを前面に押し出してるだけあって香りはすごいですな。ちょっぴり苦いです。

味の分からない僕でも香りはわかりました。

簡単に旅先のパノラマ写真を作成!Microsoft ICEを使ってみる

写真を撮りながら旅をしていて、こんな風に広大な光景に出くわすことは多い…。

DSCF3587_20130222221102.jpg

もっと広角のカメラで撮れたらなぁ~とかパノラマ写真を撮りたいなぁ~と思っても僕のカメラは古いコンパクトデジタルカメラ…。広大な風景を前に、いまいち迫力のある写真が撮れなかったりしてガッカリすることもしばしば。そこで考えたのが、こんな風に何枚かの連続写真を撮ってパノラマ化してみたらどうか??
無題
露出とかの設定を一定にして撮ってみる…。

北上川 写真組み合わせのみ

組み合わせてみて、なかなかいい感じに出来たものの繋ぎ目が気になる…。つなぎ目をボカしてみてもうまくいかないし何といっても手間がかかる。


そこでMicrosoft Image Composit Editorといフリーソフトがいいらしいという噂を聞いたので今回使ってみることにします。マイクロソフト社の開発した画像合成(パノラマ作成)ソフトウェアらしいっす(゜_゜)

Microsoft ICE

インストールして起動してみるとこんな画面。「写真をドロップしろ」とのメッセージ通りに先ほどの5枚の写真をドロップしてみます…。

Microsoft ICE

すると数十秒後に…完成!?

おお!!!継ぎ目が完全に無くなってる!!色合いも統一してくれるみたいだ!

Microsoft ICE

しかも「Automatic Crop」を押すと勝手にトリミングしてくれる…(@_@;)あとは保存するのみ。

クマ北上
完成。(クマは関係なし)

超簡単に完成してしまいました!連続写真をとってドロップするだけで出来ちゃいました。感動です。いままでPhotoshopなどの画像処理ソフトで合成して修正していたのが馬鹿らしくなるくらいです。今回は横一列のパノラマ写真を撮ってみましたが、勿論上下方向の写真の合成も可能。頑張れば360°写真も作れそう。応用はいろいろききそうです。

このソフトフェアの登場により、デジタルカメラ本体の「画素数」をどんどん多くしていくことはほぼ無意味になったと感じています。画素数の少ないカメラでも多数の写真を組み合わせることにより、かなり詳細な写真が作成可能となったからです。そもそも普通の用途であればそんなに高画素数はいらないんですけどね。

旅写真の幅が広がって、写真を撮るのが更に楽しくなりそうですね!!

Microsoft Research社 Image Composite Editor (ICE)のダウンロードページ
http://research.microsoft.com/en-us/um/redmond/groups/ivm/ice/





いくつか試作してみました。

富士山2
沼津市井田からの富士山

富士山
大瀬崎付近の港からの富士山

北リアス
三陸鉄道北リアス線堀内駅近くの橋梁からの風景

尾道1
尾道水道全景

尾道町並み
尾道商店街方面の町並み

函館
函館山からの昼景

四稜郭
函館四稜郭

室蘭YH
室蘭YHからの景色

南アルプス
南アルプスの峰々

【宣伝】PEACE RUN2013 オーストラリア横断+NZ縦断ランニングの旅

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」

に挑戦中の冒険家・アドヴェンチャーランナー、高繁勝彦氏の今年のチャレンジは・・・

「PEACE RUN2013 オーストラリア横断+ニュージーランド縦断ランニングの旅」

pr2013jpnew.gif
http://kaytaka.blog35.fc2.com/blog-entry-2208.htmlより

これまで
PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅
PEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅
PEACE RUN 2012日本縦断ランニングの旅 Part2
と、バギーを押しながらのランニングでのチャレンジを続けてらっしゃいます。

連載中のアメリカ横断《アドヴェンチャー・ランナーは荒野を駆ける》はこちら

DSCF8713.jpg


豪州西のパースから9月にスタート・・・豪州横断で5500㎞。
途中、ナラボー平原では砂漠が1200㎞も続くそう・・・。

NZ縦断も2500㎞もあるそう。

トータル8000㎞にも及ぶ壮大な挑戦をみなで応援しましょう!!


高繁さんのブログ「KAY'S BLOG」
http://kaytaka.blog35.fc2.com/
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

手にした一台の自転車が、思ってもみないほど遠くへ僕を連れていってくれました。このブログでは学生時分の2008年頃からの旅の日記を中心に記録を残しています。2015年ごろから拠点を静岡からしまなみ海道へと移し、本格的に自転車旅行を仕事に。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 545 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。