FC2ブログ
「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
~ただただ遠くへ行きたい雨男とクマの旅路~

ミヤタ、カリフォルニアをレストア。捨てられる運命にあった自転車が見事に再生

納屋に眠っていたミヤタ、カリフォルニア・・・・・・・・

直そう、直そうと思って一年が過ぎ、ばらしただけの状態で眠ったいた名車が・・・・・・・

KIMG1540.jpg

KIMG1541.jpg

KIMG1544.jpg

KIMG1543.jpg

KIMG1542.jpg

ついに生き返りました・・・・・・

といっっても、僕はレストアなどトーシロ。
ここはプロに任せなくては。

というのも、ここまでレストアを試みて、道具の限界に頓挫していたわけです。ぼくの限界です。

今治のレストア職人、「隊長」にお願いして、全編補修完了させていただきました。
ほんと、ありがとうございます。

KIMG5981.jpg

KIMG5982.jpg

面河渓:石鎚山系・仁淀川(面河川)源流


愛媛県今治に移住して1年以上が過ぎた。

クルマのない僕の生活圏は自転車圏内。遠くまで行ったとしても、南は松山、北は尾道といった所。このエリアはだいぶ自転車で走り尽くしている。

ふとツーリングマップルを広げてみると、四国は思いのほか大きく、高知方面や徳島方面、20歳の時に自転車四国88ヶ所で通り過ぎたきりで行っていなかった場所が沢山あることに気付いた。とくに自転車ではなかなか行けないような山奥は、まだまだ訪れたことのない場所ばかり。

面河渓の100mをこえる壁

ということで最近、珍しくクルマを走らせて、1か月に1日ほど四国を旅することにしている。シクロの家で、旅人の話を聞いていて、まだまだ行ったことのない場所が沢山あることにも気づかされていたし、話のタネになる。そしてなにより、僕の中の旅心がうずく。行ったことのない場所に行きたい。旅の原点?


面河渓


今回訪れたのは、「面河渓(おもごけい)」。

愛媛県久万高原町、石鎚スカイライン沿いに流れる面河川の上流域にある渓谷だ。今治から西条を経由して、旧寒風山トンネルから、いの町道瓶ヶ森線(通称UFOライン)を通り抜けて、石鎚スカイラインへと抜けるルートで、クルマで3時間半ほどかかった。

面河渓の澄んだ水


最近、「仁淀ブルー」と呼ばれ、その青く澄んだ清流が有名な高知県の「仁淀川(によどがわ)」。この仁淀川の上流、愛媛県域では面河川という別名で呼ばれる。つまり、面河渓の水は最終的に高知の仁淀川へと流れ、太平洋へと流れ込む。仁淀川の源流のひとつというだけあって、その水の透明度は半端ではない。


面河川グリーン

「面河グリーン」とでも呼ぼうか・・・。というほどに、真白くつるりとした花こう岩に、エメラルドグリーンの清流が美しい。水の流れが長い年月をかけて磨き上げてきた、巨大な花こう岩が、ここにしかない風景を作りだしているように思う。


つい、渓谷の水の美しさにばかり目を取られてしまっていたが、ふと周りを見回すと、日陰になっている岩の上や木の表面は美しくコケむしている。

面河渓のこけ

ディテイルが美しい。

コケといっても、いくつか種類があるようで、それぞれ集合体を形成しているようにも見える。大きな景色を堪能した後は、小さい部分を観察してみるのもなかなか面白い。

面河渓の森

瀬戸内の海もいいが、また山の中で森林浴もいい。

面河川の上流


面河川グリーン


空が晴れてきた


紅葉の時期は、人がたくさん来るだろうから、こういう時季の平日に来れたというのが良かったかもしれない。

今治ホホホ座、中山うり「マホロバ」リリースツアーライブ

2016年6月25日(土)

今治ホホホ座でひらかれた、中山うり「マホロバ」リリースツアーライブ、聞いてきました。

中山うり今治ライブ

実は今治は音楽が盛んな町。昔からキャバレーが多く、ジャズバンドが多く在籍。そんな背景もあって、今治の人にはジャズになじみがあったとか。今でこそ、ジャズ喫茶も数を減らしてしまいましたが、素敵なジャズ喫茶がいくつか残っていたりします。

今治ホホホ座は、そんな今治で音楽ライブはもちろん、いろんな企画・イベントを開催している空間。京都のホホホ座には行ったことがありましたが、今年、今治にもホホホ座が出来たんですよ。

ということで、イベントを気にしていたのですが、なんと今回は「中山うり」さんのライブイベントをやるというじゃないですか!これは行かねば!と即チケットを購入。新しいアルバム「マホロバ」のリリースツアーだということです。名曲「ホタル」や「マドロス横丁」、中山うりさんの曲は、優しい歌声と異国情緒が好きなんですよね。自転車のモチーフになっている曲も。

今治ホホホ座ライブ

今治ホホホ座のライブ会場は、広小路の道路に面してガラス張り。行きかう人や車が背景になっていい感じでした。

中山うりマホロバ

マホロバのライブを聴いていて、個人的には、自転車にのる練習をしている感じの「わたしの真っ赤な自転車」、自転車に乗って町なかを走っているイメージの「青春おじいさん」が印象的。買ったCDを何度も聞いていて、リズム感が好きになったのは「まっしろけ」。こちらにも自転車が登場します。

サポートで帯同していたギターの福澤和也さん、コントラバス・ベースの南勇介さん、ドラムの宮川剛さんも素晴らしい演奏。僕はライブ中、宮川さんのドラムの音がとっても気に入り、音を追っていることが多かったです(*^^*)3人は、アルバム「マホロバ」でももちろん演奏されており、家でCD聞く時も、それぞれの音を追っていたりします。

アルバム「マホロバ」、8月リリースとのことです。ぜひ、手に取って聴いてみてくださいな(*´ω`*)




次に楽しみにしているのは、今治Jam Soundsで開かれる加川良さんのライブ♪静岡に居た頃より、ライブによく行っている気がします。いやはや、文化的生活!(自転車に乗れ。)

今治、ミカンの侵攻

庭仕事をしていたら、近所のおばちゃんがふらっと来て、今治弁でなんやら喋ってから、塀にミカンを次々と置いていって、今こんな状況。そして美味い。

とびしま海道一周サイクリング記~大崎下島、豊島、上蒲刈島、下蒲刈島

行きしなの強風向かい風に難儀したものの、午後からは最高の晴天の中、とびしま海道を初めて一周してきました!
今回は、シクロが運航する「サイクルボートしまなみ号」を使ったツアー。

✔橋にのぼるところが激坂
✔補給ポイントがほぼない
✔今治へ帰るフェリーの最終が案外早い

などなど、中級者・上級者向けとの呼び声もある「とびしま海道」ですが、やはり景色は・・・・・・抜群にいい。



まず船で上陸したのが大崎下島の「御手洗」。

「みたらい」と読みます。

DSCF3920.jpg

江戸~明治の建物が沢山残っている地区で、かなり趣がありました。

到着後、すぐに15分間ほど、バケツをひっくり返したような雨が降りましたが、気象庁レーダーをチェックしていたので、誰も濡れずに屋根のある場所に避難しておくことができました。気象庁レーダーさまさまです。前線が通過したのですね。

それ以降は晴れる予報。

僕の雨男病も、すっかり治ったようですね♪

12108765_764228357032307_8302499841878906576_n.jpg

明治時代に日本人で初めて自転車世界一周旅行をしたとされる「中村春吉」さんは、ここ大崎下島の出身。石碑が建っています。スパイ説などいろいろと謎の多い人物ですが、ここ、とびしまに、かつてそういった人物がいたというのも、なかなか面白い話です。シクロツーリズムしまなみのナリちゃん(宇都宮一成)が、解説。

ちなみにナリちゃんも、自転車世界一周旅人。

DSCF3846.jpg

「この辺は、昔は色街だったんよ。がははは」
と、床屋のおっちゃん。

DSCF3848.jpg

まだちょっと曇っていますが、走り出しましょう。

12115937_764228337032309_5478478506312481493_n.jpg

道案内が手書きです。味があります。

DSCF3913.jpg

島々にかかる連絡橋も、しまなみ海道の橋とは、また違った形の橋で、新鮮です。

島はちょうど、秋祭りの真っ最中。

DSCF3868.jpg

いい感じです。

大崎下島からは、豊島、上蒲刈島、下蒲刈島と海岸線を走っては橋に登って島々をめぐりました。

DSCF3864.jpg

手をふる沿道のおばあちゃん。

ほっこりする島の光景です。


12106736_10153387664213101_8944822769634629766_n.jpg

豊島にある「むろきはら橋」。
急激な斜面を登るために島の中に作られたループ橋です。色使いが独特ですねえ。

DSCF3888.jpg

上蒲刈島の「であいの館」でお弁当を食べて、ラストの下蒲刈島へ。

DSCF3880.jpg


青い橋が、なんだか新鮮です。

DSCF3895.jpg

ここで、折り返し。来たのと反対側を通りながら、大崎下島へと戻っていきます。

DSCF3903.jpg

上蒲刈島の南側にある砕石所は、かなり雰囲気がありました。

南側の風景のほうが好きでした。海が広い感じがします。

DSCF3911_20151015105341779.jpg

追い風だと、かなり気持ちがいい。

のどか・・・・・・。

「しまなみと違って、橋で通り抜けられない」ことがある意味、功を奏してか、とっても「のどかな風景」が広がっていました。


また、じっくり走りに来ます。

旅は遅ければ遅いだけ

島並みを散歩中。

旅は遅ければ遅いだけ、見えて来る。速ければ速いだけ、盲目に成る。

休日の朝。栄福寺にて。

休日の朝。栄福寺にて。

11898513_740560319399111_4371941782208167405_n.jpg

7年前に遍路で通った道の風景は、何一つ変わっていませんでした。


意外と覚えているもんですね

四国初のクラフトビールフェス~松山BEERフェスタ2015

8月23日に愛媛県は松山、城山公園内で行われた

「松山BEERフェスタ2015」

四国初のクラフトビールフェスということで、クラフトビール好き且つ、四国でクラフトビールをもっともっと広めて行きたいと心から願っている(そこらへんのお店で気軽に買えるようになってほしい。四国でもっとクラフトビールが飲みたいという単純な理由)僕は、今回のフェスにはスタッフとして参加。

11892057_741396105982199_25551881973730537_n.jpg

全国からクラフトビールの醸造所が10箇所以上集結。

フードメニューも「クラフト=職人の手作り」にこだわったものを用意。“ふつうのビアガーデン”にあるような、から揚げだとか枝豆だとかは一切無し。ここのコンセプトは崩せません。大手のビールも無し。

11873765_741396185982191_908686418554250365_n.jpg

広告をほとんど打っていなかったので、正直、お客さんはそんなに来ないという大方の予想。

各ブルワリーも、来客が読めない状況での準備。

四国、松山で、クラフトビールがどれだけ集客力があるのか。初開催となる今回は、それを調べるという意味もあったように感じる。

11921664_741396152648861_1545458504744552104_n.jpg

箕面ビールの「桃ヴァイツェン」は一時間もしないうちに、樽が空いた。

11891233_741414745980335_2218535613131716150_n.jpg

11時から18時までのフェスタ。開始から2時間ほどで、完売のブルワリーが出始め、3時間後には半分ほどに。そして、4時間後ごろには、地元の梅錦と道後しか残っていないという状況。急遽、樽を追加で持ってくるという作業も。

とにかく大盛況だった。

予想をはるかに上回ってきた。

払い戻しの発生。遅く来場した人には、もうほとんどビールが残っていないという状況でもあった。

来客を読めなかった運営側の問題はもちろんあるものの、それだけクラフトビールのポテンシャルが四国でもあるということかもしれない。今回参加したブルワリーは、四国に手ごたえを感じたかもしれない。来年の開催には、今回の実績が大きく影響するだろうし、規模を大きくするかもしれない。発起人さえいれば、賛同者が多いことも分かった。可能性が十分にある。

僕も、もっとクラフトビールに関わりたいと思った。

まずは、松山から。

「おんまく」で木山音頭を踊り続ける暑い夜~今治の祭り

今治の夏を堪能してきました!!

8月1日、2日と二日間にわたり、今治の市街地で開催されたお祭り「おんまく」!

ちなみに「おんまく」とは、今治周辺の方言で、「めちゃくちゃ」「いっぱい」「思いっきり」という意味。関西で言うところの「ぎょーさん」とか「めっちゃ」?北海道で言うところの「なまら」?

1日は、バリサイの踊りと木山音頭で踊りまくる日。木山音頭は400年の歴史があるとか。



まずはこのあたりの伝統芸能「継ぎ獅子」!

各集落自慢の継ぎ獅子が一堂に会します。


そしていよいよ、踊り!!

シクロのメンバーが参加したのは「まとまっと連」という連。小さい子から障害のある方、旅人、サイクリストなどなども加わらせてもらいごちゃまぜグループでの参加です。今までは、飛び込み参加のできる連が存在しなかったのですが、今回新たな試みでこの「まとまっと連」は当日の飛び込み参加もウェルカムにしたそうです。旅人にはありがたい限り!!



我らがリーダー「吉武さん」・・・



バリィさんの連も。



すごい人数です。



そして我らが「まとまっと連」!



サノエンエノエ~~ ヤ~ットヤ♪



踊り続けるのは思いのほかハード。



「おんまく、イエーーーーイ!」



ヘロヘロになりましたが、The日本の祭りといった「おんまく」に参加できて大ハッピー。
と同時に、自分の踊りのセンスの無さを思い知った一日でした。
(最後まで振付を覚えられなかったなんて・・・)

ジャズ喫茶JUG

完全に酔いどれの状態で立ち寄ったジャズ喫茶。

常連の会話。

白髪眼鏡の紳士。

薄暗い電球。

ネルドリップのホット。

マスターのヒゲ。

おぼろげな記憶。

11813299_730213873767089_2814953011756445233_n.jpg
訪問者数
ようこそ、銀輪記へ


しまなみ海道:今治
のんびりポタリスト
むらまさ

Mura-Masa

手にした一台の自転車が、思ってもみないほど遠くへ僕を連れていってくれました。このブログでは学生時分の2008年頃からの旅の日記を中心に記録を残しています。2015年ごろから拠点を静岡からしまなみ海道へと移し、本格的に自転車旅行を仕事に。

お友達のHP&ブログ
コメント

※現在の総コメント数 545 件
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
RSS
ブログ内検索
お知らせ
✔お気軽にコメントください
✔著作権等の詳細(リンクや転載)についてはこちらをご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
旅の目次
カレンダー
10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ご意見、ご質問がございましたら個別記事のコメントまたはこのメールフォームまでご連絡ください。免責事項に関してはこちらをご覧ください。