FC2ブログ
「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~

台風15号不可避!熊本市内へ移動:Day9 移動編

2013.8.29 小倉‐熊本

台風15号九州直撃の恐れ…

台風15

恐れ…というか確実に直撃する予報です。どこかで台風をやり過ごす必要がありそうです。天気予報も今日の午後から崩れるみたいですし。台風をやり過ごす…すなわち場合によっては連泊できる安い宿泊施設が必須となります…。

予定ではこれから数日かけて、北九州から大分県方面に下り、日田、九重と進んでやまなみハイウェイ阿蘇入りするつもりでした。しかしやり過ごすのに適当な場所がこのルート上では見つかりません…。なかなか都市部の少ないルートで山も多いので、天候・天気予報の急変にも対応するのは難しそうです。

そこで一日中、無い頭を絞って絞って導き出した答えがこちら。

「熊本市内で連泊」

熊本市内なら安宿もいくつかあります。九州を代表する都市ですから生活にも便利です。城下町散策、熊本城散策、アーケード街散策…などなど雨でも散歩したり楽しめる要素がありそうです。スーパー銭湯に籠っても良いでしょう。もしもの災害時にも、都市部にいた方がいろいろ選択肢があるでしょう。今回の旅の大目的地でもある「阿蘇」にも近いですからね。

そんなこんなで大幅に予定を変更!!台風の進度や天気予報などを見つつ、フレキシブルに判断していきましょう。


ということで小倉駅輪行です!!

DSCF2774.jpg

本当は午前中に、若松にある自転車屋さんT-planetへ寄ってから行きたかったのですが、ちょっと距離があります…午後から雨の予報を考えると今回はなるべく午前のうちに熊本に移動した方がいいという判断です。残念です( ;∀;)

DSCF2776.jpg

1033小倉→荒尾乗換→1334熊本

この電車で行きましょう。快速と快速を乗り継げるので3時間で熊本まで行くことが出来ます。

DSCF2777.jpg

乗車料金3570円なので、もちろん18きっぷを一回分使いました。

DSCF2779.jpg

台風をやり過ごす宿は熊本市内、島崎にあるゲストハウス・バラティエに決めました。さっそくメールをして宿泊のお願いを。

この時ちょうど、九州を同じくランドナーで旅していたネシ君も同じように台風を避けるために熊本市内へ移動中との情報……「これは!!」ちゅうことで連絡を取り、同じ宿で一緒に沈没することになりました!何もすることがないことが予想される台風期間に心強い仲間が増えそうです。

いざ、熊本駅へ!!

ネシ君待ってろ~~~い!!

つづく

夏旅'13 下関・北九州編のもくじ

DSCF2449_201309262223385ac.jpg

夏旅'13 山陰編のもくじ

下関リターンズ!!18きっぷ輪行移動日:Day6

2013.8.26 米子~下関 輪行移動日。さあ行くんだ その顔を上げて~♪18きっぷ再輪行の日です。移動日です。今回の旅、走りたかった場所は2か所。山陰地方と九州。この両エリアを限られた時間で走るには、一日潰してでも電車を使うのが賢明との判断です。予定より一日早い移動となりましたが、この通り山陰本線の一部、山口線の一部、三江線の一部が先の豪雨により運休、再開のめどなし状態だったので、これ以上走ってしまうと九州に行けなくなってしまうことは確実だったのです。……
1


ビストロベンガ豪脚シェフの角島大橋鬼引き絶景ツアー:Day7

2013.8.27 下関-角島-下関新しい朝が来た♪希望の朝だ♪(ラヂオ体操が聞こえてきた)非常に寝心地のよい場所だったのでぐっすりと眠ることが出来ました(*´ω`*)ほどよい風があり気温も高くなく、静かだったお蔭で快適でした。…と、テントから出てみると…なんですか~!?これは!!!……
2_201310181323337fb.jpg


北九州アゲイン・一期一会サイクリングツアー:Day8 前編

2013.8.28 下関‐北九州関門海峡…九州と本州を隔てる巨大海峡…「関門」と言う名前からしてもここを通り抜けるにはかなりの苦難が予想されますな。いざ…順調…順調…と…ここで!予想だにしなかった苦難が僕に襲い掛かります!!!!!北九州からの刺客!!北九州の番人・カレーパンマンさんが国境 県境を封鎖w見事にまた捕まりました(≧◇≦)……
3_20131018132334c28.jpg


北九州アゲイン・一期一会サイクリングツアー:Day8 後編

パンでお腹ぱんぱん…カレー先輩&山田先輩プレゼンツ・北九州サイクリングツアーも午前中が終わり、お昼をdipで食べて午後の部開始ですな!午後はどうやら河内貯水池という湖に案内していただけるそうです。よくカレーパンマンのポタ日記等で登場する池ですね。会社帰りにちょいとナイトライドに行けるような近場だと言います。今度は平尾台みたいな登坂ポタにはならないそうです。午後は気楽に走れますな(´▽`)……
4_20131018132329deb.jpg


台風15号不可避!熊本市内へ移動:Day9 移動編

2013.8.29 小倉‐熊本 台風15号九州直撃の恐れ…恐れ…というか確実に直撃する予報です。どこかで台風をやり過ごす必要がありそうです。天気予報も今日の午後から崩れるみたいですし。台風をやり過ごす…すなわち場合によっては連泊できる安い宿泊施設が必須となります…。……
5.jpg


夏旅'13 熊本・阿蘇編のもくじ

2013.8.26~8.28
総走行距離:223.4km
獲得標高:2330m

北九州アゲイン・一期一会サイクリングツアー:Day8 後編

2013.8.28 北九州

北九州アゲイン・一期一会サイクリングツアー:Day8 前編はこちら

パンでお腹ぱんぱん…(我ながらひどい…)

DSCF2670.jpg

カレー先輩&山田先輩プレゼンツ・北九州サイクリングツアーも午前中が終わり、お昼をdipで食べて午後の部開始ですな!

午後はどうやら河内貯水池という湖に案内していただけるそうです。よくカレーパンマンのポタ日記等で登場する池ですね。会社帰りにちょいとナイトライドに行けるような近場だと言います。今度は平尾台みたいな登坂ポタにはならないそうです。

午後は気楽に走れますな(´▽`)

坂道だらけ
(カレーさん撮影)

そんなことは無かった。

途中、「下り坂のように登る」というお兄さんとすれ違いましたが、僕が田代の坂を登り切る前にそのお兄さんは往復してましたがどういうことなんでしょうか?どうやらこのあたりは北九州の中でも怖い人が良く走ってるルートみたいです…。とんでもない所に来たのかもしれませんな…。

くわばら、くわばら…


それにしても、結構な坂道でした(+o+)ランドナーはやっぱり重いんだな。なぜかロードバイクで来てしまったあの方はどんどん先に行ってしまいますが、山田さんは後ろについてくださり「あともう少しだよ」とずっと励ましてくださいました。山田さん…( ;∀;)あと少しがあと少しでは無かったですが(笑)…

山田さんのサポートもあり、一度も足を付かずにここまで来れています。いつもなら何度も降りて押してるところですな。

峠を越えたら一気に下りです(当たり前)。

赤い自販機の前で休憩して、再び走り出します。

DSCF2675.jpg

今日はずっとこの人の背中を見てる気がする…

DSCF2677.jpg

何度かシレッと抜かして先頭に立とうと試みますが、一度も成功せず…( 一一)ぐぬぬ

DSCF2683.jpg

河内貯水池到着!!あの新日鉄が大正8年にダム建設開始、昭和2年完成といいますから、かなり歴史のあるダム湖です。静岡からの観光ではまず来ないスポットですな(∩´∀`)∩

河内貯水池から水を引いていた水道跡が道になっていて、そこを通って皿倉山方面へ。さすがカレー師匠、このあたりの道という道は完璧に熟知されています。

DSCF2688.jpg

途中、平均斜度22%300m続くという「ゾンコラン」とかいうおかしな坂道がありましたが、見て見ぬふりをしました♪

DSCF2692.jpg

途中途中、北九州の街並みの絶景が見えます。お、若戸大橋スペースワールドですね。

そして最後の登坂!!

皿倉山の登り口に到着!!標高622.2m。北九州の夜景が見られるスポットとしても、自転車泣かせの登坂練習コースとしても有名な皿倉山に今から登ろうというのです…( ;∀;)

いきなり結構な勾配…

DSCF2695.jpg

ぬおおお!!!

負けてたまるかぁあぁぁぁ~(≧◇≦)


1291548_487153998047990_961461355_n.jpg
(カレーさん撮影)

ちーーーーーん。

限界ですな(笑)

DSCF2696.jpg

ん?帆柱ケーブル??

DSCF2697.jpg

ふむふむ。

DSCF2699.jpg

はいはい。

DSCF2706.jpg

あ~、なるほど!!…ってこれもかなり怖い(´゚д゚`)←高いとこダメ

DSCF2709.jpg

まだ上がるんでSKY……?

つい最近まで、ここは断崖絶壁のリフトだったといいますからまだマシになったということでしょう。リフトだったら乗るのやめてますw

そしてついに!!

DSCF2734.jpg

皿倉山展望台…いやぁ~、なかなかキツイ登りでした(;´Д`)別の意味で。

山田さんもカレーさんもここはよく来るみたいです。自転車で…。○○さんなら△△分で登ってくるんですよねぇ~とか、更に奥の道がまたキツイんですよねぇとか、よくわからない次元のお話をされていますwいやあ、どえらい二人の先輩と知り合いになってしまいましたな(笑)

皿倉山パノラマ

360度の風景が素晴らしいのでピャノラマ写真を!!ほどよい風が吹いていて気持ちいい…山頂の広場ではちょうどビアガーデンの準備中。こんなところでビールなんかもいいですなぁ。

登り怖けりゃ、下りも怖い。

恐怖のケーブル&リフトで帰ってきました。

DSCF2746.jpg

なぜかこのタイミングでお二人からプレゼントが!八幡名物「堅パン」です!!

官営八幡製鉄所で大正時代からカロリー補給食として食べられていたクッキーらしいです。自転車旅の補給食にと。ありがとうございます(*´ω`*)ポケットにちょうど入るサイズなので、走行中でもモグモグ出来そうですね♪いいものを頂きました。

DSCF2747.jpg

山田さんとは一旦ここで別れて、カレーさんと僕はdipに戻ります。

DSCF2754.jpg

途中、地元で人気のアイス屋さん「雪文」さんでピスタチオのアイスクリームをご馳走に(*´ω`*)おいちい~

ところで、ピスタチオって何??

DSCF2758.jpg

そして秘密基地に戻ってきました!!もうヘロヘロです…

DSCF2767.jpg

夕飯もこちらで頂きます(^^♪カレーさんは「三食dipの刑」とか言っていましたが、全然刑になってませんよ♪

カレーさんのお仲間、トーヤマさんだーさんも駆けつけてくださり、山田さんも再度合流(*^^*)自転車談義に花が咲きました。ロードバイクの世界って旅自転車と全く違うから聞いてて面白いですな。そうなんだ!なるほど!の連発でした(笑)

DSCF2764.jpg

夕飯には、名物のキッシュを頂きました。dipさんに来てキッシュ食べずに帰るわけないですから。キッシュ初めて食べましたが、カポナータの野菜たっぷりのキッシュがめちゃ気に入りました(*^^*)

楽しい時間はあっという間に過ぎていき、もうお別れです( ;∀;)ウルウル

最後の最後までカレーさんにはお世話になりっぱなしでした…。

カレーさん、山田さん、そしてdipさん、北九州の皆さん、本当にお世話になりました!!

また遊びに来ます('◇')ゞ

DSCF2772.jpg

そしてBENさんありがとうございました!



たぶんこんなルート?

北九州アゲイン・一期一会サイクリングツアー:Day8 前編

2013.8.28 下関‐北九州

夏旅'13 山陰編
6日目7日目はこちら

DSCF2542.jpg

関門海峡…

DSCF2541.jpg

九州と本州を隔てる巨大海峡…「関門」と言う名前からしてもここを通り抜けるにはかなりの苦難が予想されますな。

苦難1.自転車は橋は渡れない!→人道トンネルへ
苦難2.6:00〜22:00しか人道トンネルは開いていない!
苦難3.自転車は有料!(20円!)
苦難4. 自転車は押して通行!乗り入れ禁止!780m歩くべし!(乗るとアナウンスで怒られるとか)
苦難5.最深部は-58m!地下恐怖症悶絶必至。


恐るべし、関門トンネル…

(注:馬関(現 下関市)の「関=カン」と、門司(現 北九州市門司区)の「門=もん」を取ったものである(難関という意味の関門ではない)by Wikipedia)

DSCF2561.jpg

いざ…

DSCF2562.jpg

順調…順調…

と…ここで!予想だにしなかった苦難が僕に襲い掛かります!!!!!

DSCF2569.jpg

北九州からの刺客!!

北九州の番人・カレーパンマンさんが国境 県境を封鎖w見事にまた捕まりました(≧◇≦)

「また」というのはこちらを参照
http://currypanman.blog.so-net.ne.jp/2012-03-05

DSCF2571.jpg

1年半ぶりくらいの再会ですな。ド平日に北九州来ちゃってスミマセンm(__)m

DSCF2574.jpg

お~これは有名なdipジャージ!!って、カレーさん、思いっきりガチのロードバイクで登場ですwwあれ?ミニベロで来るんじゃなかったんですか…。ふと、ベンガさんの言葉を思い出します。

「なんだかんだ言って、たぶんあの人はロードバイクで来るよ」

DSCF2579.jpg

うむ…。

今日丸一日、北九州を一緒にポタリング(?)していただけることに!!北九州の名所・名パン屋・名サイクリングルートをご案内してもらいます(*^^*)楽しみ半分…恐怖半分…

まずは手始めに小倉城

DSCF2586.jpg

途中、偶然にも話題のくまモンミニを発見!!小倉の街をカレーさんと熊が疾走していく様子を北九州のサイクリスト亜子さんに目撃されたみたいですが、こちらは分かりませんでした(/_;)

まだ朝飯を食ってなかったこともあり、いきなりカレーさんから後れを取ってしまいましたが、なんとかなんとかdipさんに到着!!先が思いやられますなw

dipさんは北九州で有名なパンカフェ。自転車乗りが集まる場所でも有名なのです(^^♪ずっと来たかったんですが、ようやく来れました。

ベーカリーカフェ dip
北九州市小倉南区長尾4-33-3
TEL : 093-383-2734
http://www.bc-dip.jp/


DSCF2590.jpg

なんと日本縦断の時に海岸沿いのサイクリングロードでペアライドした山田さんも駆けつけてくださいました!山田さんもあの時以来の再会です(^^♪T-Planet、懐かしいですなぁ。

その時の記事はこちら↓
http://chema2sa.blog.fc2.com/blog-entry-360.html

DSCF2592.jpg

自転車&鉄道のお友達、BENさんも出勤前に駆けつけてくださいました!!実はこれが初対面という…w

男4人でdipモーニングを頂ます!!

DSCF2599.jpg
(写真右上の白ワイシャツの方がBENさん)

トーストうめえ(*´ω`*)あれ?次から次へとトーストが出てきますが…(笑)無限トーストでしたな!これからのポタリングに備えて沢山食べさせてもらいましょう!もぐもぐ。

DSCF2602.jpg

気が付くと店の前にはこんなに大量の自転車が…え~っと、自転車屋さんでしたっけ?

BENさんらに見送られ、いよいよカレーさん・山田さん・熊のおっさん3人でのライドが始まります。

DSCF2604.jpg

予想に反して和やかなムードでのポタリングです。(あれ、想像してたのと違うなぁ~♪ああ見えてやっぱカレーさんは優しい方だったんだ♪)

おしゃべりが出来るくらいゆったりペースです。

カレさん「北九州にも秋吉台みたいなカルストがあるんだよ♪まずは平尾台へ行こう!」

図1

あれ…?カレーさん…??(気づいたら遥か彼方へ)

DSCF2611.jpg


どわあああぁぁぁぁぁぁーーー!!いきなし激坂!!!

と、まあ、これはオーバーリアクションですが、なかなか長い坂を上っていきます。

1148311_487166144713442_1023886961_n.jpg
(カレーさん撮影)

ヨチヨチ…ヨチヨチ…

1241603_487158551380868_182028705_n.jpg
(カレーさん撮影)

が、ガッツポーズだって要求されれば…やりますよ…

1242165_487159194714137_1575535034_n.jpg
(カレーさん撮影)

要求されればアタックも決めます。

DSCF2613.jpg

なんだか無駄に体力を消耗した気もしますが、なんとか平尾台に登ってきましたな。タイム的には普段のカレーさんの倍くらいの時間で上ってこれましたな。ホントならカレーさんのタイム切りたかったですが、まあ、コンディション調整不足でしょう(棒

DSCF2614.jpg

日差しが強く体感気温はものすごく高いです。おっさん3人で木陰で休みます。木陰に入るとだいぶ涼しいですな。

DSCF2631.jpg

平尾台、なかなか景色の素晴らしい所です。

DSCF2639.jpg

モン太郎も記念写真をぱしゃり。

少しぐーんと下って千仏鍾乳洞に来ました。「ちょっと下がったところに入り口あるから行っといで。ぼくは自転車見張ってるから。」とカレさん。あ、そうですか。

ではお言葉に甘えて♪→全然ちょっとじゃない→軽登山→ヘロヘロ( 一一)

というお決まりのパターンを決め、鍾乳洞入り口到着。山田さんもビンディングシューズだったためえらい目に遭いました(笑)そして…

DSCF2648.jpg

大人800円…( 一一)→Uターン決定。何しに来たww?

DSCF2632.jpg

下ってきたということは登らなくてはならず、結構な急坂を登って元の場所に戻ってきました。ここまで来てしまえば、あとは平尾台下るだけです。パンカフェdipさんに戻って昼食としましょう。

快適な下り坂でした。

平尾台の標高は最高地点で710m。下ってみると結構登ってきたんだな、ってのが分かります。

あとは来た道を逆にたどり平坦な道と思っていましたが、違うルートに…

DSCF2611.jpg

どわぁー!また登りィー!!(写真は使いまわし)

DSCF2655.jpg

そして「出そう」なトンネルへ。櫨ヶ峠隧道というそうですな。読み方は…分かりませんw

DSCF2656.jpg

すっと木陰を進みたい…そんな気温です。かなりあちぃ。

DSCF2665.jpg

そして気づくと眼鏡橋へ!!(いつの間に長崎に…)GPSで確認したらちゃんと北九州に居ました。正確には春吉眼鏡橋というそうです。ニ連の石造りアーチ橋です。この辺では珍しい橋みたいです。

1278420_487082631388460_318762205_n.jpg
(カレーさん撮影)

そして帰りにゃ、川~で足を洗って♪ 自転車にのって おうちへ帰る♪(高田渡の通り実践)

DSCF2668.jpg

ぎゃふん。dipさんに戻ってきました!!ランチ頂ます

DSCF2672.jpg

盛り盛りのパスタ!

午後に備えて沢山頂きます。え?パンも食べ放題!?

「昨日のベンガさんの記憶が脚に残ってるなぁ」

午後につづく。

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

ビストロベンガ豪脚シェフの角島大橋鬼引き絶景ツアー:Day7

2013.8.27 下関-角島-下関

夏旅'13 山陰編はこちら
6日目はこちら

新しい朝が来た♪希望の朝だ♪(ラヂオ体操が聞こえてきた)

非常に寝心地のよい場所だったのでぐっすりと眠ることが出来ました(*´ω`*)ほどよい風があり気温も高くなく、静かだったお蔭で快適でした。

…と、テントから出てみると…

DSCF2408.jpg

なんですか~!?これは!!!

お手紙が付いてる…広げて読んでみると…

下関の姉貴、ゆぅみぃさんからのお差し入れではありませんか!?たたき起こしてくださればよかったのに( ;∀;)うわぁ~ありがとうございます。お会いしたかった…。(快適な野宿場所のせいで熟睡でした…それにしてもよくこの場所分かりましたなw)

DSCF2413.jpg

朝食にと巻きずしを!!!いやぁ~、絶品です;つД`)これは小生なんかにはもったいない代物です。ごちそうさまでした。

ベンガさんとの一戦の前にパワーアップ!

DSCF2423.jpg

というのも今日は下関の先輩、ベンガさん角島までご案内してくださるとのこと!!下関の豪脚シェフ、ベンガさんとペアライドの日なのです。ベンガさんはその名の通り、新下関駅の近くで「ビストロ・ベンガ」という飲食店を経営されてて、先の日本縦断の時にもお世話になったのでした。

当時の記事↓
門司から下関、そしてビストロ・ベンガへ

(今回、下関に寄った大目的は名店「ビストロ・ベンガ」さんでもう一度お食事することだったのです(^◇^))

8;00
ビストロ・ベンガの前で待ち合わせてGO!!ベンガさんバリバリのロードバイクで登場。

DSCF2426.jpg

いつもSNSではお世話になっているんですが、一年半ぶりくらいの再会です。前の時には一緒に走ることはできなかったので、今回念願のペアライドです!!

楽しいなぁ~♪楽しいなぁ~♪

ルンルン気分で後ろについていきました…最初は。

べべべべ、ベンガさん速いヽ(; ゚д゚)ノ豪脚で有名なベンガさんは猛スピードで牽きまくり!僕は必死に食らいついていきます。(こんなとこで弱音を吐いたら男が廃るってもんだ)

なんとか後ろにひっ付いて行きます…負けてたまるかぁあぁぁぁ~(≧◇≦)


すると、ベンガさんはクルッと、とある曲がり角を右折…

DSCF2438.jpg

か、壁ェ・・・

「万事休す」

DSCF2432.jpg

福徳稲荷神社「景色が最高だからぁ~♪」とベンガ先輩はルンルンでしたが…

DSCF2430.jpg

ちーーーーーん。

DSCF2435.jpg

確かに絶景でした…(脚ぷる

DSCF2440.jpg

そしてまた、まるで何もなかったかのように、それまでと同じハイペースで角島へ向けライドが続きます。オーバーペースですが響灘の海岸線沿いのルート、潮風がとても気持ちいいです。

いやっほ~~~い!!

道の駅北浦街道 豊北でようやく休憩です。

DSCF2444.jpg

「トイレの中から見える角島大橋がいいよ」とベンガさんが教えてくださりました。おおお!!確かにトイレの洗面台のガラス越しに横からのアングルの角島大橋が見えます。

DSCF2446.jpg

正直、遠すぎて微妙でした(笑)


そして小さなアップダウンを猛スピードでクリアしていくベンガさん…完全に千切れちゃいました(;´Д`)ベンガさんは遥か彼方へ。ヨチヨチ追いかけると途中で待っていてくださいました。「どうしたの?」とベンガさん。僕は「へ、変速の調子が…」嘘をつきました。


そんなこんなであっという間に例の場所に到着!!

前に来た時は曇っていたんですよね。例の場所。

今度こそはリベンジってことで晴れの時にようやく、ようやく来ることが出来ました!!

ようやく…

ようやく…

この絶景の場所に……

角島大橋エメラルドグリーン日本の絶景の海

「角島大橋」(大きな写真はこちら)

角島大橋エメラルドグリーン日本の絶景の海

10:40
エメラルドグリーンの海…晴れの日に角島大橋来れた!!

晴れの日だと全く印象が違います。こりゃ、日本を代表する絶景です…。

(しっかし、下関から2時間半かからずにここまで来るという驚異のハイペース。予定より1時間半ほど速かったとか…う~む。)

DSCF2467.jpg

今回は大橋を渡り、角島も案内していただけることに!!(前来た時は、高すぎる橋にビビって渡れなかった)←高所恐怖症

横風が結構すごいです…最初は良いんですけどね…途中橋が盛り上がってる部分が…た、高い…最恐です。

DSCF2470.jpg

なんとか橋を渡りきり、念願の角島へ!角島にはキラキラ光るビーチが!!

DSCF2472.jpg

泳ぎたい~~(≧◇≦)(水着忘れたぁ…)

DSCF2479.jpg

映画で使われたという教会。(なんという映画かは忘れました…)

DSCF2482.jpg

そして灯台へ!!

ここはイカ焼きで有名な場所!!地元の海女さんが焼いてくれる!!!うひょ~~イカ焼きうめえェ~~!!


…となるはずでしたが、なぜか休業。

見事に食いそびれました(:_;)

DSCF2486.jpg

あ、そうそう。ベンガさんの愛車。いつの間にかピナレロからジャイアントに変わってました。黒と赤のくまモンカラーでカッコいいですね。

DSCF2498.jpg

島を一周して…

DSCF2503.jpg

また戻ってきました!!!何度見ても絶景。

DSCF2507.jpg

記念撮影!!恒例の自転車持ち上げポーズで。

ベンガさん「おい!むらまさ…早く撮れ、早く撮れってww!!」
僕「あれ?シャッターが…なかなか…」

ベンガさん、ランドナーを担いでみてその重さを実感wこの重みがたまらんのですよ(*´ω`*)


まあしかし、この重みが帰りのぼくを苦しめます…。

DSCF2512.jpg

なんとか、やっとのことで「3つのタマゴ」へ。

DSCF2510.jpg

ベンガさんがソフトクリームごちそうしてくださいました(*´ω`*)卵のソフトクリーム。うまうま。

しかしこの後10㎞ほど進んだ辺りから、一気に足が重くなります…

あれ??回らない…(´゚д゚`)

完全なるガス欠。

みるみるうちにベンガさんが離れていきます。ああ…見えなくなっちゃった。一気に時速10㎞がやっとというくらいまで落ちてしまいました…アンパンマンで言う「顔が濡れて力が出ない」状況です。

しかし、このもはやどうしようもできない事態を一気に解決してくれる魔法のアイテムが出現します。起死回生の一発!!

DSCF2521.jpg

「二見まんじゅう」ベンガさんが桃太郎ないしアンパンマンに見えました。

モグモグモグモグ…(+o+)

モグモグモグモグ…(;´・ω・)

モグモグモグモグ…(・∀・)

モグモグモグモグ…(`・ω・´)

完全回復!!

14:30
一気に下関まで帰ってきました。

下関でベンガさんと一度別れ、僕は防府の町を散策したのちスーパー銭湯でのんびり。疲れた足をアイシングします。そしてビストロ・ベンガさんの開店に合わせて…

DSCF2525.jpg

お邪魔しまーーす!

DSCF2523.jpg

メニューはベンガさんにお任せで(*´ω`*)うひょーー!海鮮丼!!うんめェ…

また器と盛り付けがオシャレですな。このほかにも色々頂き…

DSCF2526.jpg

気になっていたあの一品を注文…「トマトの天ぷら」

DSCF2528.jpg

ビールにめちゃめちゃ合います(*´ω`*)あ、そうそう歩いて行ける近所のネットカフェに泊まることにしましたよ。前に来た時はそのあとまだ走る予定があったので飲めなかったのです。ビストロベンガさんは居酒屋ですからね。ここでお酒飲みたかったのですよ♪

美味いもんでおなか一杯、そして気分のいいほろ酔い。自転車談義で盛り上がりました^^

ベンガさん、朝から晩まで一日ご一緒で来て嬉しかったです。ありがとうございました!

この後ネットカフェで、見事に間違えて喫煙ルームを選んでしまい、たばこ臭い一夜を過ごしました。トホホ。

ビストロベンガ静岡店できないかなぁ~



走行距離:129.9km
獲得標高:1128m


Bistro Venga
山口県下関市一の宮町3-1-1 西本ビル1F
TEL:083-257-0213
JR新下関駅南口 車6分
17:00~24:00(木曜定休)

大きな地図で見る

下関リターンズ!!18きっぷ輪行移動日:Day6

2013.8.26 米子~下関 輪行移動日

さあ行くんだ その顔を上げて~♪

図2

18きっぷ再輪行の日です。移動日です。

今回の旅、走りたかった場所は2か所。山陰地方と九州。この両エリアを限られた時間で走るには、一日潰してでも電車を使うのが賢明との判断です。予定より一日早い移動となりましたが、この通り山陰本線の一部、山口線の一部、三江線の一部が先の豪雨により運休、再開のめどなし状態だったので、これ以上走ってしまうと九州に行けなくなってしまうことは確実だったのです。

昨日のナイトライドの疲れが多少残っていますが、早起きをして米子駅前で自転車を輪行バッグに詰め、始発の電車に乗り込みます。

DSCF2340.jpg

まずは伯備線新見行き乗車です。

DSCF2349.jpg

伯備線は初の乗車ですなぁ~わくわくドキドキです。

DSCF2351.jpg

自転車を置くのに十分なスペースもあり、乗客も少ないので何てことなく輪行が出来ました。斜め前のボックス席に座ってた金髪イチャイチャカップルが少し気になりましたが…。(電車には基本的にこのカップルと僕しか乗っていなかった)

DSCF2367.jpg

新見駅では乗り換え待ちが40分ほどあったので、外に出て少し散策することにしました。といっても、めぼしいものはなにもなかったですが…。調べてみましたがコンビニまではちょっと距離があります。こんなところで乗り遅れたのではシャレにならないので、諦めます。

さっきのイチャイチャカップルも同じように乗り換え待ちらしく、駅前をウロウロしていました。すると、こちらにやってきて

「この辺ってコンビニないっすかねぇ??」

えっと…僕に聞きます??(笑)いきなり話しかけられたので少々驚いてしまいましたが、とりあえず調べ済みだったので最寄りのコンビニを教えてあげました。もちろん行くのは勧めませんでしたが。

DSCF2371.jpg

ウロウロして発見したキムラヤさんというパン屋さんで朝食昼飯のパンをゲットです。先ほどの二人もここでパンを調達した模様です。

DSCF2377.jpg

その後、倉敷乗換。糸崎乗換。岩国乗り換え…と特筆すべきことは特に起きず、いたって快適に輪行旅行を満喫しておりました。

基本的に寝てましたが、起きたときにたまたま撮った写真を…

DSCF2385.jpg
尾道の映画『転校生』に出てくる跨線橋

DSCF2392.jpg
柳井の名物、金魚ちょうちん

え~っと、これくらいです(笑)

DSCF2399.jpg

16:41
新下関駅に到着!もはや一日中、電車に乗り続けても何ともない感覚になってきた模様です。始発から乗っていましたが、あっという間に下関に着きました…。通勤ラッシュ等に全く巻き込まれなかったのも疲れなかった原因かもしれませんが。

DSCF2398.jpg

ちなみに輪行袋の中身はこんな感じになっとります。

僕はキャンプ装備輪行の時は「全体の薄さ」を気にするようにしています。壁に沿わすように置かせていただくことが多いので、厚みがあったり凸凹があったりすると逆に邪魔ですからね。見た目、大きく見えても薄い方が実際迷惑になりにくいと考えてます。

後輪を外すとキャリアの関係で全体の厚みが増大してしまうので後輪はつけっぱなしで、その代わり前輪はフォークから抜いてしまいます。あとはテープでこのように固定することで前後輪のタイヤが地面に設置し、自立させることが出来ます。

キャンプ用品など重い荷物は、一つのサイドバッグに詰めそれは左手に持ちます。それ以外は輪行袋の自転車の隙間に詰め込みます。リュックには服などがさばるけど軽いものを入れて背負います。


まあ、とにかく輪行解除して今夜の野宿場所を探しに行きましょう。もうすでに目星はついているので、あとは現地確認です。現場に行ってみないと色々分からないですからね。しばらくそこにいたり、ぐるぐる回ってみたりして安全面とか便利面とかをチェックです。

DSCF2404.jpg

野宿場所も無事決定。買い出しに行って自炊しましょう。

男のキャンプ飯シリーズ:キノコと野菜のぺぺろんち~の編

IMG_20130826_185253.jpg

スーパーでカット野菜とキノコの詰め合わせ袋を130円くらいで売っていたので購入し、パスタの具材にします。野菜を一つ一つ買うのは効率悪いですからね。一人では。こういうものは助かります。

キノコ入りは初めて見ましたね。

<作り方>
①.パスタを塩水でゆでる(タイマーは使わない。勘だ。)
②.キノコと野菜のセットを炒める
③.茹で上がったパスタも投入し、軽く炒める
④.キューピー:パスタのためのオイルソース ガーリック&赤とうがらしを適量ぶちまけ、完成。


IMG_20130826_190330.jpg

ほぉ~ら、うめえぞぉ~…

明日は下関の豪脚シェフ、ベンガさんに角島まで引きづり回されます、こうご期待。

夏旅'13 山陰編 目次&まとめ

山陰サイクリング自転車旅

静岡から東舞鶴へ輪行!天橋立キャンプ!:Day1

2013.8.21 静岡駅半日かけて、JR在来線輪行で移動です。もちろん18きっぷを使って。今まで未踏の地であった鳥取・島根両県を制覇!!そして日本縦断で大変お世話になった土地である下関・北九州・熊本を再訪するという自転車旅でございます。予定期間は2週間。すべて「晴れ」という前提で日程が組まれております。……
1


丹後半島サイクリング・ジオパークの海岸沿いを行く:Day2

2013.8.22 天橋立ー豊岡テントが暑くてほとんど寝れませんでした…( ;∀;)風が入ってくるようにテントを網戸モードにしますが一向に風の吹く気配が無い…あたりは静まり返っています。仕方がないので一旦出口を開けて、中のムンムンの熱気を入れ替えることにしました。と、これが最悪の事態に。……
2.jpg


アジ南蛮漬け(余部鉄橋・くまモン太郎が鳥取砂丘へ):Day3

2013.8.23 豊岡ー鳥取訳アリの部屋だったけど、お化けは出ませんでした。豊岡を出発!思っていたよりかなり大きな街でした。というかここまで街という街が無かったんですな…まずは城崎温泉へ円山川沿いを上がっていきます。天気予報悪くともつまらないショートカットコースは走らないでなるべく海岸沿いを走ろう…そう誓います。……
3.jpg


ここまで来るとシャレにならない大豪雨の日…鳥取~米子:Day4

2013.8.24 鳥取市‐米子市夜中はものすごい雨とカミナリの連続でした…いやぁ…そこらへんで野宿してたら…(´゚д゚`)ぞっとします。屋根って大事。「No ROOF, No LIFE」ここからのざっくりとした予定はこんな感じ。江津からはJR三津線で三次、広島へ出て、下関へ輪行する予定です。……
4.jpg


げげげの 「江島大橋」 境港・松江・出雲大社:Day5

2013.8.25 米子市‐米子市「おい、鬼太郎!こいつはきっと妖怪・熊門じゃぞ」朝まですごい雨でしたが午後からは晴れる予報なので、とりあえず昨日の計画通り、米子に連泊し身軽になって境港、松江と周ろうと思います。境港はゲゲゲの鬼太郎の作者・水木しげる先生の出身地ということで、鬼太郎にちなんだ名物スポットが多数存在するらしい…これも寄ってみたいですな。……
5

※画像をクリックすると各ページにとびます。

2013.8.21~2013.8.26
走行距離436km
獲得標高3407m

下関・北九州編
熊本・阿蘇編

げげげの 「江島大橋」 境港・松江・出雲大社:Day5

2013.8.25 米子市‐米子市

1日目 2日目 3日目 4日目のお話はこちら

「おい、鬼太郎!こいつはきっと妖怪・熊門じゃぞ」

DSCF2216_2013091421002106d.jpg

朝まですごい雨でしたが午後からは晴れる予報なので、とりあえず昨日の計画通り、米子に連泊し身軽になって境港、松江と周ろうと思います。

図1

境港はゲゲゲの鬼太郎の作者・水木しげる先生の出身地ということで、鬼太郎にちなんだ名物スポットが多数存在するらしい…これも寄ってみたいですな。

松江からは出雲大社まで「一畑電車」という電車が走っており、終日サイクルトレインとして自転車を車内にそのまま持ち込めるようになっているそう!!これはぜひぜひ使わせていただきましょう。サイクルトレイン初体験ですな。

8:00
いざ!!出発!!!

DSCF2145.jpg

げげげ、いきなりパンクしました(;´・ω・)

DSCF2161.jpg

パンクで少し時間を食ってしまいましたが(そのおかげで?)雨も完全に上がってちょっとずつ晴れ間が!!

国道431号、弓ヶ浜沿いの直線道路を駆け抜け、妖怪の町「境港」を目指します。

DSCF2163.jpg


まずは境港さかなセンターへ寄り道をしていこうと思います。境港といったら鬼太郎もそうですが、魚介類が有名ですもんね(*´ω`)なにかめぼしいものあれば買って行っちゃいましょうかねぇ~♪

DSCF2170.jpg

魚介類勢ぞろい!!

「へい!らっしゃ~~い!!」
「お兄ちゃん、蟹はどうよ??」
「安くするよ~!」
「岩ガキここで食ってけるよ~!」


DSCF2169.jpg

ズワイガニ、6500円!!!こっちなら5500円!!

安っす~~い(*´з`)

DSCF2171.jpg

はいはい…(´・ω・`)

DSCF2178.jpg

蟹をまるまる買う財力があれば世界一周してますよ、そりゃ(・´з`・)

DSCF2181.jpg

魚介類の美味い土地で、ちょっとずついろんな種類のお魚を食べる方法…

「地元の魚屋直営の回転寿司」

DSCF2189.jpg

一皿だけ…一皿だけ奮発して「松葉ガニ」を…

うひょ~~!とろける… 。゚(゚´Д`゚)゜。

DSCF2191.jpg

あとは満腹にするためにスーパーの半額のパンをおなかに詰め込みます。

天気もあっという間に快晴に!!いっきにサイクリング日和感が増えてきます。それと同時に気温もグングンと上昇…さっきから汗が止まりません。

DSCF2194.jpg

そして境水道に到着。形からしても関門海峡的な海峡なのかなと思っていましたが、どうやら斐伊川の一部、要するに「これは河口です」ということになってるらしい。鳥取県と島根県のちょうど県境ですね。

向こう側はいよいよ島根県です!!

DSCF2204.jpg

と、その前に水木しげるロードへ!!

この商店街中、鬼太郎をはじめとした妖怪だらけです(笑)ありとあらゆる妖怪グッズ、鬼太郎グッズはここでそろいます。ぐる~~っと一周、お店に入りながら散策してきました。

DSCF2220.jpg

鬼太郎先輩、目玉先輩ちわっす。

DSCF2227.jpg

夏場に水木しげるロードに来たら必ず寄らなくてはならないお店が…「うえだ」さんである!

夏はかき氷の専門店になる大判焼き屋さん。ここのかき氷はかなりの評判なのです。良く動いてるなっちゅうかき氷機でしゃりしゃりと勢いよくかいてくれます。

DSCF2228.jpg

自家製イチゴシロップで頂きます!!食べたことのないふんわり感に正直驚きました…またシロップが美味い!!イチゴジャムに近いシロップです。

い、生き返る~( ;∀;)


口の中にイチゴの余韻を残しつつ水木しげるロードをあとにし、松江に向かうとしましょう…

と、ここで思いもよらなかった強敵が出現します…

20130819_213135_hasi.jpg
(この写真は拾い物です)

「江島大橋」

DSCF2234_stitch.jpg

げげげぇ…高くて細い…( ;∀;)しかも激坂…仕方がないので歩道(なるべく内側)を押して登ります…

ぅう…高い…ぅうう…気持ち悪い…手すり低すぎだろ…変な汗かいてきた…
(それでも写真は撮る。まさにジャーナリスト魂である。)

「島根のジェットコースター」との異名があるとか。いままで渡った橋でダントツに怖い橋だ…

DSCF2237.jpg

10㎏ほど痩せた気がします。

江島へ降り立ち、島根県入り。大根島にわたります。

DSCF2249.jpg

大根島から松江に渡る一本道は…海に浮かぶ平坦な道でした…(;´・ω・)ふう

DSCF2263.jpg

ということで、なんとか妖怪「江島大橋」との死闘をやり過ごし(逃げただけ?)松江城に到着!!

松江城の内部を登るのにはお金が必要なのですが、敷地内へは自由に入ることが出来ます。

そうとは知らず、チケットを購入してしまう凡ミス…げげげ…仕方ないので松江城内部を登ってきました(時間ないのに…)。お城の写真が撮れればそれでよかったんですがね。うまい位置に券売機がありましたな(・´з`・)

DSCF2282.jpg

急いで一畑電車、松江しんじ湖温泉駅へ。

DSCF2285.jpg

往復するならこの切符がお得!乗り放題1500円。自転車持ち込み代金も含まれています。

通常は自転車持ち込みには乗車券のほか、300円/台がかかるそうなので余計お得ですな。

DSCF2287.jpg

いよいよ乗り込みますよ~~!!

電車のホームに自転車がある光景は新鮮です。地元の人もサイクルトレインとして利用しているようでした。地元にあったら便利ですなぁ。

16:24
松江しんじ湖温泉駅出発!

DSCF2290.jpg

自転車を置ける場所も作られており、専用のゴムバンドで固定させてもらえます。こういう配慮は有難いですな。

出雲大社へ向かうには途中、川跡駅で乗り換えが必要でした。

DSCF2294.jpg

宍道湖沿いの景色のいいローカル路線。これも人気の理由の一つでしょう。

17:25
1時間ほどの電車旅で出雲大社駅に到着です。

帰りの電車の時刻を見ると次の発車が17:54。その次になると18:49に…げげげ(´゚д゚`)その場合松江到着は夜の8時ごろに…忘れてはいけません。今日僕は米子まで帰らなくてはいけないのです。

何としてでも30分後の電車に乗らなくては!!!

DSCF2313.jpg

ライド&ランで出雲大社!!

DSCF2328.jpg

しめ縄見ました!お参りしました!交通安全守り授かりました!帰りましょう!!

DSCF2333.jpg

急げ!!電車が出発するぞ!!(巫女さん見てる場合じゃないぞ)


JRの旧大社駅も見たかったですが、明らかに時間がないww出雲大社駅に戻ってきた段階で残り4分( ;∀;)旧大社駅はお預けです。

出雲とんぼ帰りで松江に戻ったのが18:55…もうすでに暗い。げげげ。


松江から米子は最短距離で30㎞以上。ライトをつけてナイトライドです…。国道9号線なのに街灯が少なく、ところどころ結構怖かったです。本物の妖怪出てくんなよぉ…( ;∀;)

しかも途中から雨が降り出します…げげげ。カッパもなんも持ってないよ(:_;)

とにかく走り続けます…。ほとんど平坦ルートなのは助かります。

IMG_20130825_204840.jpg

20;50
米子の街が見えてきた!!あと4km…… @道の駅 あらエッサ

IMG_20130825_211531.jpg

21:20
米子到着…荷物が無かった割に疲れました。

でもこれでこれにて山陰前半戦終了ー!4日間で走行距離436kmでした。

明日は始発で下関まで輪行移動日です。

ここまで来るとシャレにならない大豪雨の日…鳥取~米子:Day4

2013.8.24 鳥取市‐米子市

1日目のお話はこちら
2日目のお話はこちら
3日目のお話はこちら

夜中はものすごい雨とカミナリの連続でした…

いやぁ…そこらへんで野宿してたら…(´゚д゚`)ぞっとします。屋根って大事。

「No ROOF, No LIFE」

図4

ここからのざっくりとした予定はこんな感じ。江津からはJR三津線で三次、広島へ出て、下関へ輪行する予定です。だいたい1日100㎞ペースですから天気さえよければ楽勝なルート、ペース配分でしょう。もう山岳ルートは終わり、ここからは平坦ルートのはずですしね。


7:00
鳥取市、駅前を出発。

DSCF2090.jpg

雨はとりあえず止んでいます。路面はこの通りかなりウェットです。つるっといっちゃわないように気をつけねば。

鳥取大学の前、湖山池の横を通り抜け海岸線に戻ってきました。近くを飛行機が飛んでいきます。鳥取空港が近いのですね。

DSCF2095.jpg

「白兎海岸」!!

あの因幡の白兎の神話で有名な海岸ですな~(゚Д゚)ノ

…ちゅうて、因幡の白兎ってどんな話でしたっけ??白兎が鮫の上をポンポン渡る話??いなばのタイカレーならよく食べます。

DSCF2094.jpg

午後からは大雨が来る予報です…ゆっくりしていきたいところですが、今日は午前中が勝負。ちゃっちゃか見て走るの優先で!!

前進あるのみ!!

国道9号線はさすがに交通量が多いですが、鳥取から浜村温泉、魚見台の区間は、路面状態は良く、トンネルは幾つかありますが快走できる道路でした。

DSCF2098.jpg

8:30
少し登って魚見台の展望台へ。

クルマはたいてい新道のバイパスを通ってしまうので、この景色は見ずに通ってしまうんですねぇ。いやぁもったいないもったいない(∩´∀`)∩お蔭で交通量も少なく快適に走れますぞ。

魚見台では地元のロードのおっちゃんに声を掛けられ、自転車話で盛り上がります。

急いでいたことを忘れ、ついつい話し込んでしまいました(*´ω`*)

DSCF2102.jpg

のどかな漁村がいくつか続きます。

DSCF2107.jpg

そしていつの間にか…

ハワイに到着(´゚д゚`)

いつの間に海を渡ってUSAに!?


…なんてネタ、恥ずかしくてできません(笑)羽合とハワイの地名被りで売り込んでるんですが、正直どのへんがハワイなのか…きっと、晴れていればまた印象が違うはずです!!きっと…

晴れていれば「ハワイの人の歯は良いのか?」という調査を本格的にしたいところですが、あいにくの天気ですからね。先を急ぎましょう。


天気予報のページ、Twitterなどを見ると…

「島根豪雨」
「一時間に200㎜を超す大雨」
「経験したことのない強い大雨」
「大雨洪水警報」


かなりやばめの文字が並んでいます…。こちらはまだそこまで大丈夫ですが、早めの決断も必要かもしれませんな。

DSCF2111.jpg

10:00
と、少し心配になったところにまた快速区間が出現します。

国道9号、北条バイパスという道路です。歩道も付いていますが草がボーボーの地点が多く、明らかに車道を走るべきですな。少し追い風ってこともあり、ビューーーんと風になったように進みます!!気温も低く、走ってるとちょうどいい気温です!!

最高!!!めっちゃ気持ちいいルートじゃん!!

…と思ったのもつかの間。雨がやたらに降りだします。

DSCF2114.jpg

このあたりは道の駅が多く、名探偵コナンのいろんなものもあるらしいのですが…雨に濡れた状態で止まると足先からガタガタ来てしまいます…

寒い!!!

8月で寒いってなんだよ( ;∀;)気温計は23度…半袖しか持ってないし。

大山を横目にとにかく走り続けます。服は雨でグショグショ…止まったら寒い…だったら走り続けてやる!!!こうなったらヤケです。


どりゃああああああぁぁぁぁぁ!!!待っとれ米子!!!

というここでここからは写真も撮らずに無心に走り続けます。





DSCF2119.jpg

おりゃああああぁぁぁぁイオンモールぅ!!!日吉津店!!!!

12:30
爆走完了。

イオンモール敷地内の市場の中にある山芳という食堂の海鮮丼が美味いという情報を持っていたので、さっそく市場へ…

DSCF2115.jpg

この市場、雨にもかかわらず結構人が入っています。

DSCF2118.jpg

海の幸のパラダイス状態です。

んでもって、お目当ての山芳食堂は…大変込み合ってる状態(;´・ω・)並んでまで食べる気はないのでやめましょう。撤退。基本、相当食べたいもんじゃない限り、並ぶのが大嫌いなのです。

さて、この後どうしましょうか…。このまま境港へ走ることもできますが、現在島根西部は記録的豪雨真っ最中との情報…。その雲がこっちに来る可能性も十分にあり得ます。さすがにこんなところで死にたくありません。

DSCF2128.jpg

調べてみると米子の方が宿が沢山ありそう。たくさんあるということは安い宿もある可能性があるということ!!

リサーチ!!…ありました!ありました!!

「ビジネスインよなご」

DSCF2124.jpg


素泊まり一泊2600円で14時チェックイン可能という神様的ビジネスホテルです。思いっきり米子駅前の好立地。中にある温泉も夜中いつでも入れるとななな!!!

14:00
ビジネスインよなご、チェックイン。

DSCF2122.jpg

部屋はこんな感じ!狭いけどカプセルやネットカフェよりは断然広い!ベッドで寝れるのが最高です。トイレバスはないですが、テレビもありますしね。素晴らしいです。

相変わらず天気予報のページ、Twitterには…

「島根豪雨」
「一時間に200㎜を超す大雨」
「経験したことのない強い大雨」
「大雨洪水警報」


の文字が並びます…。

しかもテレビをつけると…

「島根県江津市、JR三津線で橋が落ちました」

の報道…。山陰本線は先の洪水で未だ復旧の見込みがない状態。ここは考えるまでもありません。

江津に行くのは止めよう。石見銀山はまた今度来よう。

宿の主人に連泊のお願いをし、明日は荷物を置いて身軽な状態で境港、松江。あわよくば出雲大社まで走って米子に戻ってくるルートにしましょう。輪行も米子駅から伯備線で倉敷に下りましょう…というかそのルートしか残っていません。このルートがやられたら本格的にアウトです。


本格的な雨が来る前に近所のスーパーに買い出してきました。

DSCF2135.jpg

鳥取・島根シリーズ。

白バラ牛乳!木次パスチャライズ牛乳!ブドーパン!とうふちくわ!あご野焼き!

あご野焼きはトビウオの竹輪ですな。

DSCF2129.jpg

個人的にヒットしたのが、伯雲軒のブドーパン。レーズンコッペパンにバタークリームがはさんであります。シンプルで美味いです。

DSCF2137.jpg

パッケージを見る限り歴史の古そうなパンですな。調べてみたら境港のパン屋さんみたいですね。


そうこうしてる間に雨が上がったみたいです。ちょっと夜の米子を散歩してみます。

DSCF2142.jpg

なかなか雰囲気があります…が、嵐の前の静けさというか…静かで誰も歩いていません。

と…おや??

ポツポツ……ポポポポ……ドドドシャーーーー!!

最後の最後にまた一発やられました(;´Д`)完全びしょ濡れ。

なんで僕が来る時に限って豪雨とかになっちゃうのだろうか。。



走行距離97.7km
獲得標高512m

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

アジ南蛮漬け(余部鉄橋・くまモン太郎が鳥取砂丘へ):Day3

2013.8.23 豊岡ー鳥取

1日目のお話はこちら
2日目のお話はこちら

訳アリの部屋だったけど、お化けは出ませんでした(=゚ω゚)ノ←出てても熟睡で気づかず

7:00
豊岡を出発!

思っていたよりかなり大きな街でした。というかここまで街という街が無かったんですな…まずは城崎温泉円山川沿いを上がっていきます。天気予報悪くともつまらないショートカットコースは走らないでなるべく海岸沿いを走ろう…そう誓います。

DSCF1954.jpg

右手に円山川、左手に山陰本線といった風景の中を走っていきます。玄武洞は前に来たので今回はパスw

天気は最高!!こりゃあ雨降らないんじゃないか(*´ω`)?

DSCF1968.jpg

出発して40分足らずで城崎温泉に到着。浴衣姿の観光客が目立ちます。ではではゆっくり温泉を…

DSCF1973.jpg

とは今回は行かず、ここも前に湯めぐりで全部の外湯を制覇済みなので割愛させていただきますぞ。

城崎温泉通過~(T_T)

蟹も但馬牛も食べません!!
食べれません!!(松葉蟹と但馬牛、どなたか送ってくれないかなぁ(^^♪)


そうそう。そうなんですよ。今回の目的は温泉ではなく…その先の…

DSCF1976_stitch.jpg

「鋳物師戻峠(いもじもどしとうげ)」!!!

モジモジとうげ???(謎

城崎温泉の奥の峠。朝から一発登ります。ほとんど車は来なかったですな。普通は海岸沿いの11号を走るのがセオリーでしょうが、前に来た時に気になってた峠だったので、今回はこっちをチョイスですw

鋳物師戻峠…この長い名前の峠は、昔、京都の鋳物師がここで地震に遭い、頭の上で揺れる不安定な大岩を見て恐ろしくなって帰ったという話に由来があるみたいですよ。頭上に注意しながら進むとします。

DSCF1977_20130912000026d19.jpg

けっこうしんどかったですが、なんとか制覇!!

一気に下って竹野の町に出ます。ここからは海岸沿いを。・・・といってもここも海岸線が岬と湾の繰り返し…ウネウネしています。岬の度に登坂を余儀なくされます(;´・ω・)

図1
図にするとこんな感じ。

①.わあ~~!!綺麗な砂浜!!(湾は大抵砂浜)
②.うわ・・・えげつない登り・・・(岬はえげつない登坂)
③.ひゃっほー!!下り坂最高!!

以下、①~③の繰り返し。尋常じゃない量の水を摂取していますw

何回か繰り返した後、ようやく香住の町中へ…。ここには大きな港があり、小さな朝市もありました(あんまり人がいなかったですが)

DSCF1997.jpg

スーパーで水分を買い出しし、町を抜けると雨が降り出します・・・カッパ着るのも暑いので、まあそのまんまの格好で走ることにします。雨が上がればすぐ乾くでしょうw

雨の中、またもや一発峠をのぼります。桃観トンネルを越えてからは一気に下りで、余部の町までしゅーーーんと走り抜けます。

DSCF2002.jpg

そして余部の町へ!!

余部…ここはちょいと思い出のある町であります。
餘部トレッスル鉄橋 今はなき深紅の余部橋梁

DSCF8195.jpg

ここにはかつて「余部鉄橋」と呼ばれる赤い鋼製トレッスル橋がかかっていたのです。その高さ41m。真っ赤で独特なその橋は鉄道ファンや橋マニアに限らず、多くの人に愛された橋だったのです。僕も魅了された一人。そんな橋に、取り壊される前に一目会おうと2009年の3月に訪れてたのでした。当時、何とも言えない寂しさがあったことを覚えています。

残念ながら2010年7月に運用が終了し、現在は新橋に切り替えられているのです。

DSCF2017_201309120018325cc.jpg

一部だけ、当時の橋が保存されていました。

新橋は…お世辞にもあまり美しいとは言えない橋と化していました…が、観光地化が進んでいるようで、当時は無かった道の駅なども出来ており観光バスが何台か止まっていました。果たして何を見に来ているのか…。

DSCF2005.jpg

余部からはまたまた一発峠越えが待っていました…雨は上がっていますが汗でいずれにせよ…ぐしょ濡れです…。そして、ようやく平坦な場所が現れます「浜坂」。

浜坂という地名でしたがほとんど坂道無かったです。ありがたや。

DSCF2024.jpg

現在は浜坂町と温泉町が合併して「新温泉町」という、まあ何というか…うーーん…な町名になっていました。

「NEW HOT SPRING TOWN!! Yeah!!」

腹減った…

DSCF2027.jpg

気づいたら12時越えていたのでスーパーで弁当を買います。スーパーの入り口横にテーブルと椅子のあるスペースがあったので、そこを使わせてもらいましょう。こういうスペースあると便利なんですよなぁ~。無い場合は駐車場直座りになりますから…。

スーパーを出ると、また雨が降り出します…(´゚д゚`)

DSCF2040_stitch.jpg

13:40
しかも居組という町から国道178号は自動車専用道路に…( ;∀;)

「歩行者・自転車通行禁止」

僕たち自転車は海岸に近いこんなウネウネ登坂旧道を登りに登らされるのです…い、いやぁ…す、素晴らしい景色…絶景ですなぁ…(怒)

え~っと、行政の担当者さんはどちらでしょうか…?


そんなこんなで雨の中必死にペダルを回し、気づいたら鳥取県入り。天然洗濯機状態の峠アタックをかまします。

DSCF2047_201309120043179f3.jpg

15:10
そんでもって鳥取砂丘へと向かう一本道へと出ました。少し雨は小降りに。

DSCF2060.jpg

15:30
ついに!!ついに!!鳥取砂丘到着!!!雨も上がりました!!やっほーーい(∩´∀`)∩(観光地で鞄からコイツ出すとヤバい)

・・・「静岡の中田島砂丘とそんなに変わりませんな」(…怒られる;

DSCF2062_20130912005926914.jpg

観光客のみなさんはあの砂山の方まで歩いてらっしゃいますが、僕は事前にあそこまで歩くと意外と遠くて案外キツイという情報を入手していたので、ここから眺めるだけにします(笑)

こんな何もない所で途中でカミナリなりだしたら大変ですしね(゚Д゚)ノ

一発でドーーーン丸焦げいろいろ終了 です。


もはや色んなものがグショグショでキャンプする気も「0」に。

DSCF2072_2013091200592768e.jpg

鳥取市内に入り、銭湯でゆっくりしたのち駅近くのネットカフェに入りました…。やはり雨の中は知るとめっきりやる気をそがれてしまいます。途中何度か変にテンション上がるんですけどね(笑)

そんな中、本日一番テンションが上がったのがこちら。

DSCF2082.jpg

スーパーで半額だったアジの南蛮漬け!!!半額で100円だったんですが、これが驚くべき絶品…(゜゜)半額100円でこの身の厚さ、味の旨さ……うめぇ( ;∀;)アジが揚げてあってお酢の汁で漬けてある、玉ねぎと人参がのせてあるシンプルなもの。噛んだ時に酢の汁がじゅっと出るのがたまりません!!!

今日のこの雨の苦行は、このアジの南蛮漬けのためにあったのだ。




距離95.9㎞
獲得標高1181m

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

手にした一台の自転車が、思ってもみないほど遠くへ僕を連れていってくれました。このブログでは学生時分の2008年頃からの旅の日記を中心に記録を残しています。2015年ごろから拠点を静岡からしまなみ海道へと移し、本格的に自転車旅行を仕事に。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 545 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。